HOME   »  2016年11月
RSSフィード

 

こんにちは。

 

ワールドシリーズ制覇のカブスが具体的に動き出しました。CFのデクスター・ファウラーのFAでの移籍が濃厚となっていたわけですが、そこを埋める人材を獲得しました。

 

 

今季パドレスで活躍したジョン・ジェイ(Jon Jay)と1年800万ドルで合意です。

 

 

ジョン・ジェイの外野手としてのFielding % (フィールディング・パーセンテージ)は.9951。これがどれだけすごいかと言うと、 守備の達人と呼べるレベルです。現役では2位のジャコビー・エルズベリー(NYY)の.9954に次ぐ4位。イチロー選手で.9925で19位。ちなみに1位はダリン・アースタッド(元アストロズ)で.9955。ほぼ1位みたいな数字ですね。

 

 

とにかく守備がいいです。加えて、打率も非常にいいんですね。あのカージナルスで1番を張っていた選手ですから、折り紙つきのいい選手。

 

 

YearAgeTmGHHRRBIBAOPSPos
201025STL10586427.300.78098/7
201126STL1591351037.297.768*897
201227STL117135440.305.773*8
201328STL157151767.276.721*8
201429STL140125346.303.750*897
201530STL7944110.210.56387/9
201631SDP90101226.291.7288/97
7 Yrs84777731253.287.737 
162 Game Avg.162149648.287.737 
        
STL (6 yrs)75767629227.287.738 
SDP (1 yr)90101226.291.728 
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 11/30/2016.

 

 

 

カブス、いい選手を獲得しました。

 

 

カージナルス戦も楽しみですね。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

 

 

こんにちは。

 

 

景気のいい話しが決まったようですよ。

 

 

今オフのFAの目玉の一人であった、ヨエニス・セスペデス(Yoenis Cespedes)がニューヨーク・メッツと4年契約で合意。総額110 milion dollars!

 

 

わかりやすく日本語表記で表すと、1億1,000万ドル。今のレートがざっと1ドル=113円ですから、ざっと124億5千6百万円!!! 凄いですね!

 

 

2017年に2,250万ドル、2018年と2019年にはそれぞれ2,900万ドルずつ、そして2020年に2,950万ドルを受け取ることに。



年平均で2,750万ドルは現役外野手では最高額のサラリーで、かつ野手の最高額、ミゲル・カブレラの年平均3,100万ドルに迫る金額。

 

 

キューバから命がけで渡米した甲斐があったというのは、いささか下品な発想かもしれませんが、リスクを取ってチャレンジした甲斐がありましたね。

 

 

スプリング・トレーニングではまたしてもすごい車で乗り付けてきそうです。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 セスペデスは2017シーズンで31才。今回の契約で35才までは保証されることとなりました。2016シーズンはご覧の通り、オールスターにも出場し、シルバースラッガー賞も獲得してます。いいタイミングで契約しましたね。

 

 

高い守備力に加え、HR30本を期待することができる選手はやはりいいお給料がでますね!



メッツとすれば攻撃の核となる選手をキープできたことが大きいです。チーム構成を考えるにも、核がしっかりしていないと構成できませんから。

 

 

YearAgeTmLgGHRRBISBBAOPSAwards
201226OAKAL129238216.292.861MVP-10,RoY-2
201327OAKAL13526807.240.737 
2014 ★28TOTAL152221007.260.751AS
201428OAKAL10117673.256.767 
201428BOSAL515334.269.719 
201529TOTMLB159351057.291.870MVP-13,GG
201529DETAL10218613.293.829 
201529NYMNL5717444.287.942 
2016 ★30NYMNL13231863.280.884AS,MVP-8,SS
5 Yrs70713745340.272.819 
162 Game Avg.162311049.272.819 
        
OAK (3 yrs)3656622926.262.788 
NYM (2 yrs)189481307.282.903 
DET (1 yr)10218613.293.829 
BOS (1 yr)515334.269.719 
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 11/30/2016.

