HOME   »  2015年01月
RSSフィード

2015 01 31 yoan moncada

 

 

 

 

 

 

 

 



話題のヨアン・モンカダ

 

 

こんにちは(^^)

 

2月半ばからMLBもスプリング・トレーニングのワークアウトに入りますが、FA選手の移籍についてはジェームズ・シールズ(ロイヤルズFA)、コール・ハメルズ(フィリーズ)の動向を残すばかりとなってきました。この二人が決まれば、あとはあとはつなぎ役の野手とリリーフ陣などチームとしての隙間を埋めていく作業となります。

 

そんな二人の大物の獲得に影響を与えていそうな選手がいます。それがキューバ出身の19才のショートストップのヨアン・モンカダ(右投げ・スイッチヒッター)。

 

ヨアン・モンカダはいわゆる5ツールプレーヤー。キューバでショートストップというだけでも価値があるのですが(その時点で肩の良さはお墨付き)、そのフィールディングの素晴らしさもさることながら、長打力、ミート力も兼ね備え、脚力もあることからバントも起用にこなし、走塁も見事。




プロ好みというだけでなく、魅せるプレーヤーでもあります。その契約金は3000万ドルから4000万ドルになる見込み。今までのキューバ出身のプレーヤーとの最高額がヤジエル・プイーグの7年4200万ドルですが、それに迫る金額になりそうです。



 

↓こんな選手です。ビデオではセカンドを守っていますが、本職はショートストップ。

 

【動画】Justice on Moncada's market

 

 

 

そのヨアン・モンカダですが、1995年5月27日生まれの現在19才。

 

昨年の12月にオバマ大統領がキューバとの国交正常化交渉に入る旨を発表し、キューバ出身のプレーヤーとの契約にも今後影響が出る見込みとなりましたが、今のところはまだ旧制度のまま。

 

MLBがキューバ出身のプレーヤーと交渉を行うにはインターナショナル・サイニング・ガイドラインにしたがって行動しなければなりません。

 

 

 

■モンカダの手続き

 

 

アメリカと国交のないキューバ選手がMLBでプレーする場合、まず国抜けしなければなりません。

 

ヤジエル・プイーグの命がけの亡命はかなり有名な話ですが、モンカダはそれほど苦労することなく2014年7月にキューバから亡命。これは現在ホワイトソックスで活躍しているホセ・アブレイユの亡命以降、規制緩和になったことも影響しています。

 

プイーグの亡命先はメキシコでしたが、モンカダはグァテマラです。同じ中央アメリカですね。一応、ここで海外FAを取得したこととなりましたが、まだ手続きが残っており、それが、米国OAFC規制というものです。これはMLBの海外選手との契約規定よりも当然重い規定で、まずこれをクリアーしなければMLBのクラブとの契約はなりません。

 

そのOAFC規制ですが、Office of Foreign Asset Controlの略で米国の財務省外国資産管理室による対象地域を規定した取引規制のことを言います。目的は安全保障上及び外交政策上の米国の防衛ということになりますが、正確ではないですが、ひらたく言えば国交を結んでいない国の犯罪組織から米国の資産を守る目的で定められた縛りです。

 

  1. 米国OFAC規制に関する留意点について | 三菱東京UFJ銀行

    www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/soukin/OFAC_ryui.html 

 

イラン、スーダン共和国、キューバ、北朝鮮、シリアやミャンマー軍事政権などと少しでも関係した人、物品、サービスなどが自由に取引できません。船積みなどの経由地に上記の国々が入っていれば、対象となりますし、上記の国々の輸入者、輸出者、荷揚げ地、銀行などの金融機関などなど関係した人間やサービスがあった場合、規制の対象となります。

 

上記にキューバが入っている通り、キューバ人野球選手(サービス提供者)も当然規制対象です。 オバマ大統領のキューバ国交回復交渉にあたり、野球選手に限っては上記のような規制から外れ、よりキューバ選手がMLBでプレーしやすい状況となる見込みです。日本でも問題になっていますが、キューバ国内のリーグのレベル維持にはなんらかの対策も必要となりますが、そこは米国とキューバ間で何らかの話し合いもあるでしょう。

