HOME   »  2017RS
RSSフィード

 

 

 

現地2017年9月24日、もうレギュラーシーズンの最終週にかかろうとしているMLBですが、大きな変化がありました。

 

 

まずは、ダイヤモンドバックス!

 

 

あの強いドジャースを追い込みまくったダイヤモンドバックスのワイルドカード出場が決定しました!しかもホームでの開催です。よかったですね!

 

 

Dバックスはこの日の勝利で90勝目。ワイルドカードでの出場ですが、中地区首位カブスの87勝を現時点で上回っています。

 

 

地区2位のチームが他地区の優勝を上回ってしまうことはたまにありますね。とにかく、ポストシーズンが決まってよかったですね!

 

 

 

 

 

そして同じく、プレーオフ出場が決定したのはヤンキース。レッドソックスとかなり激しい首位争いを演じましたが、最終コーナーで2位に甘んじそうです。

 

 

ヤンキースはワイルドカード・ホーム開催になります。アーロン・ジャッジが2本のHRを放ち、48本としました。あと1本でルーキーレコードに並ぶようです。桁違いのパワーですね!

 

 

 
 
 
そして、カブスですが、ブルワーズとの直接対決4連戦の最終日、ホセ・キンタナが見事な
ピッチングを披露。マジックを2に減らしています!
 
 
 
【動画】Recap: CHC 5, MIL 0(Game4)
 
 


■アンドレルトン・シモンズの漫画のようなプレー

 

ポストシーズンにどこが出場するか!ということに興味がつきないですが、

エンゼルスのアンドレルトン・シモンズがしびれるプレーをみせてくれました。

 


これは、もうほとんど漫画の世界です。ダイヤのエースでも出てこないくらいのすごいプレー。

 

しかし、こんないいプレーなのに、MLB.comの動画コーナーでは埋め込みじゃないんです!


これは本当に残念!

 
 
よくご覧ください! 2アウトランナー1塁、ランナーは
ホセ・アルトゥーベ。バッターはカルロス・コレア。ちなみにまだ初回です。


先制点を奪うか、凌ぐかの状況で出た、シモンズにしか出来ないプレー。
 
 
【貴重動画】Simmons' deke leads to rundown
 

 

ランナーがアルトゥーベだったというところがまたすごいところですね。

 

 

見どころいっぱいな2017年9月24日のMLBでした。

 

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

スポンサーサイト

 

 

The Mayor of Ding Dong City sends everyone home happy with a #walkoff blast to defeat the Cubs! #ThisIsMyCrew

brewersさん(@brewers)がシェアした投稿 -2017 9月 23 2:02午後 PDT

 

 

 

ブルワーズVSカブスのナ・リーグ地区優勝をかけた最後の直接対決4連戦ですが、21日(Game1)はカブスが5−4で勝利。

 

 

22日に行われたGame2も接戦で、先制されたカブスが中盤に逆転。しかしブルワーズも追いつき、延長に入る展開に。最後は押出の四球でカブスが勝ち越し、カブスの2勝0敗という展開になっています。

 

 

 

【動画】Recap: CHC 5, MIL 4 - F/10(Game2 現地2017年9月22日)

 

 

 

現地2017年9月23日に行われたGame3でも、またしてもスリリングな展開となりました。シーズン終盤はこういったナイスゲームが行われるのが嬉しいところですね。

 

 

この日はブルワーズ打線がいい仕事をしました。

 

 

カブス先発はカイル・ヘンドリックス。もう勝ちにきていますね。ブルワーズ先発はブレント・スーター(Brent Suter #35)。左腕で、典型的な打たせて取る投手。今季はここまで3勝2敗。

 

 

この日もロースコアの展開で、ブルワーズのスーターが持ち味を発揮しました。スーターは6回途中、被安打6、失点1で降板。一方のカイル・ヘンドリックスは6回を投げきり、被安打8、失点1。

 

 

1−1の展開で、8回表カブスはクリス・ブライアントの犠牲フライでついに均衡を破り、2−1と勝ち越しに成功。

 

 

カブス、逃げ切りを図りたいところで、8回裏は0点に抑えたのですが、9回裏、代わったウェイド・デービスがオーランド・アルシアに捕まりました。先頭打者だっただけに大事に行ってほしかったですが、狙われていましたね。

 

 

 

しかし、この回、この後をよく抑えたと思います。押せ押せでそのままサヨナラもあり得た展開でしたので。

 

