HOME   »  Injury(ケガ)
RSSフィード

 

今日は怪我(Injury)の話題です。

 

現地2018年6月8日、エンゼルスは大谷投手のDL(故障者リスト)入りを発表しました。7日までさかのぼって10日間のDL入りです。

 

その故障箇所なのですが、あまりよろしくないんですね。

 

sprained UCL(スプレインド・ユーシーエル)、つまりulnar collateral ligament(アルナー・コラテラル・リガメント=右肘尺骨側副靭帯)の捻挫。

 

捻挫というのが今ひとつピンとこない言い方のなのですが、どうやら”torn”ではないということのようです。

 

これが”torn”であれば断裂したを意味しますので、即トミー・ジョン手術となりますが、そうではないということです。

 

症状はGrade 2の症状らしく、田中投手が以前治療したトミー・ジョン手術なしの方向での治療も可能で、現チームメイトのギャレット・リチャーズもそれで回復しています。

 

とりあえず、3週間は要しそうなので、この間の状況次第で長くなるのか、3週間で出場するのかがわかると思います。

 

UCLの故障は本当に多いですね。エンゼルスは大谷投手の登板間隔をかなり慎重に見極めていたのですが、それでも発生してしまいました。もっとも、慎重なスケジュール管理ゆえ、断裂までいかなかったという見方もできますね。

 

これで時期的にオールスターに出られるかどうかはちょっと微妙ですね。スイングができるようになれば、出場もあり得ると思います。投票と監督推薦にもよりますが。

 

さて、田中投手もDL入りです。

 

タッチアップの際に腰を傷めたようです。

 

サブウェイ・シリーズで登板した田中投手はこの怪我が原因で5回で降板。

 

それまではHRによる1失点のみで、15アウト中、8個が三振というすごいペースで三振をとっていただけに残念でした。

 

ヤンキースが同点に追いついたのは6回でしたので、この日、田中投手は勝利投手にはなれませんでした。結果は4−1でヤンキースが勝利しています。

 

 

さて、もう一人、ドジャースのウォーカー・ビューラーもDL入りとなりました。

 

ブレーブス戦に先発したビューラーは、5回に2本の長短打を許したものの、4回まではパーフェクトなピッチングを披露。6回に先頭のヨハン・カマルゴを三振にとったところで緊急降板となりました。

 

【動画】Buehler exits with an injury

 

素晴らしいピッチングだったのになぜ?

 

ロバーツ監督によると、ビューラーは6回に入り、明らかに急速が落ちたのがわかったそうです。慌ててマウンドに行くと、脇腹というか肋骨に痛みを感じながら投球していたことが判明。そこで大事をとって緊急降板にしたとのこと。

 

当日、肋骨に故障が発生するような出来事がなく、原因不明のまま降板となったのですが、少し前の5月21日のロッキーズ戦で、ピッチャーライナーが直撃したことが起因ではないかと判明。

 

 

 

直撃した当日はヒビなどもなかったと診断されたようですが、実は結構傷んでいたのかもしれません。その後数回の登板を経て、この日に症状が悪化したということも。

 

検査後に復帰の詳細がわかると思います。

 

 

肋骨にヒビでも入っていれば、痛くて息ができないくらいの状態になると思います。心なしか、ビューラーの症状も苦しそうでした。

 

 

実は、ストラスバーグもDL入りとなり、結構ビッグネームばかりがサイドラインに退いた日でした。早い復帰を祈りたいと思います。

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

スポンサーサイト

開幕まで1週間を切った現地2018年3月23日は、うまく調整した選手と事故による怪我の両極が出た日でした。

 


まず、完璧な調整をおこなった選手ですが、それはドジャースのクレイトン・カーショウ(Clayton Kershaw)!


 

開幕前最後の登板となったロイヤルズ戦で本番想定の長いイニングである6回2/3を投げ、無失点投球。

 


カーショウは今スプリング・トレーニングで6度先発し、21回1/3を投げ、被安打12、奪三振23、与四球4、そして何よりERAが0.00 ! 完璧です。 



今月19日に30才を迎えたばかりですが、まだまだ勝ち星を積んで行きそうです。現時点でキャリア10年で通算144勝です。すごい!

