HOME   »  ポストシーズン
RSSフィード
 

M 👏 V 👏 P 👏

Houston Astrosさん(@astrosbaseball)がシェアした投稿 -2017 11月 3 6:58午後 PDT

 

 

強烈なインパクトを残したワールドシリーズ2017ですが、アストロズが地元ヒューストンで優勝パレードを敢行。熱烈な声援を受けました。

 

 

選手達のコメントが今年は非常に面白いですね。

 

 

パレードに参加していないバーランダーは、奥さんのケイト・アップトンとイタリアに挙式とハネムーンに行っています。ダラス・カイケルはスマホで会場の模様を撮影してバーランダーに送るようですね。仲がよくて微笑ましいです。

 

 

 

また、ジョシュ・レディックは”Apollo 13”で有名になったセリフ、”Houston, we have a problem”をもじって、”We haven't problem”と演説していましたね。こういうの結構好きです。

 


 

 

 

2012年アマチュア・ドラフトで全体1位となったカルロス・コレアが大いに活躍した今シーズン。やはりドラフトでいい若手を獲るというのはチームにとって大きいのだなとあらためて思いました。

 

 

ちなみにホセ・アルトゥーベは2007年アマチュア・フリーエージェントでの入団です。ベネズエラですから、アマチュア・ドラフトの対象国ではありませんので、アマチュアFAでの入団です。

 

 

 
 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト

 

 

Who else? George Springer is your 2017 @chevrolet #WorldSeries MVP.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 11月 1 9:20午後 PDT

 

 

Game7は予想外の展開でした。

 

 

現地2017年11月1日、ワールドシリーズ Game7 が行なわれ、アストロズが立ち上がり2回で5得点を奪い、そのまま波乱もなく5-1で逃げ切り、4勝3敗で見事にワールドシリーズ・チャンプの座に輝きました!


 

 

 

 

Congratulations!

 

 

とことん波乱を含み、ワイルドと呼ばれるほど打ち合いを繰り広げた2017のワールドシリーズでしたが、Game7はアストロズが5安打、ドジャースは6安打に終わりました。

 

 

その分、この日は両チームのブルペンがよかったですね。

 

 

ドジャースはダルビッシュ投手が2回でマウンドを降りましたが、その後、3番手にクレイトン・カーショウが登板。4回を被安打2、無失点に抑え、流れを引き寄せようとしました。

 

 

しかし、アストロズも6回からスターターのチャーリー・モートンを起用。4イニング投げ、被安打2、失点1に抑える好投をみせ、ドジャースに流れを渡しませんでした。

 

 

Game7は中盤以降、投手力が光ったいいゲームでしたね。

 

 

 

 

 

アストロズはこれで球団創設初のワールドシリーズ・タイトルです。

 

 

 

MVPは5HRを放ったジョージ・スプリンガー。アルトゥーベもコレアもブレグマンもよかったですが、ジョージ・スプリンガーは際立っていました。文句なしのMVPです。

 

 

ゲーム後、カルロス・コレアが公開でプロポーズするシーンも。いかにもアメリカらしい光景でした。

 

 

 

 

 

 

これでMLBの2017は終了です。

 

 

毎年思いますが、WS後の野球ロスはつらいですね。

 

 
また、ストーブリーグの記事を書き続けます! 

 

(関連リンク)

 

 

Game Score WS 2017 Game 7
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

RECAP: #Dodgers rally to force Game 7 with a 3-1 victory over the Astros. #WorldSeries Dodgers.com/News | #ThisTeam!

Los Angeles Dodgersさん(@dodgers)がシェアした投稿 -2017 10月 31 10:19午後 PDT

 

 

 

2017ポストシーズンも佳境です。残り1試合か、2試合か。

 

 

現地2017年10月31日、ワールドシリーズGame6がドジャー・スタジアムで行なわれました。

 

 

ファーストピッチではトミー・ラソーダとオーレル・ハーシュハイザーが登場。1988年ワールドシリーズ・チャンピオンを獲った時の監督とエースです。

 

 

それにしてもハーシュハイザー、年を取りました。蛇足ながら、筆者の中のヒーローの一人です。

 

