HOME   »  2012年12月
RSSフィード

こんにちは(^^)

個人的に印象に残った動画を中心に

2012年のMLBを振り返ってみます。

 

まずは衝撃的な二人の若い選手のおかげでアメリカは多いに盛り上がりました。

ブライス・ハーパーとマイク・トラウト。

 

まずはブライス・ハーパーのメジャーデビュー戦での

インクレディブル・スロー!

【動画】Harper's incredible throw(2012年4月28日)

 

なんども飛び出したトラウトのリーピングキャッチ。

今シーズン、トラウトは何度もホームランをアウトにしました。

【動画】Trout's leaping catch(2012年8月8日)

 

好プレーでいきますと、やはりこれは外せません。

 

↓ジミー・ロリンズがいかに球際に強いかを見せてくれたプレーです。

【動画】Rollins' smart throw(2012年5月19日)

 

↓これも好きです。ジャイアンツ・エイリアスのギリギリの

プレーです。

【動画】Arias' incredible diving stop(2012年5月2日)

 

↓やっぱりこの二人はカッコいいです。

ペニントンとウィークス。2013年はペニントンはDバックスへ

移籍しましたので、残念ながらコンビ解消です。

何気なくやっているところがすごいです。

【動画】A's turn two(2012年6月13日)

 

↓何度見てもすごいのがこのスローイングです。

ドジャースのヘアストン。

【動画】Hairston's awesome turn(2012年6月27日)

 

2012年はバーランダー、リンスカム、ハラデイ、クリフ・リー、

CC・サバシアなどの有名投手もさることながら、私はこの3名が

印象的でした。

 

 

↓まずはバーランダーに次ぐ奪三振を残したマックス・シャーザー。

糸を引くファストボールが印象的でした。

 

【動画】Scherzer's 11 strikeouts(2012年4月13日)

 

↓この人もすごかったですね。デビッド・プライス。

2012ALサイ・ヤング賞に輝きました。カッコいいです。

【動画】Price's 2012 AL Cy Young season

 

↓ようやく花開いたこの人が、多くの人の共感を呼びました。

NLサイ・ヤング賞のR.A.・ディッキー。

私はこのシーンが好きです。

Aロッドの頭付近にミスコントロールし、

”Sorry”と謝っているシーンです。謙虚な感じがしますね。

【動画】Dickey wild but congenial(2012年6月24日)

 

↓バーランダーとチャップマンの100マイル超もすごかったですが、

ポストシーズンに圧倒的な内容を見せてくれたカージナルスの

ローゼンタールの剛球もすごかった!

 

【動画】Rosenthal reaches triple digits(2012年10月13日)

 

そして、2012年限りで引退した名選手たち。

 

↓デビューが鮮烈すぎた豪腕。ケリー・ウッド。

【動画】Kerry Wood walks off the mound(2012年5月18日)

 

↓チッパー・ジョーンズも引退しました。

【動画】Chipper Jones receives an ovation(2012年10月5日)

 

↓そして、”Hideki Matsui”も。

ルーキー・イヤーでの活躍です。

【動画】Matsui keeps rally alive(2003年10月16日)

 

2012はこの人の加入で日本でMLBが余計に盛り上がりました。

【動画】Darvish's nine strikeouts(2012年9月21日)

 

 

そして、衝撃的だったイチロー選手のヤンキースへの移籍。

 

【動画】Ichiro's first hit as a Yankee(2012年7月23日)

 

2012年はこんなカッコいいホームスチールがありましたよ。

 

まずはブライス・ハーパー。

【動画】GetGreat: Stealing home(2012年5月8日)

 

↓これは今年もっともカッコよかったと思っています。

パドレスのエバース・カブレラのホームスチール。

【動画】Everth Cabrera surprises the Dodgers(2012年7月15日)

 

2012年はジャイアンツがWSチャンピオンに。これを誰が予想していたで

しょうか? しかもポストシーズンはリンスカムをセットアップで起用です!

結局、スモールベースボールが出来るチームが勝ったように思います。

2013年も楽しみです。

 

↓2012・ワールド・シリーズ・Gm4!

 

【動画】Recap: SF 4, DET 3 - F/10(2012年10月29日)

 

今年一年お付き合いくださり、誠にありがとうございましたm(__)m

2013年も拙ブログをよろしくお願い申しあげます。

よいお年を!!!

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

スポンサーサイト

こんにちは(^^)

2012年も残すところ、あと数時間です。

一年間お付き合いいただき、誠にありがとうございましたm(__)m

今年たくさんの方に読んでいただいた記事をページビュー数を

もとにランク付けさせていただきました。

かなり意外なトピックも入っております。

i2211位.【MLB用語集】トレード・デッド・ラインとは??ウェーバーとは??

↑コチラがダントツでした。

 

2位.ジミー・ロリンズ(フィリーズ)のナイス・プレーを2発

↑ヤフー動画でリンクを貼ってくれたため。

 

3位.【MLB移籍情報2013】FAリスト!ハミルトン、グレインキ、黒田は?

↑10/30と最近の記事でしたが、非常に訪問が多かった記事です。

4位. ブライス・ハーパーがデビューします!! ドジャースVSナショナルズ

↑今年はハーパーを追いかけました(^^)

5位. MLB球速表示 マイル⇒キロへの変換

↑やはり「マイル」だとピンと来ないですからね。


6位. アストロズ、イメージ一新!新ユニフォームを披露!

↑11/3と最近の記事ながら、みなさんの関心が高かったようです。

7位. 【MLBプレーヤー】エンゼルスのマイク・トラウトがスゴすぎる

8/3の記事です。レギュラーシーズン後半に来るほど読まれる機会が増えました。


8位.【MLB移籍情報2012】カート・スズキがナショナルズへ

↑まさかこの人がトップ10に入るとは!(失礼)日本開幕戦にも登場しましたし、日本のファンからの認知度が高い選手ですから。


9位.【訃報】日本でも人気のあった名捕手:Gary Carter (ゲーリー・カーター)さん

カーターが活躍した1986ワールド・シリーズの詳細を読んでいただいた方が多かったよです。


10位. 【MLBプレーヤー】トラヴィス・イシカワ (Travis Ishikawa)

↑「誰?」ってなりますものね。TOP10に入りました。2013はオリオールズです。



11位. MLB チーム人気ランキング (2012/Apr/17)

↑TOP10には入りませんでしたが、非常によく読んでいただいた記事です。



きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

IKKYU

愛犬「一弓」が相変わらずの可愛さ @NYのアパート

 

こんにちは(^^)

今年も残り2日!皆様、良い年越しができますように!

さて、

2012年12月29日放送の『NHK プロフェッショナル~仕事の流儀』

イチロースペシャル2012をご覧になられましたか??

 

前回の「カレー」ほどのインパクトはなかったですけど(^_^;)

驚かされたことがたくさんありました。

 

まず、ちょっとマニアックですが、「素振りの音!!」

あんな音、聞いたことないです(^_^;)

それにイチローさんの素振りはバットを遠回りさせて

振っているように見えました。技術的なことはわかりませんが、

やはり何か意図があるのでしょうね。

 

現地2012年12月27日に松井秀喜選手の引退記者会見がありましたが、

今回は精神的なことによりフォーカスしてみました。

 

【今回、インパクトのあったこと】

あくまで個人的にインパクトのあったことですが、、、

*5月のシカゴ遠征で、すでに「移籍」を視野に入れていたこと!

*「好きな野球」を職業にしていることについて

*「イチロー不要」の報道に対しての本音

*なぜボール球に手を出すのか??

*9月後半の爆発!

*チャンピオン・リング

 

■5月の時点で移籍を視野に!

 

”windy city”のシカゴらしい光景から入っていた場面でしたが、

遠征先のホテルでフットマッサージで足裏をコロコロさせながら、

雑誌を読むイチロー選手。

日本開幕戦こそ非常に当たっていたものの、5月は不調でした。

本人も「まだ手探りの段階であるシーズン序盤に打ったとしても

意味がない」というようなことをおっしゃってましたね。

そして、「感触はいいところまで行っているが、紙一重で当たって

欲しい場所に当たらない。結果が出ない」ともがいていました。

チームも4月は負け越し、5月も凡ミスなどが続き、負け越していました。

この頃からイチロー選手はアップ中でもチームの輪の中に入らなかった

ようです。

この辺が個人プレーと誤解されるところではありますが、

「プロとしての準備に徹している」それに尽きる態度だと思います。

チームメイトとの融合も必要ですが、あのチームなら仕方ないと

思います。 同じようなメンバーで、どうしてオークランドが

地区優勝でき、マリナーズがずっと最下位なのかを考えると、

マリナーズのチーム自体の意識が低すぎたんではないだろうかと

思います。 ただイチロー選手だけは高い意識をもっていた。

それだけだと思います。 いい見本がありながら、見る視点を

もってないと何も吸収できないいい例だと思います。

 

移籍後に活躍できる保証もなければ、レギュラーの保証もない、

自分を一皮向けさせるために環境を変える必要、そしてマリナーズの現状

を考えた時に、チームを去る決断をしたのでした。そしてそれは

5月というこんなに早い段階から考えれていたのです。

 

■職業観と報道

野球選手という職業に関してこう答えていました。

「好きな野球を職業にしていいなと思われがちだが、周りから見るほど、

楽ではない。技術、精神を磨くとはそういうことだと思う。」

松井秀喜選手もそうですが、イチロー選手も浮ついたところが

一切ありません。やはり素直で謙虚でないと、選手として、あるいは

人間の基礎としての成長がなくなってしまうという自分を見詰めた深い

言葉だと思いました。

そして、移籍前のシアトル誌の「イチロー不要」の報道に関しても

おもわず本音を語ってくれていました。

そりゃ、くそったれーと思いますよ。こんな奴らからペチャンコに

されるワケにいかない!」と。自然な言葉が聞けたこともよかったです。

 

■なぜボール球に手を出すのか?

今シーズンは今まで以上にボール球に手を出し、凡退するシーンが

目立ちました。今までなら「魔法使い」の異名の通りに反応できていたものが、

それが出来ていない。さすがに「年齢か!」と考えたこともあったようです。

しかし、年齢の問題ではなく、打者として、投手の一番いい球を狙う姿勢が

崩れればイチローの終わりだと。

「瞬間的に結果を出すために、自分が信じているものを崩してしまう

ということは、自分の生き方も否定してしまうということ。

結果を出すためにいろんなことをしますが、姿勢というものが変わって

しまうと、もうバッターボックスに立つ意味はない。

これは生き方に通じるものなんです」。

そこがポイントだったようです。それがようやく9月後半の大事な時期に

結果が出始めます。

イチローさん、見方によっては相当頑固者ですね(^^)

 

■9月の爆発

9月に入り、A・ロッドの手首へのデッドボール、テイシェイラの

ふくらはぎ痛、スウィッシャーの不調と打線が大ピンチを迎えた

ヤンキース。そこを救ったのがイチロー選手でした。

実は7月の月間打率が.222だったイチロー選手。23日の移籍後の

8試合で31打数8安打を入れて.222だったほど、大不調でした。

しかし、8月の月間打率は.297に、そして9月&10月の月間打率は

.362と9月にようやく掴んだようでした。

中でも大爆発したのが、9月19日のトロントとのダブルヘッダー。

2試合通じてゲームを決め、8打数7安打4盗塁!