 


怪我の情報ですが、この日はボールが当たってという怪我が目立ちました。

 


深刻なのが、ジャイアンツのマディソン・バンガーナー(Madison Bumgarner)。

 


同じ日に行われたこれまたロイヤルズ戦に登板。この日、ロイヤルズは2チームに分かれて参戦。ジャイアンツと対戦したのはアルシデス・エスコバーはいたのですが、主力より少し劣るチーム。カーショウが対戦したのはほぼ主力級が揃った方です。

 



3回にウィット・メリフィールドが放った打球が利き手を直撃。打球スピードといい、ちょっと防ぐのが難しそうな当たりでした。バンガーナーはこのまま降板。

 


 

 



左手の中手骨(ちゅうしゅこつ)の骨折が判明しました。

 

 

中手骨とは手の甲を見た時に指から手首にかけての骨(中手骨基部骨折 外部リンク)。5本あるうちの何本目かはちょっとわかりませんでしたが、手の甲に強い打球がヒットしてしまったので、骨折にまで至ったということですね。


 

箇所が箇所だけに当然開幕はアウト。調整も含めれば6−8週かかる見込みです。

 



ローテーションのトップだったバンガーナーに変わって、ジャイアンツはジョニー・クエトを開幕に起用する見込みです。 ジャイアンツ、今オフはしっかりと補強してきただけにエースの1ヶ月の離脱は痛いです。

 

 

さて、イチロー選手も試合を途中退場しました。

 

 

同日、マイナーのゲームで調整を行っていたイチロー選手でしたが、内角攻めのボールが頭を直撃しました。

 

 

 

 

ちなみにピッチャーはブランドン・マンで、2011、12年にベイスターズで投げていた左腕でした。事故なので仕方ないですね。

 

 

イチロー選手は死球後しばらく立たなかったのですが、翌日のカクタスリーグの出場はその日の様子を見て決めるそうです。問題なければいいですが、頭なので慎重に判断してもらいたいですね。

 

 


 

 

(関連リンク)

 【MLB2017開幕】カブス土壇場で追いつく!バンガーナーが2HR!

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

 


 

昨日も開幕前のラインナップに影響するお話を書かせていただきましたが、本日も同様です。

 

 

現地2018年3月19日のカクタス・リーグ、ドジャースVSアスレチックス戦で、ドジャースの主砲、ジャスティン・ターナー( Justin Turner)が左手首に死球を受け、退場。MRIを受けるまでもなく骨折と診断されました。

 

 

死球を受けたのは初回。アスレチックスのケンダール・グレイブマン(Kendall Graveman)の内角のボールが抜けて、ターナーの左手首を直撃。もう悶絶といった状態でした。

 

 

【閲覧注意】すごい音がしています。

 

 

 

 

現地火曜日に再診断を受け、どれくらいの期間サイドラインに下がるかが判明する見込みです。骨がちゃんとひっつかないとフルスイングなど出来ませんから、ちょっと時間がかかるかもしれません。

 

 

昨シーズン、打率.322、HR21本、打点71、OBP.415のターナーが抜けるのは層が厚いドジャースであっても痛いです。

 

 

ドジャースは3Bにローガン・フォーサイスを、2Bにチェイス・アトリーまたはエンリケ・ヘルナンデスを起用して凌ぐ見込みです。また、キャッチャーのオースティン・バーンズは2017シーズン、2B、3Bを守ったことがありますから場合によってはバーンズも含めてこの穴を埋めると思われます。

 


 

攻撃力に関しては今季ドジャースに復帰した元5ツールプレーヤーのマット・ケンプが今スプリング・トレーニングで打率.317を放って奮起しているので、なんとかカバーは出来そうです。


 

 

もっともシーズンに入ってからでないと、実際のバーンズの欠場の大きさはわからないかもしれませんが、とりあえずは穴を埋める選手は十分に控えているといった状況です。

 

 


開幕直前のトラブルは指揮官にとってもなかなか大変です。症状が軽ければいいなと思います。

 

 

 

(関連リンク)

 

ポストシーズン » 2017PS | 2017.10.08
 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

2018年3月29日の開幕まであと10日を切りましたが、開幕前にツインズに痛いニュースが。

 

 

現地2018年3月18日、ツインズのSS、ホルへ・ポランコ(Jorge Polanco )が 開幕から80試合の出場停止処分となりました。理由はまたしてもPEDS(Performance Enhacing Drugs)、つまり禁止薬物の使用です。



 

 

 

 

ドミニカ共和国出身、24才のホルへ・ポランコは2017シーズン、133試合に出場。ツインズの正SSとして活躍。打率.256、HR13、RBI 74、盗塁13の成績を残しました。

 


 

シーズン途中に祖父が亡くなったりしたので、そのショックからか夏前に調子を落としましたが、8月以降は残り55ゲームで打率.316、HR10、42RBIを残す活躍ぶり。シーズンの成績の顕著な部分をこの時期に記録したことになります。


 

 

そういった爆発力も含めて大いに期待されていたのですが、残念なニュースとなりました。

 


 

ツインズはもともとエデュアルド・エスコバーという内野手がいて、ポランコとともにSSを守っていたような状況でしたので、今回の穴埋めではエスコバーをメインで使うことになりそうです。エスコバーは超ユーティリティで、昨シーズンはキャッチャーも守ったことがあります!

