HOME   »  2017RS
RSSフィード

2017 04 12 LAATEX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月9日の日曜日のマリナーズ戦で9回に6点差を跳ね返して勝利したエンゼルスですが、1日空けて11日からはレンジャーズとの3連戦です。


 

同地区との対戦が続きます。

 

 

実はこの日もエンゼルスは劇的な勝利を納めました。上のScoreを見ていただいておわかりのように、9回に3点を奪ってタイにし、延長10回にサヨナラ勝ちしています。

 

 

エンゼルス、2試合連続でいい勝ち方をしています。

 

 

このゲームは中盤までは完全にレンジャーズペース。

 

 

レンジャーズの先発は実績のあるコール・ハメルズ。ハメルズは7回を投げ、被安打4、失点1の内容。7回に先頭のジェフリー・マルテにHRを打たれたのみで、終盤までナイス・ゲームメイクでした。

 

 

エンゼルスの先発は左腕のタイラー・スキャッグス。初回にマイク・ナポリにタイムリーを打たれて1失点、さらに3回にはエルビス・アンドラスにソロHR、ジョナサン・ルクロイに3ランHRをそれぞれ打たれ、計5失点でマウンドを降りました。

 

 

エンゼルスは8回にトラウトとキャメロン・メイビンの2本のダブルで1点を返し、2-5として最終回に望みをつなげました。

 

 

そして3点を追う9回裏、先頭のダニー・エスピノーザがまずは反撃ののろしとなるソロHRで3-5に。

 

 

ベン・リベアが三振で1アウトとなったあと、ユネル・エスコバーが望みをつなぐ2塁打を放ち、チャンスメイク。

 

 

つづくコール・カルフーンはセンターフライに倒れ、2アウトに。

 

 

ところが打順のめぐりがよく、つづくバッターはマイク・トラウト。トラウトはダイソンの得意球であるツーシームをたたき2ベースヒット。これでユネル・エスコバーが還り4–5の1点差に。

 

 

さらにアルベルト・プホルズがシングルを放ち、2塁からトラウトが還ってついに5-5の同点に追いつきました。これはちょっと神がかった得点の仕方ですね。

 

 

9回は結局タイに持ち込んだままとなりましたが、つづく延長10回には四球とヒットでランナー1、3塁としたあと、カルロス・ペレスが1塁線に絶妙なスクイズを決め、3塁ランナーが生還。エンゼルスが6-5でレンジャーズを下しました。

 

 

 

 

 

このゲームも負け試合に近かったのですが、9回に追いついた攻撃陣も素晴らしかったですが、なんと言っても6回からマウンドに上がったバド・ノリス(Bud Norris #20)が3イニングをヒット1本だけに抑えたのが大きかったと思います。

 

 

これで流れがエンゼルスに大きく傾きました。

 

 

 守りは大事ですね。

 

 

ちなみに10回表、エンゼルスはHRで勝ち越されてしまう・・・というシーンがあったのですが、マイク・トラウトがまたしてもHRを強奪。



この人がHRをキャッチしたのはキャリア何個目なんでしょうか。本当にいいプレーを見せてくれますね。

 

 

 

 

 

 

 

e6【動画】Recap: TEX 5, LAA 6 - F/10

 

 

■マーリンズ・パークに可愛い珍客


現地2017年4月11日はちょっと和やかな話題も。マーリンズ・パークに猫が侵入しました。

 

ご覧ください。

 

じっとしていたタイミングがあったのですが、まさかホームラン・スカルプチャーに逃げ込むとは。「それ動くから、危ないから降りてきなさい」と思わず言ってしまいたくなるような。

 

まだ子猫ですね。無事保護されたことを祈ります。

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

オープニングから最初の週末です。現地2017年4月9日、日曜の午後に行われたゲームでエンゼルスが大逆転劇を演じました。

 

 


地元アナハイムでマリナーズを迎えてのゲームは3連戦の3戦目。金曜、土曜とエンゼルスが5-1、5-4と連勝し、スイープかという状況の3戦目です。


 

 

エンゼルスの前に立ちふさがったのは、マリナーズの岩隈投手でした。岩隈投手はこの日もよかったです。

 


 

