HOME   »  MLBプレーヤー紹介
RSSフィード

MLBネットワークがランク付けするオフシーズン企画、現時点でのポジション別トップ10のランキングでリリーフ・ピッチャー部門が発表されました。

 

 

1. ケンリ−・ジャンセン(Kenley Jansen) LAD

2. アンドリュー・ミラー(Andrew Miller)CLE

3. クレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)BOS

4. チャド・グリーン(Chad Green)NYY

5. アーチー・ブラッドリー(Archie Bradley)ARI

6. ザック・ブリットン(Zach Britton)BAL

7. コーリー・ネーベル(Corey Knebel)MIL 

8. アロルディス・チャップマン(Aroldis Chapman)NYY

9. ブラッド・ハンド(Brad Hand)SDP

10.ライセル・イグレシアス(Raisel Iglesias)CIN

 

 

 

 

 


ケンリ−・ジャンセンは上の動画でボールが動きまくる様子がよくわかります。なんと言っても2年連続ERAが1点台というのがすごいです。2017シーズンに至っては1.32!

 

 

レギューラー・シーズンで無敵すぎて緊迫した登板が少なかったため、ワールドシリーズではちょっとはらはらした場面がありましたが、もうこのランキング通りのピッチャーですね。今季は30才のシーズンを迎えます。通算230セーブ。

 

 

アンドリュー・ミラーが2位に入っています。2016シーズンのポストシーズンではどのチームも打てる気がしなかった左腕ですね。2017レギューラー・シーズンのERAは1.44。大事な場面でのセットアップが任されるので、セーブなどの目立つスタッツは出ませんが、監督にとっては頼もしい存在だと思います。

 

 

キンブレルは言わずもがなですね。2017年は35セーブ。通算291セーブ。腕のケアもしっかりしているんでしょうね。毎年60から70試合に登板しています。2018シーズンは30才。

 

 

チャド・グリーンの剛球はこちら→https://www.mlb.com/video/top-10-rp-right-now-green/c-1874705583?tid=7417714

 

 

アーチー・ブラッドリーは先発にして欲しいのですが、どうやらリリーフの方が適正があるようです。(動画

 

 

筆者が好きなのがザック・ブリットン。いい投げ方をしているなと思います。2016シーズンのERAが0.54(67イニング)という驚異的な数字!しかし、2017シーズンは2.89に(37.1イニング)。今季再び驚異的なピッチングを見せてくれるかですね。(動画

 

 

あとまた個人意見で申し訳ありませんが、もっとも好きな投げ方をしているのがブルワーズのネーベル(実況ではクヌーベルと言ったりします)。本格派で右肩を下げて腕が縦振りというのが元阪急の山口高志さん(古い?)みたいで好きです。2013年アマチュア・ドラフト1巡目(タイガース指名)の投手でメジャー4年を経験しました。2017シーズンは76試合、1勝4敗、39セーブ、ERA1.78。期待したいです。

 

 

 

 

 

 

アロルディス・チャップマンが8位。2017シーズンは22セーブ、ERA3.22とちょっと打たれてしまいましたが、やはりこの人が出てくれば相手チームは脅威です。

 

 

パドレスのブラッド・ハンドが9位に入りました。今季28才のシーズンを迎えます。もともとはマーリンズ入団(2008)でしたが、2015年のオフシーズンにマーリンズがウェーバー公示に出して、パドレスが獲得しました。本当、マーリンズは選手の新陳代謝を図るのが好きですね(=非情過ぎ)。

 

 

パドレスに入った2016年にはなんと82試合に登板(ERA2.92)。2017年も72試合に登板。鉄腕です。パドレスに入って開花したようなところがあります。ちょっと立ち投げに見えるのですが、綺麗なフォームです。(動画

 

 

 