 

10回表、カブスは四球→送りバント→タイムリーという理想的な展開で1点をもぎ取り、再度勝ち越します(3−2)。

 

 

その裏、ウェイド・デービスは先頭を三振に取り、前の回の反省を活かしたのですが、ライアン・ブラウンに2塁打を打たれ、1ヒットで同点のピンチを迎えます。

 

 

やや動揺したのか、つづくトラビス・ショーにアウト・ハイのボールを左中間スタンドに放り込まれ、これが2ランHRとなり、ブルワーズが劇的な勝利を納めました。

 

 

最後のボールはちょっと高かったですね。それにしてもさすが元レッドソックスのトラビス・ショー。前日にも同点となる二塁打を打っていただけにこのシリーズ、気合が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

【動画】Recap: MIL 4, CHC 3 - F/10(Game3)

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

現地2017年9月22日ですが、ドジャースがNLウェスト・ディビジョンのタイトルを獲りました!よかったですね。最後、苦しみましたが、圧倒的な強さでした。ポストシーズンは強そうですよ!!ドジャースは2013年から5年連続で地区優勝です。あのフィリーズと並ぶ黄金期ですね!!

 

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

#Cubs win a wild one!

cubsさん(@cubs)がシェアした投稿 -2017 9月 21 9:09午後 PDT

 

 


残り10試合!MLBは佳境です。

 

 

中でもまだ地区優勝が決まっておらず、激しく競っているのがカブスとブルワーズのナ・リーグ中地区。

 

 

現地2017年9月21日から両チームの直接対決が始まりました!

 

 

カブスは右のエース、ジェイク・エアリエッタ、ブルワーズは今季ハーラートップ争いの17勝を上げているザック・デイビーズ(Zach Davies #27)が先発。

 

 

双方ともに負けられないシリーズだけに、エース同士の投げ合いですね。

 

 

 

 

ザック・デイビーズは24才。2011年アマチュアドラフトでなんと26巡目という遅い順位での指名でオリオールズに入団。

 

 

2015年に外野手、ジェラルド・バーラとのトレードでブルワーズに移籍しました。デビューは2015年。



2016シーズンには11勝7敗と、昨シーズン苦戦したブルワーズにおいて二桁勝利でしかも勝ち星を先行させていたので、もう前年から今季の活躍は予測できていたのかもしれませんね。

 

 

 

右ピッチャーでファストボール(主に2シームが多い)のアベレージが144キロというスピードが遅い類の投手ですが、チェンジアップ、カットボール、2シーム、カーブ、スライダーと多彩なボールで打者を翻弄します。

 

 

 

そのザック・デイビーズからカブスは序盤に得点。カイル・シュワーバーのHRとアンソニー・リッゾのHRでした。

 

 

ザック・デイビーズは7回を2失点と、さすがのゲームメイク。ジェイク・エアリエッタも5回1失点でゲームメイク。

 

 

ここから9回までシーソーゲームが続きます。

 

 

そして延長に入った10回、カブスはクリス・ブライアントが決勝のHRを放ち、5−3で勝利しました。

 

 

終盤のカブスの追い上げはこちら↓。

 

 

 

 

 

ゲーム全般の流れはこちら↓。

 

Recap: CHC 5, MIL 3 - F/10

 

 

このゲーム、カブスは抑えのウェイド・デービスを2イニング登板させていただけに、いかに負けたくないかがわかる戦いでした。

 

 

さすがに、シーズン終盤。ナイスゲームでした。Game2も楽しみです!!

 

 

カブスはマジック6が出ました。

 

 

(関連リンク)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

Here they come. @RedSox punch their ticket to the #postseason for the 2nd consecutive year. #CLINCHED

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 20 10:49午後 PDT

 

 

ア・リーグ東地区に変化がありました!

 

 

現地2017年9月20日、レッドソックスがオリオールズに9−0で快勝!シーズン88勝とし、まずはポストシーズン出場が確定しました!

 

 

この日はヤンキースも アーロン・ジャッジの45号HRなどでツインズに11−3で快勝。両チーム、まったく譲りませんね。

 

 

シーズン残り10試合。最後の追い込みに入りますので、楽しみですね。

 

 

さて、この日、素晴らしい記録が生まれました。

 

 

レッドソックスのエース、クリス・セールがオリオールズ打線から13個の三振を奪う快投。なんとシーズン300Kを達成しました!

