HOME   »  MLB制度
RSSフィード

a48f460e4fd0e87af1f07a1a49026eaa.jpg 

https://jp.pinterest.com/pin/467670742538946575/




こんにちは。

 

 

全国的に大雪ですね。建国記念の日の関西は晴れております。ですから、そういう意味では縁起よく感じました。安倍総理も首脳会談でトランプ大統領相手に頑張ってくれており、ありがたいことです。

 

 

さて、MLB機構側が今月、選手会側にゲーム時間の短縮案の2つを提案しました。

 

  • 敬遠は申告制とする(4球投げない)
  • ストライク・ゾーンを2インチ(約5センチ)上げる


の2つです。


敬遠はわからないでもないですね。ただ、ビデオゲームのような気がしないでもありません。たまーに起こる暴投や、強打というアクシデントがなくなるという楽しみも消えます。本当にめったに起こりませんが。



もう一つのストライク・ゾーンのアップで本当に試合時間が短縮になるのだろうかとも思います。



上のイラストのように低めが膝頭の上あたりに設定されるという案です。



これにより、低めを見る選手が増えて、かえって試合時間が長引くのではないかと筆者は思うのですが・・・。


 
低めは手を出さなければいいのですからね。
 
 
 
この案は選手会側が受け入れるかどうかで、2017シーズンに適用されるかどうか、決まります。
 
 
 
 
バッターはいいとして、投手は大反対だと思うのですが。
 
 
 
結論はまだですが、スプリング・トレーニングも始まりますので、おそらくこの案は避けられるのではないかと筆者は思います。時間がなさすぎます。
 
 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

 

こんにちは。

 

現地2017年1月10日、MLBスプリング・トレーニングのピッチャー&キャッチャー組、野手組の開始日が発表となりました。

 

 

NPBとは違い、全球団が一斉に2月1日からキャンプインとならないところがメジャーのスプリング・トレーニングです。

 

 

クラブ名; ピッチャー&キャッチャー初日/野手組初日

 


AMERICAN LEAGUE


  • オリオールズ: Feb. 14/ Feb. 17
  • レッドソックス: Feb. 14/ Feb. 17
  • ホワイトソックス: Feb. 14 / Feb. 18
  • インディアンス: Feb. 14/ Feb. 19
  • タイガース: Feb. 14/ Feb. 18
  • アストロズ: Feb. 15/ Feb. 18
  • ロイヤルズ: Feb. 14/ Feb. 17
  • エンゼルス: Feb. 15/ Feb. 18
  • ツインズ: Feb. 15/ Feb. 19
  • ヤンキース: Feb. 15/ Feb. 19
  • アスレチックス: Feb. 15/ Feb. 19
  • マリナーズ: Feb. 15/ Feb. 19
  • レイズ: Feb. 14/ Feb. 19
  • レンジャーズ: Feb. 15/ Feb. 21
  • ブルージェイズ: Feb. 15/ Feb. 18

 



 

NATIONAL LEAGUE


  • ダイヤモンドバックス: Feb. 14/ Feb. 17
  • ブレーブス: Feb. 15/ Feb. 18
  • カブス: Feb. 15/ Feb. 18
  • レッズ: Feb. 14/ Feb. 17
  • ロッキーズ: Feb. 14/ Feb. 20
  • ドジャース: Feb. 16/ Feb. 21
  • マーリンズ: Feb. 14/ Feb. 17
  • ブルワーズ: Feb. 15/ Feb. 18
  • メッツ: Feb. 14/ Feb. 19
  • フィリーズ: Feb. 14/ Feb. 17
  • パイレーツ: Feb. 14/ Feb. 17
  • カージナルス: Feb. 14/ Feb. 17
  • パドレス: Feb. 15/ Feb. 18
  • ジャイアンツ: Feb. 14/ Feb. 17
  • ナショナルズ: Feb. 16/ Feb. 19

 

 

ピッチャー&キャッチャーは14日に始まるところがほとんどですね。遅いのはナショナルズの16日スタートです。



野手組は17日、18日スタートが多いです。レンジャーズ、ドジャースの21日が最も遅いスタートとなっています。

 