 

今どこかのクラブが単独でOAFCと交渉しているのではなく、MLB野球機構がOAFCと書類などの手続きをとっている最中で、犯罪組織などの背景がなければ大事にはならずに、数ヶ月以内には手続きをクリアーできる見込みです。

 

OAFCをクリアーになれば、MLBの海外選手との契約ガイドラインに従うのですが、その一つがインターナショナル・ボーナス・プール。

 

前年の順位が契約に影響することと、ある程度は自分たちの都合も考え、この制度は毎年少しずつ変わっています。ちなみに制度の目的などの大枠は変わりませんので、2013年から2014年に施行となったケースを下記でご確認いただけます↓。 

 

(関連リンク)

    MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2013.07.08
 
 
※今現在の各クラブの割り当て額が明記されています。

 

現地2015年1月30日現在、レイズがモンカダをスプリング・トレーニングで練習させる話となっていますが、レイズは割当額が上位5チームに入っており、3000万ドル以上と見込まれている契約金をオーバーしそうなので、契約はしないであろうと見込まれています。

 

やはりお金のあるチームが獲得に名乗りを上げると思われますが、上限を超えた場合、超過分に関して罰金のレートが定められていますが、モンカダとの契約が3000万ドルを超えた場合、規定により100%の罰金を支払わなければなりません。3000万ドルの場合は罰金は3000万ドル。選手への支払いを含めれば計6000万ドルとなりますね。やなりNYY、BOS、LADあたりが有望かと見られています。

 


(追記)
現地2015年2月3日、モンカダのOAFCの手続きが完了!海外フリーエージェントとなりました。いよいよ食指を伸ばすクラブとの交渉が始まります!!

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト

 

2015 01 29ichiro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



こんにちは(^^)

すでに投稿した話題ではあるのですが、やはりこの人は特別です(^^)

 

日本時間2015年1月29日、イチロー選手が、東京でマイアミ・マーリンズ入りの記者会見を開きました!

マイアミのユニフォームがよく似合います! イチロー選手がこんなにもオレンジが似合うとは正直思いませんでした(^^)

 

会見に先立ち、マーリンズの5人のエグゼクティブたちが18時間をかけてマイアミから東京に訪れたことに、イチロー選手は「ただただ恐縮」と礼儀正しく応える姿が印象的でした。

 

マーリンズ・ファンからも歓迎のコメントをたくさんもらっている人気選手ですから、エグゼクティブ達も最高の待遇でイチロー選手を出迎えたわけです。もっとも、日本でマイアミのユニフォームを着たイチロー選手を紹介することで日本でのグッズが売れるという公算もあったかと思いますが、そこはさておいて、やはりこういう歓迎のされ方はファンにとっても嬉しいですね。

 

 

【動画】Marlins introduce Ichiro(日本時間2015年1月29日)


 

 

(関連リンク)

 
 
 


 

■スプリング・トレーニング・スケジュール

 

マーリンズのスプリング・トレーニングのスケジュールですが、現地2015年2月20日にまずはピッチャーとキャッチャーがファースト・ワークアウトを行います。その後、現地24日に野手組がスタートとなります。イチロー選手もその日からいわゆるキャンプインになります。

 

マーリンズは現地24日に早くも紅白戦が行われ、3月2日と3日に地元大学とのエキシビジョン・ゲーム、5日には同じナ・リーグのカージナルスとの対戦が予定されています。

マーリンズのスプリング・トレーニングのスケジュールはこちら

http://www.springtrainingconnection.com/schedule/marlins.html

 

開幕は現地2015年4月6日、日本時間7日、ホームのマーリンズ・パークでブレーブスを迎えて行われます。

MLB レギュラー・シーズン・スケジュール

http://mlb.mlb.com/mlb/schedule/?tcid=mm_mlb_schedule#date=04/05/2015

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

こんばんは(^^)

