HOME   »  2013年09月
RSSフィード

WC 2013 Sep 28

ALワイルドカード進出の行方は!

 

 

こんにちは(^^)

 

いよいよ日本時間2013年9月30日(現地9/29)、メジャーリーグ2013のレギュラーシーズンが終了します。

 

最終戦を前にしてア・リーグ・ワイルドカード進出の最後のひと枠をめぐって、レイズとレンジャーズが90勝71敗(勝率.559)と同じ勝率で並んでいます。

 

レンジャーズは昨年も最終戦で優勝かどうかという戦いを強いられましたが、2年連続でファンをハラハラさせてくれますね!

 

そのレンジャーズの最終戦の先発は、、、、

 

ダルビッシュ投手(Yu Darvish)!

対戦相手はエンゼルスで、相手先発はジェイソン・バルガス。ダルビッシュ投手のアーリントンでの成績は、通算で17勝8敗、そしてエンゼルスとの通算の対戦成績は6勝1敗と数字上はかなり有利です。

 

アーリントンのファンは厳しいですから、ここは負けられないところですね。

 

 

そして、WC最後の一枠を争うレイズの先発はマット・ムーア(Matt Moore)。今シーズン、前半戦4月・5月は無敗で8連勝を記録し、現在は16勝4敗とチームを引っ張りました。今ひとつ調子の出なかったデービッド・プライスの穴を彼がカバーしたと言っていいでしょう。

 

対戦相手はブルージェイズで、相手先発はトッド・レドモンド。最終戦を前に2連敗と勢いが無いレイズですが、ムーアの登板でなんとしても勝ちに行きたいところです。

 

非常に楽しみです。

 

 

 

■タイ・ブレークのパターン

 

上の3チームの成績を見ると、拮抗しているのが一目瞭然です。現在インディアンスはWCレースで1ゲーム差をつけて有利な状況ではあります。

 

しかし! 場合によってはインディアンスもタイブレークのゲームに参加しないといけません。

 

どういう状況が考えられるかと言うと、

 

まず、インディアンスが最終戦に勝とうが負けようが、レイズとレンジャーズのどちらかが敗れればインディアンスはそのままWCに出場できます。

 

これはインディアンスにとって問題ありません。

 

そしてインディアンスは、最終戦に勝利すれば、あとの2チームに関係なくワイルドカード進出が決定します。↓のCase1の場合です。

 

その場合、レイズとレンジャーズで残り一枠を争うことになります。

 

★【Case 1】3チームとも最終戦で勝った場合

CLE:92-70、TB&TEX:91-71、

 

▶現地2013年9月30日

レンジャーズ VS レイズ @アーリントン 午後8時07から

(日本時間は10/1 AM9:07から)

===>勝者がワイルドカード二枠目決定!

 

 

ところが、もしもインディアンスが最終戦に敗れ、レイズとレンジャーズがそれぞれ勝った場合、3チームとも91勝71敗と並んでしまいます。

 

 

その際は3チームが参加してタイブレーカーが行われます。

 

 

★【Case2】3チームとも勝率が並んだ場合

CLE、TB & TEX:91-71

 

▶1. 現地2013年9月30日 午後4:07

インディアンス VS レイズ @クリーブランド

(日本時間:10/1 朝5:07)

===>勝者がワイルドカード一枠目決定!

 

▶2. 現地2013年10月1日 午後4:07

Game1の敗者 VS レンジャーズ

@ゲーム場所はシーズンの対戦成績のよい方の球場

(日本時間:10/2 朝5:07)

===>勝者がワイルドカード二枠目決定!

 

果たしてタイブレーカーまで行ってしまうのか!?
運命の最終戦は日本時間2013年9月30日行われます。

 


(編集後記)
「あまちゃん」が終わってしまって非常に残念です。
薬師丸ひろ子の「潮騒のメモリー」よかったです。
「セーラー服と機関銃」を思い出してしまいました。
キョンキョンのそれとはまた違う良さがありましたね。
また録画見ないと(^^)

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

スポンサーサイト

 

こんばんは(^^)

 

現地2013年9月27日、ついにナ・リーグ中地区に決着がつきました!パイレーツとの激闘の末、セントルイス・カージナルスが、2009年以来、通算10度目のナ・リーグ中地区の優勝を決めました!

 

Congratulations!