 

 

投手力のいいメッツですから、セスペデスを軸に2017シーズンも強さを見せつけてくれそうです。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2016年11月28日の報道ですが、マイアミ・マーリンズがロイヤルズからFAとなっているローテーション右腕、エディンソン・ボルケス(Edinson Volquez)と2年契約で合意に至った模様です。

 

 

2年総額2,200万ドルとなる見込みです。現在、フィジカル・チェックの結果待ちで、マーリンズはまだ発表していませんが、時間の問題でしょう。

 

 

エディソン・ボルケスはドミニカ共和国出身で2017シーズンは33才。今の投手は肩肘に問題がなければまだまだピークの年齢です。

 

 

 ↓ボルケスのキャリア・スタッツ

 

 

 直近2年はロイヤルズでローテーションを務めました。2015シーズンは13勝9敗、ポストシーズンでも3戦に登板し、いずれもチームは勝っています。ロイヤルズをワールドシリーズ優勝に導いた一人ですね。

 

 

95マイル平均の2シームを武器に来季も活躍してくれそうです。WBC2013にも出場しましたが、今春の大会に出るかどうかは未定。移籍1年めとなりますから、どうするのか去就が注目されます。ドミニカ共和国の選手は結構高い確率で出ますから、今回も出るかもしれませんね。

 

 

マーリンズがエディンソン・ボルケスを獲得したのは、この秋にボート事故で亡くなったホセ・フェルナンデスのローテーションの枠を埋めるためです。

 

 

ボルケスなら、いい投球を見せてくれるかもわかりませんね!

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

2016年11月25日、キューバのフィデル・カストロ元国家元首がお亡くなりました。政治的な思想はここでは扱いませんが、キューバ・ベースボールをここまで押し上げた功績はすごいの一言ですね。

 

 

今の現役のメジャー・リーガーでセンセーショナルな活躍をしているのはキューバ出身の選手が多いですね。

 

 

過去、現在でキューバ人プレーヤーがどれくらい在籍していたのか知りたくなったので、ちょっと調べてみました。2016年11月27日現在のリストでは199人。

 

 

左端の番号は何名かというのを記しているだけです。To のところの赤文字は2016シーズンもメジャーでプレーした選手。現役だけをわかりやすくスポットしたかったのですが、2016シーズンにプレーしたことのある選手が全て入っています。

 

 

まあ、ビッグネームの多いこと。

 

