HOME   »  2016年10月
RSSフィード

2016 10 30 WS4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑リグレーは暗いですね〜

 


 

こんにちは

 

 

現地2016年10月29日のサタデーナイト、ワールドシリーズ2016の第4戦がリグレーで行われました。ここまで、カブス1勝、インディアンス2勝。

 

 

カブスは地元でなんとか勝ちを納めたいところでしたが、またしてもインディアンスのいいところが目立ったゲームとなりました。

 

 

このゲームの先発はカブスが経験豊富なジョン・ラッキー、インディアンスがエースのコーリー・クルーバー。



コーリー・クルーバーはここまでポストシーズン絶好調で、ALCSで1敗を喫してはいますが、ERAはこのゲーム開始前までは0.74と1点を切っています。


 

 

カブスにとってなかなかハードな相手ですが、勝つしかない状況です。

 


 

スターティング・ラインナップはご覧の通り。

 

【インディアンス】

1 ラージャイ・デービス LF

2 ジェイソン・キプニス 2B

3 フランシスコ・リンドール SS

4 カルロス・サンタナ 1B

5 ホセ・ラミレス 3B

6 ロニー・チゼンホール RF

7 ロベルト・ペレス C

8 タイラー・ネイキン CF

9 コーリー・クルーバー P

 

当たっているカルロス・サンタナを4番に上げ、マイク・ナポリを控えに。そしてレフトにはラージャイ・デービスを入れました。


 

【カブス】

1 デクスター・ファウラー CF

2 クリス・ブライアント 3B

3 アンソニー・リッゾ 1B

4 ベン・ゾブリスト LF

5 ウィルソン・コントレラス C

6 アディソン・ラッセル SS

7 ジェイソン・ヘイワード RF

8 ハビアー・バイエス 2B

9 ジョン・ラッキー P

 

 

5番までは前日と同じ布陣で、アディソン・ラッセルを6番に上げました。ライトにはジェイソン・ヘイワードが入っています。

 

 

ゲーム展開ですが、ジョン・ラッキーは立ち上がりからエンジン全開でインディアンス打線を3人で退けます。

 

 

そしてその裏のカブスはデクスター・ファウラーの二塁打とアンソニー・リッゾのシングルでコーリー・クルーバーから先制点をもぎ取ります。



ここまではカブス、上々の出来でした(1-0)。

 

 

ところが、2回表、またしてもフランコーナ監督の見事な采配が当たります。



打順を4番に上げた先頭のカルロス・サンタナがホームランを放ち、1-1の同点に。本当にフランコーナ監督の采配は神がかっています。

 

 

そしてクリス・ブライアントの1塁への送球ミスやコーリー・クルーバーのラッキーな内野安打などもあり、インディアンスが2-1と勝ち越します。

 

 

 

 

 

 

 

インディアンスは3回表にもジェイソン・キプニスとフランシスコ・リンドールのコンビで1点を追加して3-1に。

 

 

その裏、カブスは2アウト1、2塁のチャンスが迎えたものの、ベン・ゾブリストが三振に倒れて無得点に。カブスは徐々にインディアンスのペースにハマっていきます。

 


 

4回、5回と両チームともに落ち着いて、迎えた6回表。インディアンスはフランシスコ・リンドールの四球とカルロス・サンタナのシングルでランナーを貯めて、ロニー・チゼンホールが犠牲フライを放ち、効率よく追加点を上げ、4-1とリードを広げます。

 

 

 

 

そして、残酷だった7回表。



カブスのピッチャーは6回から登板しているジャスティン・グリン。先頭の代打ココ・クリスプに二塁打を許し、つづくラージャイ・デービスには死球を与えたところでトラビス・ウッドにスイッチ。しかし、これが裏目に。




トラビス・ウッドの代わりばな、ジェイソン・キプニスがライトへ3ランホームランを放ち、インディアンスが終盤に7-1とリードを広げ、この時点でジ・エンドのゲームとなってしまいました。


 

 

