HOME   »  2013PS
RSSフィード

 

WS 2013 gm6

World Series 2013 レッドソックスで決まりました(Game 6)

 

 

 

こんばんは(^o^)

 

いやー今日は仕事どころではなかったですね(^_^;)

 

現地2013年10月30日、フェンウェイ・パークで行われたワールドシリーズ2013 Game 6でレッドソックスが2007年以来、通算8度目のワールドシリーズチャンプに輝きました!

 

Congratulations!

 

接戦をものにしてきたレッドソックスでしたが、最後はスコア上は完勝で見事なワールドシリーズ制覇!

 

とにかく価値があるのは、スコア以上に緊迫したケースが多かったにもかかわらず、それをキッチリとものにしてきたことではないでしょうか。

 

ブルペン陣は1発打たれれば逆転される!というケースを何度も火消しをして、味方のチャンスにつなげてきたところにあるでしょう。

 

そして、打線が凄かったですね!

特に中核を担うオルティズは打率.688!

見事、MVPに輝きました。

 

 

ゲームの動画です。↓ゲーム前のインタビューから始まっています。 いい動画ですよ!

 

【動画】Pulse of the Postseason

 


 

上の動画にもありますように、この日は腰のハリから復帰したビクトリーノが先制の走者一掃の2塁打を放ち、レッドソックスが優位にゲームを進めます。

 

カージナルス先発はワカでしたが、さすがのワカもこの日のレッドソックスは止められませんでした。ワカは4回途中、5安打6失点。四球が4つというところに、苦心が見えます。

 

一方のレッドソックス先発は4戦でもリリーフしたジョン・ラッキー。気合の投球で7回途中まで投げ、9安打されましたが1失点で凌ぎました。

 

 

■田澤投手、上原投手がまたしても好投!

 

今シリーズ、何度も何度も厳しい場面でマウンドに立った田澤投手。この日も満塁のピンチでマウンドに上がりました。

 

 

【動画】Tazawa ends bases-loaded threat

 

 

そしてカッコ良かったのが、カージナルスでベルトランの次に嫌なバッターだったアレン・クレイグを打ちとったことですね。

 

天敵とも言える選手に投げ勝ったのはスゴイですね。

 

最後は絶対的な安定感を誇るALCS・MVPの上原投手が今日も完璧に締めました。

 

【動画】Koji's perfect ninth

 

 

これで2013シーズンは終了です。ボストン・マラソンの悲劇から半年。

 

レッドソックスが素晴らしいシーズンを締めくくりました。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト

WS 2013 gm5

1st pitchはオジー・スミス!(WS 2013 Gm5)

 

 

こんばんは(^o^)

 

Gm4が面白すぎて、更新が遅れてしまいました(^_^;)

 

ジョン・レスターとアダム・ウェインライトという初戦と同じ顔ぶれに戻ったGame 5はまたもや接戦のいいゲームとなりました。

(現地2013年10月28日)

 

 

■オルティズが先制タイムリー

 

 

Game 4を終えて今ワールドシリーズの打率が.727というレッドソックス・ファンにとって頼もしすぎる数字を出しているデービッド・オルティズがこのゲームでも活躍してくれました。

 

この日、ファレル監督は打線をいじりました。

 

シェーン・ビクトリーノが腰のハリでこの日も欠場。これまで3番を打っていたペドロイアを2番に、そしてオルティズを3番、ゴームスを4番、そしてナバを5番に変えてきました。

 

そしてこれがズバリ当たります。

 

レッドソックスは初回、アダム・ウェインライトの立ち上がりを攻め、ペドロイアの2塁打の直後、オルティズが先制の2塁打を放ちます。

 

ここでオルティズのワールドシリーズの活躍全般の動画を

 

【動画】Papi continues to deliver

 

 

 

レッドソックスは早くも1点を奪い、ゲームを優位に進めます。

 

 

レッドソックス先発のジョン・レスターはこの日もいい投球を見せてくれました。

 

レスターは8回途中までカージナルス打線を被安打4、失点1に抑え、カージナルスを金縛り状態に。唯一の失点はホリデーのソロHRの1発だけでした。

 

好投し過ぎてカージナルスの攻撃の見どころをなくしてしまったがゆえに、ブッシュ・スタジアムのファンから紙飛行機まで投げられていました(^o^) これはある意味、賞賛のようなものかもしれませんね。

 

 

レッドソックスは7回にコーディー・ロスのタイムリー、エルズベリーのタイムリーで2点を追加し、拮抗したゲームに競り勝ちました。

 

 

 

↓リキャップです

 

 

【動画】WS Game 5 Recap: BOS 3, STL 1(現地2013年10月28日)

 

 

レッドソックスはこの勝利でWSチャンプまであと1つ。

 

日本時間2013年10月31日朝9:00、運命のGame6が行われます。

 

その期待できるゲームの先発は、レッドソックスがジョン・レスター、そしてカージナルスがマイケル・ワカです。

 

ワカの神話が明日も通用するでしょうか!?