Rk Name Yrs From To Debut
1 Jose Abreu  3 2014 2016 Mar 31, 2014
2 Jose Acosta 3 1920 1922 Jul 28, 1920
3 Merito Acosta 5 1913 1918 Jun 15, 1913
4 Rafael Almeida 3 1911 1913 Jul 4, 1911
5 Luis Aloma 4 1950 1953 Apr 19, 1950
6 Yonder Alonso 7 2010 2016 Sep 1, 2010
7 Dariel Alvarez 2 2015 2016 Aug 28, 2015
8 Ossie Alvarez 2 1958 1959 Apr 19, 1958
9 Rogelio Alvarez 2 1960 1962 Sep 18, 1960
10 Vicente Amor 2 1955 1957 Apr 16, 1955
11 Sandy Amoros 7 1952 1960 Aug 22, 1952
12 Angel Aragon 3 1914 1917 Aug 20, 1914
13 Jack Aragon 1 1941 1941 Aug 13, 1941
14 Jose Arcia 3 1968 1970 Apr 10, 1968
15 Rudy Arias 1 1959 1959 Apr 10, 1959
16 Rene Arocha 4 1993 1997 Apr 9, 1993
17 Rolando Arrojo 5 1998 2002 Apr 1, 1998
18 Erisbel Arruebarrena 1 2014 2014 May 23, 2014
19 Joe Azcue 11 1960 1972 Aug 3, 1960
20 Danys Baez 10 2001 2011 May 13, 2001
21 Ed Bauta 5 1960 1964 Jul 6, 1960
22 Julio Becquer 7 1955 1963 Sep 13, 1955
23 Steve Bellan 3 1871 1873 May 9, 1871
24 Yuniesky Betancourt 9 2005 2013 Jul 28, 2005
25 Francisley Bueno 4 2008 2014 Aug 13, 2008
26 Jack Calvo 2 1913 1920 May 9, 1913
27 Bert Campaneris 19 1964 1983 Jul 23, 1964
28 Frank Campos 3 1951 1953 Sep 11, 1951
29 Barbaro Canizares 1 2009 2009 Jun 11, 2009
30 Jose Canseco 17 1985 2001 Sep 2, 1985
31 Ozzie Canseco 3 1990 1993 Jul 18, 1990
32 Jose Cardenal 18 1963 1980 Apr 14, 1963
33 Leo Cardenas 16 1960 1975 Jul 25, 1960
34 Paul Casanova 10 1965 1974 Sep 18, 1965
35 Alberto Castillo 4 2008 2011 Apr 28, 2008
36 Rusney Castillo 3 2014 2016 Sep 17, 2014
37 Yoenis Cespedes 5 2012 2016 Mar 28, 2012
38 Aroldis Chapman 7 2010 2016 Aug 31, 2010
39 Jorge Comellas 1 1945 1945 Apr 19, 1945
40 Gerardo Concepcion 1 2016 2016 Jun 21, 2016
41 Sandy Consuegra 8 1950 1957 Jun 10, 1950
42 Jose Contreras 11 2003 2013 Mar 31, 2003
43 Mike Cuellar 15 1959 1977 Apr 18, 1959
44 Bert Cueto 1 1961 1961 Jun 18, 1961
45 Manuel Cueto 4 1914 1919 Jun 25, 1914
46 Tommy de la Cruz 1 1944 1944 Apr 20, 1944
47 Mike de la Hoz 9 1960 1969 Jul 22, 1960
48 Juan Delis 1 1955 1955 Apr 16, 1955
49 Odrisamer Despaigne 3 2014 2016 Jun 23, 2014
50 Orestes Destrade 4 1987 1994 Sep 11, 1987
51 Aledmys Diaz 1 2016 2016 Apr 5, 2016
52 Juan Diaz 1 2002 2002 Jun 12, 2002
53 Pedro Dibut 2 1924 1925 May 1, 1924
54 Lino Donoso 2 1955 1956 Jun 18, 1955
55 Roenis Elias 3 2014 2016 Apr 3, 2014
56 Yunel Escobar 10 2007 2016 Jun 2, 2007
57 Bobby Estalella 9 1935 1949 Sep 7, 1935
58 Oscar Estrada 1 1929 1929 Apr 21, 1929
59 Chico Fernandez 1 1968 1968 Apr 20, 1968
60 Chico Fernandez 8 1956 1963 Jul 14, 1956
61 Jose Fernandez 4 2013 2016 Apr 7, 2013
62 Osvaldo Fernandez 4 1996 2001 Apr 5, 1996
63 Angel Fleitas 1 1948 1948 Jul 5, 1948
64 Mike Fornieles 12 1952 1963 Sep 2, 1952
65 Tony Fossas 12 1988 1999 May 15, 1988
66 Tito Fuentes 13 1965 1978 Aug 18, 1965
67 Barbaro Garbey 3 1984 1988 Apr 3, 1984