 

【動画】Ichiro's big day (2012年9月19日)2試合分

 

ポストシーズンでも活躍。ディビジョン・シリーズでは.217と

低迷したものの、リーグチャンピオンシップシリーズでは.353。

やはり高い意識の集団に入るとイチロー選手は輝きます。

 

■クーパーズタウンへ

シーズン終了後の11月3日に、メジャーに来てから5度目となる

クーパーズタウンに訪問していました。

ベーブ・ルースのジャージやグラブを見る目も少年のようでしたが、

印象的だったのは、歴代のチャンピオン・リングの棚を見る目でした。

そして「ヤンキースのリングが一番かっこよく見える」とハシャいで

いたのが印象的でした。

 

 

愛車はポルシェ、ブロンクスどころか、アッパーマンハッタンに

住んでいるようですね。通勤途中にタイムズスクエアを眺める

ことが出来るってすごいところにお住まいです(^^)

一弓が相変わらず可愛かったです(^^)

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

松井秀喜選手の引退を惜しむ声がやみません。

Godzilla says goodbye: Matsui calls it a career(MLB.com)

Former Yankee Hideki Matsui retires (ESPN)

Matsui will always be considered a Yankee (Yankees)

New York Yankees react to the retirement of Hideki Matsui(Yankees)

(↑オーナー、GM、ジーターのコメント付き)

 

現地2012年12月27日の会見では、ゲームに臨む姿勢などの

普段やっていることは日本とアメリカでは同じだが、

成績などは線を引いて考えているとコメントしていた松井秀喜選手。

 

改めてメジャーの成績を振り返ると、、、

ScreenHunter_10 Dec. 29 19.12

↑松井選手のMLB10年間の成績(クリックで拡大します) 参照サイト

 

表の赤文字が各項目のトップの数字なのですが、2004、2005シーズン

に赤文字が多いので、やはりその頃がピークだったのかなと思います。

また、四球が多いなと思います。

さすがの選球眼ですから、アスレチックスに移籍して不振だった時も

メルビン監督が「松井は四球が多いから」と使いたがった

理由がよくわかります。

 

実際に松井秀喜選手を目当てにゲームを見に行き、相手投手の

コントロールが悪いと最悪です(^_^;)。振りませんから。

長打が見たいからわざわざアメリカまで出かけているのに。

 

それくらいボールを打たない選手でした。

私が見に行った(2007/JUL/6)NYY-LAA戦でも5打席のうち、

2打席が四球でした。「こりゃ、打たないわ(四球だろうから)」

とわかった時の残念感たらありませんからね。

 

さて、

松井秀喜選手はその才能とパワーに、もっとやれると

思ってしまいますが、やはり膝の怪我との闘いは

厳しかったようです。

 

どれくらいの頻度で怪我をしたのかちょっと調べてみました。

 

【松井選手のMLBでの怪我の履歴】

そもそもは1998年(23才当時)のキャンプ中に

膝軟骨損傷」を負います。(読売め!!←私、阪神ファンなので)

  • 2006:スプリング・トレーニング時に膝の古傷が再発+花粉症も
  • 2006:5/11 vs BOS (@NYY)で左手首を骨折
  • 2007:4/7 vs BAL 左太股の軽い肉離れ
  • 2007: 11/14 膝の軟骨を除去する内視鏡手術
  • 2008:6/18 古傷の膝に痛みが走りDL入り(をかばったため発症)
  • 2008:9/22 膝の内視鏡手術
  • 2009:8/13 膝の状態が悪化、しかしDLには入らず
  • 2010:エンゼルス時代は特に足の故障はないと思われます。
  • 2011:スプリング・トレーニング中、花粉症と寝違え(足は順調)
  • 2012:7/2 左太もも裏を痛め途中交代。これ以降出場が激減

怪我が多い時期に結婚して、奥さんには心配を多くかけたと

おっしゃっていましたが、結婚は2008年3月26日です。

 

本当に膝の調子がよければ、もっと長くできたのにと思うと

やはり残念です。

 

次の松井秀喜選手に関する記事では、

有名な投手との対戦成績を調べておこうと思います。

どうぞお楽しみに。

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

こんにちは(^^)

2013年のFA/トレード/合意など移籍情報をまとめているページです。

 

イチロー選手、ハミルトン、グレインキ、R.A.・ディッキー、

アニバル・サンチェス、ピアジェンスキー、スウィッシャー、ラファエル・ソリアーノ、そしてマイケル・ボーンも決まりました。

 

残る大物はカイル・ローシュ。

 

日本人プレーヤーも新たに参戦。西武中島選手はアスレチックスに、田中賢介選手はジャイアンツと契約。小林宏投手はエンゼルスとのマイナー契約が決まりましたが、シーズン開始前に残念ながら、解雇となってしまいました。

 

松井秀喜選手へのオファーも粘り強く”ある”と信じたいところでしたが、現地2012年12月27日、引退を表明し、とても残念です。

 

では行きましょう。更新情報です。

 

 

【表の見方】

Name Age Pos. 2012 Notes
選手名 2013シーズンの年齢。 ポジションの略 RHP右投手、LHP左投手 SSショート、OF外野手 2012の所属 備考 日付は現地の日付

欄外には、日付とともに、トッピックとなる目立ったニュースを。

そして、チームを出た選手も日付とともに書くようにします。

日付は現地時間です。

 

チーム順は、AL東→中→にし→NL東→中→西 (2012での地区順位)アストロズはア・リーグ西地区に入れています。

 

更新日:日本時間 2013年3月12日

 

★アメリカン・リーグ 東地区 (AL East)

 

【2013ヤンキース】


Name
Age Pos. 2012 Notes
黒田博樹 37 RHP NYY 合意。1年1500万ドル
イチロー 39 OF NYY 12/19、2年で正式合意。
M・リベラ 42 RHP NYY 11/30合意。1年1000万ドル+出来高
R・ソリアーノ 32 RHP NYY QOを拒否→未決
A・ペティット 40 LHP NYY 11/29、1年1200万ドルで合意!
B・ガードナー 29 OF NYY 12/7、年俸調停を避け、1年で合意。
K・ユーキリス 34 1B CWS 12/11、1年1200万ドルで合意
ラス・キャンズラー 26 OF CLE 1/4、インディアンスからウェーバーで落札。
ブーン・ローガン 28 LHP NYY 1/18、調停を避け1年315万ドルで合意。
ジョバ・チェンバレン 27 RHP NYY 1/17、調停を避け1年187万5千ドルで合意。
フィル・ヒューズ 26 RHP NYY 1/16、調停を避け1年715万ドルで合意。
トラビス・ハフナー 35 DH/1B CLE 2/1、1年契約で合意。通算201HR。インディアンスの中心選手でした。
D・ロバートソン 27 RHP NYY 1/27、調停を避け1年310万ドルで再契約。セットアッパー。
ショーン・ケリー 28 RHP SEA 2/13、トレードで獲得。2012は47試合登板のリリーバー。
クリス・ブーチェック 34 RHP DETマイナー 2010年横浜に在籍した速球派。マイナー契約
ベン・フランシスコ 31 OF TB 3/11マイナー契約。代打要員。

11/29 :アンディーが合意。これで黒田、アンディーとサバシアの次にくる左右の投手が完成しました。あとはイチロー選手に注目です。

11/30 :正捕手ラッセル・マーティンがパイレーツへ移籍

12/3 :Aロッド、お尻の手術のため、6月まで復帰できず。

12/3 :ジーターは開幕間に合いそうです。

12/5 :3Bエリック・チャベスはDバックスへ

12/7: アンドリュー・ジョーンズが東北楽天へ!

12/21:ケーシー・マギー(30)も東北楽天へ

12/22: イバニエスはマリナーズへ

12/23:スウィッシャーはインディアンズへ

1/9: 福留選手は阪神と契約

1/10: 外野手のクリス・ディッカーソンは自由契約へ

2/13:エイブラハム・アルモンテがショーン・ケリーとのトレードでマリナーズへ。アルモンテは24才の外野手。

3/6:デレク・ロー(RHP、175勝)はレンジャーズとマイナー契約。

 

 

【2013オリオールズ】

 

Name Age Pos. 2012 Notes
N・マクラウス 31 OF BAL 12/13、1年200万ドルの再契約で合意。
J・トーミー 42 DH BAL 未決
R・アンディーノ 28 2B SEA 11/20、Trayvon Robinsonとトレード
A・カシーラ 28 2B MIN 11/30合意。いい選手だが、ケガに泣かされてきた。
Y・ナバーロ 25 3B PIT 11/30合意。’12は29試合に出場。マイナーの投手とのトレード。
スティーブ・ピアース 29 OF NYY 11/30合意。テイシェイラの代わりを期待されてNYYに入った強打者。
A・グリーンバーグ 31 OF MIA 12/20、マイナー契約

記事→ ”one at-bat” アダム・グリーンバーグにあと1打席を

トラビス・イシカワ 29 1B MIL 12/20、マイナー契約 記事→【MLBプレーヤー】トラヴィス・イシカワ
ルイス・マルチネス 27 C TEX 1/4、レンジャーズからウェーバーで落札。
ノーラン・レイモンド 30 OF BAL 1/11、調停を避け再契約。
トミー・ハンター 27 RHP BAL 1/14、調停を避け、再契約。2012は7勝8敗のスターター。
クリス・ディッカーソン 31 OF NYY 1/29、マイナー契約。NYYの外野のバックアップでした。
ジム・ジョンソン 30 RHP BAL 2/8、調停を避け1年契約。’12年51SVでALセーブ王
ダレン・オデイ 30 RHP BAL 2/9、調停を避け2年契約。アンダースロー!
ジェイアー・ジャージェンス Jair Jurrjens 27 RHP ATL 2/15、マイナー契約。まだメジャーデビューしていないプロスペクト。

11/20:Trayvon Robinsonはシアトルへ

12/18:マーク・レイノルズ(1B)はCLEへ

1/18: 調停を避け、以下の選手が1年契約で合意。クリス・デービス(1B)、ブライアン・マティス(LHP)、トロイ・パットン(LHP)、マット・ウィーターズ(C)、ノーラン・レイモンド(OF)

2/13:J:ソーンダース(LHP)はマリナーズへ移籍

 

 

 

【2013レイズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
J・ペラルタ 36 RHP TB 11/19合意。2年600万ドル
E・ロンゴリア 27 3B TB 合意11/27、10年1億ドル!!
ユネル・エスコバー 30 SS MIA 11/19 BBトレードでTORからMIAへ移籍→12/4ウィンターミーティングでTBが若手と交換して入団。’13は$500万、’14&15’はクラブがオプションを持つ。
ジェームズ・ロニー 28 1B BOS 12/4合意。1年$200万ドル+出来高$100万
ヘクター・ロペス 27 RHP TB 12/12合意。
ウィル・メイヤーズ 22 OF KC 12/9トレード。オドリッジ、モンゴメリー、レナードなど若手4人。
R・ヘルナンデス 32 RHP TB 12/18、1年$3.25MM。先発候補。2007年CLE時代に19-8。
デビッド・プライス 26 LHP TB 1/1、調停を避け、1年契約
ジェイミー・ライト 38 RHP LAD 1/22、マイナー契約。通算90勝124敗。
シェリー・ダンカン 33 OF CLE 1/22、マイナー契約。NYY時代に岩村にケガを負わせたアイツです。
フアン・オビエド 30 RHP MIA 1/22、マイナー契約。’12年は主に3Aで登板。
ケリー・ジョンソン 31 2B/OF TOR 2/5、1年契約。’12は142試合に出場。
ルーク・スコット 34 DH TB 2/6、FA1年契約。
カイル・ファーンズワース 36 RHP TB 2/6、FA1年契約。リリーバー。
ジャック・カスト 34 DH SEA 2/17、マイナー契約。通算105HR。左打ち。

2016年までとなっている現在の契約を2022年まで(36才まで)。6年間延長することに合意。6年総額1億ドル(約82億円)で、現在の契約と合わせ10年総額1億3660万ドル(約112億円)!!2023年は球団が選択権を持ちます。 そんなお金があったのか!レイズ。だからアップトンが出るという仕組みのようです(^_^;)