 

今季、レッドソックスからホワイトソックスへの移籍となったプロスペクトのヨアン・モンカダはすでにミニキャンプで首脳陣にそのセンスをアピールできたようです。

 

 

 

あと1ヶ月でスタートですね。楽しみです。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

2016 04 30 gordon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

残念なニュースが入ってきました。


マイアミ・マーリンズのリードオフマンで、数々の賞を獲得してきたディー・ゴードン(Dee Gordon)がパフォーマンス・エンへイジング・ドラッグ(Performance Enhasing Drugs、通称Peds)のテストで陽性反応。


MLBの規定により、重い処分がくだされることが決定。今季80試合出場停止です。

 

 

処分は2016年4月29日のゲームから実施され、7月28日のカージナルス戦まで続きます。ゴードンはシーズン前半を棒に振ることになりました。

 

 

陽性反応が出たのは、テストステロンなど競技力をアップさせる効果のある薬物。副作用がかなり危険なため使用禁止となっています。

 

 

ディー・ゴードンはアメリカ出身の28才。2年連続オールスター出場、2015年にはシルバー・スラッガー賞とゴールデン・グラブ賞をダブルで受賞。さらに、なんと言っても2014年と2015年で2年連続盗塁のタイトルを獲っていることが光っています。

 

 

守りと足だけでなく、2015年は打撃にも一段と磨きがかかり、打率.333、205安打を記録。


名実ともに現MLBを代表するトップバッターに登りつめていました。

 

 

その一流の成績を残しているゴードンが禁止薬物使用ですから、メジャーファンはがっかりですね。これをやるとやっかいなのが、今までの功績に対しても疑惑が向けられることです。


つまり、好成績は禁止薬物のおかげではないかという色眼鏡です。

 

 

誰もハッピーになれないので、ここはしっかりと自分と向き合って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 



ディー・ゴードンはイチロー選手のことが大好きな選手でもありましたが、いったいイチロー選手のどこを見ていたのでしょうか?


その人徳と、クリーンな姿勢に惹かれていたと思っていたのですが、案外浅いところしか見てなかったのかもしれません。
 

 

マーリンズはディー・ゴードンのこのトラブルにより、イチロー選手を起用する見込みです。



私はイチロー選手のファンなので、イチロー選手の出場機会が増えるのはとてもうれしいのですが、ただ疑問に思うのが、マーリンズはどうしてオズーナを使わないのかということです。こればかりはまだ謎のままです。



 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2016 03 07 utley

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 申し訳ありません。記事を訂正させてください。


メジャーは後々まで 処分が下される・・・

(訂正)そういうことではありませんでした。逆です。

 

現地2016年3月6日、まだ報道ベースの話しですが、ドジャースのチェイス・アトリー(Chase Utley)に今季2試合の出場停止処分が下されることが明らかとなりました。

 

 

昨シーズンのNLDS Game 2で2B塁上でのハード・スライディングにより、メッツのSS・ルービン・テハダに怪我を負わせて、今季2試合の出場停止処分がくだされることになっていたチェイス・アトリーですが、現地2016年3月6日、その処分が取り消されたことになった模様です。




メジャーでは2014年にホームでの衝突(コリージョン)を禁止する制度を施行。今回は2Bでの激しいスライディングの禁止です。

 


今回の処分取り消しは、まだ施行前のプレーだったのに、処分が下されるのはフェアーではないとの見解からです。

 

 

(2015年10月10日)

 

 
2Bでのコリージョンの禁止する規定は以下の通り。

 

"slides on potential double plays will require runners to make a bona fide attempt to reach and remain on the base. Runners may still initiate contact with the fielder as a consequence of an otherwise permissible slide. A runner will be specifically prohibited from changing his pathway to the base or utilizing a 'roll block' for the purpose of initiating contact with the fielder."