6回を被安打2、失点1。2回にシモンズにHRを1本浴びただけ。伸びのあるファストボールに実況も思わず、”Beautiful”とつぶやくほど。

 

 


e6【動画】 Iwakuma’s strong start

 

 

 

素晴らしい投球の岩隈投手と正反対だったのがエンゼルス先発のマット・シューメイカー(Matt Shoemaker #52)。2014年に16勝を上げた投手です。

 

 

シューメイカーは初回にランナー3塁の状況でボークで1点を献上。

 

 

3回にはロビンソン・カノーに3ランHRを打たれ、3失点。

 

 

5回にはランナーを二人置いて、またしてもカノーに今度はタイムリー・ダブルを打たれて2失点。ここでマウンドを降りましたが、代わったマイク・モリンも犠牲フライを打たれ1点を追加。

 

 

5回を終了し、7-1とマリナーズのペースでゲームが進みます。シューメイカーは5回途中、被安打5、失点7、自責点6、与四球2でちょっともたもたしてしまいましたね。

 

 

マリナーズは7回にミッチ・ハニガーのHRで1点を追加。エンゼルスもその裏すぐにジェフリー・マルテのタイムリーで2点をあげるも、8回表にすぐに1点を追加され、9回表を終わった時点でエンゼルスは3-9と6点リードされて最終回の攻撃を迎えます。

 

 

完全にマリナーズ勝利と思ったゲームでした。

 

 

マリナーズの9回のマウンドはケイシー・フィエン。昨シーズン39試合登板の実績のある投手ですが、先頭のアルベルト・プホルズにソロHRを献上してまず1点(4-9)。

 

 

その後、クリフ・ペニントン(名手!)に四球、C.J.コロンにシングル、ベン・リベア(外野の名手)に四球を出したところで交代。フィエンの調子が悪すぎたのが誤算でしたね。

 

 

慌ててクローザーのエドウィン・ディアス(WBCでもプエルトリコのクローザーとして活躍)にスイッチしましたが、これが予期せぬ登板だったのか、ディアスも流れを止められませんでした。

 

 

ダニー・エスピノーザのセカンド・ゴロの間に3塁ランナーのペニントンが還り、5-9。

 

 

これで落ち着いたのか、つづくバッターを三振に仕留めます。これで2アウトとなり、完全にマリナーズ勝利だと思ったのですが、すぐにユネル・エスコバーに2点タイムリーダブルを打たれ、7-9の2点差に。

 

 

あとアウト1つですが、ここまでくればもう攻撃側が押せ押せです。

 

 

ディアスは雰囲気に飲み込まれてしまったのか、カルフーンとトラウトを四球で歩かせます。そして、再びアルベルト・プホルズ。



ディアスのボールも走っていたのですが、プホルズにうまく1、2塁間を抜かれ、これが2点タイムリーヒットとなり、ついに9-9の同点に追いつかれます。

 

 

最後はクリフ・ベニントンにクリーン・ヒットを打たれ、10-9でエンゼルスがマリナーズにサヨナラ勝ち。

 

 

マリナーズ、さすがにこれは詰めが甘かったと言わざるを得ないですね。岩隈投手の好投がもったいなかったです。

 

 

文字でつらつらとすみません。エンゼルスの9回の7得点のVTRです。

 

(2017年4月9日)

 


ゲームリキャップはこちら。

↓ 

 

e6【動画】Recap: SEA 9, LAA 10

 

 

エンゼルス、この勝利で波に乗ってもらいたいですね。トラウトとプホルズがいて、ALウェストの優勝争いに食い込んでこないのはおかしいです。

 

もっとも、投手が課題ではあるのですが、今季はアナハイムのファンをシーズン最後まで楽しませてもらいたいですね。

 

 

(関連リンク)

 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

まだまだオープニング・ウィークですが、現地2017年4月8日はローテーション1番目の投手が何人か登板しています。中4日から5日でちょうど一回りという感じですかね。

 

 

ドジャースはクアーズ・フィールドにてロッキーズと対戦中です。この日の先発はオープニングを飾ったクレイトン・カーショウ。絶対的なエースですが、そのカーショウにロッキーズ打線が打ち勝ちました。

 

 