11/5 :3Bのブルックス・コンラッドは阪神と合意。

11/29 : BJ・アップトンがアトランタ・ブレーブスと合意

12/1: バンデンホップはマイナーリーガーと交換でMILへトレード

12/4 : MIAからエスコバー獲得の代わりに出たのは、レイズのプロスペクト14位のDerek Dietrich(マイナーリーガー)

12/5:3Bケッピンジャーはホワイトソックスへ

12/09: ジェームズ・シールズ、ウェイド・デービスがKCへ

12/17:カルロス・ペーニャはアストロズへ

12/27: 松井秀喜選手、引退を表明

1/18:以下の選手が調停を避け、1年契約で合意。マット・ジョイス(OF)、ジェフ・ニーマン(RHP)、ライアン・ロバーツ(3B)

3/11:ベン・フランシスコ(OF)はNYYへ

 

 

 

 

【2013ブルージェイズ】


Name
Age Pos. 2012 Notes
ジョン・ギボンズ 50 監督 - 2004-08まで以来2度目の就任。
メルキー・カブレラ 28 OF SFG 11/20合意。2年1600万ドル
M・イズチュリス 32 SS LAA 11/8合意。3年1000万ドル
ホセ・レイエス 29 SS MIA 11/13ブロックバスタートレード
マーク・バーリー 33 LHP MIA 11/13ブロックバスタートレード
ジョシュ・ジョンソン 28 RHP MIA 11/13ブロックバスタートレード
ジョン・バック 31 C MIA 11/13ブロックバスタートレード
エミリオ・ボニファシオ 27 OF MIA 11/13ブロックバスタートレード
R.A.・ディッキー 38 RHP NYM 12/17合意。3年間で総額2900万ドル
ジョシュ・トーリー 26 C NYM 12/17合意。R.A.・ディッキーの相棒
マイク・ニキアス 25 C NYM 12/17合意。マイナーリーガー。
チャド・ベック 28 RHP PIT 1/4、パイレーツからウェーバーで獲得。
ヘンリー・ブランコ 41 C ARI 1/11、1年75万ドル。2010年メッツでR.A.・ディッキーとバッテリーを組んだことがあるベテラン捕手。
コルビー・ラスムス 26 OF TOR 1/14、調停を避け再契約。2012は23HR。
アダム・ローウェン 28 LHP NYM 1/13、マイナー契約。元投手で2011から打者に転向。’12はメッツ3Aのバッファローにてプレー。化けるかも!?
マーク・デローサ 37 2B WSH 1/22、FAで1年契約で合意。
ジャレット・ホフパワー
Jarrett Hoffpauir
29 3B TOR 1/25、マイナー契約
アンディ・ラローシュ 29 3B BOS 1/30、マイナー契約。’12年は3A。
マイケル・シュウィマー(M・Schwimer) 27 RHP PHI 2/23、1BのArt Charlesとトレードで獲得。
コナー・ギラスピ 25      

11/3:SSマイク・アビレスはインディアンズへ

12/17:ジョン・バック、トラビス・ダルノー、ノア・シンダーガード、ベセラは再びトレードでメッツへ行く予定。

12/20:RHPのビラヌエバはカブスへ

1/18:以下の選手たちが調停を避け、1年契約で合意。

エミリオ・ボニファシオ(OF)、J.A.ハップ(LHP)

1/28: ケリー・ジョンソンはTBへ

 

 

 

【2013 レッドソックス】

Name Age Pos. 2012 Notes
ジョン・ファレル 50 監督 TOR 2012はトロントの監督
デビッド・ロス 35 C ATL 11/12合意。2年6200万ドル。’12はマッキャンに代わり62試合でマスクをかぶる。
ジョニー・ゴメス 32 DH OAK 11/22合意。2年1000万ドル
デービッド・オルティズ 37 DH BOS 11/15合意。2年2600万ドル
マイク・ナポリ 31 C TEX 12/3合意。3年3900万ドル。1/22、フィジカルの問題で1年契約に。
シェーン・ビクトリーノ 32 OF LAD 12/13正式合意。3年3900万ドル。エルズベリーとライトを争う予定。
上原浩治 37 RHP TEX 12/19正式合意。1年契約。ブルペン強化。
ライアン・デンプスター 35 RHP TEX 12/19、2年2650万ドルで正式合意。先発要員。
スティーブン・ドリュー 29 SS BOS 12/26正式合意。1年950万ドル。
ジョエル・ハンラハン 31 RHP PIT 12/26正式合意!パイレーツのクローザー
クレイグ・ブレスロウ 32 LHP BOS 1/24、FA。2年で再契約
ライアン・スウィーニー 28 OF BOS 1/25、マイナー契約に。OAKで’08-’11までOAKで活躍した選手。
マイク・カープ 26 1B/LF SEA 2/20、トレードで獲得。打撃に高い潜在能力あり。
マット・マロニー 27 LHP MIA 2/22、マイナー契約。MLB4年で5勝9敗。
ライアン・ローランドスミス(Ryan Rowland-Smith 30 LHP SEA 2/24、マイナー契約。MLB史上初の名字にハイフンを持った選手

12/4 :1Bのジェームズ・ロニーがタンパへ。

12/22:コーディー・ロスはDバックスへ

12/23:Jerry Sands(1B)、Stolmy Pimentel(RHP)がハンラハン獲得に伴い、パイレーツへトレードされる予定。

1/16:アーロン・クック(P)はフィリーズへ

1/18:以下の選手たちが調停を避け、1年契約で合意。

アンドリュー・ベイリー(RHP)、ダニエル・バード(RHP)、ジャコビー・エルズベリー(OF)

2/1:右投手27才のクリス・カーペンター(カージナルスのあのカーペンターではありません)がマイナーへ

2/12:松坂大輔投手は、インディアンスとマイナー契約。

 

 

 

 

★アメリカン・リーグ 中地区 (AL Central)

 

【2013 タイガース】

Name Age Pos. 2012 Notes
G・リーランド 67 監督 DET 合意。契約延長。
アニバル・サンチェス 28 RHP DET 12/19、5年8000万ドルで正式合意
ホセ・バルバーディ 34 RHP DET 未決。退団は決定
トリイ・ハンター 36 OF LAA 11/19合意。2年2600万ドル
オクタビオ・ドーテル 39 RHP DET 10/30残留。
ブライアン・ペーニャ 30 C KC 12/10、1年契約で合意。
パット・ミッシュ 30 LHP NYM 1/20、マイナー契約。通算24勝14敗の先発候補。
マックス・シャーザー 28 RHP DET 2/4、調停を避け1年契約。奪三振:231(’12年)

11/16 :捕手ジェラルド・レアードがアトランタへ移籍

12/21:アダム・ウィルクはKoreaへ

1/18:以下の選手たちが調停を避け、1年契約で合意。

アレックス・アビーラ(C)、ブレナン・ボッシュ(OF)、フィル・コーク(LHP)、ダグ・フィスター(RHP)、オースティン・ジャクソン(OF)、リック・ポーセロ(RHP)

1/23: デルモン・ヤングはフィリーズへ。

 

 

【2013 ホワイトソックス】

Name Age Pos. 2012 Notes
ドウェイン・ワイズ 34 OF CWS 合意。1年70万ドル
B・メイヤーズ 32 RHP CWS 未決。
ジェイク・ピービー 32 RHP CWS 10/30合意。2年2900万ドル。通算120勝。
J・ケッピンジャー 32 3B TB 12/5合意。3年1200万ドル。いい内野手です!
ザック・スチュワート 26 RHP PIT 1/24、ウェーバーで獲得。94マイルの速球。
マット・リンドストロム 32 RHP ARI 1/25、FA。1年契約。100マイルを投げるリリーフ。
コナー・ギラスピ 25 3B SFG 2/22、トレードで獲得
クリス・セール 23 LHP CWS 3/7、契約延長。2013-17(5年契約)+オプションで2018-19。’12シーズンは17勝。左サイドから160キロを投げる。

11/30  : 完全試合のフィリップ・ハンバーが新生アストロズへ

12/11:ユーキリスはNYYへ

12/20: A.J. ピエジェンスキーはレンジャーズへ

12/21:F・リリアーノはパイレーツへ

1/7: ホセ・ロペスは読売へ

1/18:ゴードン・ベッカムが調停を避け、1年契約で合意。

2/22:ジェフ・ソフピック(RHP)シングルAの投手をコナー・ギラスピとのトレードでSFGに放出。

 

 

 

【2013 ロイヤルズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
J・ガスリー 33 LHP KC 合意。3年2500万ドル
Luis Santos 21 P PIT 11/29ドミニカパイレーツから移籍
Luis Rico 19 P PIT 11/29ドミニカパイレーツから移籍
アービン・サンタナ 29 RHP LAA 11/1、マイナーリーグの左腕とトレード
ジェームズ・シールズ 31 RHP TB 12/9 トレード
ウェイド・デービス 27 RHP TB 12/9 トレード

ザビア・ネイディ

34

OF

SFG 12/14、マイナー契約
ミゲル・テハダ 38 3B SFG 12/31、マイナー契約
エンディー・チャベス 35 OF BAL 12/31、マイナー契約

ジョージ・コタ-ラス

29 C OAK 1/25、ウェーバーで獲得。こんないい捕手を出すOAKがわからん。
エリオット・ジョンソン 29 SS TB 2/12、トレードで獲得。12/9付のJ・シールズの獲得に伴い、追加。

11/29:Luis Santos/Ricoこの二人、ドミニカからというのに興味が湧いてきます。今のところ、

右左どちら投げかもわかりません。

12/9: J・シールズとデービス獲得で若手4人をTBへ

12/17: キャッチャー、ブライアン・ペーニャがDETへ

1/18:ルーク・ホッチェバーが調停を避け、1年で合意

 

 

 

【2013 インディアンズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
グレイディ・サイズモア 31 OF CLE FA未決。看板選手も’12はケガで未出場。またヒザを手術する予定。’13の前半は棒に振ります。
マイク・アビレス 31 SS BOS 11/3移籍→2/7、2年契約プラスオプション(調停を避けて)
ヤン・ゴメス 25 RHP TOR 11/3移籍
トレバー・バウアー 21 RHP ARI 12/11三角トレード
ドリュー・スタッブス 28 OF CIN 12/11三角トレード
マット・アルバース 25 RHP ARI 12/11三角トレード
ブライアン・ショー 25 RHP ARI 12/11三角トレード
マーク・レイノルズ 28 1B BAL 12/18、1年契約。’12は23HR
スコット・カズミア 28 LHP LAA 12/21、かつてのレイズ左のエースはマイナー契約!2007年239個で奪三振AL1位!
ニック・スウィッシャー 31 OF NYY 12/23合意。4年契約
ブレット・マイヤーズ 32 RHP CWS 1/4、1年で合意。通算94勝。
ライアン・レイバーン 31 2B DET 1/21、マイナー契約。’12年は66試合出場のユーティリティ。
ベン・フランシスコ 31 OF TB 1/21、マイナー契約。
マット・キャップス 29 RHP MIN 1/31、マイナー契約。リリーバーです。’12は14SV
リッチ・ヒル 33 LHP BOS 2/7、マイナー契約。’12年は25試合登板のリリーフ。
ジェイソン・ジアンビ 42 1B COL 2/9、マイナー契約
松坂大輔 33 RHP BOS 2/10、マイナー契約。
マイケル・ボーン 30 OF ATL 2/15、4年契約。