 

楽しみな1戦です。

 

 

【動画】Wacha vs. Lackey in Game 6

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

e6デジタル家電 ベストセラー

WS Gm4 ortiz

ベンチで檄を飛ばすオルティズ(WS 2013 Gm4)

 

 

 

Game4は名勝負でしたね~!

 

現地2013年10月27日、ワールドシリーズ2013第4戦が行われ、レッドソックスがカージルスを接戦で下し、勝敗を2勝2敗のタイに持ち込みました!!

 

そうなったのは、オルティズのリーダーシップの発揮にあります。

(下の方で動画を)

 

 

前日のGame3では、オブストラクションによるゲームセットで、しかもホームアウトのタイミングがひっくり返されるという類まれなる終焉を迎えたわけですが(▶記事)、この日も意外な幕切れとなりました。

 

 

 

■リンとバックホルツの投球内容

 

通常Game4で投げる投手はやや力が落ちる投手が多いのですが、今年のワールドシリーズは若手が頑張っているので、第4戦にも有名な投手が登板しました。

 

カージナルスがランス・リン、レッドソックスがクレイ・バックホルツというもっと「前の」ゲームで投げてもおかしくない投手の先発です。

 

リンはここ2年ほど、20勝を逃しているという実力のある投手です。後半戦に勝てない時期が出てきてしまって、それで逃しているという状況です。

 

 

(ランス・リンのここ2年の成績)

2012:18勝7敗

(ASG前:11-4 in 17 Games)

  (ASG後:7-3 in 18 Games)

 

2013:15勝10敗

(ASG前:8-1 in 13 Games)

  (ASG後:7-9 in 20 Games)

 

バックホルツはみなさんご存知の実力のある投手ですね。2013は夏場に腕の故障で2ヶ月ほど戦列を離れましたが、今シーズンは11連勝を達成。特に4月は投げれば勝つという状態でした。

 

 

実力のある両投手が投げ合った結果、今日もいいゲームとなりました。

 

クレイ・バックホルツは攻撃の関係で4回でマウンドを降りました。カージナルス打線を被安打3、失点1、与四球3という内容で、ゲームメイク。

 

一方のランス・リンは6回途中まで投げ、被安打3、失点3とこちらも見事にゲームメイクしたと言っていいでしょう。ただ、リンが溜めたランナーを次の投手がホームランを打たれたので、リンに自責点がついております。

 

 

バックホルツの動画です↓

 

 

【動画】Buchholz on adrenaline

 

 

 

■オルティズの檄がゴームスのホームランを呼ぶ

 

カージナルスは3回にベルトランのシングルで先制しましたが、この先制点も外野へ飛んだゴロのイレギュラーをエルズベリーが後ろにそらして2塁まで進塁したカーペンターの好走塁が背景にあります。カージナルス、相変わらずスキがないですね。

 

レッドソックスもすぐさま5回の攻撃でスティーブン・ドリュー(JD・ドリューの弟です)のタイムリーで同点に追いつきます。

 

そして5回と6回のイニングの合間に、レッドソックスのベンチでは2012年のジャイアンツのハンター・ペンスを思わせる、オルティズの檄が飛びました。

 

【動画】Papi rallies his teammates

 

 

 

そして直後の6回表、2アウトからペドロイアがしぶとく出塁し、オルティズが敬遠で歩いた後、ドラマが起こりました。

 

ジョニー・ゴームスが、あの独特のスイングで失投を逃さず、勝ち越しの3ランホームランを放ちます。

 

 

【動画】Gomes' three-run homer

 

 

こういう場面で飛び出した1発というのが価値がありますね。

 

 

■田澤投手がピンチをエスケープ

 

 

終わってみれば4-2でレッドソックスが2点差で勝ったワケですけれども、ギリギリの戦いだったことは言うまでもありません。

 

1発出れば逆転というところで、田澤投手がいいピッチングを見せてくれました!!!

