HOME   »  2017年04月
RSSフィード

2017 04 30 AE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

ナショナルズにとって痛すぎる故障者が出ました。

 

 

現地2017年4月28日のナショナルズVSメッツ戦で、アダム・イートンが1塁を駆け抜けた際に足を抑えて倒れました。

 

 

場面は9回裏、7-5でメッツが2点をリードして迎えていた状況。先頭のマット・ウィータース、次打者のアダム・リンドが連続ヒットで出て、2人が変えれば同点という場面。

 

 

この日1番CFに入っていたアダム・イートンが3人目の打者として打席に入り、二塁ベース寄りに守っていたSSの三遊間寄りにゴロを放って1塁に駆け抜けた時でした。

 

 

セーフとなったものの、イートンが足を抱えて起き上がれないという事態が発生。

 

 

 

 

 

2017年4月29日の時点でもナショナルズは正式発表していませんが、左膝十字靭帯を損傷というか、断裂した模様です。

 

 

これにより、アダム・イートンは今季絶望。

 

 

今オフに大きな期待で獲得したイートンでしたので、ナショナルズにとってこれは痛いですね。しかもルーカス・ジオリトというトップ・プロスペクト右腕を放出しての獲得だっただけにこれは辛いです。

 

 

もっとも、いくら契約社会のアメリカとは言え、辛いのはアダム・イートン本人だと思われます。

 

 

しっかりと治して、またグランドに戻って欲しいですね。

 

 

ナショナルズはこれに伴い、トリプルAからラファエル・バティスタ( Rafael Bautista)をコールアップしました。

 

 

しかし、イートンの代わりにはCFとして2015年に138試合に出場した26才のマイケル・テーラー(Michael Taylor #3)を起用する見込みです。

 

 

イートンが欠いたことで攻撃力が落ちると思われますが、この辺が投手陣に影響を及ぼさないことを祈りたいと思います。 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

2017 04 30 BOS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑またしても警官が喜ぶ

 

 

こんにちは。

 

現地2017年4月28日からフェンウェイ・パークにてレッドソックスVSカブス戦が開催されています。

 

 

強い両チームの戦いだけに非常に興味がそそられるカードですが、まず第1戦は1点を争う非常に面白い展開となりました。

 

 

レッドソックスがドリュー・ポメランツ、カブスがジェイク・エアリエッタが先発。

 

 

 

 

 

初回、カブスはクリス・ブライアントの3号ソロで先制。いきなりゲームが動きます。しかし、その裏、予想外の展開に。

 

 

 

 

 

 

1アウトから2番のアンドリュー・ベニンテンディがライトのブルペンに入るソロホームランで1-1の同点に。地元警官か、警備員かは定かではありませんが(おそらく警官の方かと思いますが)、職務を忘れてガッツポーズ。こういうシーンは地元で愛されている感が出て結構好きです。

 

 

その後、ヘインリー・ラミレスのシングル、ミッチ・モアランドのダブル、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアのシングル、クリスチャン・バスケスのシングルなどで4点を奪い、 レッドソックスが5-1とリード。

 

 

カブスは3回にアルバート・アルモアのホームランで1点を返し、5-2のScoreに。

 

 

カブス先発のジェイク・エアリエッタですが、この日は5回途中、被安打10、失点5で降板。この日はちょっと乱れました。

 

 

その後、カブスリリーフ陣がゲームメイクし、5-2のまま7回に。

 

 

カブスはランナーを貯めてワイルド・ピッチで1点を返し、さらにワールドシリーズMVPのベン・ゾブリストがセンターへきれいな当たりのタイムリーを放ち、5-4の1点差まで詰め寄ります。

 

 

e6【動画】Zobrist’s RBI single

 

 

ゾブリストのこのきれいなヒットは非常にかっこよかったですね。 

 

 

9回は1点の攻防となり、2アウトからゾブリストのダブルが出て1本出れば同点という場面でしたが、最後はクレイグ・キンブレルが糸をひくようなファストボールでアディソン・ラッセルから三振を奪い、5-4でレッドソックスが勝利しました。(Score) 

 

 

e6【動画】Recap: CHC 4, BOS 5

 