12/12: チェ・シンス、ジェイソン・ドナルドがレッズへ

12/13: 内野手J・ハナハンがレッズへ

1/18:クリス・ペレスなどが調停を避け、1年契約で合意。

1/28:ヴィニー・ロッティーノがNPBオリックスへ。33才の外野手。MLB通算打率(.165)HR(3)。マイナーでは通算打率(.294)、HR(82)。3Aで通算7シーズンを過ごした選手。

2/1: トラビス・ハフナーはNYYへ

2/15:ケイシー・コッチマンはMIAとマイナー契約

 

 

 

 

【2013 ツインズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
C・パバーノ 36 LHP MIN 未決
Matt Capps 29 RHP MIN 未決
バンズ・ウォーリー 25 RHP PHI 12/6 リベアとのトレードでMINへ。PHIでの先発ローテは4-5番手。
トレバー・メイ 23 RHP PHI 12/6 リベアとのトレードでMINへ。プロスペクト
ジェレッド・バートン 31 RHP MIN 12/5 2年で合意。
ケビン・コレイア
Kevin Correia
32 RHP PIT 12/10、2年1000万ドル
マイク・ペルフリー 28 RHP NYM 12/20、1年契約。通算50勝の先発。
リッチ・ハーデン 31 RHP OAK 12/20、マイナー契約。メジャー復帰を目指す豪腕

11/19 :西岡剛選手は阪神と合意。

11/30 :スパンがナショナルズへ移籍

12/6: ベン・リヴィアがフィリーズへ

 

 

★アメリカン・リーグ 西地区 (AL West)

 

 

【2013 アスレチックス】

Name Age Pos. 2012 Notes
バートロ・コロン 39 RHP OAK 11/12合意。1年300万ドル+出来高
アンディー・パリーノ 29 SS SD 11/16、タイソン・ロス(RHP)+4名とのトレードで獲得。
アンドリュー・ワーナー 25 RHP SD 11/16、タイソン・ロス(RHP)+4名とのトレードで獲得。
パット・ネシェイク 32 RHP OAK 11/29、1年で合意。ポストシーズンで生後間もないお子さんが亡くなったアンダースローの投手。
クリス・リーソップ 30 RHP PIT 11/30マイナー投手とトレード。’12は61試合登板の中継ぎ 1/9調停を避け、改めて契約。
D・バートン 27 1B OAK 11/30再契約1年。
中島裕之 30 SS 西武 12/17合意。2年契約
ブライアン・ゴードン 34 RHP NYY 12/22、マイナー契約。2008メジャーデビュー、通算2勝の超遅咲き。
ジョン・ジェイソ 29 C SEA 1/16、M・モース、AJ・コールのからむ三角トレードで移籍。
フェルナンド・ロドリゲス 28 RHP HOU 2/4、トレードで獲得
ジェド・ローリー 28 SS HOU 2/4、トレードで獲得
岡島秀樹 37 LHP SBホークス 2/12、マイナー契約

11/26:ブラントン・ヒックスは金銭トレードでメッツへ

12/1: DHのジョニー・ゴメスはBOSへ

12/7:ブランドン・マッカーシーはDバックスへ

12/18:スティーブン・ドリューがレッドソックスへ

1/14:ジョージ・コターラス。調停を避け再契約。’12年夏にブルワーズから移籍してきたいい捕手。一転DFAに。1/26、ロイヤルズがウェーバーで獲得。

1/18:調停を避け、1年契約。ジェリー・ブレビンス(P)、ブランドン・モス(OF)、セス・スミス(OF)

2/4:クリス・カーター(DH/1B)、マックス・シュタージ(C)、ブラッド・ピーコック(RHP)がアストロズへ

2/12:ブラントン・インジ(3B)はパイレーツへ

 

 

【2013 レンジャーズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ロイ・オズワルド 35 RHP TEX 未決
コルビー・ルイス 33 RHP TEX 11/2合意。1年。リハビリ中。
マーク・ローウィー 29 RHP TEX 未決。
ホアキン・ソリア 28 RHP KC 12/3合意。通算180セーブ。J・ネイサンの前のセットアップとして。
ジオバニー・ソト 29 C TEX 12/3再契約。当然でしょう!いいキャッチャーです。1年300万ドル
ジョシュ・リンドブロム 25 RHP PHI 12/8トレード
建山義紀 36 RHP TEX 12/20、マイナー契約。キャンプは招待選手。
A.J.ピアジェンスキー 35 C CWS 12/20、1年契約で合意
ジェイソン・フレイザー 36 RHP TOR 1/5、1年契約で合意。右投げのベテラン・リリーバー。
ランス・バークマン 37 DH/1B STL 1/7合意。1年+オプションでさらに1年。通算360発
ネフタリ・フェリス 24 RHP TEX 1/18、調停を避け1年契約で合意。今年は復帰なるか?
マット・ハリソン 27 LHP TEX 1/18、調停を避け5年延長で合意。
ジェフ・ベイカー 32 2B ATL 1/26、マイナー契約。
デレク・ロウ 39 RHP NYY 3/6、マイナー契約。MLB通算175勝。

11/28 :フェルドマンはカブスへ

12/2 :マイク・ナポリはレッドソックスへ

12/6:上原投手はレッドソックスへ、ライアン・スピルボーグ(RF)は埼玉西武ライオンズへ

12/8:マイケル・ヤングはフィリーズへ

12/13:ライアン・デンプスターはレッドソックス、ジョシュ・ハミルトンはエンゼルスへ

12/15:マイク・アダムス(中継ぎ投手)がフィリーズへ

1/17:ネフタリ・フェリスが調停を避け1年で再契約。

1/21:デビッド・マーフィー(LF)が調停を避け1年で再契約。

 

 

 

【2013 エンゼルス】

Name Age Pos. 2012 Notes
イズリングハウゼン 40 RHP LAA 未決。12/3引退に傾いていた気持を撤回。複数クラブが食指。
ライアン・マッドソン 32 RHP CIN 11/28合意。1年。フィジカル待ち。通算47勝のリリーフ。TJ手術明け。
トミー・ハンソン 26 RHP ATL 11/30トレード。’12は13勝10敗の先発
ジョー・ブラントン 31 RHP LAD 12/5、2年契約。’08年日本開幕戦で登板。
ショーン・バーネット 29 LHP WSH 12/5、2年契約。左腕のリリーバー。
ジョシュ・ハミルトン 31 OF TEX 12/17、5年$125MMで正式契約。
ジェイソン・バルガス 29 LHP SEA 12/19、モラレスとトレード
フェルナンド・カブレラ 31 RHP NYM 1/11、マイナー契約。’12はメッツ3Aで過ごす。100マイルを投げるが制球が悪い。
アルベルト・カヤスポ 29 3B LAA 2/6、調停を避け、2年契約
チャド・コルデロ 30
RHP
- 2/13、マイナー契約。2005年WSHで47セーブ。2011年に一度引退表明。通算128セーブ。

10/31:アービン・サンタナはロイヤルズへトレード。

11/28 :ライアン・マッドソンを獲得。抑え候補です。

11/30 :ジョーダン・ウォルデンはアトランタへ。

12/4 :カブスとの契約が決裂したダン・ヘイレンはナショナルズへ

12/10:ザック・グレインキーはドジャースへ

12/18:ケンドリス・モラレスはSEAへ

 

 

【2013 マリナーズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
岩隈久志 31 RHP SEA 合意。2年1400万ドル
オリバー・ペレス 31 LHP SEA 11/3、1年再契約で合意。
ロバート・アンディーノ 28B 2B BAL 12/1、J・キニー(中継ぎ)とのトレード。内野のバックアップ。
ジェイソン・ベイ 34 OF NYM 12/5合意。1年契約
ケンドリス・モラレス 29 1B LAA 12/19、バルガスとトレード
ラウル・イバニエス 40 OF NYY 12/22、1年275万ドル+成績
J・ボンダーマン 30 RHP DET 12/22、マイナー契約。先発投手。
マイク・ヤコブズ 33 1B ARI 1/3、マイナー契約。通算100HR
ジョニーヌネス 27 RHP TB 1/11、マイナー契約。’12はレイズの3Aデュラハムに所属。
マイケル・モース 31 OF WSH 1/16、三角トレードでマリナーズへ
ブレンダン・ライアン 30 SS SEA 1/18、調停を避け1年契約で合意。
ケリー・ショパック 32 C NYM 2/7、1年契約でサイン。
フェリックス・ヘルナンデス 27 RHP SEA 2/12、7年のメガディールで再契約
ジョー・ソーンダース 31 LHP BAL 2/13、1年契約。通算78勝。

12/1 :ジョシュ・キニー(中継ぎ投手)、オリオールズへ

12/19:ジェイソン・バルガスはLAAへ

2/1:ミゲル・オリーボ(C)はレッズへ

2/3:RHPのケビン・ミルウッドが引退

2/8:ショーン・フィギンズは解雇になった後、マーリンズと契約。

2/26:マイク・カープはレッドソックスへ

 

 

 

【2013 アストロズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ボー・ポーター 41 監督 WSH 前WSHのサードコーチ
フィリップ・ハンバー 30 RHP CWS 11/30、1年80万ドル。4/21完全試合達成
カルロス・ペーニャ 34 1B TB 12/17、1年契約で合意
ジョン・エリー 26 RHP LAD 12/9、トレードで獲得。リリーフ。

ホセ・ベラス

32 RHP MIL 12/21、1年契約。リリーバー。
リック・アンキール 33 OF WSH 1/17、マイナー契約
エリック・ベダード 34 LHP PIT 1/21、マイナー契約。通算63勝の先発。
ブラッド・ピーコック 25 RHP OAK 2/4、トレードで獲得
クリス・カーター 26 1B OAK 2/4、トレードで獲得

12/4 :リリーバーのウィルトン・ロペスがロッキーズへ

12/19:Rob Rasmussen(若手)はドジャースへ

 

 

 

★ナショナル・リーグ 東地区 (NL East)

 

 

【2013 ナショナルズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
アダム・ラローシュ 33 1B WSH 1/8、合意。2年2400万ドル。
王建民 32 RHP WSH FA未決。WBC後に所属チームが決まりそう。
デナード・スパン 28 OF MIN 11/30合意。トップバッター候補。
ダン・ヘイレン 32 RHP LAA 12/4合意。1年1300万ドル。E・ジャクソンの穴を埋める予定。12/7、フィジカルもOK!
ブライアン・ボケック
(Brian Bocock)
27 SS PHI 12/24:マイナー契約。
イアン・デズモンド 27 SS WSH 1/18、調停を避け1年契約で合意。
ロス・デトワイラー 26 LHP WSH 1/18、調停を避け1年契約で合意。
クレイグ・スタメン 28 RHP WSH 1/18、調停を避け、2年契約で合意。
ラファエル・ソリアーノ 33 RHP NYY 1/17、2年契約で合意。’12年NYYのクローザーで42セーブ。’10年のTB時代にも45セーブを上げている。抑え候補。
クリス・シュナイダー 32 C HOU 2/5、マイナー契約。
マイカ・オーウィングス 30 1B SD 2/6、マイナー契約。’12年より投手から打者に転向!打者としての契約。
J・ジマーマン 27 RHP WSH 2/15、調停を避け1年契約。
クリス・ヤング (Christopher Ryan Young 33 RHP NYM 2/21、マイナー契約。208cmの長身。MLB通算53勝。

12/3: 2012、PHIから獲得したブラッド・リッジが引退を表明。35才。

12/4 :ナッツ、ローテーションが完成! ストラスバーグ→J・ジマーマン→ジオ・ゴンザレス→ロス・デトワイラー→ダン・ヘイレン(順番は未定)

12/5:ショーン・バーネット(LHP)はエンゼルスへ

12/15: ジョン・ラナンはフィリーズへ

12/20: エドウィン・ジャクソン(RHP)はカブスへ

12/21:トム・ゴーゼラニー(リリーフ、LHP)はブルワーズへ

 

 

【2013 ブレーブス】

Name Age Pos. 2012 Notes
マイケル・ボーン 29 OF ATL FA目玉。WSHか?