 

 【動画】Tazawa retires Holliday





■最後は上原投手がピックオフでアウトに



上原投手、9回頭から登板し、シビレるコントロールでコーナーに投げ分けます。

 

アレン・クレイグにはこの日もヒットを許してしまいましたが、後続を見事に断ちました。日本での経験が生きたような見事な牽制(ピックオフ)で3アウトを獲りました。


【動画】Uehara earns the save




ゲームリキャップです。

 

【動画】WS Game 4 Recap: BOS 4, STL 2(現地2013年10月27日)

 

 

 

【編集後記】

レッドソックスのファレル監督はピッチング・コーチを長年経験してきただけに、投手からの信頼が厚そうですね。

今ポストシーズン、自信を失いかけているブレスロウをこの日も起用しました。残念ながらいい結果にはなりませんでしたが、それでもブレスロウをつかうところに監督の愛情を感じます。

 

また、ジョン・ラッキーを登板させたこともすごかったですね。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6デジタル家電 ベストセラー

WS 2013 gm3

問題となったシーン 3塁塁上で交錯する2人(WS 2013 Gm3)

 

 

 

何やら状況がつかみにくい写真からスタートしましたが、記事下で説明させていただきましょう(^o^)

 

現地2013年10月26日、場所をミズーリ州セントルスのブッシュ・スタジアムに移して行われたワールドシリーズ2013のGame3は白熱したいいゲームとなりました!

 

ブッシュ・スタジアムはスタジアム・レコードの47,432人の観客が集まりました!!盛り上がってましたね!

 

 

■ジョー・ケリーがピービーと互角以上の投球

 

カージナルスの先発はジョー・ケリー。レッドソックスはベテランのジェイク・ピービーで、第2戦と同じくカージナルスの若い投手がレッドソックスの実績ある一流投手に挑むという構造となりました。

 

そのジョー・ケリーはよかったです! 96-7マイルを平気で出していましたね。ワカといい、カージナルスの若手はあらためてスゴイと思いました。

 

ジョー・ケリーは6回途中、レッドソックス打線をたったの2安打に抑え、2失点のゲームメイク。奪三振も6つ獲りました。

 

e6【動画】Kelly's solid Game 3 start(WS 2013 Gm3)




一方のレッドソックス先発のジェイク・ピービーは4回を被安打6、2失点という内容で早めにマウンドを降りましたが、ナイス・ピッチングでした。

 

カージナルス(=ナ・リーグ)のホームゲームでしたので、投手が打席に立つ関係で早めにマウンドを降りたのでした。

 

ピービーはキレのいいファストボールを軸に、スライダーが実によかったです。チェンジアップのような効果で打者のタイミングをずらし、カージナルス打線はポップフライが多くなりました。

 

 

 

■スリリングな展開のシーソーゲーム

 

このゲームは中盤までカージナルスが2-0と試合を優位に展開させていきました。カージナルスは立ち上がりのピービーを攻め、ホリデーとモリーナのシングルで2点を先制。

 

その後は、立ち直ったピービーと早いイニングから飛ばしていたジョー・ケリーが見事な投球を見せ、ロースコアのまま中盤へ。

 

レッドソックスは5回にゲッツー崩れの間に1点を返し、反撃。安打が少ない日でもこうやって確実に点につなげていくのが今年のレッドソックスの強さでもありますね。

 

さらに6回には6番に入ったナバがタイムリーを放ち2-2の同点に追いつきます。

 

レッドソックスの投手リレーは、7回にクレイグ・ブレスロウが登板。ドゥブロンは2番手で使っていました。

 

Gm2で調子のよくなかったブレスロウはこの日もボールの抑えが効いていなかったです。ヒットとフォアボールでランナーをためたところで交代。

 

ブレスロウは4戦以降、使いにくくなってしまいました。レッドソックスはこれからドゥブロンとワークマンの使い方がポイントになりそうです。

 

ランナーを2人貯めたところで、代わったのは、田澤投手でした。なんとか抑えたかった田澤投手でしたが、ここは打者のマット・ホリデーが一枚上でした。

 

ホリデーは田澤投手のフォークボールにうまく反応し、これがタイムリー2塁打に!カージナルスが2点を勝ち越し4-2となったところでいよいよ終盤の8回に。

 

 

■マシーニ監督、ローゼンタールを8回途中から起用

 

2点勝ち越されたレッドソックスですが、ここから驚異の粘りを発揮。普通ならこのままカージナルスが勝つ流れなのですが、さすがにポストシーズン。気合の入り方が違います。

 

カージナルスは8回頭からセットアッパーのカルロス・マルティネスが登板しましたが、ヒットとデッドボールでランナーを貯めてしまいます。

 

ペドロイアをショートゴロに打ちとったマルティネスでしたが、次のバッターは連夜のHRを放っているオルティズ。カージナルスベンチはたまらず敬遠を指示。

 