10位にレッズのライセル・イグレスアスがランクイン。「キューバ投げ」と筆者は勝手に言っているのですが、ボールの重みやら腕の遠心力やらを利用してなおかつ腕を切れよくスイングしてくる投げ方です。腕の振りがいいので打者は戸惑うと思います。

 

 

 

  

 

 

 

実績のあるウェイド・デービスがもう一人の記者のランキングでは入っていたり、やはり人の好みの要素もあります。ロッキーズのジェイク・マギーも入れてほしかった。ロイヤルズのケルビン・ヘレーラは2017年に4.25 ERAになってしまいましたので、入っていないようですね。

 
 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト

 

 

 


ニューヨーク・メッツの右腕、ザック・ウィーラーが調停で190万ドルを勝ち取りました(現地2018年2月8日)。

 

 

メッツが提示していたは150万ドルで約4000万円ほどの開きがあったのですが、見事勝利しました。

 

 

今回は調停での勝利というより、メッツがザック・ウィーラーをしっかりと戦力して見ているところがいいポイントではないかと思っています。

 

 


ザック・ウィーラーはシーズン途中で28才になる右腕。2009年アマチュア・ドラフト1巡目(全体順位6位)でジャイアンツに入団。



その後、カルロス・ベルトランとのトレードでメッツへ移籍。メジャー・デビューは2013年メッツで果たしました。


 

 

 

 

 

長い手足を活かし、右肩をしっかりととめて投げる美しいフォームから非常に伸びのあるボールを投げるのがザック・ウィーラーの特徴です。


 

 

ルーキー・イヤーの2013年に7勝5敗、3.42 ERAの成績を残し、翌年の2014年には32試合、185.1イニングを投げ、11勝11敗、3.54 ERAを記録しました。1年間フルに投げきりました。この年の奪三振数が187個で、SO9(9回を投げたとして見込まれる三振数)が9.1を記録。TOP10には入っていませんが、率としては非常に高い奪三振率です。

 


 

ちなみに2014年のSO9の1位は10.845でドジャースのカーショウでした。10位がイアン・ケネディ(当時SDP)の9.269。新人でこれにならぼうかという数字ですから大したものですね。

 

 

 

しかし2015年3月に右肘の靭帯を損傷し、トミージョン手術へ。2016年8月にマイナーで復帰したのですがこの年はメジャーには上がらず。

 

 

 

2017年は開幕から登板。しかし7月22日に離脱しました。成績は17試合に登板し、3勝7敗、5.21ERA。もともといい投げ方の割にはコントロールがあまりよくありませんでしたから、術後は肘の調子もありましたので、いい数字にはなりませんでした。

 

 

このオフでどれだけ手入れできたか、注目してみたいと思います。

 

 

本調子ならメジャーを代表する投手になるかもしれません。2018年はらしいボールを投げてくれることを期待しています。

 

 
 

(関連リンク)

 

 

 

 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


現地2018年1月24日、BBWA(全米野球記者協会)の投票により2018年のHall of Fame(野球殿堂)入りとなった選手が発表されました。

 


チッパー・ジョーンズ、ウラディミール・ゲレロ、ジム・トーミ、トレバー・ホフマンの4氏です。

 


Congratulations!

 

 

投票結果はチッパー・ジョーンズが97.2%、ウラディミール・ゲレロが92.9%、ジム・トーミが89.8%、トレバー・ホフマンが79.9%。

 

 

ちなみに禁止薬物使用により賛否が問われているバリー・ボンズは56.4%、ロジャー・クレメンスは57.3%を獲得しています。彼らの訴えにより毎年少しずつ票が伸びているように思います。

 

 

 

 

 

チッパー・ジョーンズはブレーブス一筋でメジャー通算19年。通算成績が、打率が.303、HR 468、安打数 2726、打点1623。オールスター8度出場、MVP1度、シルバースラッガー賞2度受賞。なんと言ってもインパクトがあったのは2008年の打率.364ですね。

 

 

