HOME   »  MLB移籍情報
RSSフィード

ロイヤルズからいいニュースが。

 

現在、ロイヤルズはチーム再建中で、2015年にワールドシリーズ・チャンプとなった時の主力がどんどん他球団に流出しています。


 

今オフでは早くからエリック・ホズマーとマイク・ムスターカスの移籍先が注目されておりましたが、彼らより早く決まったのは先日のロレンゾ・ケイン。ブルワーズとの契約です。


 

主力がどんどん抜けているロイヤルズですが、現地2018年1月26日、WSチャンプ・メンバーでSSのアルシデス・エスコバーの残留が決まりました。


 

1年250万ドルです。エスコバーは今オフはFAで流出の可能性大と見ていたのですが、SS市場もなかなか厳しいものがあり、実力の割にはちょっと金額を叩かれたのではないか?とも思います。

 

アルシデス・エスコバーはもう31才。2016、2017と2年連続で全試合出場の選手。2015年にはオールスター出場とゴールドグラブ賞受賞を達成しているいい選手です。

 

ロイヤルズ、CFのロレンゾ・ケインは抜けてしまいましたが、とりあえずは守備のセンターラインの一人であるSSのエスコバーが残ったことでやれやれですね。



 

 

 

 

 

(関連リンク)

 【MLB アウォード2015】ゴールデン・グラブ賞が決定!モリーナ、ペレス、アレナドが連続受賞

レギュラーシーズン » 2012RS | 2015.11.12 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonビデオ

 

ブルワーズがナ・リーグ中地区のライバルのカブス、カージナルスに宣戦布告です!

 

 

現地2018年1月25日、ミルウォーキー・ブルワーズはマイアミ・マーリンズのクリスチャン・イェリッチ(Christian Yelich)とロイヤルズからFAのロレンゾ・ケイン(Lorenzo Cain)の二人を獲得しました。

 

 

 

 

 

 

イェリッチは4年4,450万ドル、2022年はクラブ側のオプション(更新するかどうかはクラブ側の判断)で、更新となった場合は1,500万ドルという契約。

 

 

FAのロレンゾ・ケインは5年8,000万ドルでの合意のようです。

 

 

今回、イェリッチはFAでなかったためトレードでの獲得で、ロレンゾ・ケインはFAのためブルワーズから人は出ません。

 

 

クリスチャン・イェリッチはマーリンズ新幹部の方針により出されるとは言われていました。選手としての旬のこの数年間をマーリンズはどう見ているのか??、いささか疑問ではありましたが、イチロー選手も認めるイェリッチがいい形で移籍できてとりあえず、よかったと思っています。

 

 

クリスチャン・イェリッチは2018シーズンは26才。2010年アマチュア・ドラフト1巡目でマーリンズが指名し、そのまま入団。2013年、21才でメジャー・デビュー。HR20本前後、安打数170本前後、2塁打40本前後を期待できる選手です。盗塁も20個弱は期待できます。



なんとなく親しみを感じるのは母方の祖父が日本人で本人はクォーターだからです。ゴールド・グラブ賞1度、シルバースラッガー賞を1度受賞。オールスターはまだ出場できていません。外野手は多彩ですから、イェリッチ・レベルの選手でもなかなか出られませんね。

 

 

 

ロレンゾ・ケインは高卒時の2004年にアマチュア・ドラフト17巡目でブルワーズに入団。2018年は31才のシーズンで、今回は復帰になります。デビューは2010年。ブルワーズでの達成です。2011年にロイヤルズへ移籍。2015年、オールスターに出場。MVPの得票は3位までいきました。

 


 

2014年のALCSのMVPでもあります。ロイヤルズは2014年と2015年にワールドシリーズに出場し、2014年はジャイアンツに敗れましたが、2015年にメッツに勝利して見事にワールドシリーズ・チャンプになりました。ロレンゾ・ケインはその中心にいた選手ですね。

 


 

2017シーズンは打率.300、HR 15、打点 49、盗塁26、安打数 175を記録しています。

 

 

 

ブルワーズからマーリンズへ動くのは4人のプロスペクト達。

 

 