 

【動画】Dodger legends toss first pitch

 

 

さて、Game6ですが いい投手戦になりました。

 

 

この日、賞賛したかったのはなんと言ってもドジャースの投手陣です。いいリレーで僅差の勝利をものにしました。あのスイング・スピードの凄すぎるアストロズ打線を相手に、すばらしいピッチングをみせてくれました。

 

 

とは言え、この日は中盤まではアストロズが押していたと思います。押していたというよりも、ドジャース打線はバーランダーに攻略のいとぐちを見つけられなかった状態でした。

 

 

それくらい、この日のジャスティン・バーランダーは、気力も充実し、生き物のようなボールを投げ込んでいました。5回を終わって、打たれたヒットは2回に浴びたプイーグのシングル1本のみ。それ以外は3人で締めるというピッチングを見せてくれました。

 

 

 

 

アストロズは3回表にジョージ・スプリンガーに今シリーズ4本目となるソロショットが出て、1−0とリードしていました。

 

 

完璧なピッチングをみせていたバーランダーですが、6回表、飛ばしてきた疲れか、コントロールを乱します。

 

 

先頭の当たっているバーンズに2塁打、チェイス・アトリーには死球を与え、ノーアウト1・2塁のピンチに。ここでコーチがマウンドに行き、一泊を置いたのですが、流れを止められませんでした。クリス・テイラーにはダブル、コーリー・シーガーにはシングルを許し、1−2と逆転されてしまいます。

 


 

 

 

バーランダーは6回でマウンドを降りました。後を継いだマンスグローブが7回にジョク・ピダーソンに一発を浴び、1失点。その後のグレガーソン、リリアーノはぴたりと抑えただけに、6回の失点は結果的に響いてしまいました。

 

 

ドジャースの投手陣ですが、5回表にリッチ・ヒルがピンチに。先頭のブライアン・マッキャンにシングル、つづくマーウィン・ゴンザレスに2塁打を打たれ、ノーアウト1・3塁のピンチ。レディックとバーランダーを三振に仕留めたものの、ジョージ・スプリンガーには敬遠の四球を出し、2アウト満塁に。

 

 

リッチ・ヒルはここでマウンドを降りました。ベンチにかえってからも悔しがっていましたね。ヒルは男前なのに顔つきが怖いので、ベンチであれをやられると周囲は引きますね。それだけ気持ちが乗っていたのでしょうね。

 

 

 

【動画】Hill fans five in strong start

 

 

 

その後、リレーしたブランドン・モローはうるさいアレックス・ブレグマンを打ち取り、このピンチを無失点に抑えました。ドジャースとしては非常に危ういゲーム展開だったことが見て取れると思います。この時点ではアストロズが1−0でリード。

 

 

 

ドジャースはモローの後に登板したワトソンが荒れ気味でしたが、6回を無失点で切り抜けます。7回表、ワトソンが先頭にフォアボールを出したところで前田投手に交代。前田投手は1安打されたものの、後続をしっかりと抑え、無失点投球を披露。

 

 

その後、ジャンセンが8回から登板し、2イニングを打者6人のパーフェクトで締め、ドジャースが3−1で勝利しました。

 

 

バーランダーもヒルも素晴らしかったです。

 

 

最終戦、Game7はダルビッシュ投手とランス・マッカラーズJRが先発です。泣いても笑ってもあと1試合です。

 

 

【動画】Recap: LAD 3, HOU 1  

 

 

(関連リンク)

 

 

Game Score WS 2017 Game 6
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

There is no doubt in @yasielpuig’s mind. #WorldSeries

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 30 9:57午前 PDT

 

 

いよいよ日本時間の2017年11月1日、Game6が始まります。アストロズが初タイトルに王手をかけているわけですが、ヤジエル・プイーグは7戦までやると意気込みをみせています。一方のバーランダーは6戦でかたをつけると言っていて、両チームともに気合が入っていて、非常に楽しみです。

 

 

明日はリッチ・ヒルとバーランダーの先発ですが、今までの傾向を見ると、先発が極端な大崩れさえしなければなんとかなると両チームともに思っていそうです。




 

 