ウラディミール・ゲレロは1996年から2011年まで通算16年在籍。通算成績は、安打数2590、打率.318、HR 449、打点1496。オールスター出場が9度、MVPが1度(2004年)、シルバースラッガー賞を8度受賞。通算打率はチッパーより上だったんですね!この人はなんと言ってもすごい肩でした。守備での評価も非常に高いです。

 

 

ジム・トーミは1991年から2012年まで22年間MLBでプレー。通算成績は、打率が.276、HR 612、打点1699、安打2388。オールスター出場5度、シルバースラッガー賞1度受賞。2003年に47本でHRタイトルを獲りました。612本のホームランは歴代8位の成績。左打席でのパワフルなスイングが印象的なスラッガーです。

 

 

トレバー・ホフマンは1993年から2010年までメジャーで登板。通算の成績は、登板試合数が1035、601セーブ、61勝75敗、2.87ERA。オールスター出場7度、セーブのタイトルを2度受賞。鉄腕ですね。

 


90年代に活躍した選手が今回の受賞でした。ファンとしても馴染み深い面々です。

 

 

(関連リンク)

 

MLB★豆知識★ » MLB用語集 | 2012.11.27

 

 

 

 

 


お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 


(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ

 

 MLBへのポスティング移籍を希望していた西武の牧田投手ですが、どうやらパドレス入りがかなり濃厚なようです。

 


 

 

フィジカルチェックが残っているのみで、1月10日の5PM(US東部時間)までにファイナル・ディールとなりそうです。

 

 

牧田投手は33才。年齢はFAマーケットの中でも高い部類に入りますが、アンダースローで速いボールを投げられるという強みはこの中でもかなり高い評価を得られていると思われます。

 

活躍するところを見てみたいですね!!

 


 

 

 

(関連リンク)

 

【MLB2016終盤】ドジャースのリッチ・ヒル、パーフェクトでマウンドを降りる
MLBプレーヤー紹介 » MLB記録&アウォード(賞) | 2016.09.12
 

【NLCS2016 Gm3】変幻自在のリッチ・ヒル!カブス打線を6回シャットアウト!
ポストシーズン » 2016PS | 2016.10.21
 
 
 

 

 

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ   にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

Amazonビデオ


 

 

現地2017年12月28日のMLBはミゲル・サノ(MIN)のプライベートな問題に関する記事が多かったですね。話題のないこのタイミングで出てしまいましたので、余計に目立ってしまいました。(記事)まだ、食い違いもありますし、MLBも調査に入るようですからその結論を待ちたいと思います。

 

 

さて、大きなトレードもなかったので、本日も振り返りにしたいと思います。今日はピッチャーの振り返りです。

 

今季の投手成績はご覧の通り。

 

【勝ち星】

18勝

カルロス・カラスコ(CLE)、クレイトン・カーショウ(LAD)、

コーリー・クルーバー(CLE)、J・ベガス(KCR)

 

【ERA】

2.25 コーリー・クルーバー(CLE)

2.31 クレイトン・カーショウ(LAD)

2.51 マックス・シャーザー(WSH)

2.52 スティーブン・ストラスバーグ(WSH)

 

【セーブ】

47 アレックス・コロメ(TBR)

41 グレッグ・ホランド(COL)、ケンリー・ジャンセン(LAD)

 

【奪三振】

308 クリス・セール(BOS)

268 マックス・シャーザー(WSH)

265 コーリー・クルーバー(CLE))

 

【イニング数】

214.1 クリス・セール (BOS)

211.1 アービン・サンタナ(MIN)

207.7  ジェフ・サマージャ(LAD)

206.0  ジャスティン・バーランダー(DET→HOU)

 

 

コーリー・クルーバーは目立っていますね!あらためてリストに出すとよくわかります。シャーザーも凄かったですね。

 


 

 

 

 

バーランダーが息を吹き返してくれたのもよかったです。

 

筆者が今年一番カッコイイなと思った投手はインディアンスのカルロス・カラスコ。ピッチャーらしい体型からキレのいいボールをガンガン投げていて、見ていて気持ちよかったです。最多勝利をゲットし、実力に結果が伴い始めました。

 

 

 

 

 来季はぜひ20WINを目指して欲しい逸材です。

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Mark your calendar! The #DbacksSpring schedule is here.