ジェイソン・キプニスはALCSでは19打数2安打、.053と全く悲惨な状態で、ワールドシリーズでもここまでGm1から5-0、4-1、3-1と当たっている印象はなく、打率.167でした。しかし、この日で完全に目覚めましたね。翌日のGm5が怖いです。 

 

 

 

カブスにとっての朗報は8回裏にデクスター・ファウラーがナ・リーグの天敵、アンドリュー・ミラーからホームランを放ち、初得点したことです。



しかし後続が退けられ、結局インディアンスが7-1で勝利しました。

 

 

 

 

 

 

インディアンスはこれで3勝とし、ワールドシリーズ・チャンプに王手をかけました!

 

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

■Gm5に奇跡は起こるか?

 

打順の入れ替えがずばりあたったり、当たりの出ていなかった中心選手に当たりが戻ったりと、ここまでインディアンスのいいところばかりが目立つ今ワールドシリーズ。

 

反対にカブスにとってはラッキー・ボーイ的な存在になるはずだったカイル・シュワーバーが足の回復が思わしくないまま強行出場したことでゲームに出せなくなるなどアンラッキーな面も目立ちます。

 


それに、おおいに期待していたチームの顔であるクリス・ブライアントがこのゲームが終わった時点で14-1と完全に抑えられています。さらにカブス内キューバチームで、NLCSではMVPをとったハビアー・バイアスが17-2、.118と機能せず、アディソン・ラッセルも15-2、.133と封じられています。

 

 

インディアンスのマークがうまくいっている証拠ですね。

 

 

この状況で奇跡を起こすには、2014のジャイアンツのハンター・ペンスのように内部からチームを鼓舞する選手が出るかどうか。



そんな役割を担える選手が果たして出るでしょうか??それさえも呪いで封じられているのでしょうか?? ここポイントだと思います。重苦しい雰囲気を払拭しないといけません。

 

 

リグレーはただでさえ、照明が暗いんですから雰囲気は明るく行ってもらいたいものです。

 

 


Gm 5の先発はインディアンスはトレバー・バウアー、カブスはジョン・レスターが先発します。


 

 

最後に魔球の動画を↓

 

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 



 

スポンサーサイト

2016 10 29 1335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

リグレーでのワールドシリーズがいよいよ始まりました。なんと1945年以来の開催です。

  

 

久しぶりの開催で、演出も凝っており、7回裏のセブンス・イニング・ストレッチには大物ゲストが呼ばれていました。シカゴ生まれで、カブスの大ファンである俳優のビル・マーレイの招待です。マーレイは”Take Me Out to The Ball Game”を熱唱。ちょっとあぶない爺さんになっていましたので、リンクは貼らないでおきます。

 

 

 

さて、盛り上がるリグレーで開催されたワールドシリーズ Game 3は白熱した投手戦になりました。

 

 

 

カブスがカイル・ヘンドリクス、インディアンスがジョシュ・トムリンで、予告通りの先発でした。筆者はジョシュ・トムリンは2戦目にしておけばと思っていたのですが・・・。そうすればバウアーをもう少しいいコンディションで投げさせられたのにとも思いました。ここは現場を知らない人間が偉そうなことは言えません。

 

 

ちなみにスターティング・ラインナップは以下の通り

 

【インディアンス】

1 カルロス・サンタナ LF

2 ジェイソン・キプニス 2B

3 フランシスコ・リンドール SS

4 マイク・ナポリ 1B

5 ホセ・ラミレス 3B

6 ロニー・チゼンホール RF

7 ロベルト・ペレス C

8 タイラー・ネイキン CF

9 ジョシュ・トムリン P

 

 

【カブス】

1 デクスター・ファウラー CF

2 クリス・ブライアント 3B

3 アンソニー・リッゾ 1B

4 ベン・ゾブリスト LF

5 ウィルソン・コントレラス C

6 ホルヘ・ソレアー RF

7 ハビアー・バイエス 2B

8 アディソン・ラッセル SS

9 カイル・ヘンドリクス P

 

 