  

 

 

 

簡単に上の英文を書きますと、ランナーはベースに向かって進むことを求められており、故意に走路を変えたり、内野手に体当たりしてはいけないという主旨のことが書かれてあります。

 

 

今季から採用される新たなルールです。

 

 

それにしても昨シーズンのNLDSでの出来事をいまさら持ち込むのもちょっと殺生な気もしますアトリーはこれであのプレーから開放されることになり、ほっとしているということです。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは(^^)

 

今日は個人的にずっとスッキリしていなかったプレーについて書かせていただきます。

 

 

実は筆者はずっと気になっていたプレーがあるのです。

 

 

現地2015年6月24日にも出ました。ブルージェイズの3B・ジョシュ・ドナルドソンがファールゾーンからスタンドに向かって飛び込んでキャッチというプレーです。

 

 

コールはアウト。

 

 

怪我のリスクもあるところを飛び込んでアウトにしたということで、スタンドも実況も大いに湧くプレーですね。

 

 

 

  (2015年6月24日)



 

上の動画でも触れていますが、かつてジーターも素晴らしいプレーを披露してくれていましたね。

 

 

 


(2004年7月1日)



 

もはや伝説となっているプレーですね。

 

 

このプレーなのですが、アウトというコールをしているからアウトなのだろうとは思ってはいたものの、昔学んだ記憶ではキャッチ後にスタンドやベンチなどのファウルゾーンになだれ込んでしまえば、それはファウルであり、

 

 

これがホームラン性の当たりの場合、キャッチ後であっても外野手が勢い余ってスタンドになだれ込んだ場合は、人付きのホームランであるというふうに思い込んでいたところがあったのです。

 

 

 

いつか根拠をと思っていたところ、ジョシュ・ドナルドソンのプレーがあったので、公式ルールを調べてみました。(明日の朝、早いのに何調べてんだよ・・ひとりごとです。)

 

 

 

2015 06 25 rule

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://mlb.mlb.com/mlb/downloads/y2015/official_baseball_rules.pdf

 

 

 

「もし野手がリーガルキャッチ(正当な捕球)をした後にスタンドや観客の中、ダグアウト、その他のボールデッド・ゾーンに落ちようとするとき、あるいは落ちてしまったとき、ボールデッドとなり、ランナーに1ベースが与えられる・・・・」という記述があります。

 

 

 

捕球についてというより、テイク1ベースについて書かれいるのですが、つまりルール上も捕球後であれば、スタンドに入ろうがダグアウトに入ろうがOUTと書かれてあります。

 

 

要は、捕球前に予めボールデッドゾーンに入って待ち構えた状態で捕球しなければいいというふうな解釈で動いていると言えます。

 

 

 

そう考えると、アウトのコールはスッキリするのでした。

 

 

 

実はQ&Aサイトなどでも、この類の質問が出た時は、OUTかホームランか(あるいはファウルか)、議論が出る類のようです。私のようにおもいこんでいる人が結構多いようです。その人たちの根拠はリーガル・キャッチかどうかで、リーガル・キャッチとは足がフェアゾーンに入っているかいないか。だから体がスタンドやダグアウトに入った場合、捕球時の姿勢が重要で、アメフトのタッチダウンのように足が片方でもフェアゾーンに入ってないなら、スタンドやダグアウトに入った場合、捕球してもファウルという考えです。

 

 

 

しかし、実際のコールの実績から言ってもOUT。そして、ルール上も上記のようにやはりOUTですね。

 

 

 

確かに解釈は難しいところではありますが、この類のVTRはどれを見てもOUTです。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは(^^)

 

ツインズにとってショックな事実が判明しました。現地2015年4月3日、アービン・サンタナがスタノゾールという禁止薬物使用に陽性反応。開幕から80試合の出場停止となりました。

 

ツインズにとって、これは痛すぎる!