 

本日はA・ロッドこと、アレックス・ロドリゲスについての話題を。

 

 

現地2015年1月25日ごろからヤンキースのA・ロッドこと、アレックス・ロドリゲスの周辺が騒がしくなってきました。

 

A・ロッドは例のマイアミのPeds問題で2014シーズン全試合の出場停止処分に。本来は211試合出場停止のところを調停により162試合の処分に軽減してもらっていました。 彼にとって長い2014シーズンが終わり、ここにきて2015シーズンの出場に関する根回しが行われ始めています。

 

(関連リンク)

 
 
 
 
 
 
 


 

手始めに現地2015年1月25日MLB機構の新コミッショナーに就任したロブ・マンフレッドと秘密裏に会合を持ちかけ、まずは実現。自身の薬物使用に関する誤解の嘆願を行った模様。

 

ところが、現地2015年1月26日、所属チームのヤンキースのオーナーへの嘆願は不調に終わりました。それはそうです。A・ロッドの目的は明白で、胸を張ってグランドに立ちたいということと、ゲームに出場イコール年俸を契約どおりに支払ってくれという意図があったからです。

 

その意図を察知したかどうか(普通は察知したと思いますが)、ヤンキース上層部は面談の申し出を拒否。MLBはオフシーズンはクラブと選手の間の関係は非常にドライ。スプリング・トレーニングも各自現地に駆けつけるほどですから、それまでは私的に選手に会うことはしません。A・ロッドにすれば、自分ほどの選手が会えない訳はないという思い込みもあったでしょうが、そこは軽く否されました。

 

特別扱いはしないよと。

 

ヤンキースが神経質になるのも当然です。2007年オフに10年総額2億7500万ドルもの契約を結んでいたからです。2007年はA・ロッドが31才の年。野手で健康であれば10年後の41才でもAロッドなら十分にチームに貢献してくれるとヤンキースは踏んだのでしょう。

 

もちろん、他クラブへの流出を防ぐという目的もあったと思いますが、今になりこれがあまりにも足かせになってきています。

 

この頃、A・ロッドは毎年のようにシルバースラッガー賞やゴールデングラブ賞などの名誉あるタイトルを獲得しており、さらに毎年のようにMVP投票で上位に入っている状況でありました。事実、2003、2005、2007年とMVPに輝いております。

 

ところが、大型契約を結んでいた途中の2013年春に薬物疑惑が浮上。もっと前から使っていたのか?と誰もが思うスキャンダルでした。シラフ(変な書き方ですみません)でプレーしている選手をよそに、疲れが出にくい薬物を注射していたわけですから、タイトルも薬物のおかげかと誰もが疑ったと思います。レッドブルや滋養強壮飲料を飲むのとは訳が違うからです。

 

そんなA・ロッドにヤンキースは2015から2017年まで2200万ドル平均の年俸を払わなければなりません。出場停止となった2014年であっても268万ドル(約3億円)は支払っています。プレーしていないのに3億円近い金額を払わないといけなかったわけです。

 

 

さらに、先の10年契約では、660HRから763HRというHR記録の名プレーヤーが残したマイルストーンを塗り替えるたびに、ボーナスが支払われるという超あまのおまけがついていました。

 

2015 01 28 MLB HR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MLB歴代HR記録(2015年1月28日現在)




 

現在のA・ロッドの通算本塁打数は654本。次のマイルストーンはウィリー・メイズの660本。その後、ベーブ・ルース、ハンク・アーロン、バリー・ボンズと続き、それぞれのHR記録を抜いたら、ボーナスが支払われ、その総額は最高で2400万ドルに達します。1マイルストーンにつき600万ドルです。

 

ウィリー・メイズの記録まであと6本ですから、この達成も時間の問題です。

 

ヤンキースは支払いを拒否する姿勢を見せています。これに関して筆者はヤンキースに賛同しますね。払うなと。そもそも薬物で価値を上げた時点でもう契約違反だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