ロッキーズは初回、3番に入っているノーラン・アレナドが先制のHRを放ち、1点。その後はカーショウに抑えられていましたが、6回裏、ヒットで出塁したノーラン・アレナドを1塁に置いて、マーク・レイノルズがスライダーを叩いて2ランHRで3点目。

 

 

 (2017年4月8日)

 

 

さらに、つづくジェラルド・パーラがセンターへバック・トゥ・バックHR(2者連続HR)を放ち4点目。カーショウから3HRを放つ、なかなかの強者ぶりで、ドジャースに4-2で競り勝ちました。

 

 

もっとも、この勝利にはロッキーズ投手陣のゲームメイクが大いに貢献しているのですが、先発のジョン・グレイ(この人も開幕投手)が5回1/3を投げて、1失点に抑える好投。


 

 

 

 

2番手のLHP、マイク・ダン(Mike Dunn #38) が6回の残り2アウトを打者2人で抑えたところがよかったですね。

 

 

3番手のRHP、アダム・オッタビーノ(Adam Ottavino #0)と4番手の豪腕左腕のジェイク・マギー(Jake McGee #51)がそれぞれ1回を無失点で抑え、最後はトミー・ジョン手術上がりで、今季からロッキーズで投げることになったグレッグ・ホランドが打者3人で斬って取り、ドジャース打線を封じました。

 

 

マギーがいることも大きいですが、ホランドが復帰後4試合ですでに4セーブを上げているのも大きいですね。結構ハードに使われているので、なんとか無事にシーズンを乗り切ってもらいたいです。

 

 

ひょっとして、カーショウはクアーズでの相性が悪いのかと思ったのですが、キャリア通算8勝3敗で、それほど悪いというものではなかったです。

 

 

カーショウはホームでの登板がロードよりも少し多いのですが(ホーム138試合、ロード128試合)、勝率はホームでの登板の方が高いです。ホームが72勝29敗で勝率.713、ロードは55勝31敗、勝率.640。

 

 

クアーズ(17試合登板)での被本塁打は13本。これはSFGのAT&Tパーク(18試合)の6本の倍以上です。 もっともクアーズはバッター・フレンドリーとも言われていますし、AT&Tはピッチャー・フレンドリーと言われている通りの数字ですね。

 

 

大した発見がなくてすみません。 

 

 

e6【動画】Recap: LAD 2, COL 4

 


 

 

■J・ガスリーが1回もたず10失点



PHI VS WSHのスコアを見ると、フィリーズが17-3でナショナルズを下していて、一体何があったんだと思い、BOXを見ると、フィリーズが初回になんと12点を奪っていました。(スコア

 

 

炎上したのはナショナルズ先発のジェレミー・ガスリー。ガスリーはダブル→シングル→四球→犠牲フライ→シングル→シングル→四球→犠牲フライ→四球→四球→トリプル→シングルと気の毒なくらいに打たれてしまいました。

 

 

代わったエニー・ロメロも流れを引きずって、ダブル→ダブル→シングルで計12点を奪われたということでした。

 

 

ガスリーは母方の祖先が日本人という投手で、しかもロイヤルズが弱くてどうしようもなかった時に一人奮起して投げていた投手だけに頑張って欲しいと思っています。



38才という年齢ですが、再調整してまた結果を出して欲しいです。

 

 

3月25日のインタビューです。この時のいい顔をふたたび見せて欲しいです。厳しいですね。

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 09CF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月7日のゲームですが、二人のプロスペクトがメジャー・デビューし、しかも勝利投手になりました!

 

 

まずはロッキーズVSドジャースのクアーズ・フィールドのオープニングで登板となったカイル・フリーランド(Kyle Freeland #31)。

 

 

彼は間もなく24才になるレフティー。2014年アマチュア・ドラフトでロッキーズから1巡目指名を受けプロ入り。デビュー戦がいきなりのドジャース相手でさぞ驚いたでしょう。

 

 

しかし、このルーキーは凄かったです。ドジャース打線を相手に6回を被安打4、失点1に抑える快投を演じました。マックス95.5マイルの4シームを武器に、2シーム、シンカー、チェンジアップ、カットボールと動くボールで翻弄しましたね。

 

 

e6【動画】Freeland K’s six in MLB debut

 

 