 

 

2015 04 05 ervinsantana

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アービン・サンタナはエンヘイシング・ドラッグ(疲れを感じさせず、高揚させるドラッグ)がいつ体内に入ったかは不明とのコメントを出しつつも、陽性反応が出た事実に対しては真摯に受け止め、言い訳せずに使用を認めました。詳細は不明ですが、第三者に盛られたことは考えにくく、なんらかのサプリとして処方してもらっていた可能性が高いと思われます。

 

 

アービン・サンタナはドミニカ共和国出身の今季32才の右腕。2005年、エンゼルスでメジャー・デビュー。メジャー通算10年で119勝100敗、4.17ERA。2013年はロイヤルズに、2014年はブレーブスで投げ、今季からミネソタ・ツインズで投げることになっていました。10年のキャリアのうち半分の5年が200イニング超えというローテーションに欠かせない右腕。

 

 

ツインズは、今季フランチャイズ・ヒストリー最高の4年5,400万ドルでアービン・サンタナと契約。フィル・ヒューズの後のナンバー2ローテーション投手としてタイガースとの開幕2戦目の登板が決まっていました。

 

 

アービン・サンタナの枠には5番手として考えられていたマイク・ペルフェリーが入る模様。また、1枠空いたロスターには3Aからアーロン・トンプソンという左腕を補充する予定です。

 

今季から監督がパット・モリターに変わり、チームの上位進出テコ入れに着手しようとしていた矢先のドラッグ問題でしたので、これはツインズ、計り知れないダメージを受けました。 ア・リーグ中地区は、ロイヤルズ、ホワイトソックス、そしてタイガースの3強の枠の中にツインズがどれだけ食い込むか、期待されていたのですが、ちょっと厳しくなりました。

 

 

 

【動画】E. Santana’s five strong innings(2015年4月2日)

 


今スプリング・トレーニングでは5試合、19イニング、1.89ERAと絶好調だっただけにもったいないですね。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2015 02 21 timer

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

3時間2分

 

これは何の時間かというと、2014年のレギュラーシーズンの1試合あたりの平均所要時間です。筆者は野球に麻痺しているところがあるため(!?)、案外短いなという第一印象だったのですが、30年前はどうだったかというと、1981年の1試合あたりの平均時間は2時間33分。実に30分以上延びていることになります。

 

もちろん、80年代当時とは野球の質が変わりました。セットアッパー、クローザーという投手分業制が全盛となった今、投手交代の頻度が上がり、ウォーミングアップにかかる時間も相当なものです。2013年からはビデオ判定も導入されました。攻撃側の代打が打席に入るまでの”間”も含めてなんとか時短に着手しようというのが、現地2015年2月20日発表された”Pace of Play” Ruleです。選手会とも合意済み。

 

NBA、NFL、そしてサッカーなど時間が決められたスポーツにMLBが駆逐される前になんとかして人気を回復をしようという試みです。

 

これがどんな数字になるかといいますと、

 

センターとバックネット裏の双方にタイマーが設けられ(どこかで見た光景ですね!!)、

 

(イニング・ブレーク)

攻守交代は下記の時間以内に行う。

※ただし、TVコマーシャルの時間に則っているのがいかにもアメリカらしいのですが、、、

 

・2分25秒(州内ローカルの放送があるとき)

・2分45秒(全米向けの放送があるとき)

 

残り20秒以内に次打者にファースト・ピッチを投じなければならない。

 

 

(投手用)

・イニング間の投球練習は通常8球が認められているが、上記のイニングブレークの残り時間が30秒を切れば8球に届かなくてもそこでストップ。次打者に備えなければならない。

・投球間隔は20秒以内(前年と変わらず) 

※バッターが1球ごとに皮手を直したりしながら、次の球を考えたりしていることもあり、実際は投球間隔の早い投手でも20秒は超えています。

 

 

(打者)

・打席に立つときは少なくとも片足はバッターボックスに常に入れて置かななればならない。

※阪神の上本選手のように投球間隔の間は右打者なら右足は動かさずに打席に置いておくイメージです。

 

ただし、以下の場合はバッターボックスを外れてもよし。ただし、土のエリアからは出てはいけない。

・空振りしたとき

・どちらのチームが”TIME”を要求したとき

・投手や捕手がランナーに牽制球を送ったとき

・バントの揺さぶりをするとき

・ワイルドピッチ、パスボールの時

・投手がマウンドの土の部分から降りた時、捕手が野手にサインを送るとき

 

(監督)

・チャレンジ・リプレー(ビデオ判定)の要求はダグアウトからのみである。

 

(違反時)

・打者が故意に遅延を行った場合、ストライクが宣告される。遅延かどうかはアンパイアーの判断。

・警告とともにペナルティー(罰金)が課せられる

 