68 Adonis Garcia 2 2015 2016 May 19, 2015
69 Onelki Garcia 1 2013 2013 Sep 11, 2013
70 Ramon Garcia 1 1948 1948 Apr 19, 1948
71 Preston Gomez 1 1944 1944 May 5, 1944
72 Vince Gonzales 1 1955 1955 Apr 13, 1955
73 Eusebio Gonzalez 1 1918 1918 Jul 26, 1918
74 Julio Gonzalez 1 1949 1949 Aug 9, 1949
75 Miguel Gonzalez 1 2014 2014 Sep 3, 2014
76 Mike Gonzalez 17 1912 1932 Sep 28, 1912
77 Orlando Gonzalez 3 1976 1980 Jun 7, 1976
78 Tony Gonzalez 12 1960 1971 Apr 12, 1960
79 Yasmani Grandal 5 2012 2016 Jun 2, 2012
80 Mike Guerra 9 1937 1951 Sep 19, 1937
81 Alex Guerrero 2 2014 2015 Mar 22, 2014
82 Yulieski Gurriel 1 2016 2016 Aug 21, 2016
83 Adeiny Hechavarria 5 2012 2016 Aug 4, 2012
84 Guillermo Heredia 1 2016 2016 Jul 29, 2016
85 Adrian Hernandez 3 2001 2004 Apr 21, 2001
86 Chico Hernandez 2 1942 1943 Apr 16, 1942
87 Evelio Hernandez 2 1956 1957 Sep 12, 1956
88 Jackie Hernandez 9 1965 1973 Sep 14, 1965
89 Livan Hernandez 17 1996 2012 Sep 24, 1996
90 Michel Hernandez 3 2003 2009 Sep 6, 2003
91 Orlando Hernandez 9 1998 2007 Jun 3, 1998
92 Mike Herrera 2 1925 1926 Sep 22, 1925
93 Pancho Herrera 3 1958 1961 Apr 15, 1958
94 Yoslan Herrera 2 2008 2014 Jul 12, 2008
95 Dalier Hinojosa 2 2015 2016 May 3, 2015
96 Jose Iglesias 5 2011 2016 May 8, 2011
97 Raisel Iglesias 2 2015 2016 Apr 12, 2015
98 Hank Izquierdo 1 1967 1967 Aug 9, 1967
99 Hansel Izquierdo 1 2002 2002 Apr 21, 2002
100 George Lauzerique 4 1967 1970 Sep 17, 1967
101 Raudel Lazo 1 2015 2015 Sep 5, 2015
102 Izzy Leon 1 1945 1945 Jun 21, 1945
103 Marcelino Lopez 8 1963 1972 Apr 14, 1963
104 Ramon Lopez 1 1966 1966 Aug 21, 1966
105 Dolf Luque 20 1914 1935 May 20, 1914
106 Hector Maestri 2 1960 1961 Sep 24, 1960
107 Connie Marrero 5 1950 1954 Apr 21, 1950
108 Eli Marrero 10 1997 2006 Sep 3, 1997
109 Armando Marsans 8 1911 1918 Jul 4, 1911
110 Leonys Martin 6 2011 2016 Sep 2, 2011
111 Hector Martinez 2 1962 1963 Sep 30, 1962
112 Jose Martinez 2 1969 1970 Apr 12, 1969
113 Marty Martinez 7 1962 1972 May 2, 1962
114 Rogelio Martinez 1 1950 1950 Jul 13, 1950
115 Tony Martinez 4 1963 1966 Apr 9, 1963
116 Yunesky Maya 3 2010 2013 Sep 7, 2010
117 Orlando McFarlane 5 1962 1968 Apr 23, 1962
118 Roman Mejias 9 1955 1964 Apr 13, 1955
119 Minnie Mendoza 1 1970 1970 Apr 9, 1970
120 Tony Menendez 3 1992 1994 Jun 22, 1992
121 Minnie Minoso 17 1949 1980 Apr 19, 1949
122 Ariel Miranda 1 2016 2016 Jul 3, 2016
123 Juan Miranda 4 2008 2011 Sep 18, 2008
124 Willy Miranda 9 1951 1959 May 6, 1951
125 Yoan Moncada 1 2016 2016 Sep 2, 2016
126 Aurelio Monteagudo 7 1963 1973 Sep 1, 1963
127 Rene Monteagudo 4 1938 1945 Sep 6, 1938
128 Manny Montejo 1 1961 1961 Jul 25, 1961
129 Kendrys Morales 10 2006 2016 May 23, 2006
130 Danny Morejon 1 1958 1958 Jul 11, 1958
131 Julio Moreno 4 1950 1953 Sep 8, 1950
132 Cholly Naranjo 1 1956 1956 Jul 8, 1956
133 Adrian Nieto 1 2014 2014 Apr 2, 2014
134 Ray Noble 3 1951 1953 Apr 18, 1951
