HOME   »  2013年06月
RSSフィード

Rondon 100mph Jun. 29

100 mphを連発!!(8球!)(2013年6月29日)

 

 

 

こんにちは(^^)

 

しっかりとした先発ローテーションと、いい仕事をする中継ぎ陣、さらに他チームが羨む強力打線を持ち、そして守備にも抜け目なし。これはデトロイト・タイガースのことです(^^)

 

基本的に2012年と変わらない戦力を保持しています。トリイ・ハンターが入ったことで、外野守備にさらに厚みが増したのは言うまでもありません。

 

当ブログで何度か指摘させていただいていることですが、そんなデトロイト・タイガースの唯一、しかもかなり大きな穴はどこかと言えば、クローザーです。

 

2012年もそうでしたね。

 

ホセ・バルバーディ(Valverde)がシーズン後半に崩れたことで、試合運びに不安を感じたタイガースは、ワールドシリーズでもその実力を発揮することなく、0勝4敗でジャイアンツに敗れました。

 

タイガースはシーズン・オフにバルバーディと契約を結ばず、若手を起用するプランを持っていました。

 

ところがその若手がスプリング・トレーニングで力を発揮できずにマイナー送りに。クローザー不在のままシーズンを迎えました。

 

開幕して1月が経とうとした頃、「後ろ」に不安を残したままでは戦いにくいということで、タイガースはFAで残っていたバルバーディと4月後半に再契約。そのバルバーディは復帰当初、チームに大きな安心感をもたらします。

 

しかし、6月に入ってバルバーディの失点の多さが目立ちはじめ、バーランダーの勝ち星を消すなど2012年後半と同じ様相を呈し始めました。

 

早急に手を打つべく、タイガースGMのデーブ・ドンブロウスキーは6月27日付けでバルバーディをマイナーへ降格させました。タイガースはあえてクローザーを作らずに、中継ぎのスタッフに9回を任せるという方法を選択します。 その中でベノイト(Joaquin Benoit)が9回を任されることとなりました。

 

23日のレッドソックス戦から9回を任されているベノイトは、現状ではキチンとした成果を出しています。 しかし、ベノイトの適所はあくまでセットアップ。しっかりとしたクローザーを作りたいというのがタイガースの悲願でもあります。

 

 

 

■ブルース・ロンドンのテスト

 

 

そういった流れの中(前置きが長くなってしまった!)、シーズン前に期待され、スプリング・トレーニングでマイナーに送られた若手・剛球投手のブルース・ロンドン(Rondon, Bが、現地2013年6月29日のレイズ戦で10回のマウンドに登板。

 

状況は3-3の同点でイニングの頭からの登板です。

 

ロンドンは今シーズン4度目の登板です。4月末のテストでは一度失敗しています。3試合2.1イニングを投げ、被安打5、失点3、ERA 11.57。

 

バルバーディも不在となった今、真のクローザーにするべくマウンドに立たせましたが、結果は打者5人に対し、被安打3、失点1でサヨナラ負けを喫してしまいました。

 

 

【動画】ロンドンがサヨナラヒットを打たれたシーン(2013年6月29日)

 

 

 

何かこう、怖さがないというか、打たれるべくして打たれたような投球でした。2アウトまでとっていただけになんとか抑えてもたいたかったですね。 今日は結果が出ませんでしたが、やはりこの剛球は魅力です。

 

 

 

■ゲーム

 

ゲームの方がバーランダーVerlander)がいいボールを投げていたのですが、僅差のリードを守ることができずに8回に3-3追いつかれてしまいました。

 

 

9回表からマウンドに上がったレイズのクローザー、フェルナンド・ロドニーRodney)は、10回表にもマウンドに上がり、先頭のミギーCabrera, M)にブラッシュボールを投げて、ミギーがエキサイトする場面も!

 

 

↓リキャップです

 

e6【動画】Recap: DET 3, TB 4 - F/10(2013年6月29日)

 

 

タイガース、今週半ばにエンゼルスにスイープされたのが響き、ここ5試合で1勝4敗とちょっと負けが続いています。

 

そのスキにインディアンスが43勝に到達。勝ち星では並んでしまいました。ただ勝率で辛うじて首位に立っています。

 

 

 

Standing AL central Jun. 29

Standing(2013年6月29日現在)

 

 

【関連記事】

e6タイガース、結局バルバーディと1年契約。当初抑え候補のブルース・ロンドンもメジャー昇格!! 2013.04.24

 

e6マックス・シャーザーが好投するも、タイガースがまさかの大逆転負け!2012年の課題再び! 2013.06.02

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6 お得なAmazon夏のタイムセール!

スポンサーサイト

G Cole 100mph Jun. 28

ゲリット・コールの100mph!(2013年6月28日)

 

 

 

こんばんは(^^)

 

現地2013年6月28日、PNCパークで行われたパイレーツ VS ブルワーズのゲームではパイレーツの豪腕ルーキー、ゲリット・コールCole)が先発!