 唯一、チャーリー・モートンとアレックス・ウッドが好投したGame4
だけが先発の力が反映されたゲームでした。


その例外を除いて、中盤以降、壮絶な打ち合いで、流れを取り合って
いますね。その典型がGame5でした。


あんなに毎回両チームに得点が入るものなんですね。何度も書きますが、
初めて見た展開でした。
 
 
ゲームのカギになりそうなのが、やはりブルペンですね。アストロズは
クローザーのケン・ジャイルズが心配ですね。逃げ切れません。


ドジャースもケンリー・ジャンセンで逃げ切れていません。
 
 
アストロズは特にこだわりもなく若いジャイルズを別のところでも使え
ますが、ドジャースはさすがにケンリー・ジャンセンを締め以外には
使えないでしょうね。


もし使えば、来季以降の信頼感にも影響を及ぼしかねません。


難しいところです。
 
 

 
 
唯一、クレイトン・カーショウを後ろに持ってくるなら、誰もが納得
するかもしれません。
 
 
そんなことより、ジャンセンに頑張って欲しいですね。このシリーズの
終盤はいつもの数倍もの集中力を要すことは身にしみてわかっている
でしょうし、何と言ってもホーム・フィールドなんですから、いつもの
力を出してもらいたいですね。
 

 
残り2試合です。両チームともに出し惜しみせずにいい投手を使って
きそうです。
 
 
 

 

 

 
 
ちなみにGame7の先発は両チームともに未発表です。
 
 
ドジャースの投手陣がアストロズ打線のあのスイングの速さに果敢に
挑むところを見てみたいです。


挑むというよりはうまくかわすところを見てみたいです。


アストロズのブルペンのやりくりにも注目です!
 

 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Tonight had all the emotions, and it's not over yet. #WorldSeries

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 29 11:41午後 PDT

 

 

 

すごいゲームでしたね!

 

 

現地2017年10月29日のワールドシリーズGame5は、表題の通り、歴史的なシーソーゲームとなりました。

 

 

4−3スコアの1点差ゲームを3試合分盛り込んだような内容の濃すぎるゲーム。5時間17分、両チーム合わせて28安打、アストロズが5発、ドジャースが2発、両チームともに7人ずつ投手を投入した歴史的な死闘でした。

 

 

両チームともにエースを粉砕しました。 

 

 

立ち上がりはアストロズの細かいミスもあり、完全にドジャースのペース。ダラス・カイケルが初回に3失点しましたので、もうカーショウが乗り切ってしまうのかと思いました。

 

 

しかし、アストロズが4回裏にいとも簡単にカーショウを攻略しました。この開き直りはなんだったのでしょうね。神がかっていました。コレアのタイムリーとユリ・グリエルの3ランHRで一気に4−4の同点に。相手がカーショウだろうが、俺たちは得点を取り返すだけというようなへっちゃら感は凄かったです。これがこのゲームに驚かされた1つめのポイントです。

 

 

ドジャースも負けていませんでした。5回表にコーディー・ベリンジャーが3ランHRを放ち、7−4と逆転に成功。流れを取り返したかに見えました。

 

 

しかし、アストロズはその裏の攻撃で、前田投手を攻め立て、ホセ・アルトゥーベのHRで7−7の同点に。いくら勝ち越されようが、取り返すのみ!というアストロズの2回目のへっちゃら感に想像を超えたこのゲーム2度めの驚きがありました。

 

 

ドジャースは7回、ランナーを一人置いて、コーディー・ベリンジャーがナイスなバットコントロールで高めのボールをセンターに弾き返し、これをジョージ・スプリンガーが後ろにそらすミスで1塁ランナーが一気に生還し、ドジャースが再び逆転に成功。8−7に。アストロズに大きなミスが出たので、これはさすがにドジャースに流れが行ったかと思いました。

 

 

しかし、その裏の攻撃でジョージ・スプリンガーがミスを帳消しにするHRを放ち、8−8の同点に。アストロズはさらにアルトゥーベのタイムリー2塁打と、カルロス・コレアのHRでこの回一気に4点を取得し、なんと11−8に。このゲームに驚かされた3度めのポイントです。

 

