HOME   »  2016RS
RSSフィード

2016 12 30 scherzer

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。


MLB.comでは年末にHappy View Yearという振り返りの特集動画を編集しておりますが、雪の結晶のデザインといい、舞い散る雪といい、季節感が出て私は結構好きなんですね。

 

 

恒例になりつつありますので、ぜひこれからも続けて欲しいななどと思っております。

 

 

その中で2016シーズンのピッチングに関する特集動画が出来ております。先発投手の特集ですが、マディソン・バンガーナー、カイル・ヘンドリックス、コーリー・クルーバー、ジョン・レスターそして最後にマックス・シャーザーが出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

やはり、シャーザーの1試合20Kという記録は輝いているなと思います。 

 

 

ちなみにMLBの今季のピッチャーの主なタイトルは以下の通りでした。

 

 

【WIN】

AL

1. リック・ポーセロ (BOS)22勝

2. J.A.ハップ (TOR)  20勝

3. コーリー・クルーバー (CLE) 18 勝

 

NL

1. マックス・シャーザー (WSH) 20勝

2. ジョン・レスター (CHC) 19勝

3. ジョニー・クエト (SFG) 、ジェイク・エアリエッタ 18勝

 

 

【ERA】

AL

1. アーロン・サンチェス (TOR)3.00

2. ジャスティン・バーランダー (DET)  3.04

3. 田中 将大 (NYY)  3.07

 

NL

1. カイル・ヘンドリックス (CHC) 2.13

2. ジョン・レスター (CHC)  2.44

3. ノア・シンダーガード (NYM)  2.60

 

 

 

【Innings Pitched】

※タイトルではありませんが、働きぶりを。

 

AL

1. デービッド・プライス (BOS)230.0

2. ジャスティン・バーランダー (DET)  227.2

3. クリス・セール (CWS)  226.2

 

NL

1. マックス・シャーザー (WSH)  228.1

2. マディソン・バンガーナー (SFG)   226.2

3. ジョニー・クエト (SFG)  219.2

 

 

 

【Strikeouts】

AL

1. ジャスティン・バーランダー (DET)  251

2. クリス・アーチャー (TBR)、クリス・セール (CWS)   233

4. デービッド・プライス (BOS)  228

 

NL

1. マックス・シャーザー (WSH)  284

2. ホセ・フェルナンデス (MIA)  253

3. マディソン・バンガーナー (SFG)   251

 

 

MLBレコードの中で1試合、9イニングで20Kは史上4人目。

 

ロジャー・クレメンス(レッドソックス 2回達成!1986・1996)、ケリー・ウッド(カブス 1998)、ランディー・ジョンソン(Dバックス 2001)、そしてシャーザーです。

 

 

2017シーズン開幕前のWBCでUSA代表に名を連ねることを明かしたシャーザー、非常に楽しみですね!

 

 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年10月2日、MLB2016レギュラー・シーズンが終了しました。

 

 

早いですね!!あっという間の162試合でした。

 

 

シーズンの結果はご覧の通り↓。

 

 

【ア・リーグ東地区】
1.レッドソックス 93-69

2. オリオールズ 89-73
3.ブルージェイズ 89-73
4. ヤンキース 84-78
5.レイズ 68-94




【ア・リーグ 中地区】

1.インディアンス 94-67
2.タイガース 86-75
3.ロイヤルズ 81-81
4.ホワイトソックス 78-84
5. ツインズ 59-103

※タイガースVSインディアンスは現地10月3日に行なわれます。このゲームでレギュラー・シーズンの全日程が終了です。



【ア・リーグ 西地区】

1.レンジャーズ 95-67
2.マリナーズ 86-76
3.アストロズ 84-78
4.エンゼルス 74-88
5.アスレチックス 69-93



【 ナ・リーグ 東地区】

1.ナショナルズ 95-67
2.メッツ 87-75
3.マーリンズ 79-82
4.フィリーズ 71-91
5.ブレーブス 68-93




【 ナ・リーグ  中地区】

1.カブス 103-58
2.カージナルス  86-76
3.パイレーツ 78-83
4.ブルワーズ 73-89
5.レッズ 68-94

【 ナ・リーグ  西地区】

1.ドジャース 91-71
2.ジャイアンツ 87-75
3.ロッキーズ 75-87
4.ダイヤモンドバックス 69-93
5.パドレス 68-94


以上の結果、赤文字である地区優勝のチームと青文字であるワイルドカード出場チームが決まりました。




今シーズン、ワイルドカード出場をかけたタイ・ブレーカーはなくなりました。両リーグの2チームともにワイルドカード3位のチームとの差が出たからです。ちょっと残念ですね。