ジェラルド・レアード

33

C DET 11/16合意。2年契約。
BJ・アップトン 27 OF TB 11/29合意。5年7525万ドル
ジョーダン・ウォルデン 25 RHP LAA 11/30トレード。Max99マイル。
リード・ジョンソン 35 OF ATL 12/6合意。
ラミロ・ペーニャ 27 SS NYY 12/13、1年契約
ジェイソン・ヘイワード 23 OF ATL 1/18、調停を避け1年で合意。
クリス・メドレン 27 RHP ATL 1/18、調停を避け1年で合意。
エリック・オフラハティ
Eric O'Flaherty
27 LHP ATL 1/18、調停を避け1年で合意。
ジャスティン・アップトン 25 OF ARI 1/24、7年契約
クリス・ジョンソン 27 3B ARI 1/24、アップトンとともに移籍。
ショーン・カズマー 28 SS 元SD 3/4マイナー契約。’08シーズン以来のMLB復帰なるか。

11/3 :チッパー・ジョーンズ、引退。

11/29 :BJ・アップトンと合意。

11/30 :トミー・ハンソンはエンゼルスへ

12/4 :エリック・ヒンスキーはDバックスへ

 

 

 

【2013 フィリーズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ホセ・コントレラス 40 RHP PHI FA キューバのエースも既に40才。
ブライアン・シュナイダー 35 C PHI FA未決。
ベン・リベア 24 OF MIN 12/6 ウォーリーとのトレードでPHIへ。昨シーズン40盗塁!
マイケル・ヤング 36 3B TEX 12/9トレード
ジョン・ラナン 28 LHP WSH 12/15合意。1年250万ドル。先発補強。
マイク・アダムス 34 RHP TEX 12/15、2年1200万。セットアップ候補
ロドリゴ・ロペス 37 RHP CHC 1/12、マイナー契約。通算81勝のベテラン。
アーロン・クック 33 RHP BOS 1/16、マイナー契約。通算76勝。
デルモン・ヤング 27 OF DET 1/23、1年75万ドル。2012・ALCS・MVP。ちょっと問題児(^_^;)
ユニエスキー・ベタンコート 31 2B KC 1/28、マイナー契約。キューバ出身。マリナーズに’05-’09まで在籍。通算打率は8年で.266。
チャド・ダービン 35 RHP ATL 1/29、1年契約。オプションで契約延長可。’08-’10までPHIに在籍。リリーバー。

11/19:フアン・ピエールはマーリンズへ

12/5:ネイト・シャーホルツはカブスへ

12/6:マニュエル監督、イチローへラブコール

12/6: 先発ウォーリーはツインズへ

12/8:ジョシュ・リンドブロム、ボニーラがTEXへ

12/20:3Bのポランコはマーリンズへ

1/29:Cのブライアン・シュナイダーが引退を表明。MLB通算13年、1048試合に出場。

 

 

【2013 メッツ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ロニー・セデーノ 39 SS NYM 未決
クリス・ヤング 29 OF NYM 未決
ブランドン・ヒックス 27 SS OAK 11/26金銭トレード。
デビッド・ライト 29 3B NYM 11/30 合意。8年(2020)13800万ドル
トラビス・ダルノー 23 C TOR 12/18、R.A.・ディッキーとのトレード
ノア・シンダーガード 20 RHP TOR 12/18、R.A.・ディッキーとのトレード、有望な若手投手
ベセラ 18 OF TOR 12/18、R.A.・ディッキーとのトレード、有望な外野手
ジョン・バック 32 C TOR 12/18、R.A.・ディッキーとのトレード
コリン・カウギル 26 OF OAK 12/18、若手とトレード
オマー・キンタニーヤOmar Quintanilla 31 SS BAL 1/3、マイナー契約
ペドロ・フェリシアーノ 36 LHP NYY 1/21、マイナー契約。’10年以来のMLB復帰を目指す。’10年はなんと92試合登板!の救援。
スコット・アッチソン 37 RHP BOS 1/29、マイナー契約。元阪神。
ショーン・マーカム 31 RHP MIL 1/31(FA)1年契約。先発要員。通算57勝。
ブランドン・ライオン 33 RHP TOR 2/10、1年契約。’12年は30試合登板の中継ぎ

12/5:ジェイソン・ベイはマリナーズへ

12/13:RHP・マニー・アコスタManny Acostaが読売ジャイアンツへ

12/18:R.A.・ディッキー、トーリー、ニキアスはトロントへ

 

 

【2013 マーリンズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
C・ザンブラーノ 31 RHP MIA 未決
カルロス・リー 36 1B MIA 未決
フアン・ピエール 36 OF PHI 合意。1年160万ドル
ヘンダーソン・アルバレス 22 RHP TOR ブロックバスタートレード
アディニー・エチェバリア 23 SS TOR ブロックバスタートレード
ジェイク・マリスニック 21 OF TOR ブロックバスタートレード
アンソニー・デスクラファニー 21 P TOR ブロックバスタートレード
ジャスティン・ニコリーノ 20 P TOR ブロックバスタートレード
ジェフ・マティス 29 C TOR ブロックバスタートレード
プラシード・ポランコ 36 3B PHI 12/20:1年契約
ジョン・メイン 31 RHP NYM 12/23、マイナー契約。通算41勝33敗の先発。
ダグ・マシス 29 RHP 千葉 1/6、マイナー契約。’12の途中からロッテで投げた(1-4)。もともとはレンジャーズに所属していた。
ショーン・フィギンズ 35 3B SEA 2/8、マイナー契約
ケイシー・コッチマン 30 1B CLE 2/15、マイナー契約。

11/13 :J・ジョンソン、M・バーリー、J・レイエスがTORへ移籍。>>ブロックバスタートレード

12/4: 11/19にBBトレードでトロントから獲得したユネル・エスコバーをレイズへトレード。

 

 

 

★ナショナル・リーグ 中地区 (NL Central)

 

【2013 レッズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ジョナサン・ブロクストン 28 RHP CIN 11/29合意。3年2100万ドル
ライアン・ラドウィッグ 34 OF CIN 12/4再契約合意。1年2500万ドル。→500万ドルのミューチュアルオプションが決裂、再びFAに→12/7、2年で再合意。金額は不詳。
スコット・ローレン 35 3B CIN 12/7クラブ側は再契約に意欲的。
チェ・シンス 30 RF CLE 12/11三角トレード
ジェイソン・ドナルド 28 3B CLE 12/11三角トレード
ジャック・ハナハン 32 3B CLE 12/12、2年契約
ディオナー・ナバーロ 28 C CHC 12/14 1年117万ドル
シーザー・イズチュリス
(異母兄)
32 SS WSH 1/14、マイナー契約。

今オフ、LAA→TORへ写ったマイサー・イズトゥリスは異母弟。

ローガン・オンドルーセック 27 RHP CIN 1/17、調停を避け2年で再契約。3年連続60試合以上に登板のリリーバー。
アーマンド・ガララーガ 31 RHP HOU 1/22、マイナー契約。’10年誤審で完全試合を逸するも、審判を許した器量大のあの投手です。
マニー・パーラ 30 LHP MIL 2/1(FA)、1年契約。先発候補。
ミゲル・オリーボ 34 C SEA 2/1、マイナー契約。マリナーズにいたいい捕手です。
マーク・プライアー 32 RHP 元CHC 3/1、マイナー契約。99マイル投手。’03年に18勝も、その後怪我で低迷。復帰なるか

11/28: エンゼルスがマッドソンと1年契約(フィジカルチェック待ち)で合意しそうなので、レッズはブロンクストンと再契約する見込み。これでチャップマンは先発ローテ入りになりそうです。

11/29:ブロンクスが合意。→チャップマンは先発ローテ入りへ

12/11:ドリュー・スタッブスはCLEへ、ディディ・グレゴリウスはARIへ

1/27:ロン・メイヘイ(41才:RHP)は引退。

 

 

【2013 カージナルス】

Name Age Pos. 2012 Notes
カイル・ローシュ 34 RHP STL FA目玉。

ランディー・チョート(Randy Choate

37 LHP LAD 12/5合意。3年7500万ドル!40才まで!左殺しのスペシャリスト。’12は80試合
タイ・ウィギントン 35 3B PHI 12/17、2年契約。
J.R. トーレス 28 C HOU 12/19、マイナー契約
エドワード・ムヒカ 28 RHP STL 1/18、調停を避け1年契約で合意。
ロニー・セデーニョ 30 SS NYM 1/29(FA)、1年契約。いいショートです。
マーク・ゼプチンスキー

Marc Rzepczynski

27 LHP STL 2/1、調停を避け1年契約。’12は70試合に登板の鉄腕リリーバー。
ジェイソン・モッテ 30 RHP STL 1/22、調停を避け、2年で再契約。
デビッド・フリース 29 3B STL 2/8、調停を避け1年契約。
アレン・クレイグ 28 1B STL 3/8、5年契約に延長。2013-17。Optで2018年も。’12シーズン22HR。

11/19: ブランドン・ディクソン、NPBのオリックスへ移籍。

12/13:シューメイカーはドジャースへ

1/8:ランス・バークマンはレンジャーズへ

 

 

 

 

【2013 ブルワーズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
アレックス・ゴンザレス 35 SS MIL 2/8、1年契約でサイン。
F・ロドリゲス 30 RHP MIL 未決。Kロッドです。
バーク・バンデンホップ 29 RHP TB 12/3移籍。‘12は3-2、3.03ERA。
トム・ゴーゼラニー 30 LHP WSH 12/21、2年契約。リリーバー。
マイケル・ゴンザレス 34 LHP WSH 12/28、1年契約。リリーバー。
ジョン・アックスフォード 29 RHP MIL 1/18、調停を避け1年契約で合意。
ボビー・クロスビー 33 SS -- 1/22、マイナー契約。かつてのOAKの名ショート。10’年ARIでの出場以来のMLB復帰を目指す。’11/’12はマイナーでの出場記録もなし。

12/3: レイズへのバンデンホップの交換要員として出したのは、元LADのラウル・モンデシーのJr。

12/20:トラビス・イシカワはオリオールズとマイナー契約

1/24:ナイジャー・モーガン(OF:32才)横浜DeNAへ。MLB6年で117盗塁。2009年が42個。←これがピークか。問題児(乱闘多し)

1/24: トレアルバ(ダルさんの元相棒)はロッキーズとマイナー契約。

2/1:ショーン・マルカム(30才、RHP)はメッツへ

 

 

 

【2013 パイレーツ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ジェイソン・グリーリ 36 RHP PIT 12/12、2年で合意。リリーフで2012は64試合に登板。’13はクローザー
チャド・クオルズ 34 RHP PIT リリーフ。2012は60試合に登板
Vin Mazzaro 26 RHP KC 11/29トレード。通算15勝。
Clint Robinson 27 1B KC 11/29トレード。’12デビュー。
Zach Stewart 26 RHP BOS 11/29トレード。!11デビュー。
ラッセル・マーティン 29 C NYY 11/30合意。2年1700万ドル。ヤンキースの正捕手。
V・マッツァーロ 26 RHP KC 11/29 その他BOSの若手3名とともに移籍。’12は4勝の先発投手。
F・リリアーノ 29 LHP CWS