 

【動画】カージナルス、地区優勝(現地2013年9月27日)

 

 

 

カージナルスのポストシーズン進出は、3年連続です。

 

筆者が思うに、カージナルスは今のメジャーチームの中で1番安定した強さを誇っていると思います。

 

先発こそ、メジャーファン以外は、ぱっと名前の出てくる投手がいないのですが(失礼!)※A・ウェインライト、L・リンはメジャーファンでないと知らない人が多いと思います。

 

投手陣はとにかく後ろがいいですよね。

 

ムヒカ、ローゼンタールといい仕事をする投手が後ろに控えているのが強いです。ドジャースから左打者ワンポイント専門のランディー・チョートを獲ったのはさすがだと思いました。

 

22才のシェルビー・ミラー、21才のワカなど新陳代謝が機能しているのも奇跡的です。というか、選手の成長ぶりをきっちり把握しているGMはすごいと思います。

 

また、打撃陣はホリデー、ベルトランを中心にフリースなど今が旬の30才前後のいい選手がいい仕事をしています。

※ベルトランでも36才。

 

そして2013年は、やはりこの人ですね。

 

ヤディアー・モリーナ

 

WBCのプエルトリコ代表での活躍で日本でも有名になりました(メジャーファンとしては嬉しいですね)。そのモリーナが投手陣をひっぱり、そして打撃でもリーディングヒッターを獲ろうかという活躍を見せてくれました。

 

モリーナがすごいのは、肩だけでなく、リード面や相手打者との駆け引き、あるいは塁上のランナーとの間合いの取り方にも秀でているところですよね。

 

現地2013年9月27日の段階では打率は.311と7位に落ちましたが、捕手としては十分過ぎる活躍です。いっときは3割半ばをキープしていましたからすごいです。

 

若手の投手が出てくるのもおそらくモリーナの力が大きいものと思います。

 

昨年はNLCSで3連勝して、つい気を緩めてしまったカージナルス。今シーズンはその痛い経験を活かして、ポストシーズンもスキなしで来るでしょう。

 

WSに勝ち上がってくる最有力だと思っていますが、どうなるでしょうか!予想など不可能なのがメジャーリーグ。ポストシーズンが楽しみです。

 

2013シーズンは各チームともあと2試合で終了です。

 

 

Yadier Molina 2013 Highlights

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 
 
 
こんばんは(^^)
 
現地2013年9月25日、デトロイト・タイガースがア・リーグ中地区の優勝を決めました!
 
Congratulations!
 
当ブログもやたらと「シャーザー推し」とのご指摘もあったのですが^^;、とにかく魅力的だったタイガースの投手陣。今年はバーランダーという大黒柱とともに、マックス・シャーザーがチームを引っ張りました!
 
そして、優勝を決めたゲームでシャーザーはついに21勝に!2012年のナショナルズのジオ・ゴンザレスと同じ勝ち星になりました。
 
日程の関係で21勝で打ち止めかと思いますが、今年のシャーザーは本当に素晴らしかったですね!
 
 
【動画】Tigers clinch the AL Central(現地2013年9月25日)
 
 
 
アニバル・サンチェスが途中抜けましたが、ダグ・フィスターとともに14勝を上げました。 そして若手のリック・ポーセロも13勝と先発5人で75勝とすごい成績です。
 
ミギーは昨年同様いい成績を残しましたし、なんと言ってもトリイ・ハンターが入ったことが大きかったですね。
 
途中、SSのジョニー・ペラルタがマイアミのPeds問題で出場停止処分を食らったのは痛かったですが、レッドソックスからホセ・イグレシアスという守備の名人を獲得できたのは、投手陣にとっても心強かったはずです。セーフのところをアウトに出来る内野手ですからね(^^)
 
これでタイガースは、2011年からスリーピート!3連覇です。
 
デトロイトの街は自動車産業の衰退でチャプター・イレブン(連邦倒産法第11章)が適用され、決して明るい街とはいえなくなりましたが、その分タイガースが盛り上げてくれました。
 
クローザーの問題で短期決戦が弱かったタイガース。今年はベノワが安定していますから、WSへの大きなチャンスとなりそうです。
 
タイガースのポストシーズン、期待しましょう!
 
 
↓デトロイト・タイガースのシーズン成績の足あとです。
今が黄金時代と言えますね!
 