 


 

 

 

 

 

ツインズとしてはミゲル・サノがスネを手術してまだ復帰途中で、本調子ではないので、本来ならエスコバーを3B、ポランコを2Bという布陣で使いたかったと思いますが、それが出来なくなりました。

 

 

 

厚みを持たせるために、ベテラン内野手のエリック・アイバーを上げる見込みです(すでにカクタス・リーグでは出場済み)。

 

 

 

打線の影響としては、今オフFAでローガン・モリソンを獲得しているので、SPEC的な要素で見れば今のところは大幅な落ち込みはなさそうです。

 

 

 

PEDSの使用ですが、なかなか根が深いです。何がなんでもポジションをキープして大金を掴むんだというハングリー精神がちょっと裏目に出ています。必死さはヒシヒシと伝わってくるのですが、むしろ損をしてしまうリスクを考慮してほしいなとは思います。

 

 

 

日本の一般人並みに背が小さいにもかかわらず、野手NO1かと言われるくらいに活躍している選手もいますが、その選手は人一倍疲労度も激しいはずなのに、この問題は一切出てきません。いい見本もあるのですから、止めてもらいたいですね。

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール


現地2018年3月6日はダルビッシュ投手がカブス移籍後初登板を果たし、2回1失点、4奪三振といい滑り出しを見せてくれました。これから調子を上げて行ってくれると思います。

 


 

 

 

 

 

打者・大谷選手は変化球に合わずやや苦しんでいますが、すぐに慣れると思いますので心配しておりません。

 


 

さて、今日はINJURY(怪我)の情報について。

 


 

レッドソックスのローテーション左腕、ドリュー・ポメランツが2018年3月3日のゲームで肘に違和感を覚え途中交代をしました。これはトミー・ジョンか??と半ば諦めていたのですが、2018年3月6日のMRIの結果、深刻な状態ではなかった模様。

 


 

これはよかったですね。大事をとって少しだけ投球から遠ざかりますので、ひょっとしたら開幕から1、2回のローテ飛ばしはあるかもしれませんが、4月中には間違いなく戦線に戻ってこられそうです。


 

 

レッドソックスはクリス・セール、デビッド・プライス、リック・ポーセロの3人は強固なのですが、左腕のエデュアルド・ロドリゲス、ナックル・ボーラーのスティーブン・ライトの2人はDLに入ることがほぼ確定ですので、ポメランツが抜けると結構厳しいローテになるところでした。

 

 

 

ひょっとしたら、ランス・リンかアレックス・コブに食指を伸ばすかもしれませんが、とにかく4人目として計算出来て何よりです。

 

 


もう一人、こちらはちょっと開幕に間に合いそうもないのですが、インディアンスの右腕、ダニー・サラザーが肩の炎症を訴えて、サイドラインに退いています。

 


 

こちらはちょっと心配です。一応、4月中に復帰するとの見込みはたっていますが、右肩だけに無理しないで欲しいですね。

 

 


その他、今現在(現地2018年3月6日)のINJURY REPORTはこちら。

↓↓

http://mlb.mlb.com/mlb/fantasy/injuries/

 


 

ダニー・サラザーより深刻なのはブルージェイズのマーカス・ストローマン。右肩の炎症で復帰の見込みが立っていません。

 

 


2017年2月にトミー・ジョン手術を行ったカージナルス期待のプロスペクト、アレックス・レイエスは5月1日復帰見込みとなっています。予想より早い!トミー・ジョン手術で言うと、2017年7月に施術したカブスのドリュー・スマイリー、2017年5月に施術したDバックスのシェルビー・ミラーは2018シーズン中の復帰見込みです。

 


 

2017年に肩と腰の手術を行ったメッツのデビッド・ライトも今季中に復帰予定。

 

 

 

アキレス腱断裂のオリオールズの左腕、ザック・ブリットンは後半から復帰予定。

 

 

右手中指を手術をこの2月に実施したツインズのアービン・サンタナは予想より復帰が早く、4月後半復帰の見込みが立っています。ツインズにとっては朗報ですね。ランス・リンに2年2,000万ドルを蹴られたところですからサンタナの復帰が早そうで何よりです。

 


 

骨棘(Bone spur:こっきょく)という骨がとげ状になって痛みを発症する症状のブルージェイズ、トロイ・トゥロウィツキーは開幕アウトで4月後半の復帰見込みです。

 


 

 

先日、打球が直撃したフェリックスは開幕に間に合いそうです!