■A・ロッドの余波はオフの補強にも

 

A・ロッドの復帰に関しては、別のところに余波が出ています。今オフはヤンキースはまったといっていい程、目立った補強はしませんでした。それもそのはずで、A・ロッドのこの大型契約が残っているからです。ヤンキースは本当であれば、シャーザーやレスター、ジェームズ・シールズ獲得に名乗りを上げたかったところですが、A・ロッドの契約のインパクトが強く、獲得できませんでした。

 

A・ロッド、ちょっと厄介者になりつつあります。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

2015 01 26 Buxton

 

 

 

 

 

 

 

 


2014 MLB トップ・プロスペクト1位のバイロン・バクストン(ツインズ)

 

 

 

こんばんは(^^)

 

本日は2015年に活躍が期待される若手有望株(トップ・プロスペクト)、ミネソタ・ツインズのバイロン・バクストン(Byron Buxton)の話題です。

 

現地2015年1月24日、ミネソタ・ツインズのGM、テリー・ライアンは、バイロン・バクストンの2015年メジャーリーグ・デビューをほのめかしました。

 

バイロン・バクストンは1993年12月8日生まれの21才。ジョージア州出身で、2012年アマチュア・ドラフトで1巡目(全体順位2位)で指名された超野球エリート。右投げ右打ちで外野、主にセンターを守ります。

 

ちなみにこの年の全体1位はアストロズが指名したカルロス・コレイア。※筆者はコレイアを早く見たくて仕方ありません。

 

 

その全体1位のコレイアよりもバクストンの方が早くメジャーデビューしそうです。バクストンは2012年はルーキー・リーグで過ごし、2013年にはシングルAプラスに昇格。さらに2014年はダブルAにまで昇格しています。高卒ルーキーで2年目でダブルAというのは非常に昇格が早いです。ちなみにブライス・ハーパーもメジャーに上がる前はダブルAでしたね。もっとも、ハーパーは19才でのメジャーデビューでしたが。

 

 

バクストンはマイナーの3シーズンで204試合に出場、打率.300、HR21本、打点113を記録。極めつけはその足の速さ。マイナー通算で72盗塁を記録。とくに2013年は125試合で55盗塁を記録。同年の得点は109。いかに素質を秘めているかが、盗塁の数でわかりますね。

 

こんな選手です↓。解説陣も大興奮のトッププロスペクト!

 

 

 

【動画】Buxton ranked No. 1 prospect

 

 

(関連リンク)

 



 

■トリイが戻ってきた外野陣に割り込めるか!?

 

今オフ、ツインズは長年チームに貢献してきた名手トリイ・ハンターをタイガースから呼び寄せました。外野陣を見ると、センターにアーロン・ヒックス、ライトにトリイ・ハンター、レフトがオズワルド・アレシアという布陣。アレシアは昨シーズン打率.230ながらHRが20本の長距離砲、トリイは文句なしの実績でさすがに年齢とともに衰えがあります。そしてセンターのアーロン・ヒックスは25才の伸び盛りながら昨シーズンはあまりパッとせず。

 

ツインズ首脳はどうやらヒックスとバクストンを競わせるプランのようです。これが本当に実現するかどうかですが、スプリング・トレーニングでの成績とともに、筆者はシーズン半ば以降の出番というふうに見ています。 

 

バクストン、守備と走塁がすごいので、ぜひ見てみたいです。ちなみにバッティングは中距離打者で右方向の打球が多いです。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

2015 01 25 アーニー バンクス

 

 

 

 

 

 

 

 



 

喪に服すリグレー・フィールド

 

 

本日は偉大なプレーヤーの訃報について書かせていただきます。

 

現地2015年1月23日深夜、”Mr. Cub”と呼ばれ親しまれたシカゴ・カブスのHall of Famerであるアーニー・バンクスが83才でお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

 