足の上げ方は ちょっとクレイトン・カーショウのようですが、腕の出どころが低く、キレのいいボールが来るのでかなり打ちにくそうですね。

 

 

結構勝つかもしれません。大事に使って欲しいですね。

 

 

ゲームリキャップはこちら。ロッキーズが僅差で勝利しました。

 

e6【動画】 Recap: LAD 1, COL 2

 

 

 

そしてもう一人が、レッズのアミール・ギャレット(Amir Garrett #50)。カージナルス戦に先発しました。こちらも初登板にしてはハードルの高いチーム相手の登板でした。

 

 

アミール・ギャレットは92-3マイルの4シームとチェンジアップ、スライダーの3つでカージナルス打線を翻弄。6回を被安打2、失点0、奪三振4という素晴らしい内容。196センチの長身からキレのいいボールが投じられていました。

 

 

アミール・ギャレットは間もなく25才になる左腕。2011年のアマチュア・ドラフトでレッズから22巡目で指名を受けプロ入り。高校卒の投手ですので、育成に時間をかけた感じですね。

 

 

 

e6【動画】 Garrett on a win in his debut

 

 

マイク・リークを相手にこの結果はすごいですね。インタビューを聞くと、バックが助けてくれたという謙虚なコメントも。この登板が自信になればいいですね。

 

 

 

 e6【動画】Recap: CIN 2, STL 0

 

(関連リンク)

 


 

 

■ザック・ウィーラーとシャーザーも初登板


その他、この日の特筆としてはトミー・ジョン手術上がりのメッツのザック・ウィーラーが2014年以来久しぶりにメジャーのマウンドに上がりました。

 

マーリンズ相手の登板でしたが、ザック・ウィーラーは4回を被安打6、失点5、チームも2-7で敗れ、白星発進とはなりませんでした。相変わらずのきれいなフォームは健在です。

 


また、指の疲労骨折が判明し、WBCを回避したナショナルズのマックス・シャーザーが今季初登板。



シャーザーは7回途中、被安打4、失点2、奪三振7はという内容で見事にゲームメイク。リリーフ陣もがんばりを見せ、今季初勝利を上げました。

 


 

本日のスーパー・プレーはこちら。

 


アストロズVSロイヤルズ戦でCFのロレンゾ・ケインがアストロズのジョージ・スプリンガーのHR性の打球を見事にリーピング・キャッチ。


 

アストロズの反撃の芽を詰んだ素晴らしいプレーでした。

 

 

 


 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

まあ、オープニング・ウィークのデーゲームの多いこと。

 

 

それでも結構なお客さんが入っていることから、アメリカは土日に働くサービス業の人が多いのかなと思ってしまったHiroteeです。

 

 

さて、カージナルスVSカブスの好カードとなったナ・リーグ中地区のオープニングですが、現地2017年4月6日に行なわれた3戦目のブッシュ・スタジアムには44,039人もの観客が集まりました。

 

 

いったい、どういう人たちが見に来ているんだろうと真剣に思ってしまいますね。私もまだまだアメリカを知りません。

 

 

このゲームのカージナルス先発はランス・リン。2012シーズンに18勝7敗を上げ、2013年、14年ではそれぞれ200イニング登板を果たし、それぞれ15勝を上げています。

 

 

剛球投手のリンですが、2015年11月にトミー・ジョン手術を受けました。2016シーズンはメジャーでの登板はなし。しかし、後半にマイナーでは投げていたんですね。結構、復帰が早いです。

 

 

今季はトミー・ジョン手術復帰の最初のフルシーズンになります。

 

 

ゲームはカージナルスが初回に3点を先制。2Bに入ったユーティリティのベン・ゾブリストがゲッツーの送球をファンブルするミスなどが出て、初回バタついたカブスからカージナルスがうまく先制したという初回でした。

 

 

リンにとってはいい援護となりました。

 

 

その後ゲームは落ちつきを取り戻します。ランス・リンとジョン・ラッキーが冷静に1つ1つアウトを積み重ねていったような丁寧なプロの仕事を見せてくれた感じです。

 

 

リンは6回途中、被安打5、失点2、奪三振4、与四球1という非常にいい内容の復帰戦としました。

 

 

ジョン・ラッキーは被安打6、失点4、奪三振7。

 