 

青木選手との対戦も楽しみなゲームでした。

 

しかし、G・コールVSブルワーズ打線という戦前に予想していた図式とは裏腹に、ゲームは意外な展開を見せました。

 

■初回は別人だったゲリット・コール 

 

過去3度の登板でバツグンの安定感を見せていたゲリット・コールですが、この日はいつもの立ち上がりとは異なり、初回にいきなり3点を失います。

 

今日のゲリット・コールには、力(りき)みでもあったのでしょうか?

 

過去3試合で与四死球がたったの2個とバツグンの制球力を誇り、自身が投げる剛球に酔いしれることがなかったゲリット・コール。三振よりもゲームメイクを優先するスタイルにむしろ凄みを感じていたのですが、この日は別人のような立ち上がりを見せます。

 

【ブルワーズ1回表の攻撃】

  • 1番 青木選手:ストレートの四球
  • 2番 セグラ: ライト前シングル→ノーアウト1・2塁
  • 3番 カルロス・ゴメス: ストレートの四球→ノーアウト満塁
  • 4番 アラミス・ラミレス: 2ストライクと追い込みながらも押し出し死球→1点、再びノーアウト満塁に。
  • 5番 J・ルクロイ:4-6-3のダブル・プレーの間に2点目→2アウト3塁に
  • 6番 J・フランシスコ: レフト前シングルで3点目→2アウト1塁に。
  • 7番 リッキー・ウィークス:レフト前シングル→2アウト1・2塁に
  • 8番 ローガン・シェーファー:レフト・フライで3アウト

 

ご覧の通り、ストライクが全く入らずという立ち上がりで、初回でマウンドを降りそうなくらいに状態が悪かったです。ちょっと色気がでたのでしょうか??

 

2回表は少し落ち着きを取り戻したようで、青木選手にはライト前シングルを打たれたものの、後続を打ちとり無失点に。

 

その後も6回にちょっとしたピンチがあったものの、試合内でうまく切り替えて、ゲームをつくりました。

 

今日のゲリット・コールは、6回・94球を投げきり、被安打8、失点3、与四死球4、奪三振3という内容でした。

 

22才と若いので、ちょっと力に頼りたくなったのかもしれませんね。 ただ、力勝負に出ただけのことはあって4回に100マイルを記録しました!!

 

いいところ編集です(^^)

e6【動画】Cole's quality start2013年6月28日)

 

 

 

■ヘルウェグのメジャー・デビュー戦

 

ブルワーズの先発は、この日がメジャーデビュー戦となったジョニー・ヘルウェグ(Hellweg)。身長205センチの24才の右腕です。ファストボールに伸びがあり、この日のMaxは98マイルを計測しました。 背が高いので軽く投げている印象ですが、球筋に伸びがありました。

 

4シーム、2シーム、チェンジアップ、カーブ、カットボールが持ち球です。

 

そのヘルウェグのデビュー戦は、2回途中52球、被安打6、失点7、自責点5、四球2、奪三振1という、数字だけを見ると力不足に見えてしまう内容に。自責点が5もついていますから、確かにそのように見えますが、、、、しかし、違うんです。

 

 

2回に、ウソのような地獄が待っていたのです。

  

その地獄とは・・・

 

 

■どうした!?SS・セグラ

 

ハッキリ言って、ヘルウェグにとって気の毒過ぎるデビュー戦でした。2回の地獄とは、ショート・セグラ(Segura)の3つのエラー!

 

しかもそのエラーの内容が悪すぎるのです。

 

MLB.comでは悪いプレーは個別の動画として残さないので、ぜひリキャップの動画で確認してください。

 

これは投手のリズムを完全にくずしてしまいました。

 

普段、簡単にさばいているように見えるショートゴロでも、実は相当練習を積まいないと、そうもいかないものです。だからちょっとしたことで、今日のセグラのようになってしまうかもしれません。

 

しかし、ここのところいいプレーも多かったセグラが、どうしたんだろうというくらい、バウンドを合わせられませんでした。ちょっと原因がわからないです。

 

ですので、パイレーツの2回の7点は、「ごっつぁん」の要素が多分にあった7点でした。

 

 

 

■パイレーツは若手が台頭!