 

 

 

 

 


300奪三振はもちろん2017シーズンでは最多の記録。


あと2回投げるかもしれませんので、もう少し行きそうですね。
 
 
ちなみにシーズン最多奪三振記録は1886年のマット・キルロイ投手が
なんと513という記録をもっています。もう古すぎて参考になりませんね。
歴代8位のノーラン・ライアンが1973年に383個を記録したのが近代では
最多です。


ほぼ近代ですが、1965年にサンデー・コーファックスの382個が9位。
 
 
そして300奪三振以上で記憶に新しいところでは
2001年のランディー・ジョンソンが372個を達成しています。
これで歴代11位。近代野球でも最多ですね。
 
 
ちなみにボブ・フェラーは1946年に347個。これが歴代19位。
ランディー・ジョンソンはさらに2000年に347個、
2002年に334個、1998年に329個、1993年に308個という
記録も持っています。
 
 
複数回で行けば、ノーラン・ライアンも達成しています。
1974年に367個、1977年に341個、1972年に329個、
1976年に327個。
 
 
カート・シリングは2002年に316個、1998年に300個。
 
 
ペドロ・マルチネスは1999年に313個、1997年に305個を達成。
レッドソックスの記録で行けば、今回のクリス・セールの記録は
ペドロ以来の300Kということになります。
 
 
現役で行けば、クレイトン・カーショウが2015年に301個を
達成しています。
 
 
シーズン300Kは思いの外、達成者が多くて驚きました。 

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

TFW you CRUSH a grand slam off of one of the best pitchers in baseball.

philliesさん(@phillies)がシェアした投稿 -2017 9月 18 6:08午後 PDT

 

 

 

 

まさか、カーショウから勝利とは! とかなりの人が思ったと思うのですが、現地2017年9月18日、フィリーズVSドジャース戦で、フィリーズがドジャースのエース、クレイトン・カーショウを打ち崩し、勝利を得ました!

 

 

いいゲームをするのですが、これが続かないのが今のフィリーズ。この勝利であと60勝まであと1勝というところまで来ました。今は世代交代中ですから仕方ないですね。

 

 

あと20勝。勝率5割の81勝までこの20勝の壁をなんとか来年は超えて欲しいと思います。

 

 

しかし、まさかカーショウ相手にしかもリードを許しての展開で逆転するとは、これは地元ファンも喜んだはずです。

 

 

 フィリーズ先発は期待のニック・ピベッタ(Nick Pivetta #43)。10敗を喫していますが、このチーム状態で5勝を上げています(この勝利で6勝目)。

 

 

たまに甘いところに投げていますが、90マイル中盤の4シームのキレが非常によくて期待しています。

 

 

そして、笑顔がいいです。

 

 

偶然にもピッチャーライナーをユニフォームの中に入れてキャッチし、チェンジ。



ベンチに還った後の笑顔を見てください。なかなかナイスガイです。痛くなかったのですかね(^o^)

 


 

 

 

 

フィラデルフィアの実況の声は好きなんですよね。クリーブランドのように叫びませんwww。それにしてもクリーブランドの実況の人はプロレスの実況に似てますよね。

 

 

 カーショウからグランドスラムを放ったのは、この日5番に入ったアーロン・アルテール(Aaron Altherr #23)、26才。

 

 

なんとドイツ生まれの選手です。アリゾナの高校に入ったようですが、生まれ育ったのはドイツで間違いないようです。

 

 

2009年、アマチュア・ドラフト9巡目でフィリーズから指名を受けプロ入り。デビューは2014年。競争激しい外野で今季はキャリアハイの95試合に出場(現地2017年9月18日現在)し、.276、17HRを放っています。開花しましたね!

 

 

 

 



フィリーズはピベッタ以降、4人の投手が1失点でしのぎ、ドジャースを4−3で下しました。

 

 

フィリーズ、いい素材が出てきているので、来年に期待したいと思います。

 

 

ドジャース、地区優勝は時間の問題です。あと一息!ここで苦しんだ方がポストシーズンに調子が回復していい結果が残せそうな気がしますので、焦らずにやってほしいですね。



ロードゲームで地元のプレッシャーがありませんから、ちょうどいいかもしれませんね。

 

 

 

【動画】Recap: PHI 4, LAD 3

 

 
 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Time for a victory lap. #CLINCHED

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 17 3:47午後 PDT

 