Year Lg G W L Finish Playoffs
2013 AL Central 159 93 66 1st of 5 ※09月26日現在
2012 AL Central 162 88 74 1st of 5 Lost WS (4-0)
2011 AL Central 162 95 67 1st of 5 Lost ALCS (4-2)
2010 AL Central 162 81 81 3rd of 5  
2009 AL Central 163 86 77 2nd of 5  
2008 AL Central 162 74 88 5th of 5  
2007 AL Central 162 88 74 2nd of 5  
2006 AL Central 162 95 67 2nd of 5 Lost WS (4-1)
2005 AL Central 162 71 91 4th of 5  
2004 AL Central 162 72 90 4th of 5  
2003 AL Central 162 43 119 5th of 5  
2002 AL Central 161 55 106 5th of 5  
2001 AL Central 162 66 96 4th of 5  
2000 AL Central 162 79 83 3rd of 5  
1999 AL Central 161 69 92 3rd of 5  
1998 AL Central 162 65 97 5th of 5  
1997 AL East 162 79 83 3rd of 5  
1996 AL East 162 53 109 5th of 5  
1995 AL East 144 60 84 4th of 5  
1994 AL East 115 53 62 5th of 5  
1993 AL East 162 85 77 3rd of 7  
1992 AL East 162 75 87 6th of 7  
1991 AL East 162 84 78 2nd of 7  
1990 AL East 162 79 83 3rd of 7  
1989 AL East 162 59 103 7th of 7  
1988 AL East 162 88 74 2nd of 7  
1987 AL East 162 98 64 1st of 7 Lost ALCS (4-1)
1986 AL East 162 87 75 3rd of 7  
1985 AL East 161 84 77 3rd of 7  
1984 AL East 162 104 58 1st of 7 Won WS (4-1)
1983 AL East 162 92 70 2nd of 7  
1982 AL East 162 83 79 4th of 7  
1981 AL East 109 60 49 3rd of 7  
1980 AL East 163 84 78 4th of 7  
1979 AL East 161 85 76 5th of 7  
1978 AL East 162 86 76 5th of 7  
1977 AL East 162 74 88 4th of 7  
1976 AL East 161 74 87 5th of 6  
1975 AL East 159 57 102 6th of 6  
1974 AL East 162 72 90 6th of 6  
1973 AL East 162 85 77 3rd of 6  
1972 AL East 156 86 70 1st of 6 Lost ALCS (3-2)
1971 AL East 162 91 71 2nd of 6  
1970 AL East 162 79 83 4th of 6  
1969 AL East 162 90 72 2nd of 6  
1968 AL 164 103 59 1st of 10 Won WS (4-3)
1967 AL 163 91 71 2nd of 10  
1966 AL 162 88 74 3rd of 10  
1965 AL 162 89 73 4th of 10  
1964 AL 163 85 77 4th of 10  
1963 AL 162 79 83 5th of 10  
1962 AL 161 85 76 4th of 10  
1961 AL 163 101 61 2nd of 10  
1960 AL 154 71 83 6th of 8  
1959 AL 154 76 78 4th of 8  
1958 AL 154 77 77 5th of 8  
1957 AL 154 78 76 4th of 8  
1956 AL 155 82 72 5th of 8  
1955 AL 154 79 75 5th of 8  
1954 AL 155 68 86 5th of 8  
1953 AL 158 60 94 6th of 8  
1952 AL 156 50 104 8th of 8  
1951 AL 154 73 81 5th of 8  
1950 AL 157 95 59 2nd of 8  
1949 AL 155 87 67 4th of 8  
1948 AL 154 78 76 5th of 8  
1947 AL 158 85 69 2nd of 8  
1946 AL 155 92 62 2nd of 8  
1945 AL 155 88 65 1st of 8 Won WS (4-3)
1944 AL 156 88 66 2nd of 8  
1943 AL 155 78 76 5th of 8  
1942 AL 156 73 81 5th of 8  
1941 AL 155 75 79 4th of 8  
1940 AL 155 90 64 1st of 8 Lost WS (4-3)
1939 AL 155 81 73 5th of 8  
1938 AL 155 84 70 4th of 8  
1937 AL 155 89 65 2nd of 8  
1936 AL 154 83 71 2nd of 8  
1935 AL 152 93 58 1st of 8 Won WS (4-2)
1934 AL 154 101 53 1st of 8 Lost WS (4-3)
1933 AL 155 75 79 5th of 8  
1932 AL 153 76 75 5th of 8  
1931 AL 154 61 93 7th of 8  
1930 AL 154 75 79 5th of 8  
1929 AL 155 70 84 6th of 8  
1928 AL 154 68 86 6th of 8  
1927 AL 156 82 71 4th of 8  
1926 AL 157 79 75 6th of 8  
1925 AL 156 81 73 4th of 8  
1924 AL 156 86 68 3rd of 8  
1923 AL 155 83 71 2nd of 8  
1922 AL 155 79 75 3rd of 8  
1921 AL 154 71 82 6th of 8  
1920 AL 155 61 93 7th of 8  
1919 AL 140 80 60 4th of 8  
1918 AL 128 55 71 7th of 8  
1917 AL 154 78 75 4th of 8  
1916 AL 155 87 67 3rd of 8  
1915 AL 156 100 54 2nd of 8  
1914 AL 157 80 73 4th of 8  
1913 AL 153 66 87 6th of 8  
1912 AL 154 69 84 6th of 8  
1911 AL 154 89 65 2nd of 8  
1910 AL 155 86 68 3rd of 8  
1909 AL 158 98 54 1st of 8 Lost WS (4-3)
1908 AL 154 90 63 1st of 8 Lost WS (4-1)
1907 AL 153 92 58 1st of 8 Lost WS (4-0)
1906 AL 151 71 78 6th of 8  
1905 AL 154 79 74 3rd of 8  
1904 AL 162 62 90 7th of 8  
1903 AL 137 65 71 5th of 8  
1902 AL 137 52 83 7th of 8  
1901 AL 136 74 61 3rd of 8  
デトロイト・タイガースのシーズン毎の順位 ※2013年は9/26現在の数字
 