実は筆者もアーニー・バンクスという選手は伝説の域でしか知りませんでした。しかし、そのお名前は何度も聞いたことがありましたので、今回の訃報に接し、改めてアーニー・バンクスの成績などを見せていただいたところ、メジャー・リーグにとって10指に入るような偉大な活躍をした選手であることを認識しました。

 

 

■親しまれた19年間の現役時代

 

アーニー・バンクスは1931年1月31日、テキサス州ダラスの生まれ。メジャーリーグには1953年から1971年まで19年間在籍。シカゴカブス一筋でした。下の方にBaseball Referenceからキャリア成績をつけさせてもらったのですが、右端のタイトル欄を見ると、いかにインパクトのある選手だったかがわかります。

 

オールスターには11シーズンで14ゲームに出場。これも調べてわかったのですが、MLBのオールスターは1試合だけではなかった年がありました。アーニー・バンクスが出場した1959年、1960年、1962年が2試合行われた年度です。ですので、11年分で14ゲーム出場となっています。ちなみに1年2試合は1959年から1962年の4シーズンだけです。

 

MVPにも2度選ばれていますね。アーニー・バンクスの現役時代の53年から71年は実はカブスの低迷期でもありました。アーニー・バンクスはこの間、ポスト・シーズンにすら、出場できていません。ちなにカブスがワールドシリーズチャンプとなったのは1908年が最後。100年以上、WSタイトルから遠ざかっていることになります。これほどの選手がMVP2度というのはちょっと少ないと思ったのは、チームが弱かったからという要素も大きいと思います。

 

最下位を争うチームから2度もMVPに選ばれたのはやはり卓越した選手だったことがわかりますね。(彼がMVPに選ばれた1958年と1959年のカブスの成績は2年連続8チーム中5位という成績でした。)

 

 

 

【動画】Mr. Cub

 

 

チーム名がニックネームにつけられた理由はその明るい人柄にもありました。アーニー・バンクスの別のニックネームは、「ミスター・サンシャイン」。まるで太陽のように明るい人は誰からも好かれるはずですよね。

 

アーニー・バンクスはNBAのマイケル・ジョーダンが出てくるまで、間違いなくシカゴでもっとも尊敬され、親しまれたスポーツ選手でした。

 

■通算成績

 

 

 

あらためてお悔やみ申し上げます。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

こんにちは(^^)

 

ようやく決まりました!イチロー選手が現地2015年1月23日、マイアミ・マーリンズと1年200万ドルの契約に合意。フィジカルチェックを経て正式発表ということになるのですが、イチロー選手がフィジカルに問題があるわけはなく、実年齢より低い肉体にマーリンズのフィジカルスタッフは驚くことになるでしょう(^^)  新鮮なナ・リーグでのシーズンに非常に期待が高まります。

 

この契約は2016年もオプションとしてついてきまして、今シーズンの成績がよければ来年も契約となります。とはいえ、ここは権謀術数の高いMLB、ましてや2年前のホセ・レイエスを放出したブロックバスタートレードを実施したマーリンズですから、油断は大敵ですね。イチロー選手がいい成績を上げてもどう出てくるかはわかりません。



 

 

【動画】Ichiro, Marlins agree to deal

 


 

(関連リンク)

 




■バックアップとしての獲得

ファンとしてはちょっとつらいのですが、上の関連記事内でも書かせていただいた通り、やはりバックアップとしての獲得と言わざるを得ません。もっとも、長くてハードなMLBですから、レギュラーがカル・リプケン・ジュニアのように全試合・全イニングに亘り出場することなど実質的にはありません。 

 

当然、イチロー選手にもチャンスが回ってくるのですが、なんとか結果を残してもらいたいですね。ナ・リーグはDHがありませんから、ジャンカルロ・スタントンが疲れているからといって、今日は打つだけというふうに起用できないため、自ずとイチロー選手の出場機会は代打・代走・ゲーム後半などの途中出場がきっかけになると思われます。

 