なお、ワイルドカード出場チームは両リーグともに同じ勝ち星となりましたが、ホームアドバンテージはア・リーグがオリオールズ、ナ・リーグがメッツとなります。これは両チームの直接対決の成績で上下します。




ア・リーグの勝ち星もリーグ2位と3位は同じ数ですが、ホームアドバンテージは直接対決で勝率の高いインディアンスに軍配が上がりました。レッドソックスはフェンウェイ・パークでのポストシーズン開始とはなりませんでした。


 

 

(関連リンク)

 



 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2016 10 03 WCAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2016年10月1日)

 

2016 10 03 WCNL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 (2016年10月1日)

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

 

6つの地区の優勝は決まりましたが、ア・リーグ、ナ・リーグともにワイルドカードの2番目の椅子を巡った戦いがアツいです。

 

 

 

ア・リーグはタイガースが、ナ・リーグはカージナルスが、そのスポットに入れるかどうか注目されています。

 

 

 

タイガースはまだ1試合少ない状態ですので2位のブルージェイズに並ぶ可能性もあります。

 

 

 

カージナルスも162試合目にジャイアンツが敗れ、カージナルスが勝利した場合、WC2位のチームに並びます。

 

 

最終戦、どうなるのでしょうか!!

 

 

タイブレーカーが実現なるか??

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

 

Boston Red Sox WinCraft 12

 

 

こんにちは(^^)

 

 

 

激しいシーズンの順位が決まりました。現地2016年9月28日、ボストン・レッドソックスが2016シーズンのア・リーグ東地区を制しました。

 

 

 

非常に順位争いの激しいア・リーグ東地区においてここ10年で3度目の地区優勝です。素晴らしいですね。

 

 

 

この日はライバルであるヤンキースとのゲームにサヨナラで敗れたのですが、2位のブルージェイズがオリオールズに敗れたため、地区優勝が決まりました。

 

 

 

ビッグ・パピのファイナル・シーズンにどうしてもポストシーズンに進みたかったレッドソックスだけに喜びも倍増ですね。

 

 

 

今季のレッドソックスは3位より下に順位を落とすことなく、常に首位争いをしてきました。

 

 

 

6月は10勝16敗と大きく負け越したものの、序盤の好調さが貯金となり、大きく順位を下げることもありませんでした。

 

 

 

今季のレッドソックスの戦いぶりです。

 

 

 

 

 

今年はよく打ちましたよね!!特にムーキー・ベッツがひときわ目立ちましたね。

 

 

現地2016年9月29日段階の成績ですが、以下です。

 

 

  • 安打数 1,579 (AL1位)  ※2位はDETの1,453
  • 特点 869 (AL1位)  2位はCLEの761
  • 2塁打 340  (AL1位)  2位はCLEの301
  • HR  247  (AL1位)  2位はTORの219
  • RBI 829  (AL1位)  2位はTEXの738
  • 打率 .283  (AL1位)  2位はDETの.268  
  • OPS .813  (AL1位)  2位はDETの.770



などチームの打撃スタッツはもう圧倒的です。



ERAはリーグ4位の4.02。これだけ打ったら4位でも十分すぎるくらいの投手力ですね。 なんと言ってもリック・ポーセロの22勝4敗(9月30日時点)というローテーションの柱がしっかりしていたのが大きかったです。補強したデービッド・プライスも17勝9敗で大きく貢献しました。

 

 

 

 92勝67敗(現地2016年9月29日時点)となったレッドソックスは残り3試合でリーグ2位の勝ち星でポストシーズンに入りそうです。もしそうなると元レッドソックス監督のテリー・フランコーナ監督率いるインディアンスとNLDSを戦うことになります。

 

 

これも楽しみですね。

 

 

もう一つの楽しみは現地1日のゲームでリック・ポーセロが今季最後のマウンドに上がり、今季23勝目を狙います。

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

MLBは各チームともにホセ・フェルナンデスに哀悼の意を評しました。

 

 

 

 (2016年9月25日)




まだまだショックは消えませんが、各チームともにホセ・フェルナンデスの魂に応えるように、いつも以上に力の入ったプレーを見せてくれているように思います。




 

■ドジャースが地区4連覇


Los Angeles Dodgers WinCraft 2016 NL West Division Champions 12'' x 30'' Premium Pennant

 

 

現地2016年9月25日になりますが、ドジャースがロッキーズとのゲームを4-3で制し、見事に地区優勝を決めました!