 
 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

こんばんは(^^)

 

MLBのレギュラーシーズンも残すところあとわずかです!現地9月29日で終了です。

 

ひょっとしたら、NLセントラルで1ゲームマッチアップのタイブレーカーの試合が行われるかもしれませんが、どうやらカージナルスがこのまま逃げ切る雰囲気になってきました。

 

現地2013年9月24日のナショナルズ戦で若手のマイケル・ワカがあと1人でノーヒッターというナイスピッチングを披露。

 

球速がある上に動きますからナショナルズ打線はお手上でした。4番のハーパーも1三振。

 

 

そのワカのピッチングです↓

真上から投げ下ろしてきますよ!

 

【動画】Wacha takes no-no into eighth(現地2013年9月24日)

 

ワカは、9回2アウトまでNO-NO。ジマーマンの打球も打ちとってはいたのですが、名手ピート・コズマのベアハンド・プレーも及ばず惜しくもヒットを許してしまいました。

 

最後は剛球のローゼンタールに任せましたが、ワカは8回2/3を被安打1、四死球2、奪三振9と素晴らしい内容でした。

 

この日はキャリア最多の112球を投げ、4勝目。ファストボールのマックスが97.73マイル(157.28キロ)も出ました!

 

ラッキーボーイ的存在まで出現したカージナルス。このままのいい流れでシーズンを優勝で終わりそうです。

 

 

筆者としてはパイレーツに期待していたのですが、ちょっと厳しいかもしれませんね。

 

 

NLセントラルは1位のカージナルス、2位のパイレーツ、3位のレッズがポストシーズン進出を決めました。本当に白熱したすごい地区ですね(^^)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

こんにちは(^^)

 

現地2013年9月22日、新たに2つの地区で優勝が決まりました。

 

2013 AL W and NL E

 

 

 

  • ア・リーグ西地区: オークランド・アスレチックス

※すごい!2年連続です。

 

  • ナ・リーグ東地区:アトランタ・ブレーブス

 

そして、優勝ではありませんが、ナ・リーグ中地区:セントルイス・カージナルスが、プレーオフ進出を決定付けました。

 

 

■アスレチックス、2年連続の地区優勝

 

アスレチックスは本当に強いチームですね!

 

新セイバー・メトリクスが効いているようです。そして現場を預かるメルビン監督の手腕も素晴らしいですね!

 

月別の成績をご覧ください

 

  • April:16勝12敗
  • May:16勝12敗
  • June:16勝11敗
  • July:15勝10敗
  • August:14勝13敗
  • September:15勝5敗

(現地2013年9月22日現在)

 

 

この安定感たるや、何なのでしょうか!?