アストロズが2001年以来、16年ぶりに地区優勝を果たしました!!(現地2017年9月17日)

 

 

2014シーズンにALウェストに移ってからは初めてのタイトルです。

 

 

90年代後半から2000年はじめまでの強かったあの時代が戻ってきた感じがしますね!当時はNLセントラルでした。

 

 

ちなみに1969年から1996年まではNLウェストに所属です。

 

 

 

 

 

 

 現地2017年9月17日時点で91勝58敗。

 

 

振り返りますと、とにかく初夏までは圧倒的に強かったですね。5月は22勝7敗です。8月はさすがに故障者も出て借金6の11勝17敗となりましたが、9月に切り替えましたね。9月はここまで11勝5敗。

 

 

 アストロズの2017シーズン、月別の勝敗数↓

 

Split

WLRSRAW-L%
April16911289.640
May227180113.759
June1611157131.593
July159174122.625
August1117112127.393

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリケーン・ハービーの影響でとにかく大変なことになりましたが、都市の復興へのシンボルとなってもらいたいところです。

 

 

地区優勝を決めたこのゲームですが、マリナーズとの対戦。先発はジャスティン・バーランダー。

 

 

バーランダーは3回表にベン・ギャメルに先制のソロHRを許しましたが、失点したのはこのHRのみ。7回を投げて、被安打3、奪三振10の素晴らしいピッチングを披露しました。

 

 

アストロズ打線はカルロス・コレアの21号を含む4HRでマリナーズに7−1と快勝しました。

 

 
【動画】Recap: HOU 7, SEA 1
 
 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

残るALイーストですが、レッドソックスとヤンキースがかなりの死闘を演じています。レッドソックス優位に違いはありませんが、1シリーズでの連敗と連勝が重なれば逆転も十分にあり得ます。

 

 

もう1つの気になる地区であるNLセントラルはカブスがここに来て6連勝。波に乗ってきました。

 

 

ドジャースは時間の問題ですから、ALイースト以外は顔ぶれが揃いましたね!

 

 

 


きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

Division title streak: 2. The @Indians claim the AL Central once again. #CLINCHED

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 16 7:01午後 PDT



現地2017年9月16日、インディアンスが2年連続でア・リーグ中地区を制しました!

 

 

前日に22で途切れた連勝記録ですが、この日はロイヤルズに8−4で勝利。連敗が心配されましたが、すぐに勝利を手繰り寄せました。隙がないですね!

 


 

 

 

 


 

2年連続の地区優勝が決まったのは、ゲーム終了後にツインズがブルージェイズに敗れたのがわかってから。

 

 

よって、この日はシャンパンファイトをしませんでした。

 

 

前年にあと一歩のところでカブスに敗れ、WSチャンプを取り逃がしたインディアンス。今年も盤石のチーム状態で狙いに行きます!

 


 

 

 

 

(関連リンク)

 

  

 



※台風にお気をつけください!!

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1718.html

 



きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール


 

 

History has some company. @Indians win their 20th in a row, matching the 2002 @Athletics for longest AL streak.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 12 6:52午後 PDT

 

 

9月も半ばに差し掛かってきました!



現地2017年9月12日、インディアンスがついに20連勝を達成しました。

 

 

フランシスコ・リンドアとコーリー・クルーバーの活躍で、タイガースに2-0と渋い勝ち方で勝利。



連勝記録はフランチャイズ・レコード・タイとなりました。

 


 

打っても強いし、辛勝もできるということでインディアンス、手がつけられませんね。

 

 

 

 

 

インディアンスの連勝と対照的であったドジャースですが、12日はやっと勝利し、連敗を11で止めて、ようやく長いトンネルから脱しました。

 

 

ドジャースはこれで93勝。ポストシーズンへの出場を決め、地区優勝のマジックナンバーを8にしました。よかったですね!!

 


 

そして、ア・リーグ西地区ではアストロズがバーランダーの好投でエンゼルスに1−0で勝利。


 

 

バーランダーは8回を被安打1、奪三振9の素晴らしいピッチングを披露しました。


 

 

#JVDay

Houston Astrosさん(@astrosbaseball)がシェアした投稿 -2017 9月 12 8:44午後 PDT

 

 

バーランダー、移籍してから速球が復活しましたね。

 

 

アストロズも優勝が目の前です。マジックナンバー5!

 

 

そしてもっとも難関なのはア・リーグ東地区!