12/21合意、2年契約→2/8、1年プラスオプションで翌年という契約に変更。

イバン・デヘスース・Jr. 25 2B BOS 12/26、ハンラハンとのトレード
マーク・メランソン 27 RHP BOS 12/26、ハンラハンとのトレード
ジェリー・サンズ 25 OF BOS 12/26、ハンラハンとのトレード
ギャビー・サンチェス 29 1B PIT 1/18、調停を避け、1年契約で合意。
ジェフ・カーステンス 30 RHP PIT 1/18、1年契約で合意。
ジョナサン・サンチェス 30 LHP COL 2/6、マイナー契約。通算39勝の先発。
ブランドン・インジ 36 3B OAK 2/12、マイナー契約
ホセ・コントレラス 41 RHP PHI 2/23、マイナー契約

12/10:ケビン・コレイアはツインズへ

12/13:抑えのハンラハンの行方に注目→12/23:ハンラハンはレッドソックスと合意。

2/8:正捕手ロッド・バラハス(38)はDバックスへ

 

 

 

【2013 カブス】

Name Age Pos. 2012 Notes
ショーン・キャンプ 37 RHP CHC 1年契約で合意。リリーフ。2012は80試合に登板
スコット・ベイカー 31 RHP MIN 合意。通算7年で63勝48敗の先発

スコット・フェルドマン

29

RHP

TEX 11/28 合意。1年600万ドルプラス出来高
藤川球児 32 RHP 阪神 12/1合意。2年950万ドル
ネイト・シャーホルツ 28 OF PHI 12/5合意。1年225万ドル
ディオナー・ナバーロ 28 C CIN 合意。1年1175万ドル。

イアン・スチュアート

27 2B CHC 12/6合意。1年200万ドル+出来高50万ドル
イム・チャンヨン 36 RHP YS 12/13、2年500万ドルで合意。

エドウィン・ジャクソン

28 RHP WSH 1/2正式合意。4年総額5200万ドル

カルロス・ビラヌエバ

28 RHP TOR 12/20合意。→1/26、2年契約で合意。
N・シャーホルツ 28 OF PHI 12/21、1年契約。
高橋 尚成 37 LHP PIT 12/27、マイナー契約
ルイス・バルブエナ
Luis Valbuena
27 3B CHC 1/10、調停を避け再契約。
ブレント・リリブリッジ 29 OF CLE 1/10、マイナー契約。ユーティリティ。
ジェームス・ラッセル 27 RHP CHC 1/18、調停を避け1年契約で合意。
ジェフ・サマージャ Jeff Samardzija 27 RHP CHC 1/18、調停を避け1年契約で合意。
マット・ガーザ 29 RHP CHC 1/18、調停を避け1年契約で合意。
スコット・ヘアストン 32 LF NYM 2/11、2年契約。野球一家。LADのヘアストンは兄。

11/26 :1塁手のブライアン・ラヘアが福岡SBホークスへ

 

 

 

★ナショナル・リーグ 西地区 (NL West)

 

【2013 ジャイアンツ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ジェレミー・アフェルト 33 LHP SFG 11/15合意。3年1800万ドル。
オーブリー・ハフ 35 1B SFG 未決。背番号17。
エンジェル・パガン 31 OF SFG 12/3再契約合意(間近!)。4年4000万ドル
マルコ・スクータロ 37 2B SFG 12/5再契約合意。3年2000万ドル。NLCSのMVP
ライアン・テリオ 32 2B SFG 未決。
ブラッド・ペニー 34 RHP SFG 未決。通算119勝の先発。
ギレルモ・モタ 39 RHP SFG 未決。通算12年目のリリーフ
フレディー・サンチェス 34 2B SFG 未決。通算打率.297
アンドレ・トーレス 34 OF NYM 12/13、SFGへ復帰
サンティアゴ・カシーラ 32 RHP SFG 12/18、3年1500万ドルで再契約
田中賢介 31 2B 日ハム 1/10、マイナー契約。STは招待選手としてメジャーに参加。
セルジオ・ロモ 30 RHP SFG 2/6、調停を避け2年契約。’12年はクローザーとしてWS制覇。

 

12/1 :ノンテンダー(来季の再契約も申し出なし)にウィルソン激怒。1/14にはメッツへの移籍の話が出ているとの報道。

1/18:以下の選手が、調停を避け1年契約で合意。グレゴール・ブランコ(OF)、ハンター・ペンス(OF)、バスター・ポージー(C)、ホセ・ミハレス(LHP)

 

 

【2013 ドジャース】

Name Age Pos. 2012 Notes
ボビー・アブレイユ 38 OF LAD 未決。
トッド・コフィー 32 RHP LAD 未決。’12は18セーブ。
アダム・ケネディ 36 3B LAD 未決。’12は86試合に出場
ジェイミー・ライト 37 RHP LAD 未決。’12は66試合に登板
ブランドン・リーグ 29 RHP LAD 11/2合意。3年。
ザック・グレインキ 29 RHP LAA 12/12正式合意、6年$147MM
S・シューメイカー 32 2B STL 12/12、1年150万ドル
リュ・ヒョンジン 25 LHP 12/10、6年30億円
J.P. ハウエル 29 LHP TB 1/7、1年契約。元レイズのリリーバー
ブライアン・バーデン 31 SS 広島(2011) 1/10、マイナー契約
マーク・ロウ 29 RHP TEX 2/8、マイナー契約。’12年は36試合登板の中継ぎ。
ケビン・グレッグ 34 RHP BAL 2/10、マイナー契約。中継ぎ。通算144セーブ。
ショーン・ホワイト 31 RHP SEA 2/20、マイナー契約。中継ぎ。

12/4:シェーン・ビクトリーノはレッドソックスへ

12/5 :ランディー・チョートはカージナルス、ジョー・ブラントンはエンゼルスへ

1/18:以下の選手たちが調停を避け1年契約で合意。

A.J.エリス(C)、ロナルド・ベリサリオ(RHP)。

 

 

【2013 ダイヤモンドバックス】

Name Age Pos. 2012 Notes
ヘンリー・ブランコ 41 C ARI 未決。ベテラン捕手
ジェラルド・レアード 33 C DET 合意。2年契約。
クリフ・ペニントン 28 SS OAK 10/20三角トレードで移籍→1/22、調停で2年契約。
ヒース・ベル 35 RHP MIA 10/20三角トレードで移籍
マット・レイノルズ 28 LHP COL 11/20、R・Wheelerとのトレード。’12は71試合に登板のリリーフ
エリック・ヒンスキー 35 3B ATL 12/4合意。実績抜群の刺青野郎です(893風の絵柄、半袖がキられるように背中と肘まで)。
エリック・チャベス 35 3B NYY 12/5合意。1年契約。GG賞6度受賞、元OAKのスター。
ウィル・ニエベス 35 C ARI 12/5合意。再契約。控えの捕手。

B・マッカーシー

29 RHP OAK 12/7合意。2年1550万ドル
ディディ・グレゴリウス 22 SS CIN 12/11三角トレード
トニー・シップ 29 LHP CLE 12/11三角トレード
ラース・アンダーソン 25 1B CLE 12/11三角トレード 獲得後ウェーバーへ公示。結局レッドソックへ。
コーディー・ロス 32 OF BOS 12/22、3年2600万
J.J. プッツ 36 RHP ARI 1/14、調停を避け再契約。通算183セーブの剛球クローザー。
マーティン・プラド 29 2B ATL 1/24、J・アップトンとのトレードで移籍。1/31、4年契約で合意。
ランドール・デルガド 22 RHP ATL 1/24、J・アップトンとのトレードで移籍。
ロッド・バラハス 37 C PIT 2/8、マイナー契約。’12年のパイレーツの正捕手。
トニー・カンパーナ 27 OF CHC 2/18、カブスからトレード

※Dバックスは若手でいい選手を出すかもしれません!補強に注目です。

11/20: 内野手ライアン・ホウィーラーはCOLへ

12/11:マット・アルバース、トレバー・バウアーはインディアンズへ

12/28:斎藤隆投手は東北楽天へ

1/12:ジェフ・ブラム(39才、3B)は引退。

1/24:ジャスティン・アップトン(OF)、クリス・ジョンソン(3B)はATLへ

1/25:マット・リンドストロムはホワイトソックスへ

 

 

【2013 パドレス】

Name Age Pos. 2012 Notes
ジェイソン・マーキー 34 RHP SD 12/3再契約合意。1年300万ドル。’12は22試合に先発
タイソン・ロス 25 RHP OAK 11/16、Aパリーノ他とトレード。先発要員。’12は2勝11敗。
フレディ・ガルシア 37 RHP NYY 1/28、マイナー契約。通算145勝。
チェイス・ヘッドリー 29 3B SD 1/30、1年再契約

※松坂投手が入団希望。注目です。11/28パドレスは松坂投手か、エンゼルスの

ダン・ヘイレンを狙っています。

11/16 :内野手アンディー・パリーノはOAKへ

1/18:以下の選手たちが調停を避け1年契約で合意。

ジョン・ベーカー(C)、エバース・カブレラ(SS)、ジョー・サッチャー(LHP)、エディンソン・ボルケス(RHP)ウィル・ベナブル(OF)

 

 

 

【2013 ロッキーズ】

Name Age Pos. 2012 Notes
ジェフ・フランシス 31 LHP COL 12/19再契約(1年)合意。’12は24試合6勝。
ジョナサン・サンチェス 30 LHP COL 未決。元SFG’08年7月ノーヒッター
ライアン・ホウィーラー 24 3B ARI 11/20、Mレイノルズとトレード

ウィルトン・ロペス

29 RHP HOU 12/4合意。深いイニングで出てくるリリーバー。
ミゲル・バティスタ 41 RHP ATL 1/18、マイナー契約。通算102勝。
ヨービット・トレアルバ 34 C MIL 1/24、マイナー契約。ダルビッシュ投手の元相棒。TEX→TOR→MILと1年で3チームに所属した。
ジョーリス・チャシーン Jhoulys Chacin 25 RHP COL 1/26、調停を避け、2年で再契約。

11/20 :マット・レイノルズはDバックスへ

12/4 :ロペスの交換要員、Alex White (24才、3A)と Alex Gillingham(23才、シングルA) がHOUへ

2/9:ジェイソン・ジアンビがインディアンスとマイナー契約。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

【PR】

日本時間2012年12月28日、ニューヨークで行われた

松井選手の引退表明会見の全文書き起こしです。

質疑応答は簡略化しております。

松井秀喜選手 現役引退表明会見ノーカット(12/12/28)

 

私、松井秀喜は本日を持ちまして、20年間に及びましたプロ野球選手人生に区切りをつけたいというふうに思い、20年間応援してくださったファンの皆様、そして報道関係の皆様に、感謝の気持ちを伝えたく思い、このような記者会見を開かせていただきました。

この決断に至った一番大きな原因としましては、今年のシーズン、まあ3ヶ月くらいしかプレーは出来なかったんですけど、少し今までにない初めてのかたちでのスタートとなりまして、マイナーリーグからスタートしまして、メジャーリーグに上がり、そこでですね、最初は、多少、結果も出たんですが、その後、たくさんのプレーする機会をいただき、非常に重要な、、、だいたい試合に出るときはクリーンナップという形で出させていただいたにもかかわらず、結果が振るわなかったという、そのことが一番の大きな要因だと思います。

僕が10年前にメジャーに挑戦するときにですね、命がけでプレーし、メジャーという場で力を発揮するという気持ちでこの10年間やってきましたが、やはり先程も言いましたが、結果が出なくなったということで、その命がけのプレーもここで一つの終わりを迎えたんじゃないかなと思います。