1アウト満塁となったところで、8回途中でしたが、マシーニ監督は思い切ってローゼンタールをマウンドに送り込みました。

 

さすがのローゼンタールでもレッドソックスのこの流れには逆らえず、ゲッツー崩れの間にまず1点を献上。4-3と1点差に追いつかれます。

 

さらに、つづくイグザンダー・ボガーツ(Bogaerts)にシングルを許し、4-4の同点に追いつかれます。

 

しかし、ローゼンタールは続く9回のレッドソックス下位打線を3人で打ち取り、裏の攻撃につなげます。

 

そのローゼンタールの投球です。8回裏の満塁のシーンから↓

 

 

【動画】Rosenthal earns the win

 

 

 

■守備妨害という幕切れ

 

そして9回裏のカージナルスの攻撃です。

 

1アウトからモリーナがヒットで出塁したところでレッドソックスは上原投手をマウンドに送ります。

 

上原投手は代わりばな、アレン・クレイグにレフトへ2塁打を打たれ、1アウト2-3塁という状況に。

 

1点もやれない状況でレッドソックス内野陣は前に守ります。

 

バッターはジョン・ジェイ。上原投手はジョン・ジェイを注文通りの内野ゴロに打ち取り、これをペドロイアが横っ飛びでナイス・プレーで阻止。ホームでアウトにします。

 

その後捕手のサルティーがサードへ送球したボールが逸れてレフトへ。ここでランナーと3Bのミドルブルックスが交錯。

 

レフトのナバがナイスカバーを見せ、ホームへナイス返球を見せます。アウトでゲームセットと思った瞬間、審判から「オブストラクション」のコールが。

 

そのシーンです。

 

 

 

 

【動画】Conclusion






オブストラクション(守備妨害)の定義については下に載せさせていただきますが、この状況では故意かどうかは関係ないようです。

 

とにかくボールを後ろに逸らした時点でグランドに横たわっていたミドルブルックスがオブストラクションを取られたということになります。



ランナーに触れば守備妨害を取られるワケですから、ミドルブルックスも立ち上がるタイミングを測っていたと思います。審判の解釈では故意であろうとなかろうと、そういう状態になっているのがこの判定の根拠ということのようですね。


なかなか難しい判定ですが、ここはオブストラクションなしでもよかったのはと思いました。

 

 

↓本日のゲーム・リキャップです。いつものリキャップより、こちらの方が臨場感があったので、つけさせていただきました。

 

【動画】Pulse of the Postseason WS 2013 Gm3

 

 

※画面下に出てくる時間は東部時間です。現地のセントルイスは中部時間ですので、現地では1時間マイナスで動いています。

 

 

■Obstraction=守備妨害の定義

 

OBSTRUCTION is the act of a fielder who, while not in possession of the ball and not in the act of fielding the ball, impedes the progress of any runner.

走塁妨害とは野手がボールを保持しているかどうかにかかわらず、ランナーの進塁を妨害すること

Rule 2.00 (Obstruction) Comment: If a fielder is about to receive a thrown ball and if the ball is in flight directly toward and near enough to the fielder so he must occupy his position to receive the ball he may be considered in the act of fielding a ball. It is entirely up to the judgment of the umpire as to whether a fielder is in the act of fielding a ball. After a fielder has made an attempt to field a ball and missed, he can no longer be in the act of fielding the ball.

走塁妨害の補足:送球されたボールを捕球するための行為は走塁妨害とはならない。捕球行為に当たるかどうかは審判の判断に依存する。野手が捕球を試みた後、捕球できなかった場合は、もはや捕球行為にあったとは見なされない。

For example: If an infielder dives at a ground ball and the ball passes him and he continues to lie on the ground and delays the progress of the runner, he very likely has obstructed the runner.

例えば、内野手がゴロに対してダイビングで捕球を試みたものの、ボールが野手を通過し、なおもグランドに伏し続け、ランナーの進塁を遅らせた場合、守備妨害と見なされる

※日本語訳はいつも通り、筆者の超意訳です。

 

 

 

【編集後記】

 

ちなみに、主審を務めたダナ・デムス(Dana DeMuth)。

そして3塁塁審を務めたのはジム・ジョイス(Jim Joyce)。そう、ジム・ジョイスとは、この記事に出てくる「あの人」です。

↓↓↓

e6【いい言葉】誰しも完璧(パーフェクト)ではない(A・ガララーガ)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

e6デジタル家電 ベストセラー

Lester in WS 2013 gm1 glove

 

 

こんばんは(^o^)

 

日本時間2013年10月26日は移動日につき、ワールドシリーズはお休みです。

 