(施行)

・スプリング・トレーニング(オープン戦)からルールは施行されるが、罰金などが正式に課せられるのはレギュラーシーズンの5月から。4月の一月は慣れるための期間としてバッファを設けている模様。

 

(関連リンク)

 


 

 

 

【動画】Pace of game announcement(2015/02/21)


 

 外野に設置されるタイマーなど電力削減の目的で時短に取り組んだNPBの取り組みを導入したとも言えなくはないですね。もっとも日本の場合、2時間で試合が終わる高校野球が何十年も前から実施されており、高校野球人気は時間の面でも他のスポーツと勝負できるコンテンツかもしれませんね。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

こんばんは(^^)

 

本日はA・ロッドこと、アレックス・ロドリゲスについての話題を。

 

 

現地2015年1月25日ごろからヤンキースのA・ロッドこと、アレックス・ロドリゲスの周辺が騒がしくなってきました。

 

A・ロッドは例のマイアミのPeds問題で2014シーズン全試合の出場停止処分に。本来は211試合出場停止のところを調停により162試合の処分に軽減してもらっていました。 彼にとって長い2014シーズンが終わり、ここにきて2015シーズンの出場に関する根回しが行われ始めています。

 

(関連リンク)

 
 
 
 
 
 
 


 

手始めに現地2015年1月25日MLB機構の新コミッショナーに就任したロブ・マンフレッドと秘密裏に会合を持ちかけ、まずは実現。自身の薬物使用に関する誤解の嘆願を行った模様。

 

ところが、現地2015年1月26日、所属チームのヤンキースのオーナーへの嘆願は不調に終わりました。それはそうです。A・ロッドの目的は明白で、胸を張ってグランドに立ちたいということと、ゲームに出場イコール年俸を契約どおりに支払ってくれという意図があったからです。

 

その意図を察知したかどうか(普通は察知したと思いますが)、ヤンキース上層部は面談の申し出を拒否。MLBはオフシーズンはクラブと選手の間の関係は非常にドライ。スプリング・トレーニングも各自現地に駆けつけるほどですから、それまでは私的に選手に会うことはしません。A・ロッドにすれば、自分ほどの選手が会えない訳はないという思い込みもあったでしょうが、そこは軽く否されました。

 

特別扱いはしないよと。

 

ヤンキースが神経質になるのも当然です。2007年オフに10年総額2億7500万ドルもの契約を結んでいたからです。2007年はA・ロッドが31才の年。野手で健康であれば10年後の41才でもAロッドなら十分にチームに貢献してくれるとヤンキースは踏んだのでしょう。

 

もちろん、他クラブへの流出を防ぐという目的もあったと思いますが、今になりこれがあまりにも足かせになってきています。

 

この頃、A・ロッドは毎年のようにシルバースラッガー賞やゴールデングラブ賞などの名誉あるタイトルを獲得しており、さらに毎年のようにMVP投票で上位に入っている状況でありました。事実、2003、2005、2007年とMVPに輝いております。

 

ところが、大型契約を結んでいた途中の2013年春に薬物疑惑が浮上。もっと前から使っていたのか?と誰もが思うスキャンダルでした。シラフ(変な書き方ですみません)でプレーしている選手をよそに、疲れが出にくい薬物を注射していたわけですから、タイトルも薬物のおかげかと誰もが疑ったと思います。レッドブルや滋養強壮飲料を飲むのとは訳が違うからです。

 

そんなA・ロッドにヤンキースは2015から2017年まで2200万ドル平均の年俸を払わなければなりません。出場停止となった2014年であっても268万ドル(約3億円)は支払っています。プレーしていないのに3億円近い金額を払わないといけなかったわけです。

 

 

さらに、先の10年契約では、660HRから763HRというHR記録の名プレーヤーが残したマイルストーンを塗り替えるたびに、ボーナスが支払われるという超あまのおまけがついていました。

 

2015 01 28 MLB HR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MLB歴代HR記録(2015年1月28日現在)




 

