HOME   »  2017RS
RSSフィード

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年6月21日、マーリンズVSナショナルズのゲームでマックス・シャーザーが登板。

 

 

この日のシャーザーは凄かったですね!



2回に死球を与えただけで、8回1アウトまでノーヒット・ピッチングを披露!ボールがうなっていました。

 

 

ところ8回1アウトから強めのピッチャーゴロを弾いてしまい、リカバーに入ったSSのトリー・ターナーも間に合わず、これがヒットに。惜しくも自身3度目のNO-NOはならずでした。

 

 

シャーザーは次のバッターを2Bゴロに打ち取り、2アウトまでこぎつけるも、ここから実に切ない結果に。

 

 

ちなみにここまではナショナルズ打線も沈黙していて、1−0でナショナルズがわずかに1点をリードという最少得点差の展開でした。

 

 

その後、シャーザーは続くバッターをSSゴロに打ち取ったのですが、SSのトリー・ターナーの送球がわずかに短く、1Bのアダム・リンドも送球をグラブに納めきれず、ランナーがたまります。ターナーはちょっと待ってしまいましたね。

 

 

 

ここでさすがのシャーザーも動揺したのか、ランナー3塁の状況で、シャーザーにしてはあり得ない高めのワイルド・ピッチで1点を献上。

 

 

さらにジャンカルロ・スタントンにタイムリーを許し、1−2と逆転されてしまい、これが決勝点に。

 

 

 

 

 

シャーザーはマーリンズ打線をわずか2安打に抑え、11三振を奪いながらも負け投手になってしまいました。

 

 

今季のシャーザーはいい投球をしながらも、相手の1チャンスで勝利を逃すというパターンが何度かあり、これが続くとさすがに調子を落としてしまうのでなんとか切り分けて次に臨んで欲しいです。

 

 

 

e6【動画】Recap: MIA 2, WSH 1
 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

 

こんにちは。

 

ドジャースの若手二人がすごいことになっています!

 

 

まずは今季ルーキー・ステータスのコディー・ベリンジャー。

 

 

現地2017年6月19日のメッツ戦で2本のHRを放ち、51試合で21HRというルーキー史上最速ペースでのHRを量産していますが、翌2017年6月20日のゲームでも1HRを放ち、52試合で22HRとなりました。

 

 

とにかくスイングがすごい!ヘッドスピードはどれくらい出ているのだろうというHRをご覧ください。まだ21才です。ハーパー以上のルーキーは当分出てこないと思っていましたが、ことHRに関してはこのベリンジャーも負けていませんね!

 

 

 

 

 

 さらに、現地2017年6月20日のゲームでは2016シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたコーリー・シーガーがベリンジャーに負けじとばかりに1試合3HRを放ちました。

 

 

 

 

同じチーム内に同世代のHRバッターがいるのは互いに刺激し合って頼もしいというのと、他チームからすれば若手でこんなにHRを量産する選手を二人ももって羨ましいというところではないでしょうか。

 

 

コーリー・シーガーはしかもSSですから、余計に魅力的ですね。

 

 

ドジャース、この二人が活躍して5連勝を達成です。首位のコロラドが6連勝中ですからこのまま食らいついていきたいところですね。

 

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 06 19 NA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 


現地2017年6月18日の MLB は ファザーズ・デイで、全チームともにパウダー・ブルー(言い方がお洒落ですね)のジャージを身につけました。

 


 

今年のファーザーズ・デーのキャップやジャージのデザインはなかなかいいですね。

 

 

 

 


特にブルーを基調としたチームのジャージはとても綺麗でし。反対に、赤やオレンジを基調としたチームの場合はさすがに赤目の色が浮いた感じになってしまって、残念なところもありましたが。



これはマジェスティックにとって来年の課題ですね。

 

 

 

さて、そんな父の日のゲームの中で最も輝いたのは誰かというと、コロラドロッキーズのノーラン・アレナドでした。

 

 

この日のノーランアレナドはサイクル・ヒットを達成。 しかもサイクル・ヒットを決めた最後の当たりは何とサヨナラホームラン!