衝撃的な活躍をしているカイル・シュワーバーは、実はまだ本調子ではなく、ドクターからホーム3戦のフル出場を止められました。ですので先発を外れています。この日は代打で出場し、凡退。

 

 

カブス先発のカイル・ヘンドリクスはところどころにヒットを許しながらも無得点に抑えていきます。5回表にシングルと2つの四死球で満塁のピンチを迎えたところで交代しました。被安打6、与四球2、奪三振6の内容。カブス、この回はダブル・プレーでしのいでいます。

 

 

 

ジョシュ・トムリンも5回途中までなげましたが、こちらは被安打2の快投です。

 

 

 

7回表、カブスのマウンドは背番号6のエドワーズ・ジュニアが登板していたのですが、先頭のロベルト・ペレスにシングルを許し、その後、送りバント、四球、ワイルド・ピッチで3塁にランナーを進められて、ココ・クリスプの打席。

 

 

 

動画でどうぞ↓

 

 

 

 

 

 

 結果的にはこれが決勝点となりました。

 

 

さて、この日は中盤にゲームのポイントが来ました。

 

 

インディアンスは5回2アウトから、アンドリュー・ミラーが登板。さすがにこれは「フランコーナ監督、早すぎるだろ!」と結構な数の人が思ったと思います。

 

 

アンドリュー・ミラーが出てくればご覧の通り↓の結果となるのですから。

 

 

2016 10 29 1404

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、1点差という僅差にもかかわらず、ここで大胆にアンドリュー・ミラーを投入したことで結果的には大成功をおさめています。

 

 

カブスは7回裏にデクスター・ファウラーの3塁打で大チャンスを迎え、「だからアンドリュー・ミラーは早かったでしょ」とこれまたフランコーナ監督の継投の判断が間違いだったと結構な数の人が思ったと思います。

 

 

しかし、ハビアー・バイエスが引張りにかかり、凡退。カブスはチャンスを活かせませんでした。

 

 

そして9回裏はコディー・アレンがなんとか抑え、インディアンスが1-0で勝利。

 

 

 

本当に凄いと思うのはフランコーナ監督の判断です。ちょっと神がかってますね。インディアンスにとってはアンドリュー・ミラーをどこで投入するかが勝利の大きなポイントなわけですが、フランコーナ監督、今ポストシーズンではすべてのゲームで成功をおさめています。





 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

【編集後記】

1945年と言えば、昭和20年です。我々日本人にとっても忘れられない年ですが、夏に昭和天皇の玉音放送があり、その秋に開催されたと考えるといかに遠い昔にまで遡らないといけないかがわかります。ちなみにこの年、カブスはタイガースに敗れました。WSチャンプになったのは1908年まで遡ります。”Curse”「呪い」と考えるのも頷ける年月です。

 

 

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

2016 10 27 kyle

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

Game 2のカブスは凄かったですね!前日のGame 1はインディアンスのいいところばかりが目立ちましたが、うって変わってGame 2はカブスの凄さが目立った1戦となりました。

 

 

現地2016年10月26日に行われたGame 2のインディアンスの先発はトレバー・バウアー。



右手小指の裂傷を縫ったあとが生々しかったですが、予告通り、マウンドに上がりました。Game 2はちょっと早いのではないか?とも筆者は思いましたが、フランコーナ監督がいけるとふんだのでしょうから、大丈夫だったのでしょう。

 

 

 

カブスの先発はジェイク・エアリエッタ。シーズン後半から前年と同じような輝きが戻ってきていましたね。

 

 

悪いイメージを払拭するかのようにこの日のカブスは初回から気合十分でした。

 

 

初回、立上りのトレバー・バウアーから2番のクリス・ブライアントがシングルで出塁し、3番のアンソニー・リッゾが2塁打を放ち、まずは1点を先制。インコースをうまくさばきましたね。きれいな二塁打でした。

 

 

カブスは3回表にも得点。ワールドシリーズから復帰したカイル・シュワーバーがシーズンの大半を怪我で出場していなかったとは思えない力強いスイングで1点を追加(2-0)。