僕の野球人生をですね、振り返りますと、北陸の小さな町で生まれ育ち、そこで野球を始め、地元の高校に進学しまして、小さな時からの目標だった高校野球で甲子園に出るという目標を達成することが出来ましたし、そこで、注目していただき、高校3年生の時に、ジャイアンツからドラフト1位で指名していただくという、、、長嶋監督に、当時の長嶋監督にですね、くじを引いていただき、ジャイアンツに入団するというすごい光栄なことだったと思います。

そしてジャイアンツで長嶋監督に出会い、日々、毎日のようにですね、二人きりで指導していただき、その日々がその後の僕の野球人生にとって本当に大きな礎(いしずえ)になったと思います。


その出会いに関しましては僕にとっては本当に大きなものでしたし、長嶋監督には感謝してもし尽くせないくらいの気持ちでいっぱいです。

そしてジャイアンツでも10年間で3度の日本一になることも出来ましたし、大変、日々幸せな、充実した時間をジャイアンツで過ごさせていただきました。

 

僕が外野のセンターにコンバートされる時にですね、長嶋監督からジョー・ディマジオのような選手を目指せというふうな言葉をいただいて、、、当時の僕はまだジョー・ディマジオという、、もちろん名前は知っていましたけど、ヤンキースというチームがですね、どのようなチームなのかということもぼんやりとしたイメージしかなかったんですけど、その言葉がずっと僕の頭の中に残り、

1999年のオフ
だったと思うんですけど、その年は日本シリーズに進出することが出来ず、ちょっとオフに時間ができて、NYのヤンキースの試合を1回でいいから見てみたいと思って、来たんですが、そこで見たヤンキースのゲームが僕にとっては大きな、何か運命だったような気がします

やはりヤンキー・スタジアムでヤンキースの選手たちが放っている空気といいますか、そしてヤンキース・スタジアムの雰囲気、これは本当に一言で言い表わせられないくらいの、衝撃を受けて


その3年後に自分がFAになるということはわかっていたんですけど、そこで3年後にこのチームに欲しいと言われるくらいの選手になりたいという気持ちで、その後ジャイアンツの4番バッターとしてやっていくんだという気持ちでやってきました。

そして3年後に、まあ10年前ですけど、ようやくヤンキースに誘っていただき、、、当時は本当に悩んでですね、苦しい想いもし、移籍するということに対しては厳しい想いもしましたが、、、、あこがれのヤンキースのユニフォームに袖を通して、7年間もプレーできたということは、僕にとっては本当に最高の出来事であったし、また最高に幸せな日々でした。

ヤンキースの一員として初めてヤンキー・スタジアムでプレーした日のこと、そしてヤンキースの選手として最後にヤンキー・スタジアムでプレーした日のことは、おそらく一生忘れることなく、僕の心の中にずっとあり続けるとおもいます。


その後もですね、エンゼルス、アスレチックス、そして今年のレイズと、1年ずつでしたが、プレーする機会をいただき、なかなか力になり切れない部分もありましたが、素晴らしいチームでプレー出来たことは僕の人生にとっては非常に大きな意味のあることだったと思います。

ここ、1-2年くらいからですね、成績も若干下がり気味になってきまして、5-6年前くらいからですかね、両膝の調子もあまりよくない時期もあり、手術もしまして、体力的にも多少下り坂な中で、手術した後もなんとか騙し騙しやってこれたと思いますが、今日こういうかたちで皆様にご報告することになりました。

この20年間、本当にたくさんのファンの方に応援していただき、それが僕の大きなチカラになりました。そして素晴らしい指導者の方と出会い、素晴らしいチームメイトと一緒にプレーすることが出来たことは、僕にとってはおそらく一番大きな誇りなんじゃないかなと思います。

今後につきましては、まだ本当にハッキリ決めたのはですね、、、決めてからまだあまり時間は経っていませんので、今後につきましてはまだあまり決めておりませんが、少しココでゆっくりしながら、今後のことは考えていきたいと思っております。



本当に20年間、ファンの皆様、あたたかい声援をくださり、ありがとうございました。(フラッシュの嵐)、、、以上です。

 

↓初めてヤンキー・スタジアムでプレーした日のこと


【動画】Matsui's grand slam(2003年4月8日)

 

↓ヤンキースの選手として最後にヤンキー・スタジアムでプレーした日のこと


【動画】WS2009 Gm6 Recap: PHI 3, NYY 7(2009年11月4日)

 

ちなみに松井選手の現役時代最後のヤンキー・スタジアムはこれでした→現地2012年6月6日

 

 

【質疑応答】(簡略)

こんにちは(^^)

14日の記事でハミルトンがエンゼルスへの移籍が決まった時に、

薬物とアルコールで荒れた時期があったと書かせていただきました。

その際に、刺青やドラッグ、アルコールにおぼれてしまった経緯を後日

ご報告と書かせていただいていましたので、本日はその記事を。

 

■まるで大谷投手のような破格の存在の高校時代


高校時代のハミルトンは投・打・走にわたり超一級品でした。

ノースカロライナ州のアセンズ・ドライブ・ハイスクール時代は、

60ヤードダッシュ(54.864m) 6秒7の走力に加え、

マウンドに上がれば96マイル(154.49キロ)を計測(^_^;)

高校生の左投手でで154キロなんて信じられませんね。しかも

平均で150キロ以上を投げていたというのですから、想像できませんね!

投球の成績は7勝1敗、防御率2.50、56回を投げて91奪三振!!

打撃の方は、25試合で打率(.529)、HR(13)、盗塁( 20)、打点( 35)、

得点( 34 )というほとんどやりたい放題のような飛び抜けた能力を

発揮していました。ちょうど今でいう日ハムの大谷投手のような存在でした。

いや、それ以上かもしれません。

ベースボール・アメリカ(Baseball America)というアマチュアや

プロスペクトにフォーカスしたサイトがあるのですが、そこの1999年

の年間最優秀選手賞に輝いています。

打撃(ミート力)、パワー、走塁(スピード)、守備、送球(肩の強さ)
の5部門で秀でた能力を持つ”5 Tool Player”と呼ぶのですが、まさしく
ハミルトンこそその選手といったわけでプロのスカウトは色めき立ったのでした。

 

ベースボールアメリカの年間最優秀選手賞のリストです。

ジョー・マウアーや、カズミア、ホーマー・ベイリー、

ジャスティン・アップトンなどの名前も見えます。

1999hs of the year bba

Baseball Americaより

 

そして1999年のアマチュアドラフトで全体1位の指名を

タンパベイ・デビルレイズから受け入団。ちなみにこのときの

全体2位は現ドジャースのジョシュ・ベケット。ベケットは

マーリンズからの1位指名でした。

 

プロに入ってからも順調そのもので、1999年の1年目のシーズンは

ルーキーリーグとシングルAの2チームに所属。72試合を経験し、

打率(.312)、HR(10)、打点(55)、盗塁(18)、

2年目の2000年は1年を通じてシングルAに所属し、96試合を通じ、

打率(.302)、HR(13)、打点(61)、盗塁(14)を記録。

着実に経験を積んでいました。

 

ハミルトンの若いころの動画です↓

Princeton Devil Raysのジャージを着ているので、1999年のルーキーリーグ

での試合です。ライトにホームランを放っています。フォロースルーが今と同じ。

ホームで出迎えている”24”の選手は、BOS→LADのカール・クロフォード

らしいです。

【動画】Young Hamilton (1999)

 

■転機となった自動車事故

ところが、2001年シーズンの開幕前のスプリング・トレーニング中、

転機が訪れます。ゲームを観戦してくれた両親とともに交通事故に

巻き込まれてしまったのです。両親も怪我を負い、ハミルトンも怪我をした

のですが、この時に背中を傷めてしまいます

これが荒れた原因になったのでした。背中をナイフで刺したような

激しい痛みが襲うものの、どのドクターに診てもらっても、「問題はない」と

の診断を下すばかりで、痛みの原因を突き止められなかったのでした。

ここまで順風満帆で来た人間が味わう初めての挫折です。

2001シーズンはダブルAに昇格するも、1年を通じて27試合の出場に留まり、

HR(1)、打率(.200)と低迷。

しかも原因がわからない痛みとの闘いに、次第にやけになっていくハミルトン。

いくら野球でうまく行っていたとは言え、中身は普通の若者です。

突然の挫折にやけになるのはすごく自然なことだったと思います。

辛い現実を紛らわすかのように頼るのはアルコールとコカインでした。

2002年7月には薬物使用が発覚し、25日間の出場禁止処分が下され、

更生施設への入所へ。

気がつけば、身体中に刺青を施していました。

josh hamilton, tattoo, tampa rays, arms

目も危なかった当時のハミルトン

 

2003年にはスプリング・トレーニングで遅刻を繰り返し、何度も

薬物検査にひっかかったのでした。そして2004年2月に2回目の

出場停止処分がくだされ、事実上の球界追放となってしまいます。

 

■まだまだ地獄は続く

2004年からの2年間は野球から完全に離れます。その間なんと8度も

薬物更生施設への出入りを繰り返したのでした。

わかっちゃいるけど、やめられないという時期だったのではないでしょうか。

で、またそんな自分を嫌いになるという地獄のような日々を過ごしたと

思います。当然、自殺という最悪の選択肢も頭によぎったと言います。

 

■再起へ

幾度となく繰り返された愚行もようやく治まる時期が来ました。

2005年の終わりには完全にアルコールや薬物の使用を絶つことに成功!

2006年からトレーニングに励み、独立リーグから入団の打診を受けます。

MLBはデビルレイズに保有権を認め、週3回の尿検査を条件に復帰を認める

ことに。2006年6月にシングルAのチームでようやく復帰することができた

のでした。

 

しかし2年以上のブランクゆえ、膝を傷め15試合の出場に

終わります。50打数13安打、HRなし、打率.260。デビルレイズはこの怪我で

40人枠からハミルトンを外し、ここでルール5ドラフトにより、

カブスがハミルトンを指名。カブスは株でも売買するかのように、

即座に10万ドルで(半分はルール5ドラフトの制度上のコストです)

レッズに譲渡したのでした。

ハミルトンを獲得したレッズは2007年にその長打力の復帰をみて、

25人枠のロスターに入れ、プロ入り8年めにしてようやくMLBに

昇格したのでした。

 

2007年の成績は、試合数(90)、打率(.292)、HR(19)、RBI(47)、

盗塁:SB(3)、OBP(.368)、SLG(.554)、OBP(.922)。

そしてこの年の終わりに、レンジャーズへトレードされ、

ご存じの通りの地位を獲得したのでした。

 

↓レンジャーズに移ってからの成績を載せてあります(^^)

e6J・ハミルトンがエンゼルスへ!5年1億2500万ドルで合意

 

有名選手が故障をして人生が狂い、闇の世界へとはよくある話です。

コカインやアルコールへの依存はなんとか思いとどまって欲しかった

ところですが、よくぞ重大犯罪を犯さずに踏みとどまったと思います。

日本なら893に入っていたかもしれません。

順風満帆すぎたからこそ、原因不明の背中の痛みによる不調は

想像も出来ないほどの辛いことだったと思います。

やはり本人や両親に何か人徳のような素晴らしいものがあったからこそ、

立ち直れたのではないでしょうか?