 

 

非常に劇的な結果となりましたね。

 

 

この日のノーランアレナドは 5打数4安打4打点の活躍 。初回にいきなり三塁打を放ち、勢いに乗ります。もっとも出にくい3塁打で始まったのは記録達成に大きな追い風となりましたね。

 

 

4回の第2打席にはシングルヒット、6回の第3打席はタイムリー・ダブルを放ち、 ホームランが出ればサイクル達成というところまでこぎつけます。

 

 

7回の第4打席は力みのせいか、三振に終わったものの、9回には劇的な展開が待っていました。

 

 

その前に、ジャイアンツは9回表に豪腕マギーから3点を奪い、5-3と2点リードしてクローザーのマーク・メランコンをマウンドに送ります。

 

 

9回に集中打で3点を奪うところがジャイアンツらしいところですね!しかし、ジャイアンツの勝利に立ちはだかったのがノーラン・アレナドでした。

 

 

ロッキーズは9回裏、1アウトから3連打で1点を返し、5-4と1点差に。

 

 

さらに、塁上にチャーリー・ブロックモンとD・J・ ルメイユをおいて、バッターはノーラン・アレナド。

 

 

ジャイアンツ・バッテリーはHRでサイクルを達成というのがわかっていますから、内野が全員集まって慎重に討議します。

 

 

難しいところですね。日本なら間違いなく敬遠でしょう。しかし、メジャーは地元チームの看板選手がサヨナラのチャンスの打席に立つ状況で、敬遠など許されるわけがありません。

 

 

 

しかも日曜でお客さんは満員。尚且つサイクルがかかっているわけですから、この状況で敬遠などしようものなら一生野次られます。

 

 

勝負をしてくれてラッキー」とアレナドは思ったでしょう(推測です)。

 

 

 

それに応えるかのように、ノーラン・アレナドは初球をフルスイング!そしてこれがサヨナラ3ランHRに。

 

 

なかなか書けるストーリーではないですね。サイクルの最初の三塁打から収録している動画がこれです。

 

 

 

 

ロッキーズが7対5でジャイアンツを下したというゲームでした。

 

 

ジャイアンツはなかなか勝てませんね。

 

 

 

ロッキーズは5連勝でがっちり首位をキープです。ナリーグ西地区は同率2位でアリゾナ・ダイヤモンドバックスとドジャースが並んでいます。

 

 

ロッキーズ、この調子でまずはオールスターまで持ちこたえてほしいですね

 

  

 

 

(関連リンク)

 
 
 


 

 

■コロラドの二遊間の好プレー

 

なお、この日とても素晴らしいダブルプレーがありました。2B のD・J・ ルメイユとSSのトレバー・ストーリーの見事なコンビプレイをご覧下さい。



ルメイユのトスも素晴らしかったですが、やはりトレバーストーリーの一塁への送球が見事でしたね。絶妙な体のバランス感覚を使ってバッター・ランナーをアウトにしました。 

 

 

これはカッコいいプレーでしたね!

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

久々にフィリーズのいい話題です。

 

現地2017年6月15日、フィリーズVSレッドソックスのインターリーグのゲームで、フィリーズ先発のニック・ピベッタがレッドソックス打線を相手にナイスピッチングを披露。

 

 

7回を被安打4、無失点、奪三振9の快投で、フィリーズがレッドソックスを1−0で下しました!