現在のA・ロッドの通算本塁打数は654本。次のマイルストーンはウィリー・メイズの660本。その後、ベーブ・ルース、ハンク・アーロン、バリー・ボンズと続き、それぞれのHR記録を抜いたら、ボーナスが支払われ、その総額は最高で2400万ドルに達します。1マイルストーンにつき600万ドルです。

 

ウィリー・メイズの記録まであと6本ですから、この達成も時間の問題です。

 

ヤンキースは支払いを拒否する姿勢を見せています。これに関して筆者はヤンキースに賛同しますね。払うなと。そもそも薬物で価値を上げた時点でもう契約違反だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

■A・ロッドの余波はオフの補強にも

 

A・ロッドの復帰に関しては、別のところに余波が出ています。今オフはヤンキースはまったといっていい程、目立った補強はしませんでした。それもそのはずで、A・ロッドのこの大型契約が残っているからです。ヤンキースは本当であれば、シャーザーやレスター、ジェームズ・シールズ獲得に名乗りを上げたかったところですが、A・ロッドの契約のインパクトが強く、獲得できませんでした。

 

A・ロッド、ちょっと厄介者になりつつあります。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Ejection pineda

pine tar on neck

 

 

こんばんは(^^)

 

かなり残念なニュースです。ルーキーイヤーに豪速球でその名をはせ、その後ヤンキース移籍後に肩の故障が見つかり手術し、今季復活となる予定だったマイケル・ピネダ()が違反投球で退場。

 

ほぼ現行犯のような形でした。

 

Official Rule 8.02

"The pitcher shall not apply a foreign substance of any kind to the ball."

投手は外部からの物質をボールにつけてはいけない

 

 

現地2014年4月23日、フェンウェイ・パークで行われているレッドソックスVSヤンキースのゲームで、先発ローテのマイケル・ピネダが首にタールを塗って投げていたことが発覚。

 

2回裏、レッドソックス監督のファレルが主審にチェックを要求して、検査をしたところ、手ではなく首にタールを塗っていたことが判明しました。

 

画面上でも肌の色とは違う物質がついているのがわかります。

 

ファレル監督は今月10日にヤンキー・スタジアムでおこなれたゲームでもピネダが右掌の土手に松脂(まつやに、パイン・タール)を塗っていたことに気づいていました。

 

2度目だということで今回抗議に踏み切った模様です。

 

肩の手術で2013シーズンを棒にふったマイケル・ピネダ。本人もファストボールの勢いが出ないことを自覚していたのでしょう。

 

焦った結果、やってはいけないことに手を染めてしまったようです。

 

今シーズン、ピネダの投げる変化球がやたら鋭く落ちていたのはこのせいだったんだと疑わざるを得ないです。

 

 

【動画】Pineda's ejection

 

 

 

今季既に2勝を上げていたピネダ。この違反投球の発覚の影響か、チームも元気なくこのゲームを落としてしまいました。今後ピネダの出場停止処分がくださることを考慮すれば、ヤンキースは別のローテの柱を用意するかもしれませんね。

 

ヤンキース内部に与える影響も大きくなりそうです。

 

ゲームは初回からレッドソックス打線が機能。5-1でヤンキースを下しました。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Collision at home  2014 0225

 

 

おはようございます(^^)

MLBのゲーム中の事故で多いのが、ホームプレートでのコリージョン(衝突)です。

 

下記の関連記事にも書かせていただいていますが、MLBの容赦のないこのプレーは故意に選手生命にピリオドを打たせることも可能でした。

 

もっともそんなことをすればほかの選手から嫌われますので、故意に大怪我を負わせようとする選手はほとんどいません。

 

ただ、どうしても1点が欲しいという状況ではランナーはついつい強引に生還したくなるものです。また、それがある種、MLBらしいところでもありました。

 

しかし、2010年にはこれからの大スターとなるべき位置づけのジャイアンツのバスター・ボージーがホームプレートでの衝突のせいで、あやうく選手生命を絶たれるところでした。

 

そのほかこのプレーでどれだけ多くの選手がケガを負ったことでしょう。

 

【関連記事】

ホームでのコリージョン(衝突)がなくなるであろう2014年のMLB 2013.12.15

 

筆者個人としてはこのホームでのコリージョンは見たくないプレーの1つでした。

 

アメリカではアマチュアでもこのプレーを真似る選手がいて、たとえば当時大阪桐蔭の捕手であった森選手が国際大会で大怪我を負いました。対戦相手はもちろんアメリカです。高校生が無茶なプレーをしかけてきたのです。

 

その他、コリージョンに反対したくなる要素はたくさんありますが、実際これをやったランナーは大成しないほうが多いのではないでしょうか?