135 Vladimir Nunez 9 1998 2009 Sep 11, 1998
136 Tony Oliva 15 1962 1976 Sep 9, 1962
137 Hector Olivera 2 2015 2016 Sep 1, 2015
138 Tony Ordenana 1 1943 1943 Oct 3, 1943
139 Rey Ordonez 9 1996 2004 Apr 1, 1996
140 Eddie Oropesa 4 2001 2004 Apr 2, 2001
141 Bill Ortega 1 2001 2001 Sep 7, 2001
142 Baby Ortiz 1 1944 1944 Sep 23, 1944
143 Roberto Ortiz 6 1941 1950 Sep 6, 1941
144 Reggie Otero 1 1945 1945 Sep 2, 1945
145 Rafael Palmeiro 20 1986 2005 Sep 8, 1986
146 Emilio Palmero 5 1915 1928 Sep 21, 1915
147 Camilo Pascual 18 1954 1971 Apr 15, 1954
148 Carlos Pascual 1 1950 1950 Sep 24, 1950
149 Carlos Paula 3 1954 1956 Sep 6, 1954
150 Chick Pedroes 1 1902 1902 Aug 21, 1902
151 Brayan Pena 12 2005 2016 May 23, 2005
152 Orlando Pena 14 1958 1975 Aug 24, 1958
153 Tony Perez HOF 23 1964 1986 Jul 26, 1964
154 Leo Posada 3 1960 1962 Sep 21, 1960
155 Ariel Prieto 6 1995 2001 Jul 2, 1995
156 Yasiel Puig 4 2013 2016 Jun 3, 2013
157 Alexei Ramirez 9 2008 2016 Mar 31, 2008
158 Bobby Ramos 6 1978 1984 Sep 26, 1978
159 Pedro Ramos 15 1955 1970 Apr 11, 1955
160 Nap Reyes 4 1943 1950 May 19, 1943
161 Armando Roche 1 1945 1945 May 10, 1945
162 Eddy Rodriguez 1 2012 2012 Aug 2, 2012
163 Freddy Rodriguez 2 1958 1959 Apr 18, 1958
164 Hector Rodriguez 1 1952 1952 Apr 15, 1952
165 Jose Rodriguez 3 1916 1918 Oct 5, 1916
166 Cookie Rojas 16 1962 1977 Apr 10, 1962
167 Minnie Rojas 3 1966 1968 May 30, 1966
168 Chico Ruiz 8 1964 1971 Apr 13, 1964
169 Alex Sanchez 5 2001 2005 Jun 15, 2001
170 Israel Sanchez 2 1988 1990 Jul 7, 1988
171 Raul Sanchez 3 1952 1960 Apr 17, 1952
172 Amauri Sanit 1 2011 2011 May 12, 2011
173 Nelson Santovenia 7 1987 1993 Sep 16, 1987
174 Diego Segui 15 1962 1977 Apr 12, 1962
175 Alay Soler 1 2006 2006 May 24, 2006
176 Jorge Soler 3 2014 2016 Aug 27, 2014
177 Luis Suarez 1 1944 1944 May 28, 1944
178 Leo Sutherland 2 1980 1981 Aug 11, 1980
179 Jose Tartabull 9 1962 1970 Apr 10, 1962
180 Tony Taylor 19 1958 1976 Apr 15, 1958
181 Michael Tejera 5 1999 2005 Sep 8, 1999
182 Luis Tiant 19 1964 1982 Jul 19, 1964
183 Jorge Toca 3 1999 2001 Sep 12, 1999
184 Yasmany Tomas 2 2015 2016 Apr 15, 2015
185 Gil Torres 4 1940 1946 Apr 25, 1940
186 Ricardo Torres 3 1920 1922 May 18, 1920
187 Oscar Tuero 3 1918 1920 May 30, 1918
188 Sandy Ullrich 2 1944 1945 May 3, 1944
189 Henry Urrutia 2 2013 2015 Jul 20, 2013
190 Raul Valdes 5 2010 2014 Apr 11, 2010
191 Rene Valdes 1 1957 1957 Apr 21, 1957
192 Roy Valdes 1 1944 1944 May 3, 1944
193 Sandy Valdespino 7 1965 1971 Apr 12, 1965
194 Jose Valdivielso 5 1955 1961 Jun 21, 1955
195 Zoilo Versalles 12 1959 1971 Aug 1, 1959
196 Dayan Viciedo 5 2010 2014 Jun 20, 2010
197 Adrian Zabala 2 1945 1949 Aug 11, 1945
198 Oscar Zamora 4 1974 1978 Jun 18, 1974
199 Jose Zardon 1 1945 1945 Apr 18, 1945
Totals 1037 1871 2016
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 11/27/2016.