 

2017年4月29日は、レッドソックスがナックル・ボーラーのスティーブン・ライト、カブスはレッドソックスにもいたことのあるジョン・ラッキーの登板となっています。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 


 

 

 

こんにちは。

 

現地2017年4月28日からレッドソックスVSヤンキースのライバル対決が始まりました。1日雨で流しましたが、レッドソックスがクリス・セール、ヤンキースが田中投手という待ってましたと言わんばかりの豪華な顔合わせとなりました。

 

 

始まる前は調子のいいクリス・セールが優位かと思っていました。

 

 

 

 

 

田中投手は狭いフェンウェイ・パークでの登板に一発を浴びることを危惧していたのですが、そんなことは杞憂とばかりの素晴らしいピッチングを披露してくれました。

 

 

 ただ、このゲームは田中投手だけでなく、クリス・セールも非常に素晴らしい投球を見せてくれました。

 

 

クリス・セールは9回途中まで投げきり、被安打8、失点3、奪三振10。先発として深いイニングまで投じ、十分すぎるゲームメイクを見せました。

 

 

マット・ホリデーに2安打、2打点を許したのは、クリス・セールの投球というよりは、ホリデーの勝負強さの方を評価して然るべきかと思います。

 

 

田中投手ですが、9回を91球、被安打3、失点0、奪三振3という省エネ投球を披露。スプリットが効果的でレッドソックス打線に的を絞らせませんでした。

 

 

いいピッチングでしたね。メジャーのバッターを相手にこの投球を見せてくれたのには驚かされました。

 

 

 e6【動画】Tanaka's three-hit shutout

 

 

それにしても、クリス・セールは勝てませんね。シーズン成績のERA1.19と奪三振52の内容は近々勝利数に跳ね返ってくるのではないかと思います。

 

 

辛抱して頑張って欲しいですね。

 

 

 

e6【動画】 Recap: NYY 3, BOS 0

 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは。

 

現地2017年4月26日から始まったナ・リーグの好調チームであるナショナルズとロッキーズの対戦は、ナショナルズの打撃が爆発。一方的な展開になりました。

 

 

ロッキーズがタイラー・チャットウッド、ナショナルズがタナー・ロアークで始まったこのゲームはチャットウッドが中盤まで持ちこたえられませんでした。

 

 

5回を終了した時点で、5-2とナッツがリード。その後、ロッキーズのリリーフ陣も打ち込まれ、終わってみれば11-4でナショナルズの勝利。

 

 

バッター・フレンドリーのクアーズ・フィールドでの開催でしたが、ナショナルズ有利に働きました。

 

 

ナショナルズはトリー・ターナー、ライアン・ジマーマン、ダニエル・マーフィーにHRが出ました。

 

 

 

 

 

 

e6【動画】Recap: WSH 11, COL 4

 

 

ロッキーズ、先発がどこまでゲームを作るか、後ろがいいだけに中盤までをなんとか踏ん張って欲しいですね。

 

 

(関連リンク)


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 26 TOR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月25日は珍しいシーンが見られました!

 

 

カージナルスVSブルージェイズのゲームは、カージナルスがマイケル・ワカ、ブルージェイズがマルコ・エストラーダが先発。

 

 

両投手ともに中盤まで投げきり、ゲームは2-2のタイ・スコア。なかなかの好ゲームでした。

 

 

7回に入ってゲームが動き、ブルージェイズが2点を勝ち越すも、その裏、カージナルスがホセ・マルチネスの2ランHRで4-4の同点に。

 

 

ブルージェイズは9回にバティスタのシングルで1点を勝ち越すも、その裏カージナルスがデクスター・ファウラーのシングルで同点に。

 

 

5-5で延長に入ります。

 

 

迎えた11回表、ブルージェイズはそれまで小刻みに4人の投手をリリーフに立たせるごとに代打を送ってきたツケが回ってきます。

 

 

1アウトから打席が回ってきたジェイソン・グリーリに代打を送る野手がいなくなりました。



そこでブルージェイズ・ベンチはなんとエースのマーカス・ストローマンを打席に送ります。

 

 