 

 

最後はチャーリー・カルバーソン(Charlie Culberson)のサヨナラ・ホームランで決めましたね。劇的です。

 



ドジャースはこれで2013年から4年連続で地区優勝を果たしたことになります!

 

 

今年のドジャースは強かったですね!

 

 

エースのクレイトン・カーショウをシーズン途中で欠いた時期があったにもかかわらず、前田投手やユーリアスなどの新戦力が台頭。さらに打線もコーリー・シーガーなどの若手が出て、ベテランのC・アトリーや、エイゴン(エンドリアン・ゴンザレス)、働きざかりのヤジエル・プイーグがいて、非常に層が厚かったです。

 

 

監督のデーブ・ロバーツもよかったですね。さすがに百戦錬磨の人です。

 

 

ドジャースのシーズンを振り返るいい動画が出来ています。↓

 

 

 

 

 

 

カーショウはシーズン後半に少し休めましたので、課題のポストシーズンもいいピッチングを見せるのではないかとも思います。楽しみですね! 

 

 

また、ドジャースのゲームでよく見かける”VIN”ですが、これはドジャース戦の名実況、ビン・スカリーが今年で実況を引退することから。

 

 

実況67年に終止符を打つことへの敬意を表しています。

 

 

この日も”WIN”をもじって”VIN”としていましたね。

 

 

 

 

■インディアンスがALセントラルを制す!

 

 

そして、現地2016年9月26日、インディアンスがタイガースを7-4で下し、2007年以来8度目の地区優勝を果たしました!

 

 

 

 

 

ちなみに2013年にもポストシーズンに出場していますが、この時はワイルドカードでの出場でした。

 

 

 

 

今年のインディアンスの動きのわかるいい動画がこちら↓。

 

 

 

 

 

 

メジャー1のローテーションでしたね!それに加え、フランシスコ・リンドールの活躍が本当に光りました!

 

 

ここに来てですが、カルロス・カラスコが21日に右手小指の付け根に打球を受け、骨折。ポストシーズンも無理ではないかと思われます。

 

 

さらに優勝を決めたこのゲームで、コーリー・クルーバーが股関節を傷め、途中降板。

 

 

 

インディアンス、ポストシーズンにやや不安が残ります。

 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Texas Rangers WinCraft 2016 AL West Division Champions 12 

こんにちは(^^)

 

 

 

いよいよ佳境です。MLBでは2日続けて地区優勝が決まりました。

 

 

まずはア・リーグ西地区のレンジャーズ。

 

 

 

■レンジャーズが2年連続地区優勝

 

 

現地2016年9月23日、先発のコール・ハメルズがアスレチックス相手に7回無失点のナイス・ピッチングを見せ、結果、3-0の完封勝利。2年連続でア・リーグ西地区の地区優勝を決めました。

 

 

2015年に就任したジェフ・バニスター監督となってから2年連続です。バニスター監督、手腕が高く評価されそうです。

 

 

シーズン中盤から圧倒的な強さを見せたレンジャーズですか、シーズン開始当初はダルビッシュ投手はいないわ、ローテーションはコール・ハメルズくらいしか当てにできないわ、ブルペンも際立った輝きはないわで、投手陣に不安しかなかったのですが、終わってみれば92勝で優勝です。あと 7試合残っていますから、95勝は行きそうですね。

 

 

マウンドに立たせた投手がリーグ2位の31名というところに、下からコールアップしては試してという試行錯誤が伺えます。

 

 

現地2016年9月24日現在の数字となりますが、実際チームERAはワースト3位の4.41。前後は地区最下位のエンゼルスの4.39がワースト5位、エンゼルスと最下位争いをしているアスレチックスがワースト2位の4.50ということでいかに投手のやりくりに苦労したかがよくわかります。

 

 

 

(2016年9月23日)

 

 

 

その投手陣をカバーしたのが強力打線です。

 

 