 


ただリストを出しただけです。すみません。

本当にいい選手が多いですよね。



キューバのプレーヤーは体の強さやセンスの良さもさることながら、日本人プレーヤーのように試合慣れしていて、野球をよく知っている人が多いのがまた特徴ですね。



とくにキューバ国内リーグを経験した人ほどその傾向が強いです。


 

ちなみにWBCは出身国でも、現在国籍のある国でも出場できますから、仮に現役の中でWBCに出ることを表明する選手がいれば、同じ組の日本には脅威以外の何ものでもないですね。



オバマ政権の最後に、キューバとの国交回復が成し遂げられつつありましたが、2017年1月に就任するトランプ次期大統領が就任したらどうなるんでしょうか?ここも目が離せませんね。



 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

今日は好プレーの話題を。

 

 

メジャーの魅力の一つとして挙げられるのが内野手の肩の強さとアクロバッティックな動きかと思います。それらが合わさった形の完成形みたいなものがダブルプレーとしてたまに見られます。

 

 

よくアウトにしたな!」というのは結構見ますね。ベアハンドキャッチであったり、トリッキーなグラフトスであったり、背面投げだったり。

 

 

なかなか見られないのが、「どうやって投げたの?」というプレーではないでしょうか?

 

 

そんなシーンが今年のマイナーのゲームで出ました。

 

 

こちらです。

 

 

2016. 07.18 aired

 

 

 

アメージングなダブルプレーを実現したSSはパイレーツ傘下のシングルAショートシーズン(ルーキーリーグの1つ上)のチーム、ウェストバージニア・ブラック・ベアーズに所属するスティーブン・アレマイス(Stephen Alemais ) 。

 

 

当時はブラックベアーズでしたが、2016シーズン終了時は1つ上のランクのシングルAのウェストバージニア・パワーズに昇格。

 

 

21才で、2016アマチュア・ドラフト3巡目でパイレーツから指名を受け、プロ入りした選手です。アメリカ出身、ニューヨーク生まれです。

 

 

非常に有望な選手ですね。早目に上がってくるかもしれませんね。

 

 

ダブルプレーのシーンは本当に見ていて飽きないです。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

2013年のアマチュア・ドラフト2巡目でヤンキースから指名を受けた加藤剛将選手ですが、その後が気になっていたのでが、2016シーズンはヤンキース傘下シングルAのチャールストン・リバードッグスで活躍していました。

 

 

 

 

 

 2016シーズンは65試合に出場、打率.229、打点25、HR1、盗塁1。18才でプロ入りし、来季は22才。ブライス・ハーパーやマイク・トラウトでない限り、野手は早期のMLBデビューがないのがほとんど。24才、25才でデビューというパターンが多いため、まだ経験を積んでいる段階ですね。

 

 

守備は本当にうまいですから、この選手のメジャー・デビューを心待ちにしたいと思います。

 

 

リバードッグスはサウス・アトランティックのサザン・リーグで前半戦は優勝した模様です。

 

 

 

メジャーでのシャンパン・ファイトも近い将来、見られればいいですね!

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

マリナーズが期待の若手をトレードに出しました!

 

 

現地2016年11月23日、マリナーズとダイヤモンドバックス間で5人が動くトレードが成立。その中にはマリナーズのプロスペクトとして期待され続けてきたタイワン・ウォーカーも含まれていました!

 

 

これはマリナーズ、思い切りました。しかし、その代わりにブルワーズ時代に青木選手とチームメイトだったジーン・セグラを獲得しています。

 

 

動くのはご覧の選手達です。

 

 

【Dバックスへ】

・タイワン・ウォーカー(Taijuan Walker); RHP

・ケーテル・マルテ(Ketel Marte): INF

 

 

【マリナーズへ】

・ジーン・セグラ(Jean Segura):SS/INF

・ミッチ・ハニガー(Mitch Haniger): OF

・ザック・カーティス(Zac Curtis) : LHP, Relief

 

 

24才のタイワン・ウォーカーを差し出すのはちょっともったいない気がしますが、過去4シーズンで22勝22敗、4.18ERAと伸び悩んでいたのは事実。この機会に心機一転、羽ばたいて欲しいです。

 

 

ケーテル・マルテはドミニカ共和国出身の23才。SSと2Bを守ります。17才でマリナーズと契約、シングルAから順調に成長し、2014年にトリプルAまで上がっていましたが、メジャー・デビューは2016シーズンまで持ち越しとなりました。小柄なので、守備とシュアーなバッティングが持ち味です。HRは期待できないかも。

 

 

ジーン・セグラはバリバリのメジャー・リーガー。26才になります。ドミニカ共和国出身。2013年にはオールスターにも出場。今季はMVPの投票で13位に入っています。そのとおり、2016シーズンの成績はよく、打率が.319、203安打を達成しています。打点が69、盗塁が33。いい選手です。2013年には44盗塁を決めています。

 

 

ミッチ・ハニガーは25才の右投げ右打ちの外野手。2012年アマチュアドラフトでブルワーズから1巡指名(全体38位)を受けた選手。2016シーズンにメジャー・デビュー。34試合に出場し、5本塁打を記録。Dバックスには2014年にジェラルド・パーラとのトレードで。長打力が魅力。

 

 

ザック・カーティスは24才の左腕のリリーフ。2016シーズンにメジャー・デビュー。21試合に登板しERAは6.75。コントロールに伸びしろがあります(あまりよくないです)。

 

 

 

 

 

 

Dバックス、2017シーズンは巻き返したいですね。マリナーズもいい選手を補強しました。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは。

 


止めておけと言いたくなるような噂です。

 


アウォード・ウィークも終了し、現在MLBでは12月のウインターミーティングに備え、GMは頭をフル稼働中です。

 

 

この時期から仕込んでおかないと、ハッピークリスマスとはいきませんからね。もっとも、GM職に就いているからには、数年間はそれを諦めているかもしれません。



色々な事情がマッチして、いいタイミングでクリスマス休暇となることを祈ります。

 

 

ウインターミーティングを見越して、勝負をかけるバターンもありますね。今はその情勢を形成している真っ最中。

 

 

さて、表題の通り、カブスの2017シーズンに関して、わりときついテーストの噂が流ております。

 

 

2016シーズン前半にレフトで膝を故障し、ワールドシリーズで見事復活、打席に立つだけでインディアンス投手陣を震え上がらせた若きスラッガー、カイル・シュワーバー(Kyle Schwarber)がトレード候補だというのです。