【マーリンズへの移籍が決まった4名】

ルイス・ブリンソン(外野手)

モンティ・ハリソン(外野手)

イサン・ディアス(内野手)

ジョーダン・ヤマモト(右腕投手)

 

 

 

ルイス・ブリンソンLewis Brinson)は23才の外野手で、2012アマチュア・ドラフト1巡目の選手(レンジャーズから指名)。その後、ブルワーズへ移籍し、2017年にデビューしました。メジャーでは21試合出場、HR2本。

 

 

モンティ・ハリソンMonte Harrison)は22才の外野手。2014年アマチュア・ドラフト2巡目。2017年はシングルAプラスに主に在籍。2017年アリゾナ・フォール・リーグに参加した逸材でもあります。

 

 

イサン・ディアスIsan Diaz)は21才の2B。プエルトリコ出身で高校はマイアミの高校に通い、2014年アマチュアドラフト2巡目でDバックスから指名を受けてプロ入り。その後ブルワーズへ移籍。デビューはまだで2017年はシングルAプラスで110試合に出場。中距離ヒッターのように思います。

 

 

 ジョーダン・ヤマモトJordan Yamamoto)はハワイ出身の21才。2014年アマチュア・ドラフト12巡目でブルワーズに入団。お名前の通り、日系人の選手です。2017年はシングルAプラスで9勝を挙げています。結構、メジャーへのマウンドも近い投手でしょう。94−5マイルのファストボールとブレーキの効いたカーブがいいようです。

 

 

 

 

 

 

ブルワーズ、外野が熾烈になってきましたよ!

 

 

 

この中にロレンゾ・ケインも加わります。

2018 01 26 mil roster

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


e6Amazonビデオ




 

Austin Jackson is packing his glove for the Bay Area.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -

 


2010年以降、偶数年にWSチャンプになっていたジャイアンツですが、とうとうそのジンクスも2016年に途絶え、2017年にはついに最下位にまで落ちてしまいました。

 

 

(ジャイアンツ成績)

2010年:WSチャンプ

2012年:WSチャンプ

2014年:WSチャンプ

2016年:地区2位(NLDSで敗退)

2017年:地区最下位

 

 

その反動か、今オフのGM以上のポジションにある人達の本気度がすごいです。

 

 

現地2018年1月22日、サンフランシスコ・ジャイアンツはインディアンスからFAとなっているオースティン・ジャクソンをCF要員として獲得しました。

 


2年600万ドルです。

 


 

 

 

 

ジャイアンツは2017年12月20日に大砲としてレイズからエバン・ロンゴリアを獲得。

 

 

2018シーズンのトップ・プロスペクト・ランキング上位が予想されるクリスチャン・アローヨを放出してまでの決断でした。

 

 

1月に入り、パイレーツからアンドリュー・マッカッチェンも獲得。



ロンゴリアとマッカッチェンだけでも相当な戦力アップですが、加えて本日のオースティン・ジャクソンの獲得ですからジャイアンツ、かなり貪欲に行っていますね。

 

 

マッカッチェンの獲得はCFでの起用を予想させたのですが、どうやらマッカッチェンはRFで起用する見込みです。

 

 

当然のことながら、外野手は誰かがベンチに追いやられるのですが、2017年にCFを守っていた名手デナード・スパンはロンゴリアとのトレードでタンパへ。そこはオースティン・ジャクソンが穴埋め。

 

 

そうなるとリーダーシップ力のあるRFのハンター・ペンスが危ういと思ったのですが、さすがにペンスはチームに置いておくとみて、どうやらLFへのコンバートが考えられています。

 

 

2018シーズンは、LFハンター・ペンス、CFオースティン・ジャクソン、RFアンドリュー・マッカッチェンという布陣で乗り切るようですね。

 

 

オースティン・ジャクソンですが、上に掲げてある写真でもおわかりの通り、2017シーズンの塀超えキャッチで有名になりました。

 


タイガースのイメージが強いオースティン・ジャクソンですが、ドラフトは2005年にヤンキースから8巡目で指名されてプロ入り。2008年にあの有名な三角トレードの余波を受けて、ヤンキースからタイガースへと移籍。デビューは2010年。23才の時です。