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年8月14日、 コロラド・ロッキーズのローテーション投手で、2016シーズンオフにガンの摘出手術を行ったチャド・ベティス(Chad Bettis)が復帰後初マウンドに上がり、MLB全体から祝福されるといういいお話しがありました。

 

 

チャド・ベティスは28才。昨シーズンは14勝8敗を上げ、今季ローテーションの中心として期待された投手です。

 

 

ところが、昨シーズンオフにガンが発覚。testicular cancerということで精巣ガンだったそうです。11月にがん細胞の摘出手術を受け、成功。今季はじめは治療に専念していました。

 

 

病気が病気だけにどうなるかと心配していましたが、まさか今季中に復帰できるとは!かなりの努力があったと想像できます。

 

 

復帰後即先発で、しかも相手はブレーブスのエース、フリオ・テヘラン。どのカードのどのゲームで登板したとしてもMLBの場合は楽な復帰登板というのがありませんが、テヘラン相手はなかなかハードルが高かったですね。

 

 

ところが、チャド・ベティスは7回を被安打6、無失点に抑える好投!ナイス・ピッチングを披露。素晴らしいゲームメイクをしてみせました!

 

 

流れとしては復帰後初登板、初勝利というのがキレイでしたが、さすがに、フリオ・テヘランでした。ロッキーズの強力打線を相手に7回を被安打4、無失点、奪三振8とこちらも奮闘。

 

 

 

チャド・ベティス降板時は0-0でしたので、惜しくも勝利投手になることはできませんでした。

 

 

 

彼の復帰はMLB全体から祝福されました。

 

 

そして、ルーキー時の2006年に非常に珍しいとされる血液のガン(未分化大細胞リンパ腫) と診断され、見事に復帰。



今やおしも押されぬMLBを代表する左腕として知られているカブスのジョン・レスターからも、ガンを克服した同士ということで、”Brother”とSNS上から声掛けされておりました。

 

 

 

現在、Dバックスとナ・リーグ西地区の2位争いをしているロッキーズ。



状況としてそのままワイルドカードが狙える位置だけに、チャド・ベティスの復帰はロッキーズにとって、大きなチャンスがもたらされたかもわかりません。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 30 AE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

ナショナルズにとって痛すぎる故障者が出ました。

 

 

現地2017年4月28日のナショナルズVSメッツ戦で、アダム・イートンが1塁を駆け抜けた際に足を抑えて倒れました。

 

 

場面は9回裏、7-5でメッツが2点をリードして迎えていた状況。先頭のマット・ウィータース、次打者のアダム・リンドが連続ヒットで出て、2人が変えれば同点という場面。

 

 

この日1番CFに入っていたアダム・イートンが3人目の打者として打席に入り、二塁ベース寄りに守っていたSSの三遊間寄りにゴロを放って1塁に駆け抜けた時でした。

 

 

セーフとなったものの、イートンが足を抱えて起き上がれないという事態が発生。

 

 

 

 

 

2017年4月29日の時点でもナショナルズは正式発表していませんが、左膝十字靭帯を損傷というか、断裂した模様です。

 

 

これにより、アダム・イートンは今季絶望。

 

 

今オフに大きな期待で獲得したイートンでしたので、ナショナルズにとってこれは痛いですね。しかもルーカス・ジオリトというトップ・プロスペクト右腕を放出しての獲得だっただけにこれは辛いです。

 

 

もっとも、いくら契約社会のアメリカとは言え、辛いのはアダム・イートン本人だと思われます。

 

 

しっかりと治して、またグランドに戻って欲しいですね。

 

 

ナショナルズはこれに伴い、トリプルAからラファエル・バティスタ( Rafael Bautista)をコールアップしました。

 

 

しかし、イートンの代わりにはCFとして2015年に138試合に出場した26才のマイケル・テーラー(Michael Taylor #3)を起用する見込みです。

 

 

イートンが欠いたことで攻撃力が落ちると思われますが、この辺が投手陣に影響を及ぼさないことを祈りたいと思います。 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

ちょっと心配なニュースです。

 

 

現地2017年3月26日、ニューヨーク・メッツの期待の左腕で2016シーズンに9勝を上げたスティーブン・マッツが肘痛を発症。開幕ローテを外れることが決定的です。

 

 