 

6回を終了して4-2でカージナルスがリード。

 

 

カージナルスのマウンドはこの回からブレット・セシル。セシルはPHのマット・シーザーから空振り三振を奪いながらもボールがモリーナの防具に挟まり、振り逃げとなったことでリズムを崩します。

 

 

つづくジョン・ジェイに四球、そしてカイル・シュワーバーを打席に迎えます。

 

 

カイル・シュワーバーの当たりはご覧の通り(↓)、すごい勢いでスタンドに飛び込みました。

 

 

(2017年4月6日)

 

 

腰のすわったスイングといい、この人の本職がキャッチャーだったことを忘れさせるすごい打球を放ちますよね!

 

 

これが3ランHRとなり、カブスが5-4と逆転します。

 

 

カブスはさらにアンソニー・リッゾにもタイムリーが出て、追加点。6-4とリード。

 

 

ブレット・セシルは不運でしたが、なんとか切り替えてもらいたかったですね。

 

 

結果、このままゲームが進み、カブスがカージナルスに勝利。2勝1敗としました。ライバル同士の対戦ですから、白熱しましたね。

 

 

3戦ともにいいゲームでした。 このカード、今シーズンは盛り上がりそうですね!

 

 

e6【動画】Recap: CHC 6, STL 4

 

 

(関連リンク)

 


 

ナショナルズに逆転勝ちしたマーリンズですが、イチロー選手が代打で出場しました(初出場は昨日でしたが、三振に)。


 

この日はセカンド・ゴロでした。これから出場機会は増えていくはずなので、今季もイチロー選手を応援したいと思います。

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 06 CS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

現地2017年4月5日、レッドソックスの開幕2戦目でついにクリス・セールがデビューしました。

 

圧巻のピッチングで、度肝を抜きましたね。

 

7回を被安打3、失点0、与四球1、奪三振7。

 

 

 (2017年4月5日)

 

 

 キレのいいファストボールとスライダー、時に荒れる感じのボールで、パイレーツ打線をねじ伏せたという投球でしたね。



荒れ気味のボールがあるのはこの人の特徴ですが、しかし、投球テンポが非常によく、四球も少ないという、ちょっと手に負えない感じのピッチャーだと改めて思いました。

 

 

レッドソックスはモンカダとコペックを出しましたが、いい投手を獲りましたね。

 

 

このゲームは投手戦でした。

 

 

レッドソックス・デビュー戦のクリス・セールに一歩も引けを取らなかったのは、パイレーツのジェイムソン・タイオン(※表記はタイヨンかもしれません Jameson Taillon)。 

 

 

タイオンは、7回を被安打5、失点0、奪三振6、与四球3という内容。スコアレスというのが凄いです。

 

 

e6【動画】Taillon’s scoreless start

 

 

ジェイムソン・タイオンは今季25才。



2010年アマチュア・ドラフトでパイレーツから1巡目指名を受け、プロ入り。全体順位は2位です。ハイスクールの投手で1巡目というのはかなり評価の高い投手だったということになります。

 

 

 

デビューは2016年6月。随分と時間がかかってしまったのは2014年にトミー・ジョン手術を受けたため。本格復帰が2016年でした。

 


 

そのタイオンがご覧のような投球を見せたことでパイレーツとしては非常に嬉しいローテーション投手の誕生ということになりそうです。

 

 

レッドソックスのこのゲームですが、なんと延長12回表まで両チームスコアレス。投手陣は狭いフェンウェイ・パークですごい踏ん張りです。

 


 

延長12回裏、ゲームを決めたのは女房役のサンディ・レオンでした。ランナーを2人置いてのサヨナラ3ランHRでレッドソックスが勝利しました。

 

 

このカードはレッドソックスの2勝0敗となっています。

 

 

e6【動画】Recap: PIT 0, BOS 3

 

 

 

■最終回の逆転が多かった日


2017年4月5日は土壇場での逆転勝利というのが多かった日でした。

 

 

サヨナラ勝ちはレッドソックスの他にアストロズも。

 

 

延長13回表にマリナーズに勝ち越しを許した中で、ジョージ・スプリンガーがサヨナラ3ランHRを放ちました。e6動画

 

 