飛び抜けたスーパースターがいないにもかかわらずです。まさに首位にふさわしいチームですね。

 

 

投手陣では、17勝のバートロ・コロンを筆頭に、14勝のAJ・グリフィン、12勝のJ・パーカー、11勝の左腕T・ミローン、10勝のD・ストレイリーと、5人とも二桁勝利。

 

イニング数は、AJ・グリフィンの195.0イニングを筆頭に、D・ストレイリーの145.2イニングまで、5人ともにシーズン終了までに150イニングを超えそうです。

 

とにかく、先発がゲームを作っていますね!おそらくコース指示や配球などで新セイバー・メトリクスが生かされているのではないかと思います。

 

ブルペンもいいです。クローザーのバルフォアが38セーブと、これまたシーズン終了までに40セーブを超えそうないい数字です。またバルフォア以外にゲームの最後を締めくくった投手が9人もいるというのがクローザーの負担を和らげていますね。

 

打線はB・モス、J・ドナルドソン、Y・セスペデス、C・クリスプの4人がHR20本超えを果たしています。安打数では、守備の人、ジェド・ロウリーがチーム2位の安打数166安打を放っています。ココ・クリスプが戦列を離れていた間のロウリーの適時打も大きかったですね。

 

アスレチックスは、バランスの良さ、これで2年連続の地区優勝です。スゴイ!

 

現地2013年9月22日は、2位レンジャーズがロイヤルズにサヨナラ負け。この時点でアスレチックスの優勝が決まりました。

 

【動画】The A's clinch back-to-back AL West titles

 

 

 

■ブレーブス、再び黄金時代に突入か!?

 

 

ナ・リーグ東地区のアトランタ・ブレーブスは、現地2013年9月22日、2位ナショナルズがマーリンズとのダブルヘッダーの1試合目を2-4で落とした時点で優勝が決定!

 

ブレーブスは、2005年以来17度目の地区優勝を果たしました!(17度とはスゴイですね)

2012シーズンはワイルドカードでのポストシーズン進出を果たしましたので、ポストシーズンへは2年連続の出場となります。

 

ブレーブスの2013シーズンはアップトン兄弟の加入という「反則でないの!?」という大型補強が話題になりました。J・ヘイワードを入れると、鉄壁過ぎる外野陣ですね。

 

それにクローザーのキンブレルが絶対的ですから、先発が力を発揮するかどうかという点がポイントでした。

 

C・メドレンの14勝を筆頭に、M・マイナーの13勝、若手のJ・テヘランの12勝、P・マホーンの10勝、そして途中離脱したT・ハドソンの8勝と非常に安定しておりました。T・ハドソンのケガは痛かったですが、その分、J・テヘランが頑張りましたね!まだシーズンは終わっていないので、一人1勝ずつ積むかもしれませんね。

 

ブレーブスの2013月別成績です。

 

  • April:17勝9敗
  • May:15勝13敗
  • June:16勝12敗
  • July:15勝11敗
  • August:20勝7敗
  • September:8勝11敗

現地2013年9月22日時点

 

 

4月は一体何勝するのかと思いましたが、わりと普通の成績にとどまりましたが、8月のスパートは凄かったですね。

 

ナ・リーグ東地区はフィリーズの時代からブレーブスとナショナルズとの凌ぎ合いの時代へと突入しました。この勢いでブレーブスが再び黄金時代を築くのでしょうか!?

 

 

【動画】The Braves clinch the NL East(現地2013年9月22日)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6アマゾン・スニーカーストアが面白い(^^)

シャンパンファイトの時のTシャツ

 

 

こんにちは(^^)

 

現地2013年9月20日、ボストン・レッドソックスがアメリカン・リーグ東地区のタイトルを獲りました!

 

Congratulations!

 

毎年注目されるAL東地区ですが、2013年はとりわけ各チームの戦力が充実し、レッドソックスは非常に厳しい戦いを強いられました。

 

シーズン前、筆者の予想としては2012シーズンを面白くしてくれたオリオールズが、クリス・デービスの大躍進、マニー・マチャードの成長などで久々にタイトルを獲るのではないかと思っていましたが、各チームともオフの補強が凄かったです!!

 

特にマーリンズとのブロックバスター・トレードでホセ・レイエス、マイク・バーリーなどスーパースターを獲得したブルージェイズは今年こそ最下位から脱出!と言わんばかりに力を入れました。

 

ヤンキースは毎年の充実ぶり、そして試合巧者のレイズはBJアップトンがいなくなったものの、WBCでも活躍したクローザーのロドニー、そしてオフに長期契約をしたE・ロンゴリアなど投打のバランスがよかったです。

 

そんな中、シーズン前は、メジャーの監督経験が初めてというファレル監督のもと、レッドソックスに対する評価はかなり未知数に溢れていたと思います。

 

ただ、レッドソックスは補強に成功!