日本2013年10月27日(日)AM8:30プレーボールで、Gm3が始まります。

 

さて、

 

Gm2が終了した時点で話題になったのは、

 

「レスターが不正投球をしていたのではないか?」

 

という疑惑でした。

 

これは、マイナーリーガーの、タイラー・メリグ(Tyler Melling)が、自身のツイッターで、

 

 

「レッドソックスのジョン・レスターはグラブにワセリンのようなもの?を使ってないかい??」

(筆者超意訳)

 

Yes, it's come to this: Red Sox pitcher Jon Lester going to a blob of something (Vaseline?) in his glove

 

 

 

 

と言ったのが騒動の始まりでした。

たしかに上の写真を見ると、レスターのグラブに「Green Substance(緑の物質)」があるのがわかります。

 

このGIFを見ると、指先を疑惑の箇所に当てているようにも見てとれます。

https://vine.co/v/hpAnrTTIXLE

 

 

これに対してレスターは、「あれはワセリンなどではなくロジンだ」と反論。ファレル監督もそう援護しています。

 

さらにレスターは、緑の物質は「シーズン中にもつけているもの」と自信を持って反論。レスターにしてみれば、とんだ疑惑をふっかけられたものだというところでしょう。

 

タイラー・メリグはカージナルスのシングルA+のパームビーチ・カージナルスに所属する投手。

 

まさかカージナルスがマイナー選手を使って心理戦に持ち込んだというワケもなく。

 

 

果たして真相は?ですが、おそらくワセリンなどではなく、レスターの言うロジンなのではないか?と筆者は思っています。

 

この問題のポイントは、相手チームのカージナルスから、不正投球のクレームがつけられていない点です。

 

もし、その疑惑があるのなら、ゲーム中にアンパイアにクレームを起こさなければいけまんが、カージナルスはそうしませんでした。問題ないと思っていたからです。

 

 

従いましてこの件は「ロジン」ということで、クローズになりそうです。

 

気温9度のナイトゲームの最中に指先に滑る物質をつけている方が考えにくいかもしれません。レスターは95マイルほどのファストボールを投げますから、ワセリンを指先につけていれば滑って投げられなでしょう。

 

しかもワールドシリーズということで何台ものカメラがマウンドに立つ投手を映しているわけで、衆人環視のまっただ中でそれをするのは考えにくいと筆者は思います。

 

 

ワールドシリーズ自体が「水を差された感」は否めませんね。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

e6デジタル家電 ベストセラー

 

WS 2013 Gm2

味があっていいですね!!

 

 

 

こんにちは(^o^)

 

現地2013年10月24日、ワールドシリーズ2013の第2戦が行われ、レッドソックスがジョン・ラッキー、カージナルスが今ポストシーズン大活躍でNLCS・MVPにも輝いたマイケル・ワカが登板しました!!

 

 

■マイケル・ワカがまた好投!

 

Gm1ではエラーがらみで「らしくない」戦い方をしたカージナルスでしたが、この日はいつもの強いカージナルスが戻り、ようやくレッドソックスとのがっぷり四つのゲームを見せてくれました。

 

その主役となったのはやはり、今シリーズのキープレーヤーの1人、カージナルス先発のマイケル・ワカでした。

 

 

 

【動画】Wacha earns the win

 

 

さすがのレッドソックス打線も手こずるとは思いましたが、予想以上に抑えられてしまいました。

 

ワカは、6回を投げ被安打がたったの2!2失点という内容でレッドソックスに一気に傾きそうな流れを食い止めました。

 

唯一の失投がオルティズへの投球。

 

オルティズは連日のHRです。

 

 

【動画】Papi's two-run homer

 

 

 

 

少し高いボールだったとはいえ、あの失投を逃さなかったオルティズはやはりスゴイですね。フェンウェイのお客さんを総立ちさせてしまいました(^o^)

 

 

一方のレッドソックス先発のジョン・ラッキーも7回途中までマウンドにあがり、被安打5と好投。さすがにゲームメイクしました。

 

ただ、貯めたランナーを2番手のクレイグ・ブレスロウがもったいないプレーも含めて一気に返してしまい、レッドソックスの反撃の芽を潰してしまったように思います。

 

 

シーズン61試合に登板し、ERAが1.81のブレスロウでしたが、ミスが大胆過ぎて、却ってさわやかです(^o^) 仕方ないですね。

 

 

そのミスを逃さなかったカージナルス、息を吹き返したようですね。

 

 

 

【動画】WS Game 2 Recap: STL 4, BOS 2(現地2013年10月24日)

 

 

 

Game 3は現地26日、場所をブッシュ・スタジアムに移して行われます。

 