 

今日はパイレーツが10-3でブルワーズを下し、7連勝を記録したのですが、あらためてメンバーを見ると、知らない選手が結構多かったです(^_^;)

 

 

Pirates Jun. 28

2013年6月28日のパイレーツのメンバー

 

 

ラッセル・マーティン、マッカッチェン、アルバレス、ニール・ウォーカーは有名なので知っていたのですが、名前と活躍のシーンが思い浮かばない選手も何名かいました(^_^;)

 

この日、大活躍した1番レフトのマルテは2012年から出てきた選手で、4番のギャレット・ジョーンズは32才でメジャー6年で93本のHRを打っている選手、そしてショートのマーサーも2012年から出てきた選手・・・彼らの名前と活躍がすぐには浮かんで来なかったです。

 

勉強不足ですね。いい選手ばかりです。

 

マッカッチェンのような有名な超一流選手に加えて、若手選手が台頭しているのが今回のパイレーツ躍進の原動力となっているようですね。

 

 

そしてゲリット・コールも今回の躍進に大きく貢献していますね。ゲリット・コールはデビュー戦以来4戦4勝です。

 

 

e6【動画】Recap: MIL 3, PIT 102013年6月28日)

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6 お得なAmazon夏のタイムセール!



こんにちは(^^)

 

昨日はMLB好きの知り合いと色々話しこみまして、結果、アップトン兄弟を獲得したブレーブスは反則という結論に達しました(^^)

 

 

さて、

 

現地2013年6月28日のフライデーナイトゲームのタイガース VS レイズ でマックス・シャーザーScherzer)が登板!期待通りの投球を披露し、開幕12連勝を達成しました!!

 

前回登板時の記事に書かせていただいた通り、開幕12連勝を成し遂げたことで、

 

  • タイガースのクラブ・レコードの樹立
  • 1986年のレッドソックスのクレメンス以来の開幕12連勝(クレメンスはこの年14連勝まで記録)

 

という偉業を達成したことになります。

 

 

当のマックス・シャーザーは20代前半でケガが多かったせいか、とても謙虚な視点のコメントを出しています。

 

"I'm pitching well, but the reason why I'm 12-0 is our offense,"

 

(いい調子で投げられている。だけど、12勝0敗という成績は、オフェンスのおかげです)

 

 

そして次の登板も記録にフォーカスするより、自分のピッチングを心がけてチームの勝利に貢献したいと思っているようです。こういう投手は打線も応援したくなりますよね。

 

今日のシャーザーの投球です↓

 

【動画】Scherzer's 12th win(2013-06-28)

 

 

今日もカッコいい投げ方をしていますね!(筆者はシャーザーのフォームが大好きです。) 4シームを投げる時にフィニッシュで力を入れるところがなんとも力強くカッコいいです。

 

今日のシャーザーは、7回・109球を投げ、被安打4、失点3、奪三振9、被本塁打2という内容でした。

 

タイガースはシャーザーの後に、アルバカーキ→スマイリー→ベノイトと繋いでいます。ベノイトは5セーブ目を上げ、クローザーとしていい調子です。

 

 

■奪三振に関する記録も継続中!

 

 

記録に関心のないシャーザーですが、実は奪三振に関して継続している記録があります。

 

シャーザーの2013シーズンのゲーム・ログで奪三振のミニマムは「6個」なのですが、開幕して16試合に登板し、16戦連続で6奪三振以上を継続中です。

 

記録としてはやや掘り出した感はありますが、しかしシャーザーの奪三振数の多さを物語るには、十分に魅力的は数字です。1度でも序盤でノックアウトされれば潰える記録ですから、ゲームをつくっているという点でも素晴らしい記録です。

 

その開幕以来6奪三振以上を16試合連続で継続しているのは、ア・リーグ史上2番目の記録です。

 

では1番目の記録を持っているのは誰かというと、、、、、

 

レッドソックス時代のペドロ・マルティネス(Pedro Martinez) です。2000年のシーズンでペドロ・マルティネスは開幕以来1試合6奪三振以上を29試合連続で記録しています!

 

 

29試合ということは「1シーズンを通して」ということです。さすがペドロはやることが違いますね! この年のペドロは18勝6敗で、奪三振284!!サイ・ヤング賞を獲得しています。

(リンクe6ペドロ・マルチネスの2000年のゲームログ

 

 

 

■ミゲル・カブレラとプリンスの大きなホームラン

 

シャーザーが感謝しているというタイガース打線ですが、この日もミゲル・カブレラ(Cabrera, M)がいい仕事をしました。

 

今日のミゲル・カブレラは4打数4安打、3打点、3得点、2本塁打。本塁打数を24本とし、28本のクリス・デービスを猛追しています。

 

とても大きな当たりだった、ミギーの2本のHRの動画です↓

 

【動画】Miguel Cabrera hits a two-run home(2013-06-28)





推定飛距離は、1本目が388フィート(118.2メートル)、2本目が432 フィート(131.7メートル)。

 

2球ともど真ん中でしたね(^_^;)

 

さらにミギーよりインパクトのあるホームランを放ったのがプリンス・フィルダー(Fielder)。 トロピカーナ・フィールドの天井の設備の一部に当たりました。推定飛距離412フィート(125.6メートル)。

 

【動画】Prince's moonshot(2013-06-28)

 

 

 

■ウィル・マイヤーズがシャーザーから1発

 

 