 

やはり上原投手をレンジャーズから早々に獲得出来たのは大きかったと思います。同じくレンジャーズからはマイク・ナポリも獲得し、夏場の好成績に大きく貢献しました。S・ビクトリーノ、R・デンプスター、マイク・カープなども活躍しました。途中で離脱したものの、パイレーツからハンラハンを獲得したのも前半戦の安定力につながったと思います。

 

ヤンキースはグランダーソンの骨折、ジーターの回復の遅れなどキープレーヤーのケガが響き、爆発力に欠けました。

 

何より、2013年のレッドソックスにとって重要な出来事がありました。現地4月15日のボストン・マラソン・テロ事件です。

 

【関連記事】

【テロ】レッドソックスのゲーム終了後のことでした

2013.04.16

 

このショッキングな事件のあと、レッドソックスは普段以上に地元愛を発揮し、成績もそれに応えるかのように首位を独走。

 

地域ぐるみで1つになっているような一体感を感じました。

 

ボストンを癒やすようにヤンキースタジアムでも、「スイート・キャロライン」が流れたことは、とても印象的な出来事だったと思います。

 

 

Sweet Caroline at Yankee Stadium APR/16/13

 

 

本来のフェンウェイ・パークでのスイート・キャロラインの模様です↓。

 

※4/20のニール・ダイアモンド登場のイベントでは、準備が不十分だったせいか、カラオケになっておらず少し残念だったので、コチラを付けました^^; とてもよく盛り上がっていますよ!

 

 

Sweet Caroline at Fenway 8th inning

 

 

そして安定した先発、ブルペンの投手陣に加えて、ペドロイアがチームリーダーとして大いに力を発揮してくれたことは非常に嬉しかったです。

 



【動画】上原投手が胴上げ投手に!(現地2013年9月20日)

 

 

レッドソックスの地区優勝は2007年以来で今回で7度目。ポストシーズンへの進出は、2009年のワイルドカードでの進出以来となります。

 

 

レッドソックスのポストシーズン、非常に楽しみです!

 

 

シーズンをコンパクトにまとめた素晴らしい動画がありました。

これは必見です!

 



【動画】How They Got There: Red Sox(2013年9月21日)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

こんばんは(^^)

 

現地2013年9月20日、ロサンゼルス・ドジャースがナ・リーグ西地区のタイトルを獲りました!

 

Congratulations!!

 

2012年3月にマジック・ジョンソンが名を連ねるグッゲンハイム・ベースボール・マネジメントがドジャースを買収して以来初めての優勝です。

 

【関連記事】

マジック・ジョンソンがドジャースを買収 2012.3.26

 

 

資金に糸目をつけない金持ち球団になったドジャースは、ヘインリー・ラミレス、エイドリアン・ゴンザレス、ザック・グレインキなどスーパースターの獲得に奔走。

 

しかし2012年は1年目で振るわず、2013年の開幕当初も大型選手を補強したチームにありがちな、「機能不全」の状態に陥っておりました。

 

ドジャースは7月1日時点でナ・リーグ西地区の最下位!

NLwest 2013 july 1

2013年7月1日時点のスタンディング(NL・ウェスト)

 

 

首位のDバックスとは勝利数で大きな差はなかったものの、カーショウ、ザックという左右の一流投手を抱えてこの成績でした。

大いに期待されたザックも開幕早々に乱闘騒ぎで鎖骨を骨折し5月半ばまで戦列を離れたことも大きかったですね。

 

【関連記事】

ザック・グレインキ、左鎖骨を骨折で戦線離脱必至 2013.04.12

 

時系列が前後しますが、首位とのゲーム差は最大で9.5ゲーム差まで離されていました。(6月21日時点)

 

4月は13勝13敗、5月は最悪の10勝17敗と大きく負け越していたわけですが、どん底にあったチームに6月初めから変化が起きました。

 

そうです。ヤジエル・プイーグの登場です!

 

【関連記事 】

キューバから亡命のファイブ・ツール・プレーヤー、ヤジエル・プイーグがメジャー・デビュー!!

2013.06.05

 

プイーグ一人のハツラツ・プレーでチームの雰囲気が一変!

 

LAが熱狂しました。

プイーグの登場時の活躍は皆様の記憶に刻まれていることと思います。

 

【関連記事】

新スター!ヤジエル・プイーグが2HRで連夜の活躍!