 

2008年12月8日の三角トレード

【NYY to DET 】

・フィル・コーク

 

【DET to NYY】

・カーティス・グランダーソン

 

【DET to ARI】

・エドウィン・ジャクソン

 

【NYC to ARI】

・イアン・ケネディー

 

【ARI to DET】

・マックス・シャーザー

・ダニエル・シュレーレス

 

 

バーランダーとシャーザーがいるタイガースのリードオフマンとして活躍。

 

 

2014年7月のトレード・デッドラインでマリナーズへ移籍。その後、2015年はシーズン後半にカブスへ移籍。2016年はホワイトソックスでプレー。ちょっと出場機会が減っていたのですが、2017年インディアンスでは85試合に出場と復活の兆しがあります。

 

 

オースティン・ジャクソンは2018シーズンで30才。2018シーズンの見込み成績として打率.276、HR 8、94安打という数字が出ています。まだまだこれからですね。とにかく守備がいいですからジャイアンツは守りに期待しているのでしょうね。

 

 

 

(関連リンク)

 

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2018.01.16

 

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2017.12.21

 

 

 

 

 


お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ




ブルージェイズが長打のある若い外野手を獲得しました。

 


現地2018年1月20日、ブルージェイズはカージナルスの26才の外野手、ランドル・グリチャックをトレードで獲得しました。

 


ブルージェイズからカージナルスへは、リリーバーで右腕のドミニク・レオンとスターターの右腕コナー・グリーンの2人が移籍します。



 

 

 

ランドル・グリチャックは右投げ右打ちで外野はどこでもこなしますが、2017年はレフトかライトでの出場が大半でした。

 


カージナルスの外野にはデクスター・ファウラー、トニー・ファムがいます。2017シーズンはランドル・グリチャックを含めた3人で回していましたが、今オフ、マーリンズからマーセル・オズーナを獲得したことで状況が変化。


 

ランドル・グリチャックがベンチに行かざるを得ない状況になったことで今回トレードとなりました。

 


グリチャックはHR20本を期待できる強打者。打率はメジャー通算4年で.249ですから長打力が魅力の選手です。


 

ブルージェイズにはケビン・ピラーをはじめとして外野にはいい選手がいますが、一発のあるグリチャック加入したことで攻撃に厚みが加わりました。


 

カージナルスへ行く2人の投手ですが、ドミニク・レオンは26才。2017シーズンはリリーバーとして65試合に登板。ERAは2.56。こういう実践で活躍した投手を出すとはブルージェイズも思い切った判断だと思います。他チームに出すにはちょっともったいないくらいの投手です。↓



 

 

 

 

コナー・グリーンは22才の若手右腕。まだメジャー経験はありませんが、楽しみな存在です。いい投げ方をします!↓

 

 

 

 

 

双方ともに力のある選手が動いたということでいいトレードだったように思います。

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 


(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ

 

本日も噂のお話です。

 

 

現地2018年1月17日、DバックスからFAのJ・D・マルチネスですが、ボストン・レッドソックスが5年100million(1億ドル)でオファーしたとの報道がありました。

 

 

※内容は1月3日の記事内容とさほど変わらないのですが、金額が明らかになったので記事にしました。

 

 

 

100millionは1ドル120円換算で120億円。年俸換算で約24億円。

 

 

しかし、J・D・マルチネスが探しているのは7年180million(1億8千万ドル)でのオファー。もちろんこれはある程度金額的に叩かれることを想定した設定だと思います。

 

 

要はいかにこれに近い条件を提示する球団に入るかということで探しているようです。仮にこちらも1ドル120円換算に直すと216億円。年俸換算で約30億8千6百万円。

 

 

年俸にして20%以上の開きがあるということになります。

 

 

それにしてもふっかけすぎだと思うのは私だけでしょうか。さすがに高すぎますね。

 

 

尚且つ、J・D・マルチネスが望むのは外野での出場。

 

 

3日の記事にも書かせていただいた通り、レッドソックスの外野はすでに決まっています。LFベニンテンディー、CFジャッキー・ブラッドリー・JR、RFベッツ。

 