 

 

レッドソックス先発はクリス・セール。このゲーム、開始前はレッドソックスの一方的な展開かと思っていました。強力打線にプラスしてクリス・セールが相手でしたから。

 

 

 

ところが蓋を開けると、ニック・ピベッタが90マイル半ばのファストボールとチェンジアップ、スライダー、カーブの組み合わせでレッドソックス打線を翻弄。何と言ってもファストボールが107球中、75球ですから、小気味よいピッチングを披露してくれました。

 

 

クリス・セールもさすがの投球で、8回を投げきり、奪三振が10です。今年はほんとうに勝ち星につながりませんが、ERAは依然2.82と2点台をキープしております。

 

 

 

 

ニック・ピベッタですが、今シーズンは24才のシーズンで、ドラフトは2013年にナショナルズから4巡目で指名を受け、プロ入りしています。

 

 

2015年7月のトレードでナショナルズがフィリーズからジョナサン・パペルボンを獲得したトレードでフィリーズに移籍しています。

 

 

メジャーデビューは2017年の4月30日。

 

 

ここまで、このゲームを含めて7度先発。6月5日にブレーブス戦で初勝利を上げていました。

 

 

このゲームはピベッタがマウンドを降りてから、8回にフィリーズがようやく得点をしたので、勝利はつかず。しかし、これは自信になったでしょうね!

 

 

フィリーズは今季もチーム立て直し中で苦しい立場ですが、いい選手が出たのは喜ばしいです。一方のレッドソックスはア・リーグ東地区2位。ヤンキースと競り合っています。ゲーム差は2。

 

 

この日は敗れましたが、ここに来て調子が上がってきているので、このままヤンキースに食らいついてもらいたいですね。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 06 14 rsalio

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年6月13日はドラフトは2日目。10巡目まで指名が完了しています。その数315名。3日目は11巡目、全体順位316位からのスタートとなります。

 

 

13日は大量得点のゲームが目立ちました。ナッツはブレーブスを10-5で敗り、レイズはブルージェイズに8-1で勝利。カブスはメッツに14-3で勝利するなど一方的な展開が目立ちました。

 

 

中でもすごかったのは、ツインズVSマリナーズのゲームです。

 

 

2017年6月13日現在、ツインズはア・リーグ中地区首位。好調です。

 

 

そのツインズがマリナーズ相手に合計28安打、20得点を叩き出しました。

 

 

マリナーズ先発はクリスチャン・バーグマン。技巧派の右腕ですが、この日は初回こそ0点に抑えたものの、2回に4失点、3回は途中までしか持たず、9失点と乱調。

 

 

変わった2番手のケイシー・ローレンス、3番手のマーク・リプゼンスキーもそれぞれつかまり、3人で7回途中まで19失点と大きく崩れました。

 

 

これではカノのいる打線でも苦しいですね。

 

 

そんなマリナーズ投手陣にもっとも襲いかかったのは9番LFのエディー・ロザリオ。この日は5打数4安打5打点、3HRと大暴れしました。

 

 

 

 

レフティーでセンスがある選手なんですよね!

 

 

この人はプエルトリコ代表としてWBCでも活躍。この衝撃的なバックホームをした選手がロザリオです。



 

 

 

 実はツインズ先発のカイル・ギブソンも不調で、6回を投げ、被安打12、失点6と結構ヘロヘロなピッチングだったのですが、2番手のタイラー・ダフィーがきっちりと1イニングを抑えたことでマリナーズの反撃の芽を摘みました。

 

 

ツインズはこの日の勝利で33勝目。2位のインディアンス(31勝)を少しずつ離しつつあります。

 

 

e6【動画】Recap: MIN 20, SEA 7

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。


 

現地2017年6月10日の土曜日のゲームの記事です。

 

 

ヤンキースが好調ですね。この日はオリオールズ相手に18安打、16得点の猛攻。



オリオールズは先発のクリス・ティルマンが大誤算でした。2回持たず、被安打7、9失点の内容。これではさすがの強力打線も出鼻をくじかれてスイングが鈍くなってしまいますね。

 

 


そのヤンキースですが、3番RFに入っているアーロン・ジャッジがまたまたすごい当たりのHRを打ちました。


 

 

 

 


今回はexit velocity(打ち出し速度といいましょうか、打った瞬間の打球の速さです)が121.3mph。キロに直すと、195.21kmhです。

 

 

現場で見るとどれだけ速かったのでしょうね!かなり衝撃的な打球だったと思います。速すぎてラインドラインブがかかって距離は大きく伸びませんでしたが、それでもスタンドまで持っていくのがまたすごいです。