 

 

レッドソックスの首位は変わらず、ゲーム差も4.0と空いていますが、2位ヤンキースがジワジワと詰めてきています。

 

 

レッドソックスが82勝、ヤンキースが78勝。ここは最後までもつれそうです。

 

 

12日はレッドソックスがアスレチックスに11−1で大勝。ヤンキースはレイズに1−2で敗れています。

 

 

そしてワイルドカード争いが面白いナ・リーグはDバックスとロッキーズとの直接対決中。この日もロッキーズが勝利し、ワイルドカード1枠目を狙えるところまで追い詰めてきました。

 

 

ナ・リーグ中地区はカブスが一歩リードですが、カージナルス、ブルワーズが離されまいと食らいついています。



カブス、もう地区優勝しかポストシーズンの道はありません。踏ん張りきれるか!注目ですね。

 

 

 

(関連リンク)

 

 

 


きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

 

NSFW

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 11 9:03午後 PDT



いやー、インディアンスが強いですね。19連勝となりました(現地2017年9月11日)。

 

 

一方、勝ちまくっていたドジャースですが、ライバル・チーム、ジャイアンツ戦にまたしても敗戦。これで11連敗となってしまいました。

 

 

せっかくのいい監督であるデーブ・ロバーツに批判が向かないことを祈りたいです。 

 

 

さて、ドジャースを追うナ・リーグ西地区のダイヤモンドバックスとロッキーズですが、熾烈なワイルドカード争いを演じています。

 

 

数字からいくとドジャースの地区優勝はほぼ確実。11連敗を喫したとしても現時点での92勝52敗、貯金40という数字はどうころんでも覆されることはありません。

 

 

83勝を上げているDバックスも間違いなくWCに残ります。ナ・リーグ西地区3位のロッキーズとしてはなんとしても二枠目に残りたいところです。

 

 

本来、ロッキーズはWC2枠目に追いすがるカージナルス、ブルワーズをマークするべきところですが、目の前のDバックスを叩いて、勝利数を増やさないと!いうところです。

 

 

さて、そんなロッキーズですが、11日はノーラン・アレナドが大活躍しました。まさにチームリーダー。

 

 

4打数2安打、4打点、1HRと勝利に大きく貢献。また、守りでも素晴らしいプレーを披露しました。

 

 

 

 

アレナドの守備は本当にかっこいいですね。

 

 

Dバックスのエース、ザックを叩いたロッキーズ。まだまだポストシーズンに貪欲です。

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

It’s a celebration! #Clinched

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 10 3:42午後 PDT

 

 

ナショナルズがやりましたね。現地2017年9月10日、両リーグ通じて一番乗りで地区優勝を決めました。

 

 

当初はドジャースが8月終盤に優勝を決めるか!?と思われたのですが、それまでの勝ち過ぎの反動がでて、ここにきて、現地2017年9月10日の時点でなんと10連敗。

 

 

ちょっとア・リーグの話しに飛びますが、連日のように記事にしていたインディアンスは10日のゲームにも勝利し、なんと18連勝!

 

 

インディアンスはまだまだけが人の復帰の要素もあるので、連勝はそのうち途切れるにせよ、このままポストシーズン終了までの1ヶ月半を乗り切るかもしれませんね。

 

 

 

さて、ナショナルズですが、143試合目での優勝達成となりました。


 

 

 

 

8月と9月にスティーブン・ドリュー、ブライス・ハーパー、ジェイソン・ワースという攻撃陣を怪我で欠いたものの、8月は18勝11敗、9月もここまで7勝3敗と安定した勝ちっぷりをみせてくれています。

 

 

6月に14勝14敗で調子を落としそうになったものの、負け越しはありません。

 

 

シーズンを通じて強かったですね。

 

 

ベテランのライアン・ジマーマンが中心打者として活躍したのが大きかったと思います。現地2017年09月10日時点で、打率.305、HR31、打点95です。

 

 

そして打率.321のダニエル・マーフィーの存在、固め打ちの得意なアンソニー・レンドンの存在も大きかったです。

 

 

投手陣はシャーザー、ジオ・ゴンザレス、タナー・ロアーク、スティーブン・ストラスバーグとスターターは言うことなしの好成績ですね。

 

 

ナッツの長年の課題はやはり試合終盤。特にクローザーの存在です。ショーン・ドゥーリトルを夏に獲得して本当に安定してきました。

 

 

念願のWS出場なるか!

 

 

楽しみです。

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...