 

8回はコーリー・シーガーのタイムリー2塁打とブライアン・マッキャンのソロHRで両軍1点ずつ得点し、アストロズが12−9で3点リードで9回の攻防へ。

 

 

驚かされたのはこれからです。もうさすがに打ち合いに疲れたのかと思いきや、ドジャースは9回表にプイーグの2ランHRとクリス・テイラーのタイムリーで3点を奪い、12−12の同点に持ち込みました。この粘りはすごかったです。こnゲームに驚かsれた4度目のポイント。徹底的に打ち合ってやろうという凄みを感じました。

 

 

ドジャースは最終回のマウンドにジャンセンを送り、勝ち越しのお膳立てを整えますが、10回の攻撃を得点につなげることができず。

 

 

ジャンセンですが、10回裏に2アウトまでとりながら、ブライアン・マッキャンへの内角球が曲がりすぎてデッドボールに。時代者にも四球を出し、サヨナラのピンチを迎えます。アストロズはポストシーズン好調のブレグマン。ブレグマンはここで値千金のヒットを放ち、代走で出ていたフィッシャーが快速を飛ばし、アストロズが13−12でサヨナラ勝ちしたというゲームでした。

 

 

 

 

 

負けられない戦いに両軍ともに根性をみせたようなすごいゲームになりました。

 

 

こんな展開は見たことないです。4度ほど驚かされましたが、 ほんとにすごいゲームでした。

 
 

Game6はバーランダーとリッチ・ヒルです。

 

 

【動画】 Recap: HOU 13, LAD 12 - F/10

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

Tomorrow ... Game 5. #WorldSeries

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 28 9:43午後 PDT

 

Game4も素晴らしい戦いでした!



前日にユリ・グリエルが余計なことをやってしまいました。本当にアジア人を茶化した行為だったのか?と思いましたが(詳細のリンク ※)、本人や球団、監督など色々なコメントなどをみる限り、その通りだったようですね。NPBにもお世話になっていたのに。こういう不義理をする選手は応援したくないですね。正直、ドジャース、勝て!!と思いました。

 

 

これをやらなければ、アストロズはGame4をもっと優位にすすめていたかもしれません。それにしても、素晴らしかったのはダルビッシュ投手の対応。大人対応でした。アドレナリンが上がっている選手の事情も考慮した上でのいいコメントだったなと思いました。かつてパーフェクトゲームを誤審でフイにしたものの、その審判をさり気なく許したガララーガ並みの素晴らしい対応だったと思います。こういうのはイラッときた方が負けですからね。(気分は悪いですが)

 

 

MLB機構も迅速でした。グリエルの処分を発表。WS中は処分なしで出場できます。ただし、2018シーズン開幕から5日間のゲームをサスペンデッド処分(出場停止)処分としました。罰金はありません。その代わり、アストロズは自発的にグリエルの年俸の日割り分を慈善団体に寄付することを発表しました。アストロズの危機管理対応もなかなかのものだと思いました。

 

 

さて、Game4ですが、アストロズ先発のチャーリー・モートンとドジャース先発のアレックス・ウッドが素晴らしいピッチングを見せてくれました!

 

 

チャーリー・モートンは、完投する勢いで終盤までゲームメイク。一方のアレックス・ウッドは5回までノーヒットピッチング!ふたりともほんとうによかったです。また盛り上げたのは両軍の守備。すべてを埋め込めませんが(取り込みが遅くなってしまいますので)、好プレー続出です。

 

 

 (地味に見えますが、さすがプロの守備というプレー)

【動画】Morton's nice play 2回表2アウト

【動画】Turner starts a double play 2回裏ノーアウト

動画】Forsythe's fine diving stop  2回裏2アウト

【動画】Forsythe's slick backhanded stop 4回裏ノーアウト 

【動画】Seager's tough charging play 9回裏 ノーアウト。なんでSSが処理できた!?というプレー 

 

 

展開ですが、ドジャースは立ち上がりのモートンから先頭打者が出てチャンスを作るものの、2回から5回までの4イニングを三者凡退。完全にモートン・ペースでした。6回もデッドボールとシングルでチャンスがあったのですが、アレックス・ブレグマンの好守備で防がれ、無得点。

 

 

 

 

そうなると、流れ通りに6回裏、アストロズはジョージ・スプリンガーに一発が出て、先制。アレックス・ウッド、膝をついて悔しがりました。アストロズが1−0とリード。アレックス・ウッドはここで交代。5回2/3をこのHRだけの被安打1、失点1、奪三振3という内容。よかったですね!