2013.06.06

 

プイーグの登場前には、WBC2013で利き手の親指を負傷していたヘインリー・ラミレスが復帰。また、7月には前年にレッドソックスから移籍していたカール・クロフォードが長期の離脱から復帰するなど前半戦を終了する時点で戦力が整ったことも大きな飛躍の要素となりました。

 

そして夏に大爆発(^^)

 

7月は19勝6敗、8月に至っては23勝6敗とこの2ヶ月で勝率が7割5分を上回るという圧倒的な強さで一気に首位を奪いました。

 

トレードデッドライン前にマーリンズからリッキー・ノラスコを獲得し、右のローテーションを1枚増やせたのも良かったですよね(^^)

 

9月は2013年9月20日時点で8勝11敗とやや反動が来ておりますが、19日のDバックス戦でついにNLウェストのタイトルをゲットしました。

 

【動画】The Dodgers clinch their first NL West title(2013年9月19日)

 

 

 

ドジャースの地区優勝は2009年以来12度目。ポストシーズン進出もそれ以来となります。この時はNLCSまで進みましたが、フィリーズの黄金時代であったため、1勝4敗で敗退しました。(WSはNYYが優勝。松井秀喜選手がMVPに輝いた年。)

 

 

ポストシーズンでドジャー・ブルーが躍動するでしょうか!?

楽しみです。

 

【動画】A whole new October(2013)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

こんにちは(^^)

 

6月中の復帰か!?と思われていた和田毅投手(Tsuyoshi Wada)ですが、現地2013年9月15日現在、ポストシーズン出場資格である40人枠には入っております。

 

従いまして、仮にオリオールズがポストシーズンに出場することになったとして、今のところは和田投手も出場資格だけはキープ出来ているという状態です。

 

名将バック・ショーウォルター監督ですから、ポストシーズンの秘密兵器として和田投手の起用を考えているかもしれません。

和田投手の登板に関するレポートも詳しく打ているようです。

 

 

↓の表は、2013年9月16日現在の和田投手のマイナーでの成績です。クラスはAAA、ノーフォーク・タイド。

 

Year W L ERA G IP ER BB SO HBP WHIP
2013 5 6 4.03 19 102.2 46 35 80 4 1.432
 

 

マイナーでは既に19試合に登板しており、5勝6敗、4.03ERAという内容です。 イニング102.2に対して80SOですから、従来のような奪三振率ではないですが、順調に経験を積んでいるとは言えると思います。

 

トミー・ジョン手術以来、少しコントロールに狂いが生じているようで、現地12日のゲームでは5四球と荒れてしまいました。

 

いずれにせよ、2013年中に1度マウンドに上がる機会があるかもしれませんが、それはオリオールズがワイルドカード進出の機会がなくなったときかもしれませんね。

 

和田投手、今シーズンの登板があるでしょうか!?肘の方は順調のようです。

 

下の動画は、2013年8月18日に行われた、インディアンス3Aのコロンバス・クリッパーズ(Columbus Clippers)戦の動画です。

 

 

Tsuyoshi Wada Warming Up Against the Columbus Clippers

 

 

和田投手、頑張って欲しいですね!

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6オススメです。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

こんにちは(^^)

 

レンジャーズがポストシーズン進出に黄色信号です。

 

9月9日のパイレーツ戦から9月15日の首位攻防、アスレチックス戦まで6連敗(-_-;) 14日にはダルビッシュ投手が1失点の好投を見せましたが、打線がコロンを攻めきれず、0-1の惜敗。

 

15日のゲームではマーチン・ペレス(Perez, M)が結果的には好投しましたが、初回に2点を許し、レンジャーズ打線はそれを跳ね返す力がありませんでした。

 

リオスも補強し、万全の体勢かと思われたのですが、打線がつながりません。この日も10安打を打ちながら1得点。

 

 

piejynski 16sep2013

タイムリーを放ったピアジェンスキー(現地2013年9月15日)

 

 

 

 

チーム内に不協和音が流れなければいいのですが、、、

 

 

 

↓リキャップです。キンズラーとアンドラスの素晴らしいダブルプレーはだけは見ものです!