 

 

さらにカブスは5回表に、追加点。四球で出塁したアンソニー・リッゾを1塁に置いて、ユーティリティのベン・ゾブリストがタイムリー3塁打を放ち3点目。

 

 

そのベン・ゾブリストを置いて、またしてもカイル・シュワーバーがシングルを放ち4点目。

 

 

エラーと四球で満塁となった後、 アディソン・ラッセルが四球を選び、5点目。カブス、相手のミスに乗じてうまくリードを広げました。

 

 

インディアンスも6回裏にジェイク・エアリエッタのワイルド・ピッチで1点を計上するもこの日はここまででした。

 

 

 

 

 

 

■カイル・シュワーバーはOPS 1.274

 

 

ワールドシリーズに間に合ったカブスの若いスラッガー、カイル・シュワーバーは2試合、7打数3安打、打率.429、OBP .556、SLG .571、そしてOPSが1.127!

 

 

嘘みたいに凄いスイングでチームに貢献しています。

 

 

 

 

 

 

 

■ジェイク・エアリエッタは5回までNO-NO

 

 

カイル・シュワーバーが目立ったGame 2ですが、先発のジェイク・エアリエッタも凄かったです。5回終了時までノーヒットノーラン。6回に1点を奪われましたが、いいピッチングを見せてくれましたね。

 

 

 

 

 

 

 

e6【動画】Recap: CHC 5, CLE 1 WS Game 2
 

 

 

(関連リンク)

 




 

 これでWSは1勝1敗のタイで、地元リグレーに帰ってきます。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

2016 10 27 worldseriesgm1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 @Progressive Field 2016-10-25

 

 

こんにちは(^^)

 

 

いよいよワールドシリーズが始まりました!



日本シリーズも始まっていますから、ベースボールの総決算とも言える時期の開幕ですね。

 

 

ひとつ大きく謝らないといけないのが、前日の記事でゲーム1の日付を1日間違えてしまっておりました!



誠に申し訳ごぜいませんm(_ _)m 前日の記事を訂正しております。日本時間で26日より開幕です。

 

 

大変失礼致しました。

 

 

さて、Game 1ですが、インディアンスがコーリー・クルーバー、カブスがジョン・レスターというエース同士の顔合わせとなったのですが、この日はインディアンスのいいところばかりが目立ったゲームとなりました。

 

 

1回裏、インディアンスがいきなり2点を先制します。



レスターは2アウト後の四球が痛かったです。警戒していたはずのフランシスコ・リンドールにシングルを浴びたあとに、連続2四球。満塁でホセ・ラミレスにシングルを許し、まず1点。



さらにブラントン・ガイヤーに押し出しのデッドボールで2点目を献上。

 

 

カブスはいきなりインディアンスに流れをもっていかれることになりました。

 

 

カブスは4回表にこの日から戦線に復帰したカイル・シャワーバーがあわやホームランかという大きな2塁打で特定圏にランナーをすすめるも、あと1本が出ず。

 

 

 

ピンチの後にチャンスありで、インディアンスは4回裏にロベルト・ペレスにホームランが飛び出し、3-0。

 

 

このままゲームは終盤まで進み、8回裏のインディアンスは2アウトまで取られながらも、ブラントン・ガイヤーの四球とロニー・チゼンホールのシングルでランナーが2人たまったところで、バッターはまたしてもロベルト・ペレス。



ペレスの打球は左中間スタンドにつきささり、これが3ランとなり、インディアンスがダメ押しの6点めを計上。

 

 

最後はクローザーのコディー・アレンが締めてゲーム・セット。6-0でインディアンスが初戦を取りました。

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 
 
 
 
 


 

 

■コーリー・クルーバーが記録


インディアンス先発のコーリー・クルーバーは初回から飛ばしましたね。なんと最初の3イニングでアウト9つのうち、三振が8!!



これはワールドシリーズ・レコードのようです。最初の3イニングというところがそうです。


 

カブス打線の勢いを完全に封じましたね!