 

バスターボージーに大怪我をおわすスライディングをしたカズンズも鳴かず飛ばずです。ホームではありませんが、岩村選手に強引に歯を向けてスライディングしたダンカンは活躍していません。

 

やはりランナーも良心が咎める部分があるのだと筆者は思います。ケガまで負わせて何を得るのか?お金か?名誉か?それでハッピーになれるのか?

 

いずれにせよ、見直しはあるにしても2014年からこのコリージョンに関してルールが示されました。

 

簡潔に行きますと、、、、

 

  • ランナーは走路をはみ出て故意に捕手、またはカバーする選手に衝突を試みてはいけない。腕や肘などで接触してもいけない。もしそのようなプレーが見られればランナーはアウト。

  • 捕手もホームプレートを隠すようなブロックをしてはいけない。そのようなブロックをした場合、ランナーはセーフに。

  • 上記プレーのジャッジは審判が行う。場合によってはビデオ判定もあり。

  • 返球などで両者のコースがかぶるようなプレーは自然な成り行きとして上記ジャッジは適用されない。

 

 

衝突こそ捕手の心意気!というようなピアジェンスキーのような捕手もいますが、大怪我を負ってからでは遅いので、ランナーも捕手もうまく立ちまわって欲しいですね。

 

 

 

【動画】Duquette on plate collision rule

 

(原文)

OFFICIAL BASEBALL RULE 7.13
Collisions at home plate

  • A runner attempting to score may not deviate from his direct pathway to the plate in order to initiate contact with the catcher (or other player covering home plate). If, in the judgment of the umpire, a runner attempting to score initiates contact with the catcher (or other player covering home plate) in such a manner, the umpire shall declare the runner out (even if the player covering home plate loses possession of the ball). In such circumstances, the umpire shall call the ball dead, and all other baserunners shall return to the last base touched at the time of the collision.

 

  • Rule 7.13 comment: The failure by the runner to make an effort to touch the plate, the runner's lowering of the shoulder, or the runner's pushing through with his hands, elbows or arms, would support a determination that the runner deviated from the pathway in order to initiate contact with the catcher in violation of Rule 7.13. If the runner slides into the plate in an appropriate manner, he shall not be adjudged to have violated Rule 7.13. A slide shall be deemed appropriate, in the case of a feet first slide, if the runner's buttocks and legs should hit the ground before contact with the catcher. In the case of a head first slide, a runner shall be deemed to have slid appropriately if his body should hit the ground before contact with the catcher.

 

  • Unless the catcher is in possession of the ball, the catcher cannot block the pathway of the runner as he is attempting to score. If, in the judgment of the umpire, the catcher without possession of the ball blocks the pathway of the runner, the umpire shall call or signal the runner safe. Notwithstanding the above, it shall not be considered a violation of this Rule 7.13 if the catcher blocks the pathway of the runner in order to field a throw, and the umpire determines that the catcher could not have fielded the ball without blocking the pathway of the runner and that contact with the runner was unavoidable.

 

 

 

【編集後記】

MLBの事故で衝突の次に多いのが、投手の頭部への打球の直撃。頭蓋骨を骨折する選手が出るなど、死を招きかねない大きな問題です。

 

これに関しては今オフ、画期的な!?グッズが着用されることとなりました。(強制着用ではありません)

ピッチャーを保護するキャップが2014シーズンから登場

 

これで解決されるかどうかはわかりませんが、とにかく策は1つ打ったぞというアピール感だけはありますね(^_^;)

 

スプリングトレーニングでこれをかぶっている選手はまだ見てないぞ(^^)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m
お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...