チーム打率はリーグ4位の.263、安打数も4位で1,383、打点は2位の715と打線が頑張ったのがよくわかります。ちなみにすごい打席成績を残しているチームがありますので、そのチームが優勝したときにまた。

 

 

レンジャーズの打撃成績が際立っているのが残塁の少なさ。リーグ2位の988です。

 

 

ちなみに1位はアスレチックスの983ですが、そもそもアスレチックスはあまり塁に出ていませんので、実質レンジャーズがもっとも得点効率がよかったと言えるでしょう。

 

 

シーズンの中盤にダルビッシュ投手も帰ってきてくれましたから、ポストシーズンは楽しみですね。

 

 

 

 

■ナッツが2年ぶり3度めの地区優勝

 

 

レンジャーズが地区優勝を決めた翌日の現地2016年9月24日、今度はナショナルズがナ・リーグ東地区を制しました。

 

 

前日にパイレーツに敗れたナッツでしたが、この日は相当気合が入っていましたね。

 

 

初回に3点を先制し、優位に試合を運びます。しかし、その気合が空回りしたのか、先発のジョー・ロス(Joe Ross #41)が3回途中、被安打5、失点1でマウンドを降りました。

 

 

ジョー・ロスは7月の肩の炎症があったことでもともと4回から5回での登板でブランされています。この日は少し早かったですね。63球を費やしていました。

 

 

 

その後、レイナルド・ロペス(Reynaldo Lopez #49)が5.1イニングを投げ、無失点に抑える好投。ナッツは4回にも3点を加え、6-1で勝利し、地区優勝を決めました。

 

 

 

 

 

 

ナッツ、今年はNLDSをぜひとも勝ち上がって欲しいですね。相手はおそらくドジャース。強敵です。

 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年9月22日、ドジャースが今季153試合目のゲームを快勝しました。

 

 

地元ドジャー・スタジアムでのパドレス戦だったのですが、下位チームに取りこぼしがあると地区優勝はちょっとやばいなと思っていたのですが、取りこぼしどころか、ドジャースは佳境にきてギア・アップしています。

 

 

そんなドジャースですが、この日は面白いプレーがありました。名手チェイス・アトリーのプレーなのですが、バウンドを読み違えて打球をファンブルしたものの、その後の処理が素晴らしかった!

 

 

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

さすがアトリー。自らのミスを帳消しにしましたね(^o^) 

 

 

ドジャースは打線が本当に好調です。

 

 

2-4でリードを許していたのですが、7回裏にヤズマニ・グランダールのグランドスラムが飛び出し、逆転に成功。結果7-4で勝利しました。

 

 

今のドジャースには先制点を許しても逆転できるという固い信念のようなものがみなぎっているような戦いぶりでした。

 

 

e6【動画】Recap: COL 4, LAD 7(2016年9月22日)
 

 

(関連リンク)

 


 

 

■地区優勝のチームが見えた感じに



両リーグ通じてナ・リーグ西地区のティビジョン・タイトルが見えていない状況だったのですが、パドレス戦の初戦を制したドジャースが打線も好調ですから、このまま行きそうです。



これで、各地区の優勝が見えてきましたね。

 

 

ア・リーグ東地区はレッドソックス、中地区はインディアンス、西地区はレンジャーズ。ナ・リーグは東地区がナショナルズ、中地区は早々と優勝を決めて100勝に到達しようかとというカブス、そして西地区はドジャースということになりそうです。

 

 

あとはワイルドカード争いが面白いですね。ア・リーグはタイガースがWCスポットの2チーム目に出てきました。ナ・リーグはジャイアンツ、カージナルスの争いが面白いです。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年9月20日、ア・リーグ東地区の首位レッドソックスと3位オリオールズの4連戦の2戦目が行われ、連勝中のレッドソックスがその強さを見せつけました。

 

 

 

レッドソックスはいわゆるローテーションの谷間、左腕のエデュアルド・ロドリゲスが先発。スリークォーターからいいボールを投げるので、もう一皮向けて欲しいところなんですけどね。

 

 

 

オリオールズは前回14日の登板でレッドソックス打線を8回シャットアウトしたケビン・ゴーズマン。

 

 

 

このゲーム、エデュアルド・ロドリゲスがいいピッチングをしました!ゲーム中盤まで持ちこたえ、先制点を許しませんでした。7回途中、被安打4、失点2という内容。ケビン・ゴーズマンの方が、調子が悪かったです。7回途中、被安打10、失点5でした。