Arizona Diamondbacksさん(@dbacks)がシェアした投稿 -11月 20, 2017 at 12:21午後 PST

 

 

本日もトレードのニュースです。

 

 

複数のソースによりますと、現地2017年12月21日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスはメジャー挑戦を表明していたオリックスの平野 佳寿(よしひさ)投手と2年600万ドルで合意に達した模様です。クラブ側の発表はまだです。

 

 

2017シーズン、93勝69敗でナ・リーグ西地区2位となったDバックス。その原動力の一つにリリーバーの頑張りがありました。特にクローザーを務めたフェルナンド・ロドニーは、なんと61試合に登板し、5勝4敗、39セーブという素晴らしい結果を残しました。

 

 

そのロドニーは2018シーズンは不在です。11月にFAとなりました。

 

 

Dバックスはアツい気持ちをもつ24才のアーチー・ブラッドリーをクローザーに起用する予定ですが、彼がセットアッパーから繰り上がることで1枚空きが出てきてしまいます。ただ、ブラッドリーは若いので先発で使って欲しいんですけどね。


 

 

 

 

平野佳寿投手の獲得はこの穴埋めもしくは、クローザーとしての特性の見極めということかと思います。

 

 

Dバックスはメジャー未経験の投手に対していい条件を提示したのではないかと思います。

 

 

平野投手は33才。NPB11年で48勝69敗156セーブ。かなり期待されておりますので、活躍を期待したいと思います。

 

 

【その他移籍関連ニュース】

・ヤンキース、PITのゲリット・コールを獲得するか!?

・SFG、ロンゴリアに続いてジェイ・ブルースも獲得しそうです。

・ダルビッシュ投手はまだ決まっていません。

 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

今日もMLBの公式サイトでは大谷選手の話題でもちきりです(^o^)

 

大谷投手にはジャパニーズ・ベーブ・ルースという最大級の賛辞が入ったニックネームがついています。ちなみにベーブ・ルースも二刀流だったことからこの修飾語がついています。

 

ピッチャーかバッターかという話題でも盛り上がっていますが、このニックネームを見る限り、何か大谷投手を活かすプランが見えているように思えますね。

 

 

ベーブ・ルースですが、このブログで記事にするのは初めてかもしれません。(なんと失礼なことを!)

 

 

ベーブ・ルースのキャリアですが、1914年(19才)から1935年(40才)まで22年間を現役で過ごしました。レッドソックス→ヤンキース→ボストン・ブレーブスとわたっています。

 

 

二刀流だったのは1914年から1921年の6年間。年齢的に26才までです。1930年と1933年にも登板していますが、これはそれぞれ1試合のみ。よって、実質的にはこの8年間だったといえるでしょう。

 

 

【投手】

1914年 2勝1敗 4試合

1915年 18勝8敗 40試合

1916年 23勝12敗 44試合

1917年 24勝13敗 41試合

1918年 13勝7敗 20試合

1919年 9勝5敗 17試合

1920年 1勝0敗 1試合

1921年 2勝0敗 2試合

 

もっと正確に言えば、1919年までの6年間ですね。この間の打撃はどうだったかというと、こんな感じです。

 

【打者】

1914年 5試合 Av .200 / HR 0 /RBI 0

1915年 42試合 Av 315 / HR 4 /RBI 20

1916年 67試合 Av .272 / HR 3 /RBI 16

1917年 52試合 Av .325 / HR 2 /RBI 14

1918年 95試合 Av .300 / HR 11 /RBI 61

1919年 130試合 Av .322 / HR 29 /RBI 113

1920年 142試合 Av .376 / HR 54 /RBI 135

1921年 152試合 Av .378 / HR 59 /RBI 168

  (中略)