敗れたレイズですが、いいニュースもあります。6月18日にデビューしたばかりの22才のウィル・マイヤーズ(Myers)がシャーザーから1発を放ちました。しかもかなりいい1発です。(リキャップの中にそのシーンがあります。)

 

マイヤーズは今季3本目。素手でバットを握っています(^^)

 

 

↓リキャップです。

タイガース2B・インファンテの好プレーも入ってます。

 

 

e6【動画】Recap: DET 6, TB 32013年6月28日)

 

 

 

 

【関連記事】

e6マックス・シャーザーが開幕11連勝を達成!2013.06.23

e6マックス・シャーザー開幕10連勝!! 2013.06.18

e6マックス・シャーザーが8勝目、シーズン100奪三振!  2013.06.07

e6奪三振1位、タイガースのマックス・シャーザーとは?(2012年9月1日現在)2012.09.03

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6 お得なAmazon夏のタイムセール!

燃える照明灯↓(詳細はリキャップ動画の後です)

 

【動画】Lights on fire(2013-06-27)

 

 

■ストラスバーグとパトリック・コービンの投げ合い

 

現地2013年6月27日のナショナルズ VS ダイヤモンドバックスのゲームは、ストラスバーグ(Strasburg)とパトリック・コービン(Corbin)が先発。好投手同士の注目の対戦でした。

 

ゲームは照明灯同様に、白熱した展開に!

 

中盤4回裏、ナショナルズがイアン・デズモンド(Desmond)の2ランホームランで先制。コービンを揺さぶります。

 

しかし、Dバックスも6回表にアーロン・ヒル(Hill, A)が同点となる2ラン・ホームランを放ち、反撃。

 

今日のストラスバーグとパトリック・コービンはそれぞれ1発により失点。二人とも引き締まった好ゲームを演出しました。

 

ストラスバーグは、7回・113球を投げ、被安打6、失点2、与四死球2、奪三振4、被本塁打1。

 

パトリック・コービンは7回・111球を投げ、被安打5、失点2、与四死球2、奪三振6、被本塁打1。

 

両投手とも勝ち負けはつかず。

 

 

白熱した展開は延長11回までもつれることに。

 

 

 

 

■試合巧者のDバックスがとった作戦とは?

 

好プレーも飛び出し一歩も譲らない展開となった好ゲームに決着をつけたのは、日本ではおなじみのあの作戦でした。

 

 

11回表のDバックスの攻撃は、、、、

 

【Dバックス11回表の攻撃の流れ】

  • 先頭のミゲル・モンテロがエンタイトルツーベース(代走にA.J.ポロック)
  • コーディー・ロスが送りバント→1アウト3塁
  • ジェイソン・クーベルが四球→1アウト1・3塁

 

 

という流れでチャンスをつくります。

 

続くバッターはディディ・グレゴリウス(Gregorius)。打席に向かう前のグレゴリウスにDバックス監督のカーク・ギブソンが何やら耳打ち。

 

アウト・カウントが1つで、ランナーが3塁ですから、日本人ならピンとくるあの作戦です。実はメジャーでも案外多いあの作戦。

 

 

グレゴリウスはカウント1&1のあとの3球目に、バットを寝かバントの構えに。そして確実に転がったところを見て3塁ランナーのポロックがスタートし、ホームイン。

 

セイフティー・スクイズが見事に決まりました!ナッツのバッテリーは無警戒でした。

 

さすがにカーク・ギブソン監督。膠着状態のゲームにセイフティースクイズで蹴りをつけるとは!

 

 

↓リキャップです。

 

 

【動画】Recap: ARI 3, WSH 2 F/11(2013年6月27日)

 

 

 

さて、冒頭の照明灯がスパークして燃えてしまった動画についてですが、ホームチームのナショナルズの発表によると、何らかの原因でショートし、炎が上がったとのことですが、詳しい原因はまだ調査中です。設備の人たちがゲーム後に点検を行うとのことです。

 

ゲームは「炎上」している間も続けられましたが、すぐに消火が行われ、念のために近くの数ブロックに座っていたお客さんは安全なところに速やかに避難しています。

 

ちょっと驚きの事態でしたね。大事に至らなくて本当によかった。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

こんばんは(^^)

 

ヤジエル・プイーグ(Puig)がまたしてもやりました!

 

現地2013年6月27日のドジャース VS フィリーズ戦は、先制したドジャースが追いつかれ、終盤に逆転されるというドジャースにとっては非常にまずい展開に。

 

そこまでのモメンタムはフィリーズにあったのですが、その悪い流れを強引にドジャースに引き寄せたのがヤジエル・プイーグでした。

 

 

ゲームのクライマックスの動画です↓

7回2アウト満塁。スコアは4-5でドジャースが1点ビハインドの場面です。

 

 

【動画】Yasiel Puig’s 2 run single(2013-06-27)

 

 

 

 

ご覧のように、初球と2球目のスライダーを空振りしたプイーグ。フィリーズ・バッテリーとすれば、もうあそこしかないというコースでプイーグを追い込みました。

 

 

しかし、3球目のスライダーが前の2球よりほんの少し高くなったところをプイーグが逃しませんでした。本当にわずかに甘くなっただけです。

 

 

プイーグにはストライクから完全にボールになる変化球しか通用しないのでしょうか? 相手投手とすれば厄介にもほどがありますね(^_^;) プイーグの見事な殊勲打でした。

 

ゲームを決めたのはプイーグでしたが、チームを引っ張ったのはマット・ケンプでした。

 

 

 

■4番のマット・ケンプがGJ!