 

 

 

そのゴーズマンに3失点をもたらせたのはデービッド・オルティズ。2-1で1点リードの状況で投手陣が喜ぶ追加点となる3ランホームランを放ちました。

 

 

(2016年9月20日)

 

 

 

デービッド・オルティズは40才でシーズンホームラン数36本を放ったわけですが、これまで引退の年にもっともホームランを放ったのはデイブ・キングダム(1986年)の35本でしたが、その記録を超えたようです。

 

 

さすがですね。

 

 

ゲームはレッドソックスが前夜に続き、5-2で勝利。地区優勝がかなり近くなりました。

 

 

 

(関連リンク)


  

 

e6【動画】Recap: BOS 5, BAL 2

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2016 09 20 scoreLAD SFG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

MLBの2016 レギュラー・シーズンも残すところあと11試合。佳境に入ってきました!

 

 

現地2016年9月19日から、ドジャース VS ジャイアンツのナ・リーグ西地区同士のライバル対決の1度目の山場が訪れています!

 

 

第1戦はドジャースが先日復帰したばかりのクレイトン・カーショウ、ジャイアンツが大エースのマジソン・バンガーナーがマウンドに上がり、互いに火花の散るいい投げ合いで始まりました。

 

 

 

先制はジャイアンツ。

 

 

3回表、2アウトからシングルで出塁したエデュアルド・ヌネスが2盗を決めます。この時、捕手のヤズマニ・グランダールの送球が逸れ、ヌネスが3塁に到達。

 

 

 

ドジャースは思わぬピンチを迎えましたが、ここはカーショウゆえ、難なく抑えるだろうと思った瞬間、カーショウの変化球がワイルドピッチに。これでヌネスがホームインし、ドジャースが1点を先制。

 

 

 

その後、両先発ともにバツグンの投球を見せます。カーショウは6回を投げ、被安打3、失点1、バンガーナーは7回を被安打1、無失点、奪三振10というそれを上回る投球を披露しました。

 

 

 

両チーム、かなりアツくなっていたのですが、このようなシーンが見られました。

 

 

 

 

 (2016年9月19日)

 

 

 

これはさすがに読心術で切り取りということは筆者には出来ないのですが、送球がもたつき気味だったバンガーナーにプイーグが何か言ったようですね。まさにベンチ・クリアーとなりました。ブルペンから走ってくる投手陣もなかなか大変です。

 

 

 

そんな負けられないゲームで勝敗がついたのはブルペンのちょっとした差でした。

 

 

 

ドジャース投手陣がカーショウ降板後もしっかりと零封したのに対し、ジャイアンツ・ブルペンは持ちこたえられませんでした。

 

 

 

0-1のビハインドで迎えたドジャースの最終回、まずは連打で1・2塁とします。その後、ジャスティン・ターナーがライト前にしぷとくシングルを放ち、ドジャースが1-1のタイに。

 

 

 

最後はエイドリアン・ゴンザレスがRFハンター・ペンスのグラブをかすめた長打を放ち、ドジャースが一気にサヨナラ勝ちしました。

 

 

 

そのシーンです。

 

 

 

 (2016年9月19日)

 

 

 

ドジャース、強かったですね! 

 

 

 

これでドジャースは85勝61敗とし、2位ジャイアンツとの差を広げ、マジック・ナンバーを7としました。

 

 

 

 

e6【動画】Recap: SF 1, LAD 2(2016年9月19日)
 

(関連リンク)

 


 

 

■最終戦までもつれるか!?


もうほぼドジャースの地区優勝が見えてきていますが、ジャイアンツにとってはこの3連戦をなんとか2連勝して、少しでもゲーム差を詰めていきたいところ。

 

 

このカードが終われば両チームとも同じ対戦相手が待っています。ロッキーズ戦とパドレス戦です。

 

 

2016年9月19日現在の対戦成績ですが、ドジャースはロッキーズ戦が8勝7敗、パドレス戦は10勝7敗。ジャイアンツはパドレス戦9勝6敗、ロッキーズ戦8勝8敗。まあ、両チームともにほぼ互角ですね。

 

 

そして最終カードがドジャースVSジャイアンツの直接対決。ここまでもつれれば面白いのですが・・・。

 

 

 

対戦成績は7勝7敗です!