ゲーム途中から出場してもエンドレスな延長戦もありますから、そういったところから信頼をつくって出場機会を増やしてもらえたらなと思っています。

 

とはいえ、イチロー選手の移籍先が決まって本当によかったです。 強いナショナルズとの戦いぶりも見ものですね。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2015 01 24 harvey

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは(^^)

更新が一日空いてしまい、すみません。

 

ここのところ、移籍の話題が多かったので、本日はグッド・ニュースという意味も込めて、マット・ハービーの復帰について書かせていただきます。

 

デビュー2年目の2013年に大活躍したマット・ハービーは、オールスターの先発のマウンドに立ちながらも、シーズン後半に肘の違和感でそのままサイドラインへ。ほどなくトミー・ジョン手術を受けることとなり、ずっとリハビリを続けておりました。

 

大事をとって、2014年はメジャーでの登板はなし。マイナーでの登板もありませんでした。正確には慎重にリハビリをしていたため、マウンドに上がることを控えておりました。

 

徐々にキャッチボールの距離を伸ばすなどの努力の末、オフシーズンの今、ようやくブルペンに入っています。

 

経過は順調で、監督のテリー・コリンズもハービーのローテーション入りを示唆。開幕にも間に合わせる予定で、ハービーの復活登板を4月13日のフィリーズとのホーム開幕戦での先発を考慮に入れていると発表。

 

あの投げっぷりのいい右腕がどうやらマウンドに帰ってきそうですよ!!

 

(関連リンク)

 
 

 

■強烈だった2013年のハービー

 

 そのすごすぎた2013年の一場面をどうぞ↓

 

【動画】Harvey flirts with perfect game, fans 12(MAY 3, 2013)


 

この年のハービーは26試合に先発し、178.1イニングをこなし、 9勝5敗、ERA2.27、奪三振191。非常にインパクトのある年でした。

 

ハービーの復活マウンドはぜひとも見てみたいものです。 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

こんばんは(^^)

またもやカブスのニュースです。

現地2015年1月20日、シカゴ・カブスはトレードでアストロズの

デクスター・ファウラーの獲得を表明。

 

これでカブスは捕手ミゲル・モンテロ、2Bハビアー・バイエル、SSスターリン・カストロ、CFデクスター・ファウラーというかなり強力なセンター・ラインが完成しました!!

 

2015 01 21 fowler

 

 

 

 

 

 

 

 

 



デクスター・ファウラー



 

デクスター・ファウラーは、今年の3月で29才となる今旬の年代の選手です。右投げスイッチヒッターです。秋に行われた日米野球にも参加していましたね。

 

2008年、ロッキーズでメジャー・デビューし、2014年にアストロズに移籍。通算の年間安打が150安打ほどで、2012年には・300を達成。HRは年間10本程度ですが、二塁打が30本、3塁打が10本前後見込める選手です。

 

【動画】Fowler crushes one(NOV 11, 2014)

 


一方、アストロズがカブスからゲットしたのは、内野手のルイス・バルブエナ、29才と右腕のダン・ストレイリー26才。バルブエナは2014年、149試合に出場。打率.249、HR16。ダン・ストレイリーは、14試合に登板、1勝3敗、ERA6.75でまだまだ伸びしろのある投手です。

 

今年のリグレーはアツいですね。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m  

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

2015 01 20 gallado












こんばんは(^^)


今日も移籍のニュースです。


現地2015年1月19日、テキサス・レンジャーズがミルウォーキー・ブルワーズのエース、ヨバニ・ガヤードを獲得した模様! ナ・リーグ中地区でシーズン終盤までワイルドカード争いに参戦したチームのエースだけに、非常に衝撃的です。



↑【動画】Gallado’s dominant Outing (09/19/14)

 

 

 

レンジャーズは今回ガヤードを獲得した代わりに、リリーバーのコーリー・クネーベル(Corey Knebel,23才右腕)、内野手のルイス・サーディナス(Luis Sardinas 21才)、マルコス・ディプラン(Marcos Diplan 18才、ドミニカ出身の右腕)を放出。