 

 

どういうことかと言うと、来季以降を見据えたピッチングスタッフに不安ありと。17シーズンが終了してからですが、ジェイク・エアリエッタ、ジョン・ラッキーがFAとなるゆえ、長期契約となるスターターが必要だということです。

 

 

カブスの打撃陣を見てみると、アンソニー・リッゾ(Anthony Rizzoクリス・ブライアント(Kris Bryant)、アディソン・ラッセル( Addison Russell)、ウィルソン・コントレラス( Willson Contreras)、ハビアー・バイエス(Javier Baez)とタレントは豊富。センターラインのデクスター・ファウラーは動くかもしれませんが、守備、打撃ともに言うことなしの布陣です。もちろん、カイル・シュワーバーも入ります。

 

 

ところが、投手陣をみると、ジェイク・エアリエッタ( Jake Arrieta)、ジョン・ラッキー(John Lackey)が17シーズン終了後にFA。



あとは33才となるジョン・レスター(Jon Lester)、カイル・ヘンドリクス(Kyle Hendricks)。レスターとヘンドリクスの二人がいれば軸としては良すぎると思うんですけどね。



下から育てる隙間も作っておかないと、人材が出てきません。

 

 

ジョン・ラッキーのFAを考えて、カイル・シュワーバーを出すことはないでしょと筆者は思います。

 

 

打撃がいいと投手も育ちますし。

 

 

あくまで噂のレベルですが、カブスが食指を伸ばしそうな投手は誰かというと、クリス・セール(Chris Sale)、クリス・アーチャー(Chris Archer)、カルロス・カラスコ(Carlos Carrasco)の3人。

 

 

さすがにいい投手の名前が上がっています。

 

 

だれか一人が獲れれば確かにいいですが、カイル・シュワーバーはないでしょと思いますね。

 

 

ソースは下記です。

 

Sell high? Schwarber trade could return elite long-term pitching

 

  

今のところ、GMのセオ・エプスタインはカイル・シュワーバーの放出はないとは言っていますが、どうなるのでしょうか?



アンドリュー・ミラーとアロルディス・チャップマンを放出して泣いたヤンキースのようにならなければいいですが。

 

 

(関連リンク)


 

あくまで噂レベルの話であります。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

 

非常に盛り上がった2016ワールドシリーズですが、 現地2016年11月22日、DVD・ブルーレイディスクの発売開始に先立って、シカゴでプレミアム試写会が開催されました。

 

 

カブス・ファンにとっては待ちに待ったWS制覇のチャンスだったにも関わらず、インディアンス投手陣、打撃陣、フランコーナ監督の知恵がその行く手を阻もうとしましたね。

 

 

インディアンスにとっても久々のワールドシリーズ制覇のチャンスでしたから、当然です。

 

 

しかし、108年もWS制覇から遠ざかっていれば、様々な試練が用意されているものですね。

 

 

どっちに転ぶかわからないモメンタムをいかに掴むか、またいかに渡さないかの生々しい攻防が個人の野球人生とも相まってノンフィクションなのに、フィクションのような戦いとなった両チームの激闘は永久保存版となりうる価値ある作品となって誕生しました。



このプレミアム試写会で若干の編集は入るかもしれませんね。

 

 

とてもカッコいいトレイルが出来ていたので、ご覧ください。

 

 

 

 

 

ベン・ゾブリストが放った勝ち越しの二塁打、そしてその時セカンドベース上で見せたガッツポーズはかっこよかったですね!

 

 

カブスの誰もがヒーローでしたが、ゾブリストのこのガッツポーズに全てが集約されているように思えました。 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

■日本でも発売


 

 

 

 

Amazonで12月6日に発売予定です。

 

 

DVDの方が価格は安いですが、インポートですので、視聴にはリージョン・フリーの再生機が必要です。詳しくは右のカラムにあるリージョン・フリーDVDプレーヤーをご覧ください。

 

 

価格はやや上がりますが、ブルーレイディスクなら日本でもこのまま見られます!

 

 

これは自身へのご褒美にしたいと思います。楽しみです! 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2016 11 20 esurance

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2016年11月18日、Esurance(イーシュランス)MLBアウォード2016が発表されました。

 

 

 

■Esurance MLB Awards とは?