 

1BかDHかということにおいてもヘインリー・ラミレス、ミッチ・モアランドがおり、ここも決まっています。

 

 

果たしてこの枠に大枚をはたいてJ・D・マルチネスを入れるべきかどうか難しい決断です。私はあまり入れて欲しくないですが、そうこうするうちにラグジュアリー・タックスの支払いもいとわないNYあたりがさらっともっていきそうな気もします。

 

 

GMが怖れるのはこのポイントかもしれませんね。

 

 

ちなみに、J・D・マルチネスは球団が未決でのスプリング・トレーニング入りもいとわない覚悟のようです。

 

 

 

(関連リンク)

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2018.01.03
 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 


(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ

 
トロント・ブルージェイズに動きがありました。
 
現地2018年1月15日、ドジャースからFAとなっていた外野手のカーティス・グランダーソンと1年、500万ドルで合意しました。
 
 
 
グランダーソンは2018シーズンでもう37才になるんですね。
 
オールスター3度、シルバースラッガー賞1度受賞の名選手もいつの間にかこのような年齢に。
 
2017シーズン途中でメッツからドジャースに移籍したグランダーソンはHRこそ27本を放ち、まだまだ長打力が健在なことをアピールできましたが、打率が.212と低迷。
 
特にドジャースに移ってからは36試合で.161と苦しみました。ポストシーズンもNLDSとNLCSで15打数1安打、WSには出られませんでした。
 
ブルージェイズにはCFにケビン・ピラー(29才)がおりますので、DHかLF、RFでの出場で、テオスカー・フェルナンデス(25才)、スティーブ・ピアース(34才)との争いになります。
 
なかなか厳しい戦いとなりますが、長打力で頑張って欲しいところですね。
 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 


(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ

 


大きなニュースが入ってきました。

 

かねてから噂のあったジャイアンツのセンターの件ですが、決着がつきました!

 

現地2018年1月15日、サンフランシスコ・ジャイアンツはパイレーツのアンドリュー・マッカッチェンAndrew McCutchen)を獲得です。詳細は今の段階ではわかりませんが、獲得は間違いないようです。

 

 

 

 


マッカッチェンはFAではありませんのでトレードとなるのですが、パイレーツはジャイアンツから2人のプロスペクトを希望。左腕のカイル・クリックと外野手のブライアン・レイノルズの名前が上がっています。

 


交換要員の確定もすぐに出ると思います。今のところはこの2人の選手がパイレーツへ移籍しそうです。

 

 

ジャイアンツ、大きく動きましたね。エバン・ロンゴリア獲得につづいての大砲の入団です。

 

 

アンドリュー・マッカッチェンは現在31才。2005年アマチュア・ドラフト1巡目でパイレーツから指名されて入団。

 

 

当時は”Andrew”は「アンドリュー」の記載でいいとして、 “McCutchen"はどう読むのか??本当にわかりませんでした。当サイトではマッカッチェンと表記し続けておりますが、NHKやTBSなどではマカッチェンと表記していると思います。

 

 

どちらが正しいのかわかりませんが、とりあえず、当サイトは小さなcが入っているので、「マッカッチェン」とします。

 

 

そのマッカッチェンはオールスター5度、シルバースラッガー賞4度、ゴールドグラブ賞を1度、そしてナ・リーグMVPを1度(2013年)受賞したことのあるスーパースターですね。

 

 

メジャー9年で通算安打数が1463本、HRが203本、2塁打が292本、打点が725という圧倒的な数字をもつ選手でもあります。2018年の見込み数字が安打数が150本、HRが25本、打率が.290、打点80ほどの数字が見込めまれています。

 

 

打つだけでなく守備と走塁もすごいというのがこのマッカッチェン。いわゆる5ツール(長打、安打数、走塁、守備、肩)プレーヤー。

 

 

ジャイアンツではもちろんCFを任される予定です。

 

 

トレードで名前の上がっているカイル・クリックは25才の右腕。2011年アマチュア・ドラフト1巡目の投手で2017年にすでにメジャーデビューしています。2017年はリリーバーを任され、30試合、0勝0敗、3.06 ERA。