カージナルスが若手のジョー・ケリー、レッドソックスがベテランのピービーです。レッドソックスはピービーでなんとしてでも取りたいところです。

 

 

 

 

【編集後記】

(その1)

クレイグ・ブレスロウ(Breslow)の秀才ぶりについてはコチラの記事(外部リンク)がよくまとめて書いてくれています。

 

球界一の秀才!上原、田沢に続く「第三の男」に注目

http://nikkan-spa.jp/525188

 

 

(その2)

台風がなんとか列島を避けるような進路となりましたが、雨量が多いので、進路に当たる地域の方はお気をつけください。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

e6デジタル家電 ベストセラー

WS 2013 Gm1

 

こんばんは(^o^)

 

現地2013年10月23日、いよいよワールドシリーズ2013が開幕いたしました!

 

アメリカ野球の殿堂、フェンウェイ・パークでのオープニングですから、とても”雰囲気”のある開幕となりました。2013年の総決算です。

 

 

■エース同士の先発

 

レッドソックスがシーズン15勝8敗のジョン・レスター、カージナルスが、シーズン19勝9敗のアダム・ウェインライトというエース同士の先発で始まりました。

 

このゲーム、意外な展開を見せました。

 

 

■どうした!?カージナルス

 

かなり引き締まった展開になると予想していた方も多いと思いますが、このゲームは予想外の展開になりました!

 

レッドソックスは初回いきなり3点を先制したのですが、そうなったのはフォアボールとエラーがらみでした。

 

先頭のエルズベリーを警戒するあまりフォアボールを出したアダム・ウェインライト。続くビクトリーノを打ち取ったものの、3番のペドロイアにシングルを許します。

 

4番のオルティズをうまく打ちとったまではよかったものの、4-6-3のダブルプレーを試みるべくセカンドベースに入ったコズマでしたが、ボールをファンブルし、オールセーフにしてしまいます。

 

コズマはエルズベリーの走塁が気になったようです。

 

強打者オルティズでチェンジに出来れば、流れはグッとカージナルスへ行くことになったのですが、そう出来なかった代償は大きく、ウェインライトは続くナポリに先制の左中間への2塁打を献上。ランナーを全て返してしまい、3点を先制されました。

 

キープレーとなったコズマの捕球ミスのシーンです↓。

 

 



【動画】Ump wants call to be right







ナポリの値千金の走者一掃の2塁打↓。

【動画】Napoli's bases-clearing double

 

 

この日のカージナルスはフェンウェイの雰囲気に飲まれたのか、おかしかったです。こんなシーンもありました。

 

アダム・ウェインライトとモリーナがお見合い。



【動画】Drew's popup falls in







その後、SSのコズマが三遊間の打球をファンブルし、さらにピンチを広げたところで、ペドロイアにタイムリーが飛び出し、序盤に5-0という波乱の展開となりました。

 

 

エース対決は、アダム・ウェインライトの5回5失点。ジョン・レスターが8回途中被安打5、失点0という一方的な成績となりました。

 

【動画】Jon Lester was able to slow down the Cardinals' bats





※レスターのグラブについては、明日記事に書かせていただきます。

 

 

カージナルスはオルティズのあわやホームランという打球を好捕したベルトランが途中欠場したのも痛かったですね。

 

↓ちょっとカッコいいGm1のキー・プレーです。

 

【動画】Best moments from WS Game 1

 

 

 

 

【動画】WS Game 1 Recap: STL 1, BOS 8(現地2013年10月23日)

 

 

私はこのシリーズは互いのホームタウンでの勝利になり、4勝3敗でレッドソックスが持っていくか!?と思っていたのですが、

カージナルスはGm2にマイケル・ワカを登板させます。

 

これでカージナルスが息を吹き返せば面白いところですね。

 

最後にさすがの存在感を見せてくれたビッグ・パピのホームランです↓。

 

 

【動画】Ortiz's two-run dinger

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonタイムセール

ALCS 2013 uehara MVP

 

 

こんばんは(^^)

今日は日本人ファンにとって朗報ですね。

 

現地2013年10月19日、フェンウェイ・パークで行われたア・リーグのリーグチャンピオンシップ・シリーズ第6戦は、終盤にレッドソックスが劇的なグランドスラムでタイガースに逆転勝ち!

 

見事にワールドシリーズへの出場を決めました。

 

Congratulations!

 

そしてALCSのMVPは5試合、6イニング、21人のバッターに対して、被安打4、失点0、与四球0、ERA 0.00の上原投手が獲得しました!