 これがなんと決勝点に絡んだんですね。

 

 

ご覧ください。

 

 

 

 

 (2017年4月25日)

 

 

マーカス・ストローマンのまさかの2塁打をきっかけに、つづくスティーブ・ピアースの打球をうまく処理したカージナルスSSのアレドミス・ディアスでしたが、まさかの1塁悪送球。

 

 

1Bのホセ・マルチネスが悪いのか、ちょっと微妙なプレーでしたが、 ボールがファウル・グランドに転がる間にマーカス・ストローマンがホームインし、ブルージェイズが6-5と逆転。これが決勝点となりました。

 

 

計算外の出来事でブルージェイズが勝利をゲットしたという流れでした。

 


 

野球は本当にわかりませんね!

 

 

 

e6【動画】Recap: TOR 6, STL 5
 

 

 

 

このゲーム、クリス・コグランのこのようなプレーもありました。

 

 


 

 

 

結構、見どころ満載のゲームでした。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 25 thames

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

この4月にぶっ飛ばしている選手がいますね!

 

 

ミルウォーキー・ブルワーズのエリック・テイムズ( Thames, E)です。現地2017年4月24日のレッズ戦で2HRを放ち、この時点でなんと10HR!

 

 

残り5ゲームありますので、これまでの4月のHRレコードである2006年のアルバート・プホルズ、2007年のアレックス・ロドリゲスの14本に並びそうな勢いです。

 

 

 

 

エリック・テイムズは結構苦労人です。今季は30才。2008年のアマチュア・ドラフトでブルージェイズから7巡目指名を受け、プロ入り。

 

 

デビューはブルージェイズ時代の2011年、24才の時です。

 

 

2011年と12年にそれぞれ95試合、86試合に出場。2年間でホームランは21本だった選手です。

 

 

その後、3Aなどマイナー生活が続き、2013年から3年間、アジアでプレーしました。その3年間の数字がHRが37本、47本、40本、盗塁が11個、40個、13個と際立った活躍を見せました。

 

 

メジャー復帰となったのは昨オフ、ブルワーズがHRキングのクリス・カーターをトレードに出したことで、4番が空いたからでした。

 

 

そこに見事にハマったのがエリック・テイムズだったという訳です。これはスカウト陣の勝利ですね。誰も狙ってはいませんでしたから。

 

 

 

契約は3年で1600万ドル。狙われていなかった割には結構な額の契約ですが、しかし、クラブ側としては他からHRバッターを獲得するよりはよほど安く契約できたと思っているでしょう。

 

 

エリック・テイムズ、4月のHRを何本まで伸ばすのか、楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。



まもなくゴールデン・ウィークですね。今年も仕事の都合でGWにMLB観戦とはいかないのですが、夏にはなんとかしたいです。

 

 

世間ではきな臭い動きがありますが、野球が楽しめる環境が続けばこんな素晴らしいことはないなと思っております。

 

 

考えようによっては毎日が奇跡のようなMLBのレギュラー・シーズンですが、現地2017年4月23日、週の最後のゲームで、ナショナルズとフィリーズとロッキーズとレンジャーズが敵チームをスイープしました。

 

 

4カードもスイープがあるのは珍しいですね。

 

 

まずは、ナショナルズですが、フレーブスとの3連戦の最後の試合、先発はマックス・シャーザー。




右指の疲労骨折も完治し、またビシバシと伸びのあるストレートを投げ込んでいます。なんとMAX97.2mph(156.43km/h)を記録!

 

 

 

 

 

ホームランを2本打たれましたが、このストレートは相当厄介ですね。



メッツ先発はザック・ウィーラーでしたが、ダニエル・マーフィーのグランド・スラムに沈んでしまいました。次はいい結果が出そうな予感のする投球ではありました。

 

 

 

ナショナルズはNL東のライバル、メッツをスイープです。

 

 

e6【動画】Recap: WSH 6, NYM 3

 

 

 

さて、新陳代謝を図ってそろそろ結果が出そうなフィリーズは、ブレーブスを迎えての3連戦でしたが、こちらもスイープしました。

 

 