また、インディアンスはレンジャーズの勝利目前でフランシスコ・リンドールが満塁HRを放ち、9-6で勝利(e6動画)。

 

 

インディアンスはレンジャーズをスイープです。レンジャーズはWBCで頑張ったダイソンの調子が悪いですね。

 

 

波乱の多い今季はなかなか動きがあるシーズンとなりそうですね。そのうち、WBC開催に変ないちゃもんがつかないことを祈るばかりです。 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

開幕戦が雨で流れたホワイトソックスVSタイガース戦ですが、現地2017年4月4日、無事に開幕しました。

 

先発もスライドで、ホセ・キンタナとジャスティン・バーランダーの投げ合い。


 

今季は色々波乱含みですね。NPBもそうですが、WBC参加組が明暗分かれているようです。どちらかと言うと、暗の選手の方が多いように思います。

 

やはり1ヶ月前にピークを迎えるよう調整するのは難しいんですね。

 


WBCではアメリカ打線を多いに沈黙させた、コロンビア出身のホワイトソックス、ホセ・キンタナですが、この日の投球はよくありませんでした。

 

 

2回にランナーを貯めて、若手のジャコビー・ジョーンズに3ランHRを打たれ、さらにニック・カステヤノスにも2ランを打たれ5失点。

 

 

ホセ・キンタナは6回途中、被安打5,失点6、被本塁打3という成績でマウンドを降りました。奪三振も2にとどまりました。WBC出場が暗となっている方ですね。

 

 

一方のバーランダーですが、こちらは初回に1点を失うも、ボールがキレてましたね!

 

 

剛球というよりもスピンの多さを感じるボールに変わっているのではないかと思われる変身ぶりです。肩・肘の調子がいいのかもしれませんね。

 

 

バーランダーは7回途中、被安打6、失点2,奪三振10といういいピッチングを見せてくれました。最速は97.5マイルまで記録。

 

 

 (2017年4月4日)

 

 

WBCでUSAの1番を務めたイアン・キンスラーですが、この人は明暗の明の方ですね。関係なしに打ちまくっています。3打数2安打でした。

 

 

 e6【動画】Recap: DET 6, CWS 3

 

  

(関連リンク)

 


 

 

■白熱したカージナルスVSカブス戦


この日のゲームで面白かったのはカージナルスVSカブスの1戦。

 

アダム・ウェインライトとジェイク・エアリエッタの投げ合いで始まったゲームは投手戦に。

 

カブスが2-1で辛勝したゲームだったのですが、いい守備が出て何度も出て、試合が引き締まりました。

 

 

 

 

上のホームラン性の打球を打たれたのは上原投手。ほんとうに命拾いしましたね!

 

 

e6【動画】Recap: CHC 2, STL 1

 

 

 この両チームは今年もナ・リーグ中地区の2強と言われそうです。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

2017年オープニング・ウィークの2日目です。現地2017年4月3日はホワイトソックスVSタイガースの開幕戦が雨のため順延になった以外は無事に開催されました。

 

 

フェンウェイ・パークでの開幕を迎えたレッドソックスはいきなりのインターリーグでパイレーツとの対戦です。リック・ボーセロ、ゲリット・コールというエース同士の投げ合いが見ものでしたが、まずレッドソックスのスターティングを見てください。

 

 

1 2B ダスティン・ペドロイア

2  LF アンドリュー・ベニンテンディ

3  RF   ムーキー・ベッツ

4  DH  ヘインリー・ラミレス

5 1B ミッチ・モアランド

6 SS サンダー・ボガーツ

7 CF ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア

8 3B バブロ・サンドバル

9 C サンディー・レオン

 

 

ベニンテンディを2番に配置したのはなかなか魅力的ですね。またサンドバルが8番て、これまたすごい打線ですね。レンジャーズから移籍のミッチ・モアランドをいきなり使ってきましたね。

 

 

レッドソックスは5回に5点を奪ったのですが、これが2アウトからの得点。

 

 

ジャッキー・ブラッドリーの3塁打とパブロ・サンドバルのシングルで1点、サンディ・レオンのシングルで進塁し、ペドロイアのタイムリーでさらに1点を追加した後、アンドリュー・ベニンテンディが価値ある3ランHRを放ちました!(動画