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年9月17日は投手が大いに活躍した日でした。ロッキーズVSパドレスのゲームでは8-0でロッキーズが勝利したのですが、先発のジョン・グレイ(Jon Gray)がパドレス打線をシャットアウト勝利。なんと16K(e6動画)を奪いました。

 

 

なかなかすごい記録ですね。

 

 

ただ、対戦相手のパドレスは目標を失っていますから、ここはいい投球だったのですが、あえて記事にはしませんでした。

 

 

そういう意味ではポストシーズンがかかっているチーム同士の戦いはやはり緊迫感があります。

 

 

 

インディアンス VS タイガースのゲームではインディアンスがカルロス・カラスコ(Carlos Carrasco #59 11-8)、タイガースがジャスティン・バーランダー(Justin Verlander #35 14-8)が登板。この顔合わせだけでも興味深々ですね。

 

 

ゲームは白熱の投手戦となりました!

 

 

 

■C・カラスコに打球直撃

 

 

 ゲーム開始直後の先頭のイアン・キンスラーへの2球目、4シームをとらえたライナーがカルロス・カラスコの右手を直撃。このままゲームから退きました。

 

 

 

 

 

 

診断の結果、右手小指の下部の骨を骨折。カルロス・カラスコはシーズンアウトとなりました。

 

 

小指付近ということで投球に直接影響はないものの、腕は振れないでしょうし、小さな部分の骨のようですから、結構時間がかかるかもしれません。まだ復帰へのタイムスケジュールは出ていませんが、おそらくポストシーズンの出場も難しいと思われます。インディアンス、自慢のローテーションが一人かけてしまいました。

 

 

 

■J・バーランダーがノーヒット・ビッド

 

 

一方のタイガース先発のジャスティン・バーランダーは今シーズン1番の出来ではないかというナイス・ピッチングを披露。

 

 

5回までノーヒット・ピッチングを展開。

 

 

6回裏に先頭のジェイソン・キプニスにセンター前に運ばれ、NO-NOは途絶えましたが、7回を投げ、被安打1、無失点のナイス・ピッチングを見せてくれました。

 

 

この日のバーランダーのMAXは96.8mph(155.78km/h)。本気を出せば今でも100マイル近いボールを投げることが出来ますが、ほとんどが93-94マイル(149.6kmから151.2km)ほどの速度に抑えています。

 

 

スライダーと70マイル後半のカーブ、チェンジアップ、2シームを駆使し、完全に打たせてとるモデルを完成させた感があります。

 

 

まだまだ勝って欲しい投手です。

 

 

 e6動画】Verlander's dazzling outing

 

 

 

■インディアンスのブルペンがシャットアウト・リレー

 

 

このゲームのポイントはやはり、カルロス・カラスコの怪我で緊急事態となったインディアンス投手陣の頑張りでしょうね。

 

 

カルロス・カラスコの緊急降板後、ジェフ・マンシップ→カイル・クロケット →コディー・アンダーソン→ザック・マカリスター→ペルシ・ガーナー→ブライアン・ショー→コディー・アレン→アンドリュー・ミラーと小刻みに繋いで、タイガース打線をシャットアウト・リレーしました。

 

 

野球の不思議なところですが、どうして先発か緊急降板となったあとのリリーフ陣がいい投球をするのでしょうね。

 

 

たいがいは2番手がロング・リリーフで終盤までつなぐパターンが多いと思うのですが、今回は一人約1イニングずつ担って、シャットアウトでリレーしたというのが、珍しいパターンです。しかも、延長10回まで! 

 

 

全員がいい準備をしていたということかと思います。プロの仕事ですね!!

 

 

 

e6【動画】Tribe 'pen shuts down Tigers

 

 

 

 

■J・ラミレスがサヨナラヒットを放つ

 

 

10回表を終えて0-0の緊迫した展開が続いていましたが、10回裏、コントロールに苦しむジャスティン・ウィルソンからインディアンス打線がチャンスを作り、最後はホセ・ラミレスがセンターにサヨナラヒットを放ち、インディアンスが1-0で勝利しました。




ジェイソン・キプニスやホセ・イグレシアスの好プレーも飛び出したナイス・ゲームでした。



e6【動画】Recap: DET 0, CLE 1 - F/10(現地2016年9月17日)



(関連リンク)


 

 

 このゲームを終えて、インディアンスのマジックナンバーは7に。タイガースはワイルドカード3位のポジションです。

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...