23日のゲームでは3者連続HRも飛び出し、フィリーズは勢いが出てきました。ブレーブスは6連敗です。

 

 

 e6【動画】Recap: ATL 2, PHI 5

 

 

 

そして、春先好調のロッキーズは今年は投手が活躍。



これはひょっとしたら本物の強さかもしれません。ルーキー左腕のカイル・フリーランドがまたしても好投しました。

 

 

ジャイアンツ打線を7回まで被安打6、無失点に抑える好投。フリーランド、いいですね。

 

 

 

 e6【動画】Recap: SF 0, COL 8

 

 

 

そして、ア・リーグで唯一スイープしたのはレンジャーズ。ロイヤルズとの4連戦を見事に4連勝。2017年4月23日はダルビッシュ投手が先発し、8回を被安打5、失点2、奪三振8に抑える好投を見せてくれました。

 

 

打線では若手の飛ばし屋ジョーイ・ギャロに一発が出て、ダルビッシュ投手を援護。

 

 

レンジャーズ、このシリーズは強かったですね!

 

 

 

 e6【動画】Recap: KC 2, TEX 5

 

 

 

 開幕から1か月になろうとしています。スロースタートな結果となっているチームが多いですが、まだまだどこの地区も少しの連勝で追いつける位置です。


 

 

(関連リンク)

 


  

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは。

 

 

珍しいプレーがありました。

 

 

現地2017年4月22日のパドレスVSマーリンズ戦で、バッターのディー・ゴードンが送りバントをしたところ、投手のホセ・トーレスが一塁に悪送球。

 

 

これがなんとライト線の一番深いところまで転がり、バッター・ランナーのディー・ゴードンが足の速さを活かして一気にホームイン。

 

 

1ヒット、1エラーのプレーですが、まさかのバッター・ランナー生還というなんとも言い難いプレーが起こりました。

 

 

 

 (2017年4月22日)

 

 

アウトカウントが欲しかったであろうトーレスですが、無理して投げてはいけない場面でしたね。それでも投げてしまうのが選手の性かもしれません・・・。



こういう、時として最悪の結果が見られるのもMLBならではの醍醐味でしょう。NPBではこのようなプレーは基本的に避けますからね(もちろん、ないとはいい切れません)。

 

 

 

これが延長11回表で2-2の緊迫した場面で起こったので、パドレスにすれば余計に痛かったです。



このプレーで勝ち越したマーリンズはこの回、ジャンカルロ・スタントンの一発などが出て、一気に4点を奪い、6-2で勝利しました。

 


 

162試合もやっていると、色々なことが起こりますね。




 

e6【動画】Recap: MIA 6, SD 3
 

 

(関連リンク)

 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

e6Amazon タイムセール

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 



 

2017 04 23 socks10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今日はゲームの話題ではなく、ユニフォームについてです。

 

 

おそらく2014年くらいからでしょうか?ちょうどジャイアンツがWSを制覇したこの年くらいから、MLBの選手達はストッキングに3本線を入れるようになりました。

 

 

筆者はすそをダラっと伸ばすよりは、上げて欲しいと思うタイプなので、統一感のなさが気になるものの、すそを伸ばすよりはまだいいかと思っておりました。

 

 

カレッジ出身の選手が多いですし、カレッジ風のデザインにしたのかと思いつつも、勝手にラインを入れる選手をよく球団側が許したなとも思っておりました。

 

 

特に当時クローザーだったセルジオ・ロモが目立っていました。バリー・ジトもそれをやりだしました。

 

 

2017 04 23 socks9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ロモが 発祥かどうかは定かではありませんが、彼が目立っていたのは事実です。

 

 

スパイクの話しに飛ぶのですが、もともと球団が定めていた色から逸脱し始めたのはスパイクの方が先です。(昨今はちょっとひどいですね。)

 

 

白スパイクのアスレチックスが白いのを履くのはいいとしても、赤が基調のチームが白いのを履いたり、最近ではもうチームの基調の色が全体での数%の面積でしかないデザインのものを履く選手が増え始めました。

 

 

これは一人一人が契約メーカーが違うという事情と、メーカー側も販促を兼ねて、選手に売りたいデザインを履かせるようになったのが経緯かと推測しますが、それにしても統一感がないなと一人嘆いておりました。