 

 

さすがにトッププロスペクト1位ですね。やってくれます。

 

 

レッドソックスのリック・ポーセロは7回途中、被安打6、失点3とゲームを作ってマウンドを降りました。パイレーツのゲリット・コールは5回を被安打7、失点5、奪三振2。5回の集中打が痛かったです。

 

 

最後はキンブレルが締めて、レッドソックスが5-3で勝利しました。

 

 

e6【動画】Recap: PIT 3, BOS 5

 

 

その他の注目ゲームですが、

 

西海岸のドジャースのデーゲームなどを見ていると、もう夏の日差しですね。

 

 

7年連続開幕投手のクレイトン・カーショウは圧巻のピッチングで7回を被安打2、失点2、奪三振8で1勝目。ドジャースはパドレスから14得点を奪い快勝です。

 

 

ダルビッシュ投手が開幕投手を務めたレンジャーズは最終回にダイソンが3失点を喫し、インディアンスに敗れました。ダルビッシュ投手は7回途中、被安打4、失点4、被本塁打1、奪三振4という内容でした。いいボールを投げていましたので、次に期待です。

 

 

インディアンスはエンカーナシオンに一発が出ています。

 

 

ナショナルズはストラスバーグが好投。ゲームメイクしました。マーリンズに4-2で勝利しています。

 

 

ハーパーに1発が飛び出し、今季から抑えのトライネンが最終回を完璧なピッチングで抑えました。課題のクローザー問題が解決の兆しです。

 

 

アストロズはマリナーズ先発のキング・フェリックスを崩し、3-0で勝利。ダラス・カイケルがいいピッチングを見せましたね。

 

 

この日出た素晴らしいプレーの動画を。

 

 

 

 (2017年4月3日)

 

 

 イチロー選手は出場しませんでしたが、虎視眈々と出場機会に向け、準備してくれていると思います。

 

 

楽しみですね。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 03 opening

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

ようやく待ちに待ったレギュラー・シーズンが始まりました!

 

 

現地2017年4月2日、レイズ–ヤンキース、カブス–カージナルス、ダイヤモンドバックス–ジャイアンツの開幕3カードが行なわれ、どのカードも勝つであろうと思われていた(筆者が勝手にそう思っていたのですが)チームの方が敗れました。

 

 

まず、どこよりも早く行なわれたレイズVSヤンキースですが、グレープフルーツ・リーグで1失点、ERA0.38だった田中将大投手が3回途中、被安打8、失点7、被本塁打2と打ちこまれてしまいました。



これはかなりの波乱でしたね。

 

 

田中投手はエバン・ロンゴリア、ローガン・モリソンに一発を浴び、残念ながらゲームを作ることが出来ませんでした。レイズ先発のクリス・アーチャーは7回を被安打7、失点2、奪三振5といいピッチングを見せました。

 

 

次に期待しましょう!


 

e6【動画】Recap: NYY 3, TB 7

 

 

 

 さて、注目のカードのカージナルス VS カブスですが、まずはカブスのスタメンがこちら。

 

1 LF カイル・シュワーバー

2  3B  クリス・ブライアント

3  1B    アンソニー・リッゾ

4  RF  ベン・ゾブリスト

5 SS アディソン・ラッセル

6 CF ジェイソン・ヘイワード

7 C ウィルソン・コントレラス

8 P ジョン・レスター

9 2B  ハビアー・バイエス

 

 

すごいスターティングですよね!

 

 

カイル・シュワーバーを1番に持ってきたのが凄いですし、下まで切れ目がない感じです。且つピッチャーを8番に置いて、バイエスを1番へのつなぎにするなんて、マッドン監督、痺れさせてくれますね!