メッツのサンディー・アルダーソンGMは重大なことではなく、4、5日外れる程度で、特にMRIを撮る予定もないとコメントしていますが、場所が場所だけにちょっと心配ではあります。

 

 

スティーブン・マッツは先週水曜のマーリンズ戦で4回を被安打8、失点5と今ひとつ波に乗れない内容でした。やはり肘の影響があった模様です。

 

 

 

 

 

スティーブン・マッツはプロ入りしてすぐの2010年(19才の時)にすでにトミー・ジョン手術を受けています。無理せずにしっかりと経過を見てから登板して欲しいですね。

 

 

 

同じメッツの話題ですが、マット・ハービーがすごいボールを投げています。95マイルから97マイルの剛球をビシバシと決めており、こちらは開幕ローテの柱として機能しそうです。

 

 

ハービーもルーキー・イヤーの2013年秋にトミー・ジョン手術を受けており、2015年に13勝8敗でカムバック賞を受賞。

 

 

ところが2016シーズンは肩の不調で開幕から調子が上がらず、4勝10敗に終わりました。手術もしましたので、そういう意味では2017シーズンが再スタートのシーズンでもあります。

 

 

 

 

 

この人のストレートはすごいですからね。今季はぜひとも活躍して欲しいです。

 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。


 

今日は開幕を逃すのがほぼ確定した選手の話題を。WBCに夢中になりながらも、こっそりとMLBのニュースはチェックしておりました。

 

 

とはいいつつも、まずはWBCの話題を。

 

 

現地2017年3月15日、USA vs ベネズエラのゲームがありました。こちらは好ゲームでしたね。ベネズエラ先発のキング・フェリックスがUSA相手に5回を無失点のナイス・ピッチング。USA先発のドリュー・スマイリーもいいピッチングでしたよ!

 

 

ベネズエラが勝ちそうな流れだったのですが、USAは終盤に逆転!粘りの出たUSAはこれからさらに強くなりそうです!

 

 

 e6【動画】Recap: VEN 2, USA 4

 

 

さて、残念な怪我のニュースです。

 

 

まずはレッドソックスの先発3本柱の一人、デービッド・プライスですが、やはり肘の状態がよくなく、DL入りとなり、開幕はなくなったと見ていいです。

 

 

レッドソックスのオープニングはリック・ポーセロになるのではないかと思われます。

 

 

デービッド・プライスには慎重な調整が求められています。今は平地で塁間ほどの距離を投げているそうです。痛みが発症しなければいいのですが。心配です。

 

 

もう一人、残念なのが、今季からロッキーズへ移籍したイアン・デズモンド。

 

 

現地2017年3月12日のレッズとのオープン戦でデッドボールをもらったイアン・デズモンドですが、検査の結果、左手の人差し指を骨折していたことが判明しました。

 

 

3月15日に手術。現在、復帰は未定です。残念ですが、開幕日の復帰は絶望かと思います。

 

 

本職がSSのイアン・デズモンド。しかし、ロッキーズの内野には、3Bがノーラン・アレナド、SSがトレバー・ストーリー、2Bがルメイユと名手ばかりが配置されています。さすがのデズモンドもろッキーズでは1Bでの出場を予定されていました。

 

 

キャッチングが大事なポジションですし、慎重に怪我を治してもらいたいです。下の動画を見ればおわかりになりますが、相当強いボールを指に受けました。手術をともないましたので、症状は結構ひどかったのではないかと推測できます。

 

 

新しいチームでの最初のシーズンだっただけに、開幕から飛ばしたかったでしょうが、ここは怪我の治療にまずは専念ですね。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは。

 

リック・ポーセロ、クリス・セールとともにMLBのチーム・ローテの新御三家と呼ばれることが多くなってきたたレッドソックスのデービッド・プライスですが、現地2017年2月28日に肘痛を訴えおりました。

 


 

違和感があるということで周囲も相当に肝を冷やしたようですが、2017年3月3日のMRIの診断結果によると、腱などに異常はなく、10日ほど投球をストップするだけで済むとのことです。

 


 

少し調整は遅れますが、この程度で済んでよかったですね。

 

 

 

 

 

ちなみに新御三家に対する元の御三家は何かというと、かつての2011年のフィリーズのロイ・ハラデイ、クリフ・リー、コール・ハメルズという3本柱のこと。

 

 

現地ではフィリーズが例に出されますが、筆者としては、2014年のタイガースのジャスティン・バーランダー、マックス・シャーザー、デービッド・プライス(ここでも登場)のサイ・ヤングローテも凄かったと思っております。

 

 

 

このレッドソックスの3本柱は非常に魅力です。これが崩れないで本当によかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...