 

 

スパイクのデザイン遊びが浸透しきった頃、今度は同じ足元であるストッキングのデザインに遊びが加わり始めました。

 

 

それが上述したロモの3本線ですが、ロモがそうしだした翌年あたりから、より目立ったラインを入れるようになったのがアスレチックスとパイレーツの選手です。

 

 

3本線をそれぞれ白で挟むというデザインです。

 

 

パイレーツのマッカッチェンがその代表で、アスレチックスの選手もこのデザインを取り入れたストッキングを履きだしました。

 

 

2017 04 23 socks11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両チームのストッキングはもともと線のないデザインなので、もし入れるとしてもチームカラーの単色3本の方がかっこいいのにと思っておりました。

 

 

細めのラインのあるストッキングで球団がもともと持っていたデザインなのはカージナルスです。赤を基調として下から白→紺→白→赤→白→紺→白のラインが入っています。

 

 

2017 04 23 socks12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとラインはなかったものの、カージナルス系のデザインを取り入れ始めたのがマリナーズとレイズです。


 

 

2017 04 23 socks8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2017年ですが、ナショナルズのブライス・ハーパーが白のラインを入れたストッキングを履いているのを動画で確認しました。

 


 

ハーパーも3本線にしたのか!と思っていたら、よく見ると3本線ではありません。

 

 

 

2017 04 23 socks6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体、このデザインは何なのか?と思っていたところ、一番上の写真にある、アスレチックスのクリス・デービスのストッキング姿がヒットしたという訳です。

 

 

まるで高校野球の強豪校が履く色バランスで、もはや線さえ見当たらないというデザインに。

 

 

クリス・デービスは黄色がおとなしいバージョンも履いており、さらにはドジャースまでもがライン入りのストッキングを履いているではないですか!

 

 

 

2017 04 23 socks3

2017 04 23 stocking1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとすごいのはメッツです。摩天楼が入っています。

 

 

2017 04 23 socks7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは何かあると思い調べましたら、わかりました!

 

 

MLBはソックスの公認メーカーとして「スタンス(Stance)」をオフィシャル・サプライヤーに指名したようです(2016年5月)。

 

 

ということで、ホームページを見ると、同じものがありました。

 

DIAMOND PRO ATHLETICS | GREEN | L

 

 

DIAMOND PRO NATIONALS HOME | DARK RED | L

 

DIAMOND PRO METS BRIDGE | DARK NAVY | L

 

 

それにしても、まさか機構のお墨付きだったとは! 

 

 

 

(関連リンク)

 

 


野球のユニフォームはあまり変化をつけない方が格好がよく、そうなると足元で遊びたいのはわかるのですが、いささか度がすぎるのではないか?と思う今日このごろです。


 


 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 21 OA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

今日は注目SSのご紹介です。

 

 

青木選手が移籍して以来、あまり注目していなかったブルワーズに、2016シーズンからこんな素晴らしいSSがいたとは!

 

 

オーランド・アルシア(Orlando Arcia #3)を皆様、ご存じだったでしょうか?

 

 

ベネズエラ出身の22才のSSストップです。この選手の守備がバツグンにいいです。まさにメジャーのSSという感じのプレーを随所に見せてくれます。(もっと早くに気づくべきでした)

 

 

 

 

 

一流のSS特有の肩の強さもさることながら、大きな選手にも関わらず、動きが非常に機敏。

 

 

タイガースのホセ・イグレシアスの機敏さと、若い頃のトロイ・トゥロウィツキーのような派手さをもったいいSSです。

 

 

まさに見せるSS。

 

 

打撃の方はというと、野球少年という感じのバッティング・フォーム。ナッツのライアン・ジマーマンを幼くしたようなバッティング・フォームです。

 

 

 

 

 

 

これはこれで結構好きな打ち方なのですが、確実性がまだ低く、今シーズンは2017年4月20日現在、打率は.212と低め。

 

 

しかし、それを補って余りあるほどのいい守備を見せてくれますね。

 

 

この選手は大いに活躍して欲しいです。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...