 

 

 

 

ドジャースは取られた直後の7回表に反撃。

 

 

1アウトからコーディー・ベリンジャーが左中間に二塁打を放ち、チャンスメイク。これはいいバッティングでした!チャーリー・モートンはここでマウンドを降りました。6回1/3をたった76球というらしさを発揮したピッチング。被安打3、奪三振7。ただ、代わったウィル・ハリスがフォーサイスにシングルを打たれ、1−1の同点に。モートンの出したランナーでしたので、ERはモートンについてしまいました。

 

 

その後、ドジャースのワトソン、アストロズのデベンスキが踏ん張り、勝負は9回に。

 

 

9回、アストロズのマウンドはケン・ジャイルズに。いいクローザーなのですが、ポストシーズンではより集中力を増した相手チームの攻撃に崩れてしまうケースが続いています。

 

 

この日もそうでした。コーリー・シーガーとコーディー・ベリンジャーのコンビにヒットを打たれ、勝ち越し点を許し、2−1に。ジャイルズはマウンドを降りました。代わったジョー・マンスグローブはオースティン・バーンズに犠牲フライを打たれ3−1に。さらにジョク・ピダーソンには3ランHRを打たれ、ドジャースがこの回一挙に5点を奪い、6−1とリード。

 

 

 

 

 

 

9回裏、ドジャースはケンリ−・ジャンセンがアレックス・ブレグマンにソロHRを許しましたが、点差が開いていたので大きな問題にはなりませんでした。

 

 

 

ドジャースが6−2で勝利し、2勝2敗とし、Game5へと続きます。Game5はローテーションが1巡し、ダラス・カイケルとクレイトン・カーショウの投げ合いです。

 

 

【動画】Recap: LAD 6, HOU 2

 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

It’s gotta be the hair, Cotton! @el_yuly10 ignites a HUGE inning for @astrosbaseball. #WorldSeries

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 27 6:18午後 PDT

 

 

 

現地2017年10月27日、WS Game 3がヒューストンで行われました。ゲーム前には大々的にセレモニーが開催され、8月の洪水被害のドネーションの呼びかけなども行われました。選手の左胸には”Houston Strong”のパッチもつけられています。さながら、「がんばろう、神戸」、「がんばろう東北」、「がんばろう九州」のヒューストン版ですね。

 

 

Game3の先発はランス・マッカラーズJRとダルビッシュ投手の顔合わせ。

 

 

今ポストシーズン、安定感のある両投手。ダルビッシュ投手はアストロズとはレンジャーズ時代に何度も対戦はあり、今季の強いアストロズも経験済みですが、わりと苦手意識はないのではないか?と思っていたので、ダルビッシュ投手のペースで進んでいくのではないか?と考えていたのですが、結果は意外な展開に。

  

 

ダルビッシュ投手の調子は悪いとは思わなかったですが、2回に早くもつかまってしまいます。

 

 

ユリ・グリエルにレフトスタンドに放り込まれる先制弾を許し1−0に。ただ、このHRはユリ・グリエルがうまかったと思います。綺麗に振り抜きました。

 

 

この失点でとどめたかったところですが、ジョシュ・レディックに2塁打、エバン・ガティスに四球と、かなりアストロズの圧に押されるような展開に。

 

 

つづく、マーウィン・ゴンザレスにはタイムリーを打たれ、2−0に。この時、1塁ランナーのエバン・ガティスの走塁はまずかったと思います。これは3塁に行って欲しいところでしたが、2塁止まりに。微妙な当たりだったゆえに、ハーフウェイにとどまってほしかったです。VTRでは確認できませんでしたが、捕ったと思い、戻ったのでしょうか?いずれにせよ、勿体なかったです。下手をすると流れを渡しかねないプレーでした。