 

 

■中盤以降に動いたゲーム

 

タイガースがマックス・シャーザー、レッドソックスがバックホルツで始まったこのゲームは、序盤は両投手の丁寧な投球で試合は動きませんでした。

 

ALCS 2013 Sherzer gm6

 

 

シーズン21勝のシャーザーもバッターフレンドリーなフェンウェイ・パークゆえに、1発を意識した実に丁寧な投球を見せてくれました。

 

そのシャーザーは、5回裏にエルズベリーに先制タイムリーを許すも、6回のピンチも見事に切り抜け、最少失点でマウンドを降ります。

 

シャーザーのスロー再生が含まれている動画です↓

 

 


【動画】Scherzer escapes sixth




シャーザーは7回途中、被安打4、失点3、奪三振8でマウンドを降りました。

 


■バックホルツも好投

 

そして好ゲームを演出したのはむしろ、クレイ・バックホルツだったかもしれません。

 

シーズン半ばに3ヶ月ほど離脱しましたが、復帰後の登板も含め、9月21日で初めて負けがつくまでは11勝0敗。結果、12勝1敗でレギュラーシーズンを終えました。

 

連勝中のバックホルツがそのまま帰ってきたような印象を与える大きなカーブとキレのいい真っ直ぐで生え抜きの右のエースの貫禄を見せてくれたと思います。

 

バックホルツは、5回を被安打4、失点2とゲームを作りました。

 

 

■ビクトリーノがグランドスラム!!

 

タイガースが2-1と1点リードして迎えた7回裏、ヒットと難しい当たりのエラーなどもあり、1アウト満塁となったところで大きな仕事をしたのは、シェーン・ビクトリーノ。

 

ビクトリーノはタイガース3番手のホセ・ベラスのカーブにうまく反応し、これがグリーンモンスターを超える値千金のグランドスラムに。

 

6回から押していたレッドソックスがついに7回に逆転しました。

 

 

【動画】Shane Victorino hammers a go-ahead grand slam

 

 

これは凄かったですね。

ビクトリーノ、さすが元フィリーズ戦士です。勝負強い!!

 

 

 

■上原投手がまたも好救援!


最後は上原投手がランナーを1人出したものの、見事に締めました。ALCS 3セーブ目です。

 

 

 

【動画】Koji's scoreless ninth





↓本日のゲームの流れです。

 

【動画】ALCS Game5 Recap: DET 2, BOS 5(現地2013年10月19日)

 

 

 

レッドソックスのポストシーズンを短くまとめたカッコいい動画です↓これは是非ご覧になってください。よく出来ています!

 

 

【動画】Red Sox headed to World Series

 

 

レッドソックスはこれで13度目のリーグ制覇。

カージナルスとのWSに挑みます。もしワールドシリーズを制すればレッドソックスは8度目に。

 

ワールドシリーズは現地23日から、フェンウェイ・パークで開幕します。 日本時間10月24日午前8:30プレーボールです。

 

 

 

World Series 2013 スケジュール(MLB.com)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonタイムセール

ALCS Gm5 2013

ホセ・イグレシアスのナイスキャッチ(現地2013年10月17日)

 

 

こんにちは(^^)

現地2013年10月17日、ALCS Gm5が行われました。コメリカでの最後のALCSですから、タイガースはなんとかしたかったところですが、結果は両チームともにギリギリの攻防でレッドソックスが接戦を制し、WS出場に王手をかけました。

 

 

■アニバル・サンチェスとジョン・レスター

 

先発はGm1と同じ顔合わせのアニバル・サンチェスとジョン・レスター。

 

Gm1では6回をNO-NO&12K!で締括くくったアニバル・サンチェス。今回は、2回にマイク・ナポリへの制球ミスによるHRをキッカケに3点を奪われ、ビハインドの展開になってしまいました。

 

その模様です。本当にど真ん中に入ってしまいました。

 

【動画】Mike Napoli launches HR(ALCS Gm5)

 

 

この日のアニバル・サンチェスは6回を被安打9、失点4、奪三振5、与四球0という内容で負け投手に。

 

一方のジョン・レスターは安定しています!!