 

 

【動画】Recap: OAK 5, TEX 1(現地2013年9月15日)

 

 

 

【編集後記】

 

台風が凄かったですね。これから進路に当たる地域の方々は本当にお気をつけください。今、京都によく出没する私は、被害が心配で伏見に行って参りましたが、京阪電鉄・中書島駅のホーム下を通るトンネルはご覧の通り。

 

※中書島駅は、坂本龍馬の「寺田屋」があるところで有名です。その駅前がこれでした↓。

 

DVC00138

 

これ、川ではなくトンネルです。普段は車が通っています。伏見区は川が氾濫せずになんとか持ちこたえましたが、それでも浸水している家屋が目に入りました。ニュースでは嵐山がすごいことになっていましたね。

 

みなさん、お気をつけを。

神戸は大丈夫でした。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6オススメです。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

Guerrero 2007 ball catch

ゲーム前に大遠投のW/UPをするゲレーロ(手前)(2007年著者撮影)

 

 

 

こんにちは(^^)

 

今日は台風で近畿地方も大雨です。神戸は昼過ぎから雨足が強くなり、いま夕方の5時過ぎですがよく降っています。台風の進路の地域の方々はご注意ください。

 

さて、

 

残念なニュースが入ってきました。

 

一時代を築いた5ツールプレーヤー、ドミニカ共和国出身の

ブラディミール・ゲレーロ(Vladimir Guerreroが、サントドミンゴのFMラジオで、2013シーズンで現役を引退することを表明しました。

 

ゲレーロは2011年のオリオールズでのプレーを最後にFAとなっていましたが、2度の右膝手術の影響により、まだ38才ながらベストなプレーが出来ないということで、現役引退を決意した模様です。

 

MLBで16シーズンを過ごし、通算HRが449本、通算盗塁数が181、通算打率も3割超、守備での肩の強さはファンの皆様ならご存知の通りです。文字通り、5ツールプレーヤーでしたね。

 

まずは、エキスポス時代の強肩ぶりを。ピッチャーは吉井さんです。

 

Guerrero's cannon to home(2001/07/07)

 

 

↓シーズン別通算成績です。

 

 

Year Age Tm G R H HR RBI SB BA OBP SLG OPS
1996 21 MON 9 2 5 1 1 0 .185 .185 .296 .481
1997 22 MON 90 44 98 11 40 3 .302 .350 .483 .833
1998 23 MON 159 108 202 38 109 11 .324 .371 .589 .960
1999 24 MON 160 102 193 42 131 14 .316 .378 .600 .978
2000 25 MON 154 101 197 44 123 9 .345 .410 .664 1.074
2001 26 MON 159 107 184 34 108 37 .307 .377 .566 .943
2002 27 MON 161 106 206 39 111 40 .336 .417 .593 1.010
2003 28 MON 112 71 130 25 79 9 .330 .426 .586 1.012
2004 29 ANA 156 124 206 39 126 15 .337 .391 .598 .989
2005 30 LAA 141 95 165 32 108 13 .317 .394 .565 .959
2006 31 LAA 156 92 200 33 116 15 .329 .382 .552 .934
2007 32 LAA 150 89 186 27 125 2 .324 .403 .547 .950
2008 33 LAA 143 85 164 27 91 5 .303 .365 .521 .886
2009 34 LAA 100 59 113 15 50 2 .295 .334 .460 .794
2010 35 TEX 152 83 178 29 115 4 .300 .345 .496 .841
2011 36 BAL 145 60 163 13 63 2 .290 .317 .416 .733
16 Yrs 2147 1328 2590 449 1496 181 .318 .379 .553 .931
162 Game Avg. 162 100 195 34 113 14 .318 .379 .553 .931
MON (8 yrs) 1004 641 1215 234 702 123 .323 .390 .588 .978
LAA (6 yrs) 846 544 1034 173 616 52 .319 .381 .546 .927
TEX (1 yr) 152 83 178 29 115 4 .300 .345 .496 .841
BAL (1 yr) 145 60 163 13 63 2 .290 .317 .416 .733
ゲレーロの通算成績 ※MON=モントリオール・エキスポス
 
 
2002年には206安打、HR39本、打率.336、OPSが驚異の1.010。
9度のオールスター出場、8度のシルバースラッガー賞受賞、そしてエンゼルス時代の2004年にはMVPにも輝きました。ゲレーロだけで集客が出来るというすごい選手でした。


ラジオの中で、ゲレーロは

「唯一の心残りは、500号HRを打てなかったこと」


と話しています。十分に可能性のある選手だっただけに、ファンとしても残念です。


カットボールやツーシームなど速い速度で動く変化球が主流の時代に、ゲレーロは常に素手でバットを握っていたことが印象的でした。春先の東海岸でのゲームやポストシーズンのナイターでは相当シビレたと思います^^;



豪快なゲレーロがもう見られなくなるのはとても残念です。
 
 

Vladimir Guerrero tribute

 
 
 
 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

e6オススメです。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...