 

 

 

 

コーリー・クルーバーは6回を被安打4、無失点、9奪三振の快投。



一方のカブス先発のジョン・レスターは6回途中、被安打6、失点3、奪三振7。



被本塁打1と3四死球が響きました。

 

 


インディアンスのリレーはコーリー・クルーバーの後はアンドリュー・ミラー。



この日は2イニングを任されました。ALCSの時のブルージェイズ打線と同様に、カブス打線もこのアンドリュー・ミラーには手こずりそうです。

 

 

インディアンスは3番のフランシスコ・リンドールに3安打が出ています。



この日はまさにインディアンスのビッグゲームとなりましたね!

 

 

Game2は、カブスがジェイク・エアリエッタ、未定だったインディアンスの先発はトレバー・バウアーに決まりました。



バウアーは右手小指の深手の傷はとりあえずは治したようです。

 

 

どうなるんでしょうかね!? 楽しみです。

 


 

e6【動画】Recap: CHC 0, CLE 6 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年10月25日(=日本時間10月26日朝9時)、 いよいよワールドシリーズが始まります。

 

 

今年はオールスターなア・リーグが勝利しましたので(記事リンク)、インディアンスの地元、プログレッシブ・フィールドでの開幕となります。

 

 

Game 1の先発はすでに発表されています。予想通り、インディアンスがコーリー・クルーバー(18-9 / 3.14 ERA /227K)、カブスがジョン・レスター(19-5 / 2.44 ERA / 197K)となっています。

 

 

 

コーリー・クルーバーは今ポストシーズンは絶好調。ALDSに1試合、ALCSに2試合、計3試合に登板し、2勝1敗、ERA0.98。ALDS、ALCSでそれぞれ1試合ずつスコアレスを記録しています。

 

 

ジョン・レスターも素晴らしい成績を上げています。NLDSで1試合、NLCSで2試合、計3試合に登板し、2勝0敗。NLDSではERA0.00、NLCSではERA1.38です。

 

 

 

楽しみですね。

 

 

 

 

ジョン・レスターは元気者のフランシスコ・リンドール、一発のあるマイク・ナポリや伏兵のチゼンホールなど警戒すべきキーマンをどう抑えるかが注目されます。ジェイソン・キプニスに当たりが出ていないのは救いかもしれません。

 

 

一方のコーリー・クルーバーはスライダーを効果的に使って、ハビアー・バイエスやクリス・ブライアント、さらにはアンソニー・リッゾ、ジェイソン・ヘイワード、アディソン・ラッセルを抑えたいところです。マークすべき打者がたくさんいすぎてけっこう大変かもしれません。

 

 

ドジャースのクレイトン・カーショウに苦しめられたカブスですので、フランコーナ監督はその辺をうまく攻めると思われます。

 

 

2戦目以降ですが、カブスはGame 4まで先発を発表しています。レスター→エアリエッタ→カイル・ヘンドリクス、ジョン・ラッキーの順です。インディアンスは2戦目以降は今のところ未定です。

 

 

 

インディアンスにとっての朗報はダニー・サラザーが戻ってこれそうなこと、そしてカブスの朗報はカイル・シュワーバーが復帰しそうです。たぶんDHですね。

 

 

カブス、呪いがとけるかもしれません!

 

 

 

(関連リンク)

 
 
 
 
 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2016 10 23 kb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑喜ぶクリス・ブライアント

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年10月22日、リグレー・フィールドで行われたカブスVSドジャースのNLCS Game6。

 

 

レギュラーシーズンでは103勝、NLDSでは最大の難関と思われたジャイアンツを3勝1敗で下すなど圧倒的な強さでリーグ・チャンピオンシップまで勝ち上がってきたカブスですが、NLCSではドジャースのエース、クレイトン・カーショウに苦戦。ここまで3勝2敗。

 

 

そのカーショウと再び相まみえたのがGame 6で、WSへの最後の障壁にどう向き合うのかが、注目されていました。

 

 