 

 

もう一人のブライアン・レイノルズは23才で2018シーズンを迎える右投げ両打ちの外野手。2016年アマチュア・ドラフト2巡目の選手でまだメジャーには上がっていません。2017年はシングルAプラスで過ごし、121試合で153安打、HR10本を記録。アベレージ・バッターです。盗塁は少なめ。

 

 

 

 

ジャイアンツは手放したくない若手でしょうが、マッカッチェンとのトレードなら仕方ありませんね。

 

ところでパイレーツですが、エースのゲリット・コールに続き、中心打者のアンドリュー・マッカッチェンも出したということで人気選手の相次ぐ流出に心配になりますが、よくよく布陣を見てみると、まあまあいい選手が残っています。

 

 

2018 01 16 2018janpit

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャイアンツ、2018シーズンは前年の最下位からどう巻き返すか、注目ですね。

 

 

(関連リンク)

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2018.01.04

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonビデオ



 

2018シーズン終了後にFA資格となるオリオールズのマニー・マチャド(Manny Machado)ですが、今OFFから移籍の噂が出ておりました。

 

 

メジャーではFAの前年にトレードされることがままあり、今OFFのマニー・マチャドがまさしくその状態でした。

 

 

しかし、オリオールズは調停を避け、1年1,800万ドルでマニー・マチャドと合意。前年が1,150万ドルでしたからマニー・マチャドとしてはかなりアップしましたね。オリオールズも熱心に引き留めたというのがこの金額でわかります。

 

 

マニー・マチャドは現在25才。ここ6年で3回のオールスター出場と2回のゴールドグラブ賞を受賞。まさにチームの中心選手です。

 

 

また過去3年で105HRを放っており、さすがにこの大砲を失うことはア・リーグ東地区ではかなり厳しい状況に追い込まれまることを意味していたので、オリオールズとしてはやれやれでしょうね。

 

 

マニー・マチャドは2018シーズン、3BからSSにコンバートされることが決まっています。

 

 

 

 

 

 

長年オリオールズのSSを務めてきたJ・J・ハーディー(J.J. Hardy )はオリオールズ側がクラブオプションを拒否、つまり契約更新しなかったので、今OFFはFAとなっています。

 

 

筆者はJ・J・ハーディーが好きだったのでちょっと残念です。35才で放出とはちょっともったいないですね。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ

 

 


現地2018年1月11日のMLBの移籍情報はDバックスのパトリック・コービンが契約を更新したりするなど、調停を避けた内容が多かったです。

 

 

2月半ばから開始のスプリング・トレーニングに向けて、徐々に構成を固めていっているという状況ですね。

 

 


そんな中ですが、トレードが決まったばかりの選手の移籍話が浮上してきました。

 

 

 

 

 

 

今オフのジャンカルロ・スタントンのヤンキース移籍に伴い、マーリンズへのトレードが決まったスターリン・カストロがマーリンズからトレードに出されることを希望しています!

 

 

これはNBCスポーツが報道していたことですが、報道側もこういうことはさして驚くべきことではないと伝えております。

 

 

スターリン・カストロが危惧しているのは、再建中のチームのベテラン選手の扱い。

 

 

マーリンズは2017年末からオーナーが変更。ジーターを含めたファンド会社の運営になったことにより、チーム再建中です。

 

 

通常、こういった再建中のチームは数年後のドル箱スターを育成するため、見込みの高い若手に大きなチャンスを与え、ベテラン選手の扱いが雑になる傾向があります。

 

 

jettison (ジェティソン)という言葉をご存じでしょうか?

 

 

研究社 新英和中辞典での「jettison」の意味
 
 
jettison
音節jet・ti・son 発音記号/dʒéṭəsn/

動詞 他動詞
1(船から)〈貨物を〉投げ荷する; (航空機から)〈爆弾・貨物・燃料などを〉(投げ)捨てる.