 

レスターは調子が悪いなりにもしっかりとゲームメイク出来るところがすごいですね。6回途中まで7安打されながらも2失点にまとめました。

 

 

■ホセ・イグレシアスはじめ、好プレーが続出

 

「メジャーリーガーの本気が見たければ、ポストシーズンを見ればいい」

 

という格言などないですが、実際、ポストシーズンのプレーは、本気度がレギュラーシーズンを超えています。野球選手としての勝ち進む本能が発露されているというところでしょうか。

 

この日はいいプレーがたくさん出ました。

 

まずはホセ・イグレシアスのナイス・キャッチ。

SSのイグレシアスは、オルティズ・シフトで極端にセカンド寄りに守っていたことを前提にご覧ください。

 

 

 

【動画】Jose Iglesias makes a tough over-the-shoulder catch

 

 

次はジョン・レスターのグラブ・トス。ホセ・イグレシアスのセイフティーバントを一度ファンブルしてしまいますが、グラブでトスし、見事にアウトに仕留めました。大きなプレーでした。

 

 

 

【動画】Lester's glove flip

 

 

捕手のナイスブロックもありましたが、終盤の肝心なところでダブルプレーを決めたペドロイアの素早い送球もよかったです。

 

 

【動画】Red Sox go around the horn

 

 

ただでさえ、球際に強い選手ばかりのMLBですが、ポストシーズンは球際の強さが5割増というところでしょうか。いいプレーだったと思います。

 

 

■上原投手が完璧リリーフ

 

 

レッドソックスは田澤投手が6回から2番手で登板。1失点を喫しましたが最少失点に止めました。

 

その後ブレスロウ(Breslow)が8回1アウトまで投げ、上原投手がその後を引き継ぎました。

 

上原投手は打者5人を完璧に封じ、厳しい1点差ゲームをものにしました。スプリットが効いています!

 

【動画】Uehara's five-out save

 

 

ゲーム後、ファレル監督は上原投手を讃えました!!

 

 

 

【動画】ALCS Game5 Recap: BOS 4, DET 3(現地2013-10-17)

これでレッドソックスがWS進出へ王手をかけました。移動日をはさみ、現地19日から舞台をフェンウェイ・パークに移してGm6が行われます。

Gm6は、バックホルツとシャーザーが先発です!!!

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonタイムセール

ALCS Gm4 2013

トリイ・ハンターのタイムリーダブルで得点

 

こんにちは(^^)

 

Gm1が1-0(DET勝利)、Gm2が6-5(BOS勝利)、Gm3が1-0(BOS勝利)と、3戦連続1点差ゲームが続き、しかもそのうち1-0スコアが2試合という希に見る投手戦が展開されている2013ALCSは、Gm4が行われました。

 

 

■肝心な時に結果を出すダグ・フィスター

 

2012年のレギュラーシーズン後半といい、今回の1勝ビハインドの状態のALCSといい、ダグ・フィスターは肝心な時に結果を出しますね。

 

現地2013年10月16日はレッドソックス打線に8安打されながらも1失点で凌ぎました。

 

まともなファストボールが投げないのがダグ・フィスターの特徴ですが、打たれても失点を最小限に抑えるという真骨頂が出たような投球でしたね。

 

すんごい落差のカーブにご注目ください!

 

 

 

【動画】Fister's strong start

 

 

 

レッドソックスは補強したピービー(Peavy)が先発。ALDSでは1勝を上げていたのですが、この日はタイガース打線、特にトリイ・ハンターに捕まってしまいました。

 

ピービーは、3回を被安打7、失点7という投球内容で、今回は期待に添えませんでした。

 

 

■【打順テコ入れ成功】トリイ・ハンターが殊勲のタイムリー・ダブル

 

 

ALCSに入ってロースコアな接戦が続いておりますが、両チームとも打線が湿っているとも言えます。

 

タイガースは打線を入れ替えてきました。

 

トリイ・ハンターが2番から1番に。なんとミギーが3番から2番に上がりました。そのほかの選手も7番まで1つ繰り上がり、9番SSにホセ・イグレシアスを、ジョニー・ペラルタを6番レフトに起用するという、打撃重視のシフトチェンジです。

 

この日のボックススコア(MLB.com)

 

これが奏功し、タイガースは9安打7得点。(実はレッドソックスの方が12安打と安打数は上回っていました。)

 

トリイ・ハンターの2塁打も含めた2回のタイガースの畳み掛ける攻撃の動画です↓。

 

レッドソックスのペドロイアがハンブルするという珍しいシーンもあります。

 

【動画】2回裏のタイガースの得点(2013 ALCS Gm4)

 

 

 

 

今シリーズ、初めて2点差以上の得点差がつきました。

 

 

 

【動画】ALCS Game 4 Recap: BOS 3, DET 7(現地2013年10月16日)

 

 

現地2013年10月17日は、初戦と同じ先発です。タイガースがアニバル・サンチェス、レッドソックスがジョン・レスターです。

 

 

好投した後はあまりよくない傾向のあるアニバル・サンチェス。Gm1では6回をNO-NO、12Kという快投を見せてくれました。今回はどうなのでしょうか!?

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonタイムセール

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...