 

 

ヤンキースはこれが初回の攻撃です。ティルマンはこの打球に衝撃を受けたのでしょうか!というくらいに崩れました。

 

 

ヤンキースはこの日計5本のHRで圧勝しています。

 

 

カージナルスをFAとなったマット・ホリデーが4番に定着して、若手がのびのびやっていますね。

 

 

先発のルイス・セベリノは7回を投げて被安打2、失点1、奪三振8の快投。投手力の面でも若手が力をつけてきています。

 

 

ヤンキースは確かにFAで他球団の中心選手が加入しますが、若手が育ってきているという事実も見逃せないですね。



若手は今をおいて上で活躍するチャンスがなくなりますから必死です。このチームが固まってしまうとまたしても新陳代謝が悪くなり、出番がなくなりますから。

 


 

e6【動画】Recap: NYY 16, BAL 3

 

(関連リンク)


 

■カブスがロッキーズに3連敗


さて、今ひとつ調子が出ないカブスはこの日もロッキーズに敗れました。これでついに借金生活に突入です。4戦目、どうなるのでしょうか!?


 

ここは踏ん張ってほしいですね。

 

 

【動画】Recap: COL 9, CHC 1

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 06 10 DH

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月に入りましたが、レッドソックスは勝ったり負けたりですね。ア・リーグ東地区はヤンキースが首位を固めつつあります。

 

レッドソックス同様に今ひとつ乗り切れないのが前年WSチャンプのカブスです。

 

攻守の軸となるアディソン・ラッセルがドメスティック・バイオレンスの疑いがかかり、いつ復帰できるかわかりません。



現在のMLBは禁止薬物とともにDVは非常に厳しい処分を受けます。

 

さらにカイル・ヘンドリックスも腕の故障でしばらく復帰できる見込みがなく、いわゆるサイドラインに下がっている選手の影響が大きく出ています。



選手層が厚いとは言え、SSとローテーションの一人がいなくなるのはさすがのカブスも厳しいです。

 

 

現地2017年6月8日からリグレーでそのカブスと対戦しているのがロッキーズ。


打撃のいいチームですので毎年春先は非常に好調。ただし打撃の勢いが翳(かげ)ってくるのに比例して順位も落ちる傾向にあったのですが、今年はいいですね!!

 

 

何より若手の活躍が素晴らしいです。今はカージナルスのファームよりロッキーズのファームの方がいいかもしれません。

 

 

 

8日の第一戦ではジョン・レスターを先発させたカブスですが、ロッキーズ先発のチャットウッドに打線が沈黙。ロッキーズに1-4でやぶれました。ロッキーズはこの勝利で5連勝。

 

 

 

 

 

さらに、9日の第二戦では両先発が早目に退いたのですが、勝負どころでロッキーズが勝ち越し。カブスに連勝しました。

 

 

ロッキーズはこれで6連勝。アストロズにつづいて早くも40勝に到達しました。

 

 

ドジャース、Dバックスと競っているロッキーズ。今年は写真に掲げている元ロイヤルズのクローザー、グレッグ・ホランドが後ろにいるというのが大きいですね。

 

 

ホランド、トミー・ジョン明けのシーズンですが、 今季23セーブ目を上げています!



ケアしながら継続して行って欲しいです。

 

 


【動画】Recap: COL 5, CHC 3

 

 

 

(関連リンク)


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 06 07 SG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

現地2017年6月6日、この日話題となったのがレッズの27才のユーティリティ・プレーヤー、スクーター・ジェネットの5打数5安打、10打点、4HRの活躍ですね。

 

 

 

 

 

 

スクーター・ジェネットは今季メジャー5年め。昨シーズンまでブルワーズでプレー。2014年と2016年は130試合以上に出場し、メジャーでの経験は豊富。ポジションは主に2Bですが、LFもこなすユーティリティです。

 

 

そのジェネットがこの日大暴れでしたね。これはレッズとしても嬉しいでしょうね。

 

 