しかし、今日はクレイトン・カーショウがいまひとつの出来でした。疲れが出ていたように思います。カーショウは初回からカブス打線につかまり、2点を計上。さらに2回にも2安打を打たれ、1失点。



4回にはウィルソン・コントレラスに、5回にはアンソニー・リッゾにそれぞれソロホームランを浴び、0-5とリードされてしまいます。



結局、カーショウは5回を被安打7、失点5(自責点4)でマウンドを降りました。




一方、静かに燃えていたのはカブス先発のカイル・ヘンドリクス。飛び出すほどのスピード・ポールがあるわけではないヘンドリクスはこの日も変幻自在。90マイル前半のファストボールがカット・ボール、シンカー、チェンジアップのおかげでとても速く見えましたね、ドジャース打線を翻弄しました。

 

 

 

カイル・ヘンドリクスは8回途中を被安打2、無失点、奪三振6と素晴らしいピッチングを披露。

 

 

(2016年10月22日)

 

 

 

カブスのジョー・マッドン監督はヘンドリクスのすぐあとにアロルディス・チャップマンを起用。

 

 

今シリーズではドジャース打線にまっすぐだけを狙われて、逃げ切りに失敗したこともありましたが、この日は任された5アウトをきれいにとり、見事にワールドシリーズ出場となりました!

 

 

 

1945年以来のワールドシリーズ出場に地元は大盛り上がりです。

 

 

 

 

 

(関連リンク)


 

■MVPは2人


今シリーズのMVPは2人が受賞しました。ション・レスターとハビアー・バイエスです。ジョン・レスターは1戦、5戦に先発、ERA1.38。ハビアー・バイエスは4本の二塁打を含む打率が.318、5打点、2盗塁と活躍。他にもいい守備が随所に出ましたね。



ワールドシリーズは現地2016年10月25日から。ア・リーグ開催、今年はインディアンスのプログレッシブ・フィールドから始まります!



きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

NLCS Gm5はジョン・レスターが踏ん張りましたね。 スコアだけを見ると大差がついているように見えますが、よくみると5回終了時まで1-1のタイで進んでいたことがわかります。

 

 

ドジャースの先発は前田投手でしたが、4回途中、被安打3、失点1で降板しました。いいところで打順が回ってきたことが早い回の降板の要因です。

 

 

ジョン・レスターの好投は6回のアディソン・ラッセルのホームランにつながりました。また、カブスの守備もよかったですね。

 

 

エイドリアン・ゴンザレスのナイス・アイデアだったプッシュ・バントをハビアー・バイエスが見事に制しました。

 

 

 

 

 

 

終盤の8回には地味な形も含めた5点をとり、カブスがドジャースを制し、WSへ王手となりました。

 

 

 Gm6は舞台を再びリグレーに戻し、カイル・ヘンドリクスとクレイトン・カーショウが投げ合います。

 

 

(関連リンク)


 

e6【動画】Recap: CHC 8, LAD 4 NLCS Gm 5

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

ドジャースVSカブスのNLCS Gm4は カブス打線が中盤に爆発しました!(現地2016年10月19日)

 

 

この日のカブスの先発はジョン・ラッキー、ドジャースはフリオ・ユーリアス。



さながらベテランVS若手の構造となり、両投手ともに点は取られましたが、ベテランの方が少しだけながくマウンドにいて、失点もすこしだけ少なかったです。

 

 

しかし、こういう時はベテランで大舞台も多く踏んでいるジョン・ラッキーの存在は大きいですね!

 

 

 

大量得点となったカブスは、打線も力強いホームランが飛び出し、スコアから見ても打ち勝った感があるのですが、実は打線同様に光ったのは守備です。



特にルーキー捕手のウィルソン・コントレラスの肩はすごいですね!