 

 

結果的に、次のブライアン・マッキャンにヒットが出て、ガティスも生還して1点を追加し、3−0に。また、つづくブレグマンには犠牲フライを打たれ、4−0に。アルトゥーベに2塁打を打たれたところで、ロバーツ監督はダルビッシュ投手を早めに諦めました。

 

 

 

 

 

ダルビッシュ投手は2回途中、4失点でマウンドを降ります。その後、ドジャースは前田投手が好投。5回1アウトまで無失点に抑えるものの、代わったワトソンがガティスにタイムリーを打たれ、5失点め。

 

 

 

アストロズ先発のマッカラーズJRは3失点を喫したものの、あまりピンチらしいピンチを感じさせませんでした。アストロズは6回からブラッド・ピーコックを投入。最後まで投げきり、アストロズが5−3で勝利しました。

 

 

2勝目を取ったのは大きいですね。アストロズ、今ポストシーズンは地元では無敗です。

 

 

 

 

 

 

 

Game4はチャーリー・モートンとアレックス・ウッドの投げ合いです。

 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

Where champions are made. #WorldSeries

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 25 12:26午後 PDT

 

 

 

ドジャー・スタジアムらしい写真↑

 

 

現地2017年10月25日のワールドシリーズ2017 Game2はすごいゲームになりましたね。

 

 

これぞ、ポストシーズン!レギュラー・シーズン以上に研ぎ澄まされた選手達の底力が出たのではないでしょうか!

 

 

バーランダーとリッチ・ヒルという楽しみな顔合わせでしたが、内容はバーランダーの圧勝という感じがしました。バーランダー、今ポストシーズンはボールが走っています。

 

 

とにかくHRが数多く飛び出したこのゲームですが、スコアほど荒れた印象はまったくなく、9回までは3点を奪い合う引き締まった攻防。ただし、その得点がHRに依るという非常に珍しい傾向です。

 

 

先に危うくなったのはリッチ・ヒルでした。3回表に、3本のシングルを集められ、1失点。制球がよくなかったリッチ・ヒルは4回には失点こそしなかったものの、ランナーを二人出すという苦しいピッチングでこの回を投げ終え、マウンドを降りました。

 

 

そして流れを変えたのは前田投手。5回表を三者凡退に抑えるナイスピッチング。これが裏の攻撃に効きました。

 

 

5回裏、ドジャースは2アウトから、ジョク・ピダーソンが価値あるHRを放ち、1−1に。バーランダーは2アウトからの失点だけに悔やまれますね。もっとも、こんなすごいバッター達が普段より集中して打席に入っているんですから、3アウトを獲るまでは油断などできませんね。

 

 

前田投手は6回にアウトを1つ取ったところで交代。ヒットを1本打たれたものの、この日も無失点リリーフ。

 

 

6回裏、バーランダーが一発を浴びてしまいました。これも2アウトから失点。しかも四球キッカケです。ランナーを一人置いて、コーリー・シーガーにレフトスタンドに放り込まれ、ドジャースが3−1と逆転。

 

 

バーランダーは6回でマウンドを降りたのですが、ヒットはほとんど許しませんでした。被安打がたったの3です。与四球も2個。いい成績です。ただ、HRを2本浴びたのが響き、被安打数と同じ、3失点。

 

 

 

 

 

ドジャースが2点リードで迎えた終盤8回、ロバーツ監督はケンリー・ジャンセンをマウンドに送り、逃げ切りをはかります。今のジャンセンなら打たれるイメージがまったくないですから、イニングまたぎになるとは言え、この采配もいいですよね。

 

 

 

ただ、ストーリーは想像を超えました。アストロズは8回にカルロス・コレアのタイムリーが出て2−3に。そして、9回表にはマーウィン・ゴンザレスにHRが出てついに3−3の同点に。ジャンセンから2点を奪ったというのは今後の戦い方に影響が出そうです。

 

 

アストロズはケン・ジャイルズが9回のドジャースの攻撃を3人で抑えたのはよかったです。

 

 

10回表、ドジャースのマウンドにはジョシュ・フィールズが。ジャンセンの失点は今ポストシーズンは初めてでしたので、ドジャースとしては嫌な流れでした。

 