特に若いディプランはプロスペクトの中でもこれからどんどん伸びていく有望株だっただけに、手放すのは惜しいという声も上がっています。しかしながら、レンジャーズは有望株を手放してでもガヤードを獲りに行く決断を見せたとも言えるでしょう。



これでレンジャーズのローテーションは、ダルビッシュ投手、デレク・ホランドそしてヨバニ・ガヤードと手堅い3枚を揃えました。トミー・ジョン上がりの元広島のコルビー・ルイスも上がってくるでしょうから、ローテーションは揃ってきました。



ヨバニ・ガヤードですが、テキサス州のフォート・ワース出身。今回地元へ里帰りと相成りました。 2015年2月に29才を迎えるガヤードはメジャー8年で通算89勝64敗、ERA3.69。2009年から2013年まで5年連続で二桁勝利。200イニング前後を任せられる頼りになる右腕です。

 

 

アスレチックス、エンゼルスの2強に加え、2014年シーズンはマリナーズも力をつけてきました。レンジャーズは最下位に甘んじたわけですが、先発投手陣の充実で上位2チームを脅かすようになればいいですね。

 

 



きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m 

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2015 01 19 scherzer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは(^^)

 

ついに決まりました!

デトロイト・タイガースからFAとなり、大物過ぎて様子を見られていた2013年サイ・ヤング賞のマックス・シャーザー(Max Scherzer)がワシントン・ナショナルズへ移籍することが決まりました!!

 

こちらは現地2015年1月18日の夜にCBSスポーツが明らかにしたホヤホヤのニュースで、金額などはまだ明らかになっていませんが、7年合意は間違いない線のようです。ナッツに決まったものの競合もいたようで、どこと争ったのかもファンとしては気になるところです。

 

ナショナルズのGMマイク・リッゾとシャーザーは旧知の仲だったということが今日のニュースで初めてわかりました。それを知っていればナッツが有力な候補だと筆者も目をつけられていたかもしれないと思うと、いささか悔しい思いがあります^^;

 

シャーザーは2006年アマチュアドラフト1位でDバックスに指名されました。当時、リッゾはDバックスのスカウティング・ダイレクター、つまり日本で言うところのチーフスカウトの立場にあったわけで、シャーザーを獲得したのはリッゾの力でもあったわけです。

 

2009年オフに三角トレードでDバックスへ移籍したのですが、その時のトレードがこのようなメンバーでした。トレードはヤンキース、Dバックス、タイガースとの間のいわゆる三角トレード。

     

ヤンキースが獲得したのは、カーティス・グランダーソン(タイガース)。タイガースが獲得したのはオースティン・ジャクソン(ヤンキース)、マックス・シャーザー(Dバックス)、ダニエル・シュレーラ(Dバックス)、そしてフィル・コーク(ヤンキース)。Dバックスが獲得したのはイアン・ケネディ(ヤンキース)、エドウィン・ジャクソン(タイガース)。

 

当時、Dバックスからシャーザーを獲得できたタイガースは相当褒められたものです。

 

シャーザーの成績はもう皆さんご存知の通りです。

 

念のため、キャリアスタッツを一番下につけておきます。

 

 

これでナショナルズは魅惑のローテーションが完成しました!!!

 

ストラスバーグ、ジョーダン・ジマーマン、ダグ・フィスター、ジオ・ゴンザレスそしてマックス・シャーザーです。シャーザーが2番手もしくは3番手に入ると思いますが、このローテーション、ちょっとすごすぎるでしょ!!!

 

2015年はレッドソックスの打線が魅力的でしたが、ナッツの投手陣は毎試合が楽しみな布陣になりました。インターリーグでのこの2チームを見てみたいですね(^^)

 

↓以前貼った動画ですが、もう一度貼っておきます(^^)

 

 

 

↓シャーザーのキャリア・スタッツ。

 

 

 


きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m  

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

ブログ内検索
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...