 

 

 

 

 

 

 

リキャップです↓。 

 

 

 

e6【動画】Recap: CHC 10, LAD 2(NLCS Gm4)
 

 

(関連リンク)

 


 

 



Game 5ではドジャースは前田投手、カブスはジョン・レスターが先発です。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Indians manager Terry Francona could not have been more pleased with his starting pitcher and his decision to give the ball to a 24-year old rookie. Ryan Merritt did not disappoint in the clinching game of the ALCS yesterday. With just one career start and a total of 11.0 major league innings under his belt, the 2011 16th round draft pick allowed just two singles over 4.1 scoreless innings to help propel the Indians to a 3-0 win and a trip to the World Series. Merritt became just the second pitcher in post season history to start a game with only one regular season start on his resume. #PostSeason #ALCS #WorldSeries #Indians #Clevelandindians #rookie #tribepride #mlb #Tito @indians //📷 by traveling photographer @jeanfruthimages for @baseballhall

Baseball Hall of Fame ⚾さん(@baseballhall)が投稿した写真 -2016 10月 20 7:22午前 PDT

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

こんなこともあるんですね!

 

 

現地2016年10月19日、ALCS Game 4が行なわれましたが、ドラマチックな出来事が起こりました。

 

 

前日にマウンドに上がって指の怪我が治っていなかったトレバー・バウアーをはじめ、ダニー・サラザー、カルロス・カラスコと右のローテーション投手を次々と怪我で欠いて、やりくりに頭の痛いフランコーナ監督を助ける救世主が現れました。

 

 

インディアンスは余裕があるとは言え、大事なチャンピオンシップ・シリーズをルーキーで、シーズンの先発が1試合にとどまっている投手をマウンドに送りました。

 

 

それがライアン・メリット、24才(2011年アマチュア・ドラフト16巡目)です。

 

 

フランコーナ監督、思い切りましたね!

 

 

しかし、これがズバリ当たります。

 

 

ライアン・メリットはホームラン・バッターの多いブルージェイズ打線を相手に5回途中、被安打2、無失点に抑える快投を演じました!

 

 

 

 

 

打線の方はいいところでカルロス・サンタナとココ・クリスプに一発が出ました。

 

 

インディアンスのつなぎですが、2番手がブライアン・ショー、そして3番手にこの日はアンドリュー・ミラーを起用。アンドリュー・ミラーは6回途中から8回まで結構長いイニングでしたが、被安打1、無失点に抑える好投。

 

 

最終回はコディー・アレンが抑え、見事4勝1敗でワールドシリーズ出場を決めました。

 

 

 

e6【動画】Recap: CLE 3, TOR 0 ALCS Gm5
 

(関連リンク)

 


 

 

■ALCS 2016 MVPはアンドリュー・ミラー


MVPですが、だれがどう見てもアンドリュー・ミラーでしたね!

 

4試合、7.2イニングを投げ、被安打3、奪三振14。数日空きますので、ワールドシリーズに備えて肩を休ませてもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年10月18日に舞台をロサンゼルスに移してのNLCS Game3はやや意外な展開に。

 

 

打撃のいい両チームゆえに無得点がつづくことは考えにくいところだったのですが、16日に行われたGame 2に続き、ドジャース投手陣が奮起!

 

 

カブス打線を2試合連続で完封しました!

 

 

CHC  000  000  000 = 0

LAD  001 201  02X = 6

 

 

ドジャース先発は36才のベテラン左腕のリッチ・ヒル。今夏のトレード・デッドラインにアスレチックスから移籍してきました。好調のリッチ・ヒルは変化球を中心に腕の角度を変えたりして、色々な工夫をしてカブス打線と対峙。

 

 

6回を被安打2、無失点、与四球2、奪三振6という素晴らしい投球を披露しました。

 

 

相手カブスの先発がジェイク・エアリエッタだっただけに、先制点を許さないよう、慎重かつ大胆にピッチングしましたね。

 

 

リッチ・ヒルの大きなカーブをまとめた動画です↓

 

 

 

 

一方のジェイク・エアリエッタは5回を被安打6、失点4、与四球0、被本塁打2で降板。

 

 

この日はコントロールが今ひとつでした。

 

 

リキャップです。

 

e6【動画】Recap: CHC 0, LAD 6 (NLCS Game 3)

 


 

(関連リンク)

 

 
 
 
 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...