 

その予感通り、アストロズは先頭のホセ・アルトゥーベとつづくカルロス・コレアに2者連続HRが出て、5−3と逆転に成功。キーマン2人のHRでしたから、これで決まったと誰もが思ったと思います。

 

 

 

 

 

ところが、10回裏に先頭のヤジエル・プイーグにHRが出てドジャース4−5の1点差に。ケン・ジャイルズは2アウトまでこぎつけ、あとアウト1人というところで、ローガン・フォーサイスに四球。さらにワイルド・ピッチが重なり、スコアリングポジションにランナーを背負います。

 

 

つづくエンリケ・ヘルナンデスにタイムリーが出て、ドジャースが土壇場で5−5の同点に追いつきます。ケン・ジャイルズはここで降板。一旦は流れを引き寄せるピッチングをみせたのですが、2アウトからの四球が痛かったですね。

 

 

ただ、アストロズはその後にマウンドに上がったクリス・デベンスキがクリス・テイラーを抑えて5−5のまま。これも大きかったですね。

 

 

11回表、ドジャースのマウンドはブランドン・マッカーシー。アストロズは途中から守備に入っていたキャメロン・メイビンがシングルで出塁。すかさず2盗を決めます。

 

 

これがプレッシャーになったのか、ブランドン・マッカーシーはつづくジョージ・スプリンガーに右中間スタンドに放り込まれる2ランHRを浴び、アストロズが再び2点をリード。7−5とします。イケイケのアストロズでしたが、後続の3人が倒れ、7−5止まりに。

 

 

11回裏、デベンスキは2アウトまで難なくとります。ところが、チャーリー・カルバーソンに一発を浴び、ドジャースが6−7と1点差に。またも同点劇があり得るということでスタンドは大いに盛り上がりましたが、最後は粘るプイーグに落ちるボールで勝負し、三振。 

 

 

アストロズがシーソーゲームを7−6で勝利するという、非常に面白いゲームとなりました。

 

 

【動画】Recap: LAD 3, HOU 1

 

 

これで勝敗は1勝1敗。

 

 

Game3は1日空けて、ヒューストンで行なわれます。ドジャースはダルビッシュ投手、アストロズはALCSの最終戦で見事なリリーフをみせた、ランス・マッカラーズJRが登板です。

 

 

 

楽しみです!

 

(関連リンク)

 

 

WS 2017 Game 2 Score
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 24 7:15午後 PDT

 

 


現地2017年10月24日、ドジャー・スタジアムで開幕したワールドシリーズ2017は、ドジャース、クレイトン・カーショウ、アストロズ、ダラス・カイケルのいい投手戦になりました。

 

 

もっとも、ダラス・カイケルは先頭打者のクリス・テイラーにHRを打たれるという立ち上がりとなりましたが、、、

 

 

ただ、両投手ともに持ち味を発揮したマウンドだったと思います。

 

 

解説陣も絶賛でしたが、クレイトン・カーショウのあの大きなカーブはとんでもない武器ですね。11Kです。


 

 

 

 

ちなみにスタメンですが、アストロズはアルトゥーベを3番、コレアを4番、グリエルを5番に上げました。DHが使えないので、ガティス抜きのスターティングとなりました。

 

 

一方のドジャースは、ジャスティン・ターナーを2番、コーディー・ベリンジャーを3番、プイーグを4番、戻ってきたコーリー・シーガーを6番に配置。

 

 

結果的にこのスタメンの配置は両チームともに、うまく得点に絡みました。

 

 

ドジャース、クリス・テイラーのHRで1点のリードを許したアストロズでしたが、4回に反撃。この回先頭のアレックス・ブレグマンがレフトへ綺麗なHRを放ち、1−1の同点にという展開に。

 

 

しかし、6回裏、ドジャースは2アウトを取られながらも、1番のクリス・テイラーが四球を選んで出塁。2番のジャスティン・ターナーは2ストライクを取られながら、内角のカットボールをうまくヘッドを遅らせてHRに。この2ランHRが決勝点になりました。

 

 