 

 

このEsuranceのアウォードですが、いわゆるBBWAA(Baseball Writers Association of America ; 全米野球記者協会)の選出するアウォードとは違います。

 

 

BBWAが選出している賞はJackie Robinson Rookie of the Year、Manager of the Year、Cy Young、MVPの4つ。

 

 

 

この賞の位置づけとしてはローリングスのゴールデン・グラブ賞、ルイビル・スラッガーのシルバー・スラッガー賞、ウィルソンのディフェンシブ・イヤー・アウォードと同じで、民間の特定の会社がスポンサーを務めて、アウォードを創出しているものです。

 

 

 

 MLB.comのAwardsのページにも掲載があります。


 

 

Manager of the Year Awardsの下のMLB Awardsという名前がこの賞の欄になります。




名前のつけかたが大きすぎて、.com内のページのAwardsのカテゴリーとかぶっているのはどうかと思うんですけどね。それでも賞としての正式名称は”MLB Awards”のようです。スポンサーが押し切ったのでしょうか??

 

 

たぶん、MLB.comがスポンサーに気を使って、自身のページのカテゴリーを”Awards”に、Esuranceの賞のページを”MLB Awards”にしたのでしょう。

 

 

Esurance とはアメリカの保険会社です。オンライン、電話のみの受付で、自動車、オートバイ、家、レンタルなどを対象とした日本でいう損保かと思います。

 

 

よくMLB.com 内の動画で、”Presented by GEICO” と出て来るガイコは競合です。インディアンスの地元の”Progressive Field”の”Progressive”も保険会社で、GEICO同様にEsuranceの競合となります。

 

 

Esuranceは個人を対象としているせいか、マーケティング戦略だと思いますが、NFLでもスポンサー活動を行っています。

 

 

MLBでスポンサー活動を開始し始めたのは2015年4月から。



複数年で契約しているようですね。賞のスポンサーになるわけですから、相当な額の契約を結んでいると思います。また、賞の権威付けのためにもすぐにやめることはできないでしょうから、なかなかの出費でしょうね。



早急に知名度を上げる戦略なのでしょう。成立は1999年で複数の保険会社のM&Aで出来たと思われますが、そこは省略します。

 

 

売上高は2012年の数字では$1.028 Billion。日本円でざっと1,110億円ほど。ちなみに東京海上ホールディングスが3.3兆円の売上、ソニー生命損保で1兆円、AIUで641億円となっています。規模としてはこれからもっと大きくしていきたいというところでしょうね。(参照 保険会社ランキング 格付/売上/利益 )

 

 

 

■Esurance MLB Awards のリスト

 

 

 このEsuranceのAwardsですが、ON-LINEでファンが投票できる、つまり見ている我々の声を反映できるということで、例えば筆者がワールドシリーズで活躍したアンドリュー・ミラーに賞をと思えば、そういうカテゴリーが結構細かく設定されているので、なかなかいい賞だと思っています。

 


前置きがかなり長くなりましたが、賞のリストを。




リンクが効いていますので、各賞の記事と動画に飛びますので、どんな賞だったか、すぐにわかります。

 


 

Best Major Leaguer: マイク・トラウト LAA 
• Best Hitter: デービッド・オルティズ BOS
• Best Pitcher: マックス・シャーザー WSH
• Best Rookie: コーリー・シーガー LAD

• Best Defensive Player: フランシスコ・リンドール CLE
• Best Social Media Personality: アンソニー・リッゾ CHC
• Best Play, Offense: タイラー・ネイキン CLE
• Best Play, Defense: アンソニー・リッゾ CHC
• Best Social Media Post: デービッド・ロス CHC
• Best Moment: Marlins honor ホセ・フェルナンデス
• Best Performance: マックス・シャーザー WSH

• Best Fan Catch: フィリーズ・ファン
• Best Call, TV/radio: ビン・スカリー 
• Best Player-Fan Interaction: デービッド・オルティズ BOS
• Best Trending Topic: World Series Game 7
• Best Manager: テリー・フランコーナ CLE 
• Best Executive: セオ・エプスタイン CHC GM
• Best Major Leaguer, Postseason:  アンドリュー・ミラー CLE
• Best Postseason Moment: ラージャイ・デービス CLE

 

 

 

ちなみにBest Fan Catchのフィリーズ・ファンとは何かというと、ファウルボールを見事にキャッチしたフィリーズ・ファンのおじいちゃんが受賞しています。

 

 

Best Player-Fan Interactionとは選手とファンの交流。オルティズが病気の子供を励ましたシーンが選ばれました。惜しくも落選しましたが、シャーザーがメッツ・ファンの男の子とキャッチボールしていたシーンもよかったですね(動画)。

 


 

 

 

 


 

(関連リンク)


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...