キャリア通算 Av. 342 / HR 714 / RBI 2,214

 

 

ピッチングのピークが1916年と17年。この両年、打撃の方はHRはそれぞれ3本と2本。一方、バッティングは1919年から上がりはじめ、1920年以降は誰もが知っているイメージのベーブ・ルースとなります。そして、それにともない、ピッチングは下降気味に。

 

 

大谷投手は30球団に対して、FAQを送っていますが、ベーブ・ルースの流れでいくと、プランとしてはもう決まってしまっているように思います。

 

 

最初は投手。トミー・ジョンになる前に打者に専念というプランを考えている球団が多いのではないか?と推測します。

 

 

ボー・ジャクソンなどMLB・NFLで二足のわらじというケースはありましたが、ピッチャーと打者での二刀流はもはやベーブ・ルースくらいしか比較できる対象がいないという感じですね。

 

 

 

 

 

 

大谷投手、どうなんでしょうかね!?気になりますね。

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

現地2017年11月27日、移籍関連で確定したお話がありました。

 


マリナーズが岩隈投手とマイナー契約を結びました。


 

岩隈投手はスプリング・トレーニングでは招待選手としてメジャー・キャンプに招集されます。

 


岩隈投手は1981年4月生まれの36才。2018年の誕生日が来ると、37才となります。前の記事で34才のダグ・フィスターの400万ドルでのレンジャーズへの移籍のニュースをお届けしましたが、30才も後半になると、やはりなかなかいい契約を結ぶのは難しいようですね。

 


2017シーズンの岩隈投手は6試合、31イニング登板で0勝2敗、4.35ERAという成績に終わりました。5月10日に肩のトラブルでDL入りとなって、そのままシーズンを終えました。

 

 

9月27日に右肩の手術を終え、2018シーズンに備えてリハビリも含めて準備しているというところですね。

 

 

早く復活してもらいです。


 

 

 

岩隈投手がすごいのはその勝率。メジャー6シーズンで通算63勝39敗、.618の勝率を誇ります。これだけ負け数の少ない投手もなかなか珍しいです。

 

 

メジャーの打者の間では岩隈投手=スプリットという図式が定着しているくらいスプリッターとしての名をはせている岩隈投手。早く肩を治して腕を思い切り振って、らしいピッチングをみせてもらいたいと思います。

 

 

まだまだやれます!

 

(関連リンク)

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

イー・シュアランス社提供のMLBアウォード2017の発表がありました。

 

私、この賞の発表が結構好きなんです。ファンの声も入っていますし、賞の切り口も面白いです。


 

 2017 MLB Award winners 


  • ベスト・プレー・ディフェンス: オースティン・ジャクソン

 フェンウェイパークでの塀超えキャッチ


  • ベスト・プレー・オフェンス: ノーラン・アレナド


  • ベスト・ルーキー:アーロン・ジャッジ


  • ベスト・ピッチャー: コーリー・クルーバー


  • ベスト・ディフェンシブ・プレーヤー: ノーラン・アレナド


  • ベスト・エグゼクティブ: ジェフ・ルーノウ(アストロズGM)


  • ベスト・ファン・キャッチ: アストロズ・ファン

 プイーグのHRボールを投げ返した人です


  • ベスト・プレーヤーーファン・インターアクション:ジョーイ・ボト

 ガンに苦しむ少年とのゲーム中のコミュニケーションが話題に。


  • ベスト・ポストシーズン・モーメント:アレックス・ベレグマン

 壮絶なHR合戦となったGame5のサヨナラ・シーン。

 →【WS 2017 Gm5】アストロズ、歴史的なシーソーゲームを制す!初タイトルへあと1


  • ベスト・メジャーリーガー・ポストシーズン:

 ホセ・アルトゥーベ & ジャスティン・バーランダー

 ふたりともよかったですね!