2〈じゃま物などを〉捨てる; 〈考えなどを〉放棄する.

https://ejje.weblio.jp/content/jettison

 

 

IT用語で不要なアプリをアンインストールしたりする時に使ったりもする言葉ですが、動詞も名詞もあります。

 

 

そもそもの意味はなんらかの事情で航空機を守る目的で重量を軽くするために飛行機から荷物や燃料を投げ捨てることを言います。

 


※蛇足ですが、日露戦争でバルチック艦隊を迎え入れる連合艦隊が足を早くするために燃料の石炭をがんがん海に捨てて出港したのもjettisonです。(燃料を捨てるシーンで思い浮かんだのがこのシーンだったので、書きました)

 

 

これを人に代用すると、かなりブラックな言葉になりますね。

 

 

スターリン・カストロが危惧するのはこのjettison(ジェティソン)。マーリンズもすぐには雑にしないとは思いますが、選手としてはなかなか安心してプレーはできませんね。

 

 

ちなみにスターリン・カストロは現在28才。野手で言えば、肉体的にも経験的にも旬の時期です。実は今、クリスチャン・イェリッチも移籍話が上がっています。26才でチームの核となる選手でさえそのような話しが上がってくるのが再建中のチーム。

 

 

こういった選手を放出しては現実的に試合にならないので、そうドラスティックになたを振るわないとは思いますが、マーリンズは前経営陣に結構な前科(エースのマイク・バーリーを放出したり、WS制覇後に資金のためにチームを解体したり)があるので、スターリン・カストロも不安なのでしょう。

 

 

マーリンズがスターリン・カストロの要望に応えるかどうかは未定です。たぶん、出さないと思います。


 

一方、スターリン・カストロ側としては、今のカストロの市場価値は非常に高い(打率3割、20HRを見込め、SSも2Bも出来る)ので、需要のあるチームに行きたいというのは当然ですね。


 

どうなるのか、様子見したいと思います。

 

 

(関連記事)

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2017.12.10
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonビデオ



 

 

まだオフィシャルな情報ではありませんが、ほとんど確定のニュースです。

 


ニューヨーク・メッツはインディアンスからFAのジェイ・ブルースと3年、3,900万ドルで契約で合意したようです(現地2018年1月10日)。


 

ジェイ・ブルースは2017年8月にメッツからインディアンスに移籍。今オフFAとなっており、目玉選手の一人でした。

 


メッツは大砲を手に入れましたね。

 

 

 

 

ジェイ・ブルースは2018年途中で31才となる左打ちのホームラン・バッター。2017シーズンでキャリア10年を数えます。


 

ジェイ・ブルースと言えば、レッズのイメージが強い選手ですね。2005年アマチュア・ドラフト1巡目(全体順位12位)でレッズから指名を受け、プロ入り。


 

デビューは2007年5月27日。高卒野手でドラフト1巡目、しかも21才になったばかりでのデビューですから、かなりの実力でメジャーに上がってきた選手と言っていいでしょう。

 


実際、デビュー・イヤーの2007年に21HRを放ち、2011年から2017年の直近7シーズンで30HR以上放ったシーズンが5シーズン!  


 

2016年途中にレッズからメッツへ、そして2017年途中にメッツからインディアンスに在籍しておりました。

 


2017年は146試合に出場し、打率.254、HR 36、RBI 108、OPS .832という成績。2018年のHR数も32本という数字が見込まれる選手です。


 

今回、ナ・リーグへの移籍ということなのでDHはありませんので、本職のRFのポジションが見込まれます。2017シーズン、27HRを放った24才のトーマス・コンフォート、あるいはCFが見込まれている同じく24才のブランドン・ニーモとのポジション争いが予想されます。

 


ちなみにメッツのLFはヨアニス・セスペデスで決まりです。


 

これでまた一人FAの大物選手が決まりました。


 

これから1月下旬にかけてどんどん決まっていくものと思われます。

 


ダルビッシュ投手や上原投手、そしてイチロー選手の動きも引き続き、チェックしておきます。

 

(関連リンク)

 【FA for 2018】注目のFA選手、大谷投手、ダルビッシュ投手、エリック・ホズマーなど

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2017.11.05

 

レギュラーシーズン » 2012RS | 2012.09.23 

 

 

 


お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonビデオ



ブログ内検索
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...