 

今日のマット・ケンプ(Kemp)は4打数2安打、2得点、1打点、2盗塁とファイブ・ツール・プレーヤーぶりを大いに発揮。

 

初回には先制点となる2塁打を放ち、

 

 

e6【動画】Kemp's RBI double(2013年6月27日)

 

 

さらに8回裏には勝利を引き寄せる追加点を演出しました。その8回裏のマット・ケンプですが、先頭打者としてレフト前シングルで出塁。

 

次打者のイーシア(Ethier)の打席でなんと2盗と3盗を決め、ノーアウト3塁、犠牲フライで1点をという状況を作ります。その仕事ぶりはかなりダイナミックです(^^)

 

そしてイーシアが犠牲フライを放ち、ケンプは猛スピードでホームイン! こんな仕事をされれば相手は戦意を喪失しますね(^_^;)

 

 

 

e6【動画】Kemp scores on sacrifice fly(2013年6月27日)

 

マット・ケンプ、チーム・リーダーらしい素晴らしい仕事でした。

 

このゲームのドジャースの先発はグレインキGreinke)だったのですが、今日はピリッとしませんでした。7回・102球を投げ、被安打12、失点4、被本塁打2という結果に。ただ、降板直後に味方が逆転したので、勝利投手となり、今季5勝目(2敗)を上げました。

 

一方のフィリーズは、ドミニク・ブラウン(Brown, D)に今季21号となるホームランが飛び出し、またチェイス・アトリー(Utley)にも一時はゲームを勝ち越すホームランが飛び出したのですが、リリーフのジャスティン・デフラタス(De Fratus)が満塁の状況をつくり、プイーグに決勝打を打たれました。7回でしたので、パペルボンを出すには早すぎました。

 

 

e6【動画】Recap: PHI 4, LAD 6(2013年6月27日)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

こんばんは(^^)

 

なんということでしょう!!

 

現地2013年6月25日にマイナー降格が決まったばかりの川崎選手ですが、なんと、6月27日にメジャーへの再昇格が決定致しました!!!

 

今回、川崎選手が昇格したのは、メルキー・カブレラ(Cabrera, Me)の15日間のDL入りによるものです。

 

 

このメルキー・カブレラの外野の穴を埋めるのは、マーク・デローサ、あるいはエミリオ・ボナファシオです。二人とも内外野の出来るユーティリティです。こういう選手がいるチームは強いですね。

 

 

昇格が決まったものの、川崎選手が即先発出場となるかどうかはわかりません。出場するとなると、レイエスがSSにいるため、3Bか2Bでの出場となりますが、おそらく2Bでの出場となるでしょう。

 

 

2B:カワサキ、SS:レイエス、 3B:マイサー・イズトゥリス、そしてレフトにボナファシオという布陣が予想されます。

 

【補足情報】

降格決定後の川崎選手は、3Aバイソンズで1試合のみ出場しています。

 

【2013年6月27日】

8番セカンド:4打数2安打1得点


バイソンズのスコアのページ

 

【2013年6月26日】

合流の移動のため出場なし

 

 

 

■メルキー・カブレラのケガ

 

 

Melkey Jun. 27

足を引きずりながらホームインしたメルキー・カブレラ

(2013年6月27日)

 

 

 

メルキー・カブレラは、現地2013年6月27日のレッドソックス戦で5番レフトでフル出場し、4打数1安打と活躍していました。

 

しかし、試合終了後、左ヒザの腱炎(けんえん)により急遽DL入りが決定致しました。メルキーはゲーム中ずっと痛みこらえて出場したようです。それにしてもMRIの検査もせずに、即DL入りを決めたというのは、かなり症状が悪いのかもしれません。大きなケガにならなければよいのですが。復帰は7月半ばが見込まれています。

 

 

下の動画↓は、2013年6月27日、フェンウェイ・パークで行われたレッドソックス戦の1シーンです。

 

2塁ランナーのメルキー・カブレラが、マイサー・イズトゥリスのタイムリーヒットでセカンドから生還するシーンなのですが、開始41秒から始まるリプレイで、サード・ベース手前で苦しそうに走るメルキー・カブレラが映っております。かなり痛そうです。

 

 

 

e6【動画】Izturis' two-run double2013年6月27日)

 

 