 

■映画化

ハミルトンのこのストーリーは、2012年6月に映画化されることが

決定しました。上映時期は未定です。

監督・脚本を担当するのは、今般CIAのアメリカ大使館人質救出作戦を

描いた『アルゴ』で絶賛されている監督兼俳優のベン・アフレックの

の、ケイシー・アフレックが務めます。

ケイシー・アフレックは若いころ、『グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ 』

に出演しています(主演はマット・デイモン、兄貴のベン・アフレックも

出ています)。

ケイシー・アフレックは兄貴同様、レッドソックス好きかもしれません(^^)

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

1974年にフランク・ジョーブ博士が当時ドジャースの投手であった

トミー・ジョンに肘の腱の移植手術を行なってから今まで、

投手だけで延べ231名がトミー・ジョン手術(MLBの投手だけ)を

行なっています。

そのうち一人で2回受けた投手が12名がいますので、MLBの投手だけで

243回施術されていることになります。

マイナーリーガー、野手、他の国のリーグの選手を含めると、

500例はゆうに超える施術だと思われます。

 

このうち現役の有名投手だけでも、

スコット・ベイカー(カブス)、ストラスバーグ(ナショナルズ)、

カプアーノ(ドジャース:2度)、チェンバレン(ヤンキース)などなど

非常に多くの選手が手術を経験しています。

 

このトミー・ジョン手術には法則のようなものがあり、

手術から復帰して2シーズン目の成績は飛躍する!というものです。

 

たとえば、このような実例が↓

 

Name

Team

施術

復帰

復帰2シーズン目成績
Yr (W-L-Save/ERA)

S・Strasburg WSH ’10.8.27 ’11.9.6 ’12(15-6/3.16)
Tim Hudson ATL ’08.8 ’09.9 ‘10(17-9/2.83)
Josh Johnson TOR ’07.8.2 ’08.7.10 ’09(15-5/3.23)
C・ Carpenter STL ’07.7.24 ’08.7.30 ’09(17-4/2.24)
A.J. Burnett PIT ’03.4.29 ’04.6.3 ’05(12-12/3.44)
R・Dempster BOS ’03.8 ’04.8.1 ’05(5-3-33/3.13)
John Smoltz 1988-2009 ’00シーズン前 ’01.5.17 ’02(3-2-55/3.25)

↑トミー・ジョン手術から2シーズン目に飛躍した成績を上げた投手

 

ご存じ、ストラスバーグは’10年夏に施術し、翌年秋に復帰。

そして復帰後2シーズン目の’12年、イニング制限はかけられたものの、

15勝6敗という素晴らしい成績を上げました。

 

ティム・ハドソン、ジョシュ・ジョンソン、クリス・カーペンター、

A.J.バーネットなどの先発投手も手術から復帰後の2シーズン目に

いい結果を残しています。

 

引退した投手で際立っているのはやはりジョン・スモルツです。

ブレーブス時代の2000年シーズン開幕前に手術を受け、その年を

全休。01年に復帰し、その年の6月からクローザーに転向します。

そして復帰2年めの02年にはなんと55セーブを記録し、クローザーとして

の地位を不動のものにしました。

 

今挙げさせていただいた7例のほかに成功した投手はもっといます。

際立った成績の人だけあげさせていただきました。

復帰3シーズン目以降にナックルボールを覚え、数字が伴い始めた

キャンディオッティの例もあります。

そして復帰できたものの数字が伴わなかった投手も多いとおもいます。

すべての投手に当てはまる法則ではないかもしれませんが、

もともと力のあった投手が復帰した例は多いです。

 

何が言いたいかといいますと、

松坂投手は2013年、飛躍する!!

と言いたいのです(^^)

2011年6月10日に施術し、2012年6月9日の

インターリーグのWSH戦で復帰を果たしました。

松坂投手にとって復帰2年目のシーズンが2013年なのです。

必ずやいい投球を見せてくれるシーズンになるはずです。

出来ればナ・リーグで投げて欲しい、そんなふうに考えています。

なぜ争奪戦にならないのか?かなり不思議に思います。

 

なぜ復帰2シーズン目に飛躍するのかといいますと、

トミー・ジョン手術を受けると、どうやらスピードが2-3キロは

増すらしいです。これがテクニカルの面で大きいのではないかと

言われています。 あとは個人的な考えですが、投手生命の危機

という瀬戸際に立たされて、あらためて投げられる喜び自体を

ありがたいと思う人も多いのではないかと思います。

だから手術前以上に真剣にマウンドに上がるとか。

こればかりは実際に手術を受けて復帰した人でないとわからない

ことですね(^_^;)

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

 

こんにちは(^^)

マヤ暦の件はスルーでき、とりあえず

人類はクリスマスを迎えることが出来ました(^^)

 

クリスマスらしい写真を。 なかなかクリスマスのタイミングで

ニューヨークに行く事がないので、6年前!(古!)の写真ですが、

さすがアメリカという演出の写真です。

ロックフェラーセンターのスケートリンク横のツリーです。

ビルに雪が舞い降りる演出がされていて綺麗でした。

当時は画期的!と思ったのですが、今では東京駅の投影がすごい

らしいですね。

kurisumas

ロックフェラーセンターのクリスマスイルミ(’06)

さて、今日の日本のネットニュースでマリナーズが松坂投手の獲得を

視野に入れているというのがありました。

出処はこれです→NBCスポーツ

 

松坂投手のことを考えれば、一番はMLBで次の所属先が見つかること

ですから、西であろうが、東であろうがとにかくオファーがあることに

越したことはありません。

 

ただ、一ファンの見解ですが、できればナ・リーグでプレーして欲しい

理由は単純です。投手も打席に立つから

プロに入ってからNPBでも打席に立つことが少なかった松坂投手ですが、

この人は投球オンリーより、打席に立ち、走塁もしてというスタイルの

方が合っているのではないかと思うのです。

 

↓MLB.comのアーカイブに残っていた松坂投手の唯一の「ヒット」動画

【動画】Dice-K's RBI single(2010年6月24日)

 

投手が打席に立つと、怪我のリスクが高まりますし、走塁で疲れも出ますし、

色々なデメリットがありますが、一方で、メリットもあると思うんです。

投球でミスした場合は、バントなり、進塁打なり、あるいは

タイムリーヒットなどで、ミスを挽回することが出来ます。そうすると、

投球に勢いやリズムが生まれて割りと早く立ち直ることができるなど。

 

松坂投手は多少荒い感じのスタイルが売りだと思いますから、

ゲーム中は神経質に投球に気を使うより、打者にもなって

別の視点からゲームに入ることも必要なんじゃないかなと

思うのです。

 

ストラスバーグがシルバースラッガー賞をもらいましたが、

松坂投手の打撃をMLBでも見てみたいです。たぶん3HR/年くらいは

打つんではないでしょうか?

 

松坂投手は今のところ、マリナーズ(AL)かパドレス(NL)と

言われていますが、どうなるのでしょう。

アストロズなど先発が足りないんですから、積極的に獲りにいけば

いいと思うんですが、、、2012はレッドソックスと6年契約最後の年で

年俸は約1000万ドル。代理人のボラス氏はどれくらいのオファーを

見込んで交渉しているのかみものですが、1000万ドル以下で

話しを進めているのではと予想します。

 

ちなみに、トミー・ジョン手術を受けて2年目の投手は

大躍進しています!!! これは後日、記事を書きます(^^)

 

↓松坂、岡島、岩村が活躍した2008年のALCS Gm1

【動画】Instant Rewind: ALCS Game 1(2008年10月10日)

 

松坂投手のレッドソックスでのキャリア

Year Age Gm W L ERA IP SO WHIP

2007

26

32

15

12

4.40

204.2

201

1.324

2008

27

29

18

3

2.90

167.2

154

1.324

2009

28

12

4

6

5.76

59.1

54

1.871

2010

29

25

9

6

4.69

153.2

133

1.373

2011

30

8

3

3

5.30

37.1

26

1.473

2012

31

11

1

7

8.28

45.2

41

1.708

6yrs

-

117

50

37

4.52

668.1

609

1.418

 

【編集後記】

キリストの誕生日も神聖な素晴らしい日ですが、

私にとっては23日の今上天皇の誕生日も神聖です(^^)

23日は氏神様に感謝の参拝をしてまいりました。

このブログを読んでくださっている皆様が素晴らしい

年末年始を過ごされますように。

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

「レンジャーズ有力」の噂だった、ヤンキースからFAの

ニック・スウィッシャー(Nick Swisher)でしたが、

一転、

インディアンズとの大型契約が決まりました!

両者はすでに合意済みで、フィジカル検査待ちの段階です。

クリスマス・ホリデー明けにも正式発表となる見通しです。

【動画】Swisher, Indians agree to terms

 

 

■オプションの内容が面白い契約

 

スウィッシャーの契約は2016年までを保証した4年5600万ドル

(約47億2000万円)。それに加えて2017年に1400万ドルの年俸で

再契約できるオプションがついています。そのオプション成立の条件は、

契約最終年である2016年の打席数によるというものです。

これは面白いです。契約最終年だけにフォーカスしているのが

面白いと思います。

スウィッシャーといえども2016年時は35才。ちょっとガタがきている

かもしれない微妙な年齢です。何打席立てば再契約となるのかまでは

わかりませんが、その年の貢献度であと1年行使するかどうか決める

という点がかなり現実的な視点が入っていて興味深いです。

ちなみにもしこれが遂行されれば、今回の総額は7000万ドルです。

インディアンズは今回の契約がクラブ史上FA選手獲得にもっとも

多くの額を払う契約となりました。インディアンズ、頑張りました!

 

■新体制のインディアンズ

 

2012年は68勝94敗と、ア・リーグ中地区4位に終わったインディアンズ。

オールスター前までは44勝41敗と調子がよかったのですが、後半は

24勝53敗とガタ落ちでした。8月はなんと5勝24敗

得点が667点とリーグワースト2。しかも失点は845とリーグワースト

でした。4番を放出しても仕方ないですね。

 

新戦力として、2012オリオールズ躍進の立役者の一人であった1B

マイク・レイノルズ、Dバックスから有望なRHPであるトレバー・バウアー、

レッズからユーティリティのドリュー・スタッブスといい選手を揃えています。

そして今回のスウィッシャーで空きの出たライトの適任者が来ました。

さらに、マイナー契約ですが、元レイズの左のエース、カズミアも

獲得しています。

 

元レッドソックス監督のテリー・フランコーナを新監督に迎え、

2013年のインディアンズは陣容が整いつつあります。

 

【ニック・スウィッシャー】

1985年11月25日オハイオ州コロンバス生まれ(クリーブランドはオハイオ州)。

31才。左投げスイッチヒッター。ライトと1Bを守ります。

2002年アマチュアドラフト、アスレチックスから1巡目で指名。(全体16位)

  • 2004-07:アスレチックス)(4年)
  • 2008:ホワイトソックス(1年)
  • 2009-12:ヤンキース(4年)

通算成績は、出場試合(1209)、安打数(1085)、二塁打(251)、

HR(209)、RBI(673)、盗塁(12)、打率(.256)、OBP(.361)、

SLG(.467)、OPS(.828)。

ツイッター:https://twitter.com/NickSwisher

ScreenHunter_08 Dec. 24 18.45

↑スウィッシャーのツイッター画面。

 

"WOW! What a crazy few weeks. Hey Cleveland!

Are you ready? Because I'm coming home!"

 

「ワーオ!なんてクレイジーな数週間なんだ(喜んでいる)。

ヘイ、クリーブランド! 準備できてる? 地元へ帰るぜ」

 

地元オハイオのチームへの所属が決まり、嬉しさを隠し切れない

スウィッシャーでした。

 

NEW ERA オーセンティック ニットキャップ

 

【編集後記】

Are you ready?を日本語に訳すとなんて間抜けなんだろう。

「準備できてる?」以外に気の利いた翻訳はないだろうかと

いつも思ってしまいます(^_^;)

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

【PR】

e6サイズも選べる5種類のMLB福袋!が予約受付中(^^) →fukU2m0L1b3

e6【英会話】1日たった10分! 24日間のトレーニングで英語を話す方法!

e6【しっかり防寒!】秋冬のあったか防寒グッズはコチラ

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...