 

 

しかし、このカブスの前に立ちはだかったのが、カージナルス先発のカルロス・マルチネス。

 

 

100マイルに届こうかという4シームと2シーム、80マイル後半のスライダーとチェンジアップでカブス打線に仕事をさせませんでした。

 

 

カルロス・マルチネスは8回途中、被安打7、無失点、奪三振10で最高の投球を見せました。

 

 

ところが、さすがカブス打線です。9回にウィルソン・コントレラスが値千金の3ランHRを放ち、土壇場で同点に追いつく粘り。さすがに強いです。

 

 

しかし、9回裏にカージナルスがランダール・グリチェックのシングルでサヨナラ勝ちを納めました。

 

 

カブスの上原投手は7回に登板。無失点投球を見せています。

 

 


e6【動画】Recap: CHC 3, STL 4

 

 

DバックスVSジャイアンツはグレインキとバンガーナーがそれぞれゲームを作り、後半にもつれましたが、ジャイアンツの新守護神、マーク・メランコンの調子が今ひとつで、 Dバックスにサヨナラを献上してしまいました。

 

 

ゲーム結果(ARI 6, SFG 5)も去ることながら、マディソン・バンガーナーの強烈な2発をご覧ください。


 

 

 

 (2017年4月2日)

 

 

 

(関連リンク)

 


 

バンガーナーのバッティングは今季も健在のようです。

  

 

 


きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

現地時間2017年4月2日(日本時間2017年4月3日AM2時10分)、いよいよMLB2017が開幕します。

 

 

今年はWBCがあり、米国が見事に世界一となりました。参加した選手はピークの調整が難しかったようですが、シーズンも順調に入り込んで欲しいですね。

 

 

前の記事にも書きましたが、今年はブレーブスの新本拠地が誕生する年であり、そしてカブスが連覇するかどうかも注目される年です。またオールスターはマイアミでの開催となります。

 

 

新しい戦力も楽しみです。レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ、レッドソックスからホワイトソックスへ移籍したヨアン・モンカダ、 ブレーブスのダンスビー・スワンソン、ヤンキースのグレイバー・トーレスなどすぐに活躍しそうな野手が多いのが特徴的です。

 

 

開幕ローテーションには入っていませんが、ホワイトソックスのルーカス・ジオリトの本格的な登板にも期待しています。

 

 

本当に楽しみです。

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

■バンガーナーとグレインキが対決!


各チームのオープニング投手をご紹介しておきます。どこよりも早く始まるカードで田中将大投手が登場します!

 

 

【4月2日】

*レイズ(クリス・アーチャー) VS ヤンキース (田中将大投手)

@トロピカーナ・フィールド

 

*Dバックス(ザック・グレインキ) VS ジャイアンツ (マディソン・バンガーナー)

@チェイス・フィールド


*カージナルス(カルロス・マルチネス)VS カブス(ジョン・レスター)

@ブッシュ・スタジアム

 

 

【4月3日】

*ナショナルズ(スティーブン・ストラスバーグ) VS マーリンズ (エディソン・ボルケス)

@ナショナルズ・パーク

 

*メッツ(ノア・シンダーガード) VS ブレーブス(フリオ・テヘラン)

@シティ・フィールド


*レッドソックス(リック・ポーセロ)VS パイレーツ(ゲリット・コール)

@フェンウェイ・パーク

 

*ブルワーズ(ジュニオール・ゲラ) VS ロッキーズ (ジョン・グレイ)

@ミラー・パーク

 

*オリオールズ(ケビン・ゴーズマン) VS ブルージェイズ(マルコ・エストラーダ)

@オリオールズ・パーク・アット・カムデン・ヤーズ

 

*ホワイトソックス(ホセ・キンタナ)VS タイガース(ジャスティン・バーランダー)

@ギャランティード・レート・フィールド(CWSホーム)

 

*ロイヤルズ(ダニー・ダフィー) VS ツインズ(アービン・サンタナ)

@ターゲット・フィールド

 

*レッズ(スコット・フェルドマン)VS フィリーズ(ジェレミー・ヘリクソン)

@グレイト・アメリカン

 

 

*ドジャース(クレイトン・カーショウ) VS パドレス(ジョーリス・チャシーン)

@ドジャー・スタジアム

 

*レンジャーズ(ダルビッシュ投手)VS インディアンス(コーリー・クルーバー)

@アーリントン

 

*アストロズ(ダラス・カイケル) VS マリナーズ(フェリックス・ヘルナンデス)

@ミニッツメイド・バーク

 

*アスレチックス(ケンドール・グレーブマン)VS エンゼルス(リッキー・丿ラスコ)

@オークランド・コロセウム

 

 

また寝不足の日が続きそうです!

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...