またホセ・レイエスが自打球を当ててうずくまるというヒヤッとする場面もありました。しかし、アザになっただけで痛みも引いたということで首脳陣もホッとしています。

 

e6【動画】Reyes deflects ball off shin2013年6月27日)

 

 

 

2013年のブルージェイズは、ホセ・レイエスの痛々しいスライディングミスから始まり、とにかく足に関するケガが多いです。

 

5月27日にはブレット・ローリーの痛々しいスライディングがありました。左足首を捻挫しています。

 

日本のプロ野球ならベンチに塩を盛っているところですね。

 

 

ATL@TOR: Lawrie slides awkwardly, leaves with injury(2013年5月27日)

 

 

ブレット・ローリーは6月27日に再度15日間のDL入りとなり、こちらもメルキー・カブレラ同様、7月半ばの復帰を目指して調整しています。 6月26日にはクラスA(シングルAのこと)でのリハビリを始めています。

 

 

 

現地2013年6月27日のゲームでは、王建民が先発しましたが、2回にエラーなどが絡み7点を失ったブルージェイズが4-7で敗れました。リキャップをご参照ください↓。

 

 

レッドソックスのペドロイアがすごい打ち方でホームランを放っています。必見ですよ(^^)。 またペドロイアは、ショートのドリューとの素晴らしいコンビ・プレーでゲッツーを完成しています。そのプレーもなかなかのものです。

 

 

 

e6【動画】Recap: TOR 4, BOS 72013年6月27日)

 

 

【編集後記】
川崎選手のメジャー復帰のニュースは本当に嬉しいニュースです。
ただ、筆者はまさか再昇格になるとは思ってもいませんでした。この時期の降格は通常ならDFA(解雇)扱いです。DFAにならなくても、マイナーで残り時間を過ごすことになるのが通例だからです。
仮にレギュラーにケガ人が出てマイナーから誰かを補充するような事態になったとしても、若手内野手を補強すると筆者は見ていました。それくらいに割りきっている(人情なし)のがメジャー流のやり方です。

しかし、今回ブルージェイズは川崎選手を昇格させました。これは異例中の異例と見ていいと思います。
それくらいに川崎選手はブルージェイズのチーム内に大きなインパクトを与えていた証拠と言えるでしょうね。



きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

これがインターリーグの試合数増加の影響でしょうか!?

 

2013年からスケジュールを刷新したMLBは、インターリーグの試合数を従来の約15ゲームから約21ゲームに増やし、一年中どこかしらで行われるようにしました。 3連戦の対戦が5カードから7カードに増えたことを意味します。

 

 

ここまでのナ・リーグ中地区ですが、本来なら大本命と目されていたレッズが、ジョニー・クエトの故障などもあり、2012年のように独走することができませんでした。その代わり、バツグンの投手力をほこるカージナルスが首位を独走しておりました。

 

 

投手もいいし、捕手のモリーナは打率のタイトルを獲りそうなくらいに調子がよく(.357)、もうこれでNLの中地区はカージナルスで決まりかと見ていたのですが、パイレーツがあれよあれよという間に猛追! ついに現地2013年6月26日、首位のカージナルスに並びました。

 

 

NL 中地区Jun. 26

現地2013年6月26日現在のNL中地区

 

 

 

NPBでもそうですが、インターリーグは同地区内の直接対決の機会が減る分、実感のないままゲーム差が縮まったり、広がったりすることがあります。それがインターリーグの魅力であり、怖いところでもあります。

 

 

 

■フェリックスを攻略したパイレーツ

 

 

マリナーズとのインターリーグ2連戦中のパイレーツは、フェリックス・ヘルナンデス(Hernandez, F)に挑みました。

 

パイレーツは25才、メジャー4年目のジーンマー・ゴメス(Gomez, J)が先発です。

 

序盤は両投手が好投し、無得点のまま中盤に入ります。(それだけでもパイレーツとすれば儲けものです。)ジーンマー・ゴメス。GJですね!! パイレーツは4回表に、ニール・ウォーカー(Walker)の2ランHRで先制!

 

 

 

【動画】Walker on Pirates' win(2013年6月26日)

 

 

 

 

それに対し、マリナーズは4回と6回に1点ずつ返し、2-2の同点に追いつきます。

 

 

しかし、9回表のパイレーツはこの回途中からマウンドに上がったヨアビス・メディーナ(Medina)から、9番SSのジョーディー・マーサー(Mercer)がタイムリーを放ち追加点。さらに変化球がキレ過ぎて捕手が後ろに逸らし、ワイルドピッチでもう1点を追加し、4-2で勝利しました。

 

 

フェリックスは、7回を投げ切ったところで降板。被安打6、失点2、奪三振11と好投。しかし、好投虚しく勝ち星はつきませんでした。フェリックスは8勝4敗のままです。

 

 

 

e6【動画】Recap: PIT 4, SEA 2(2013年6月26日)

 

 

 

パイレーツ打線は捕手のラッセル・マーティン(Martin, R)を2番に入れていました!強いチームはやることも思い切ってますね。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

Dickey and reyes Jun. 26

R.A.・ディッキーとレイエス(2013年6月26日)

 

 

 

現地2013年6月26日、ホセ・レイエスが1番SSで復帰致しました。 結果は4-0だったのですが、守備ではいきなりの好プレーを見せてくれました。

↓そのシーンです。メジャーのショートストップに求められる守備範囲とアーム(肩)とはこういうプレーのことを言うようです。

e6【動画】Reyes' nice play (2013年6月26日)

 

 

 

■R.A.・ディッキーが今シーズン1番のピッチングを披露!