クレイトン・カーショウは7回を被安打3、失点1、11奪三振。ダラス・カイケルは6回2/3を被安打6、失点3、被本塁打2、奪三振3という内容。

 

 

両チームとも後をリレーしたブルペンが無失点に抑えました。

 

 

3−1でドジャースが勝利。まずは1戦目を取りました。

 

 

 

 

Game2はバーランダーとリッチ・ヒルです。

 

 

 

ドジャースのクローザー、ケンリー・ジャンセンがカットボールの投げ方を自ら解説している動画も上がっておりました。なかなか興味深かったので、上げておきます。

 

 

 
 

 

(関連リンク)

 

 

WS 2017 Game 1
  

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Not in their house! These #WorldSeries teams know how to protect their turf.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 22 7:45午後 PDT

 

 

 

2017年のワールドシリーズは、ドジャースVSアストロズという、東部とは違うところでの開催となりました。

 

 

MLB.com ではわかりやすいように、ET(東部時間)でプレーボール時刻が記載されています。

 

 

Game1は現地2017年10月24日(火)、東部時間8時PMのプレーボールです。

 

 

東部時間から日本時間への換算は昼夜逆転のプラス1時間ですから、日本だと、25日(水)朝9時にプレーボールとなります。

 

 

実際にゲームの行なわれるロサンゼルスは何時かといいますと、PDT 米国太平洋標準時(夏時間)で5時PM。

 

 

東海岸のチームがWSをやる時はだいたい7時PM開始というのが多いので、いつもより少し開始が早いですね。ロスならまだ明るいです。

 

 

ヒューストンで行なわれるときはどうかというと、こちらは経度としてロスより東に位置しているので、タイムゾーンはCDT(中部夏時間)になります。

 

 

東部時間ですと、8時PMの開催。完全に東海岸の支配層(!?)に合わせている感じですね!

 

 

地元は何時かと言いますと、7時PMです。ポストシーズンらしい時間でのプレーボールです。

 

 


さて、ドジャースのロバーツ監督がGame3までのスターティング・ピッチャーを発表しました。


 

 

もう予想通りですね。クレイトン・カーショウ、リッチ・ヒル、ダルビッシュ投手の3名。Game4はまだ公表していません。

 


 

一方のアストロズは、Game2まで発表しています。 ダラス・カイケル、ジャスティン・バーランダー。

 


 

カイケルとドジャース打線はあまり対戦がありません。あのチェンジアップにどれだけ泳いでしまうのか、ちょっと見ものです。

 


 

そして、カーショウVSアストロズ打線は対戦数が多いというのもあるのでしょうが、アストロズ打線は打っています。

 

 


キーマンのアルトゥーベ、コレアでそれぞれ.455、.333。この対戦も見ものですね。



 

 

 

 

筆者が興味深いのはGame2。



バーランダーのファストボールはドジャース打線に合わせられそうな気がするのですが、ブレーキングボールをどう効果的に使うか、見ものだと思っています。今プレーオフのバーランダーのファストボールは走っていますから、これは本当に楽しみです。

 

 

そして、ポストシーズンに強い、リッチ・ヒルとアストロズ打線の対戦も興味深いです。



リッチ・ヒルの調子次第ではアストロズはコロっとやられてしまいそうな気もしますし、当日要素がありすぎてわからないです。(すみません。)

 


 

 そして、Game3、アストロズは苦戦しそうです。



ダルビッシュ投手はレンジャーズ時代、ローンスターシリーズでアストロズとは何度も対戦がありますし、パーフェクト寸前まで行ったこともありました。ここはダルビッシュが躍動しそうな気がします。

 


 

どういう展開になるのか、いずれもシーズン100勝超えのチーム同士の対戦。

 


しかも、今ポストシーズンは両チームともに地元で負け無し。

 

 

楽しみです。

 

 

 
 

 

(関連リンク)

  

 
 
 

 

 

 

【編集後記】

台風21号は本当にひどい風雨でした。午前中に選挙に行ったのですが、ズボンがずぶ濡れに。夜中にかけてのあの風の音は恐怖すら感じました。台風被害による被災者の方々に御見舞を申し上げます。

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...