  • ベスト・マネージャー: AJ・ヒンチ(アストロズ監督)


  • ベスト・パフォーマンス・シングル・ゲーム:アンソニー・レンドン

 →【MLB2017】まさにアンソニー・レンドン・デー!6-6、10RBI、 3HR!

 

  • ベスト・コール、TV/ラジオ:ジョー・バック & ジョン・スモルツ

 実況と解説がベストだったと評価されたシーン。


  • パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー: エイドリアン・ベルトレ

 ※文句なし。


  • ベスト・メジャーリーガー: ホセ・アルトゥーベ

 ※これも文句なし(*^^*)

 

 

 

 

 

実況なのですが、ベスト・コールに選ばれた実況のジョー・バックさんの声はいいですよね。2016のワールドシリーズでも実況を務めていました。



この人の声が一番好きです。マイアミの二人揃って”Wow~”というのも好きなんですが、声質なら筆者はこの人です。




 
 

(関連リンク)

 

 
 

 関連画像


きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

This year keeps getting better for @JoseAltuve27! He’s your 2017 BBWAA AL #MVP.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 11月 16 3:49午後 PST

 

 

2017レギュラー・シーズンのMVPが発表となり、ア・リーグはアストロズのホセ・アルトゥーベが、ナ・リーグはマーリンズのジャンカルロ・スタントンの受賞となりました。

 

 

Congratulations!

 

 

2011年にメジャーデビューした当時のホセ・アルトゥーベは、背が小さいけれど、いい動きをする選手という程度の扱いだったと思います。したがって、割りとすぐに消えるんではないかという見方をされていた記憶があります。

 

 

しかし、チャンスを掴みましたね!



2年めから147試合に出場。当時は守備の人という見方の割にはエラーも多かったです。しかし、いきなりの167安打。オールスターにも出場しました。

 

 

以降の見方は安打製造機。



2014シーズンには225安打を達成。以降は4年連続200安打以上を記録しています。そしてこのシーズンは盗塁を56も決め、タイトルを取っています。

 

 

2015年からはHRも量産。それまでは一桁だったHR数を二桁の15本に伸ばしました。2016シーズンからは相手投手の攻め方も変わってくる20本以上をクリアー。

 

 

もう打者としてちょっと背が小さいだけで、バッテリーの攻め方は安打数が出るだけ、アーロン・ジャッジなどのHRバッターよりもやっかいな存在になっています。

 

 

2017シーズンは153試合、590打数、204安打、HR24、打点81、得点112、盗塁32、出塁率は脅威の.410。いい場面での一発も出て、本当に野手としてすべてを手中にした感があります。

 


そして、ついにMVPの獲得です。ちょっとしたシンデレラ・ストーリーです。

 

 

ちなみに、シーズンで1位を取った項目を上げると、安打数はア・リーグで2014年から4年連続1位を継続、打率は2014、2016、2017年で1位、盗塁は2014年、2015年で2年連続で1位、2Bとしての守備率は2015年に1位(当然、この年ゴールド・グラブ賞も)。素晴らしすぎますね。

 

 

盗塁は減りましたが、その分長打力を取って正解だと思います。打者としての寿命が伸びました。現在27歳です。

 

 

 

 

 

Out of this world. Into the history books. After a 59-HR campaign, @Giancarlo818 is your 2017 BBWAA NL #MVP.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 11月 16 3:20午後 PST

 

 

ジャンカルロ・スタントンは28才。今季は59HRというところが評価されました。



HR数は2010年のデビュー以来、22→34→37→24→37→27→27と40HRの壁を超えられなかったのですが、今シーズンはアーロン・ジャッジの存在もあってか、ついに壁を大きく超えました。このきっかけはイチロー選手の影響という話もあります。

 


 

ジャンカルロ・スタントンはRFでも評価が高くなっているので、来年以降も楽しみです。

 


(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...