 

さて、このゲームで先発したブルージェイズのR.A.・ディッキーですが、今シーズン1番の投球を見せてくれました。

 

今日のR.A.・ディッキーはナックルボールのコントロールがよく、レイズ打線にまったくつけいるスキを与えませんでした。VTRで見てもナックルボールの不規則な軌道がよくわかります。

 

 

e6【動画】Dickey's two-hit shutout(2013年6月26日)

 

 

 

R.A.・ディッキーは9回をたった93球(!!)、2安打完封、6奪三振で、まるで2012年の投球を見ているようでした。

 

ゲームの方は、R.A.・ディッキーがつくったリズムにブルージェイズ打線が乗る形で、メルキーのタイムリー、アダム・リンドのHR、エンカーナシオンのHRと、序盤、中盤、終盤と効果的に加点したブルージェイズが3-0で勝利しました。

 

敗れたレイズも、先発のロベルト・ヘルナンデスが好投。3点は奪われましたが、8回まで投げ抜きました。

 

これでレイズVSブルージェイズの直接対決3連戦は終了です。レイズが2勝1敗で勝ち越し、4位をキープしています。

 

ブルージェイズは現地27日からフェンウェイ・パークでレッドソックスとの4連戦を控え、それが終わると移動日なしで7月1日からトロントでタイガースを迎えての4連戦があります。東地区と中地区の首位を走るチームとの8連戦が前半のブルージェイズの山場になります。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

Wheeler Jun.25

キャリア2戦目のZ・ウィーラー(2013年6月25日)

 

 

 

こんにちは(^^)

 

日本時間2013年6月26日はイチロー選手のサヨナラホームランや川崎選手のマイナー降格という大きな話題があり、影に隠れてしまったのがザック・ウィーラーの登板です。

 

メッツのザック・ウィーラー(Wheeler, Z)がキャリア2戦めの登板で、なんと99.35マイル(159.89キロ)を記録しています。

 

 

現地2013年6月25日のホワイトソックス戦に登板したウィーラー。前回はあのブレーブスを相手に6回無失点という素晴らしい投球を見せてくれましたが、この日はホワイトソックスの1・2番に足を使われて揺さぶられ、さらに適時打も許し、4失点。初被弾も経験しました。

 

 

ウィーラーは2回と4回を三者凡退に抑えたものの、それ以外はとにかくホワイトソックス打線によく粘られました。与四死球も4個あったのですが、それよりも一人の打者に6球以上費やしたケースが9度もありました。6回途中で109球を費やしたのもそのせいです。

 

ホワイトソックス打線のしつこさもさることながら、ここぞというところで決められなかったのが大きかったです。

 

ザック・ウィーラーは、ファストボールの他に、2シーム、チェンジアップ、スライダー、カーブとメジャーの投手が投げる標準的な変化球をもっており、カーブ、スライダーもそれなりにいいのですが、この日は、とにかくファストボール押しが目立ちました。

 

決め球に使った変化球を序盤に打たれたのが後を引いたようです。

 

 

↓ウィーラーの投球です。

 

e6【動画】Wheeler's second career start(2013年6月25日)

 

 

ホワイトソックス先発のクリス・セール(Sale)は中盤以降エンジン全開。8回を被安打3、失点3、奪三振13というすごい投球を見せてくれています。

 

リリーフのアディソン・リードが失点したため、クリス・セールに勝ち星はつきませんでした。

 

↓リキャップです。ゲーム序盤でUSセルラー・フィールドの照明が一部落ちましたwww。

 

どことなく暗い感じで進んでいったインターリーグのゲームは、ホワイトソックスが9回に4-4の同点に追いつかれるという波乱があったものの、最後はサヨナラ勝ちしています。

 

ウィーラーに負けはつきませんでした。

 

 

e6【動画】Recap: NYM 4, CWS 5 (2013年6月25日)




【関連記事】

e6衝撃デビューだったメッツのザック・ウィーラー

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

こんばんは。

 

ここ1週間ほど、ブルージェイズを悩ませた厳しい選択の問題に決着が着きました。残念ながら川崎選手のトリプルAバイソンズ行きが決定しました。

 

やはりというか、恐れていたことが起きましたね。

 