さて、もう1つの話題はマックス・シャーザー。前々回の登板の5月26日のパドレス戦では13K、前回登板の5月31日のジャイアンツ戦で11K、そしてこの日の6月6日のドジャース戦で14Kを達成しました。

 

 

これにはロスのファンも黙ってしまいましたね。

 

 

【動画】Scherzer strikes out 14 Dodgers 

 

 

 

シャーザーのボールは見ていて本当に気持ちいいです。

 

 

【動画】Recap: WSH 2, LAD 1

 

 

ナッツの最後に出てきたコーダ・グローバーは4シームも100マイル近くを出しますし、なかなかの逸材ですね。彼の雄叫びに反応したプイーグはちょっとかっこ悪かったですが、最後のスライダーはちょっと化け物クラスのボールですね!

 

 

 

以上、現地2017年6月6日に素晴らしい活躍をした二人でした。

 

 

 

(関連リンク)

 

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

現地2017年6月6日はレッズのスクーター・ジェネットが1試合4HRを放ったり、シャーザーがドジャース相手に14Kを達成したりと色々と話題が多かったのですが、一番盛り上がったゲームを記事にさせていだきます。


 

 

前日にアストロズ11連勝の話題を取り上げたのですが、現地2017年6月6日、ロイヤルズが意地を見せました。


 

 

この日は4連戦の2戦目。同地区なので4連戦というのはよく組まれます。

 

 


ロイヤルズが24才のジェイク・ジュニス、アストロズがデービッド・ポーリーノ(ルーキー・ステータスの右腕)の先発で始まったこのゲームは、言ってみれば両チームともにローテの谷間。



ボールに勢いのあるポリーノの方が長いイニング、マウンドにいるのではないかと予想していました。



この予想は当たってしまいまして、アストロズが2巡目の3回にジェイク・ジュニスをとらえました。3回表、アストロズはランナーを貯めたところで犠牲フライとシングルで3点を先制。



ロイヤルズはその裏、すかさずアレックス・ゴードンのソロショットで1点を返し、1-3に。


 

しかし、勢いのあるアストロズは4回表にジョシュ・レディックのタイムリーダブル、カルロス・コレアのタイムリー・シングル、さらにカルロス・ベルトランの2ランHRでこの回一挙に4点を奪い、計7-1とリードを広げます。

 

 

ロイヤルズのジュニスは4回途中7失点で降板。一方のポーリーノは6回途中3失点でマウンドを降りました。

 

 

ここまでは完全にアストロズ・ペース。

 

 

ロイヤルズも4回裏にサルバドール・ペレスのタイムリーダブルで1点を返すもまだ7-2でアストロズがリード。

 

 

ロイヤルズは6回裏にマイク・ムスターカスのシングルで1点を返し、じわじわ差を詰めますが、それでもまだ7-3でアストロズがリードを保ったまま。

 

 

さすがにこのままアストロズがもっていくかと思われました。

 

 

しかし、ドラマは終盤8回に待っていました。

 

 

アストロズはこの回から左腕のレイミン・グドゥアンがマウンドに。ロイヤルズはホズマーが三振したあと、サルバドール・ペレスとマイク・ムスターカスがシングルで出塁。

 

 

ここでアストロズはジェームズ・ホイトに交代。

 

 

そのホイトの代わりばなをチェスラー・カスバートが粘ってシングルを放ち、まず1点を返し、4-7に。アルシデス・エスコバーが三振に倒れ、2アウトとなったのですが、ゴードンが四球を選び満塁。

 

 

アストロズはここでクローザーのケン・ジャイルズに交代。ここまではまだアストロズに少し分があったのですが、ウィット・メリフィールドがそれをひっくり返しました。

 

 

メリフィールドはケン・ジャイルズのスライダーをたたき、これが値千金の走者一掃のダブルに!ロイヤルズがついに7-7の同点に追いつきます。

 

 

カンザスシティのファンは大喜びです。

 

 

つづくボニファシオが三振に倒れ、一気に勝ち越しとまではいきませんでした。

 

 

9回表、ロイヤルズはマウンドにマイク・マイナーを上げました。マイナーはヒットを1本打たれたものの、アストロズ打線を無失点に抑え、いい流れをキープしたまま最後の攻撃に。

 

 

ここまでくればもうロイヤルズに有利でしたね。

 

 

9回裏、ロイヤルズはケン・ジャイルズに簡単に2アウトを取られてしまいますが、サルバドール・ペレスがシングルで出塁。そしてこの日殊勲となったマイク・ムスターカスが2ランHRを放ち、見事サヨナラ勝利を納めました。

 

 

 

 

 

 

アストロズの連勝は11でストップ。

 

 

このゲーム、WSかと思うくらいに大いに盛り上がったのでした。ロイヤルズはここから調子が出ればいいですね。先発投手が浮上のカギとなりそうです。 

 

 

1-7からの大逆転、見事でした。 

 

 

e6【動画】Recap: KC 9, HOU 7
 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 06 06 AOKI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

本当にアストロズが止まりません!

 

 

現地2017年6月5日、カウフマンで行われたロイヤルズ戦で、アストロズは土壇場までわずがに1点差リードという状況で、勝ってはいるものの危うい状況だったのですが、最終回に3ランHRが出て、そのままセットアッパーで勝ってしまいました。

 

 

強すぎます。

 

 

ロイヤルズがイアン・ケネディー、アストロズがマイク・ファイアーズの両先発で始まったこのゲームはアストロズが2回に先制。

 

 

1アウトランナー1・2塁の状況で青木選手がライトへタイムリーを放ち1点、つづくジョージ・スプリンガーにもタイムリーが出て計2点を奪い先制します。

 

 

4回にはランナーを一人置いて、ブライアン・マッキャンが2ランHRを放ち、4−0とリード。

 

 

しかし、その裏、ロイヤルズも意地を見せます。ホズマーとムスターカスでチャンスメイクしたあと、ブランドン・モスとアルシデス・エスコバーのタイムリーで2点を返します。

 

 

ロイヤルズは7回にも反撃。ホルヘ・ボニファシオのHRで1点を返し、3-4の1点差に。

 

 

いい展開でゲームは終盤まで進み、ロイヤルズはサヨナラに向け準備したいということで、1点差ながらクローザーのケルビン・へレイラをマウンドに。

 

 

しかし、これが結果的には裏目に。

 

 

まあ、アストロズ打線がやっぱりすごかったですね。9回表、先頭のアレックス・ブレグマンがシングルで出塁。



つづくブライアン・マッキャンがフィルダースチョイスで2人が塁に残った状況でバッターはユリエスキ・グリエル。2014年に横浜でプレーしていた選手ですね。

 

 

グリエルの当たりはレフト後方のブルペンに入る3ランショットに。7-3となったところでゲームは決まりました。

 

 

 

 

最後はセットアッパーのマイケル・フェリスが信じられないような剛球でロイヤルズ打線を抑え、ゲームセット。

 

 

アストロズが11連勝を達成しました。これはチーム記録(=フランチャイズ・レコード)です。

 

 

アストロズの11連勝を振り返るとこのような感じです。真ん中の”W/L”の列のところがきれいに”W”で埋まっていて気持ちいいです。

 

 

 

 

 

アストロズ、2017年6月6日はDLに入ったジョー・マスグローブに代わり、23才のドミニカ共和国出身、デービッド・ポーリーノ(ルーキー・ステータスの右腕)が登板です。今季2度め。

 

 

対するロイヤルズは24才のジェイク・ジュニスが登板します。 

 

 

アストロズはローテの谷間で厳しい戦いを強いられそうと思ったら、ものすごいやつがまた出てきたという感じですね。双方ともに今季はまだ経験が浅い分どうなるか結構不確定要素が多くて楽しめそうです。

 

 

とにかくいいゲームを期待したいですね。12連勝なるでしょうか。注目です。ロイヤルズも頑張って欲しいな。

 

 

e6【動画】Recap: HOU 7, KC 3
 

(関連リンク)

 
 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...