レイエスの復帰により、25人枠のアクティブ・ロスターの中で誰かを落とさなければいけなくなった状況で、ブルペン(中継ぎ)の誰かか?、あるいはボナファシオか?というふうに名前が上がっていましたが、しかし最終的には、川崎選手の名前が。

 

 

これから夏場に向け、ブルペンを1人削るというのはどう考えても間違った選択です。そうなると、もう川崎選手しかいなかったのです。

 

 

元々ブルージェイズの2013年のラインナップは、

 

3B:マイサー・イズトゥリス

SS: ホセ・レイエス

2B: エミリオ・ボナファシオ

 

という面々でした。たとえレイエスが抜けたとしても、エンゼルスからマイサー・イズトゥリスを獲得していたのが戦力的に大きかったのです。合わせて、内外野を守れるデローサをナショナルズから獲得しており、磐石と言えば磐石でした。

 

川崎選手が上に呼ばれたのはゲーム後半の守備固めと連戦が続いた場合にSSの選手のバックアップとして起用するのが目的でした。

 

 

ところが、川崎選手が奇跡を起こしていたのです。肉眼では誰も見ることができいような、とてもとても狭いスキマに最初は爪を立て、やがて指をかけ、そして天の岩戸を開くがごとく、その明るいキャラクターと、チームへの献身的な態度でチャンスの扉をこじ開けたのでした。

 

ブルージェイズは決して弱くはなかったのですが、AL東の他のチームが好調すぎて、勝っても順位が上がらず、まるで澱んだ穴蔵にいるかのような状態でした。

 

扉をこじ開け、そこに光をもたらしたのが川崎選手でした。古事記のアマテラスオホミカミのように、チームに太陽のような明るさをもたらしたのでした。その役割を日本人がになったというのは感慨深いものがありますね。川崎選手にしか出来ないことでした。

 

その後の活躍はご存知の通りです。

 

MLB第1号まで放った川崎選手でしたが、トロピカーナ・フィールドに移動してからの成績がよくなかったです。マイナー降格の理由を与えてしまうことになりました。

 

その辺はご本人がもっとも自覚していたことでしょう。

 

 

 

 

 

■チームへの貢献を最優先

 

 

下の動画は現地2013年6月25日のトロピカーナ・フィールドでの川崎選手の模様です。 最後までチームに貢献しています(^^) スキンヘッドの選手がボナファシオです。

 

 

 

【動画】Bonifacio interviews Kawasaki(2013-06-25)

 

 

その川崎選手がこの間、ずっと言っていたのが、これです。

 

「ホセ・レイエスは世界一のショートストップです」

 

確かにレイエスは実績では比肩できないくらいにすごい選手です。しかし、川崎選手の自分の立場よりもチームを優先、あるいは実力のある人に対して素直に敬意を表する態度が実に爽やかだと思います。

 

そして降格が決まってからも、

 

「最高のチーム、ファンの中で2カ月プレーさせてもらって、感謝の気持ちでいっぱい。自分の実力がまだまだ足りないことも分かった。練習して、実力を上げられるように必死にやりたい」

 

とコメントをしています。そこには向上心しかないですね。こういう爽やかな態度がファンやチームメイトを惹きつけたのだとあらためて思いました。

 

 

実はこの時期に、マイナーへ行くことは正直、厳しいものがあります。今のところは40人枠に入っていますが、ここから上に上がるのは通例だとマレです。

 

メジャーの場合、日本の二軍と違いシーズン途中での上がり下がりがあまりないのです。ビッグリーグでの存在価値がないと判断されマイナーに落とされると、ほとんどDFA(解雇)に近い意味合いを持ちます。(ただ、今の段階で解雇ではありませんので、誤解なきよう。)

 

そうなると、「うちではポジションがなかったけど、よそのチームならチャンスがあるかもしれないよ」ということで7月末のトレードデッド・エンドで他のチームへ移るか、あるいはそのリストに名前が上がらなければそのまま解雇ということもあり得る厳しい世界です。

 

ブルージェイズがワイルドカードの見込みまでなくなれば、なおさら川崎選手を上に上げる理由がなくなるでしょう。

 

今から7月末までの間のブルージェイズの成績と、川崎選手の代理人の動きに注目です。

 

 

 

【関連記事】

e6苦しむブルージェイズ首脳。レイエスの復帰で川崎選手をどうする? 2013.06.23

e6川崎選手1号HR!9回のチャンスに"Ka-wa-sa-ki"コールの大合唱! 2013.06.22

e6大人気の川崎選手!デローサのインタビューに再び!

e6TOR・川崎選手、1番ショートでヤンキース戦に出場! 2013.04.22

e6怪我のホセ・レイエスに代わりSSを務めたのは川崎選手 13.04.14

e6【MLB移籍2013】ブルージェイズ、川崎選手に関心! 2013.02.17

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

高い!でも、欲しい!

e6airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...