HOME   »  MLB★豆知識★
RSSフィード

2017 04 23 socks10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今日はゲームの話題ではなく、ユニフォームについてです。

 

 

おそらく2014年くらいからでしょうか?ちょうどジャイアンツがWSを制覇したこの年くらいから、MLBの選手達はストッキングに3本線を入れるようになりました。

 

 

筆者はすそをダラっと伸ばすよりは、上げて欲しいと思うタイプなので、統一感のなさが気になるものの、すそを伸ばすよりはまだいいかと思っておりました。

 

 

カレッジ出身の選手が多いですし、カレッジ風のデザインにしたのかと思いつつも、勝手にラインを入れる選手をよく球団側が許したなとも思っておりました。

 

 

特に当時クローザーだったセルジオ・ロモが目立っていました。バリー・ジトもそれをやりだしました。

 

 

2017 04 23 socks9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ロモが 発祥かどうかは定かではありませんが、彼が目立っていたのは事実です。

 

 

スパイクの話しに飛ぶのですが、もともと球団が定めていた色から逸脱し始めたのはスパイクの方が先です。(昨今はちょっとひどいですね。)

 

 

白スパイクのアスレチックスが白いのを履くのはいいとしても、赤が基調のチームが白いのを履いたり、最近ではもうチームの基調の色が全体での数%の面積でしかないデザインのものを履く選手が増え始めました。

 

 

これは一人一人が契約メーカーが違うという事情と、メーカー側も販促を兼ねて、選手に売りたいデザインを履かせるようになったのが経緯かと推測しますが、それにしても統一感がないなと一人嘆いておりました。

 

 

スパイクのデザイン遊びが浸透しきった頃、今度は同じ足元であるストッキングのデザインに遊びが加わり始めました。

 

 

それが上述したロモの3本線ですが、ロモがそうしだした翌年あたりから、より目立ったラインを入れるようになったのがアスレチックスとパイレーツの選手です。

 

 

3本線をそれぞれ白で挟むというデザインです。

 

 

パイレーツのマッカッチェンがその代表で、アスレチックスの選手もこのデザインを取り入れたストッキングを履きだしました。

 

 

2017 04 23 socks11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両チームのストッキングはもともと線のないデザインなので、もし入れるとしてもチームカラーの単色3本の方がかっこいいのにと思っておりました。

 

 

細めのラインのあるストッキングで球団がもともと持っていたデザインなのはカージナルスです。赤を基調として下から白→紺→白→赤→白→紺→白のラインが入っています。

 

 

2017 04 23 socks12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとラインはなかったものの、カージナルス系のデザインを取り入れ始めたのがマリナーズとレイズです。


 

 

2017 04 23 socks8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2017年ですが、ナショナルズのブライス・ハーパーが白のラインを入れたストッキングを履いているのを動画で確認しました。

 


 

ハーパーも3本線にしたのか!と思っていたら、よく見ると3本線ではありません。

 

 

 

2017 04 23 socks6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体、このデザインは何なのか?と思っていたところ、一番上の写真にある、アスレチックスのクリス・デービスのストッキング姿がヒットしたという訳です。

 

 

まるで高校野球の強豪校が履く色バランスで、もはや線さえ見当たらないというデザインに。

 

 

クリス・デービスは黄色がおとなしいバージョンも履いており、さらにはドジャースまでもがライン入りのストッキングを履いているではないですか!

 

 

 

2017 04 23 socks3

2017 04 23 stocking1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとすごいのはメッツです。摩天楼が入っています。

 

 

2017 04 23 socks7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは何かあると思い調べましたら、わかりました!

 

 

MLBはソックスの公認メーカーとして「スタンス(Stance)」をオフィシャル・サプライヤーに指名したようです(2016年5月)。

 

 

ということで、ホームページを見ると、同じものがありました。

 

DIAMOND PRO ATHLETICS | GREEN | L

 

 

DIAMOND PRO NATIONALS HOME | DARK RED | L

 

DIAMOND PRO METS BRIDGE | DARK NAVY | L

 

 

それにしても、まさか機構のお墨付きだったとは! 

 

 

 

(関連リンク)

 

 


野球のユニフォームはあまり変化をつけない方が格好がよく、そうなると足元で遊びたいのはわかるのですが、いささか度がすぎるのではないか?と思う今日このごろです。


 


 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

2017 04 16 suntrast

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

開幕してからロード・ゲームをこなしてきたブレーブスですが、現地2017年4月14日、ようやく新球場のサントラスト・パークでのホーム・オープニングを迎えました。



新しいスタジアムということで全米が注目したようです。

 

 

 なお、下の動画は41分もありますので、適当に飛ばしながらご覧ください。

 

オープニング・セレモニーの動画です。

 

 

  (2017年4月14日)

 

 

 この日の観客数が通常のベースボール開催時のフル動員となるでしょうから調べてみますと、41,149名の観客が集まったようです。

 

 

内野スタンドが4層になっていますから、3万人規模のスタジアムよりは大きいのがよくわかりますね。

 

 

新しいスタジアムに関して解説陣がトークしています。ライトがターナーよりも浅くなっていますね。

 

 

 

 

 

 

記念すべき初戦はブレーブスがパドレスを5-2で下しました。(Score

 

 

なんとしてでもこのオープニングの日に勝ちたいということで、ブレーブスはなんとかやりくりしてエースのフリオ・テヘランを先発させました。

 

 

これは現場の指揮官とフロント間で結構なやり取り(本能として目の前のゲームに勝ちたい指揮官とセレモニー的要素を盛り込みたいフロントとのせめぎ合い)があったことが十分に推測できます(あくまで筆者の邪推です)。 

 

  

さて、アトランタ五輪後にブレーブスの本拠地となったターナー・フィールドのオープニングが1997年。

 

 

たった20年でブレーブスは新本拠地に移ったわけですが、ターナーでのオープニング当時の模様と今回とを比較した動画がありましたので掲載しておきます。

 

 

 

 

 

ブレーブス、乗って行って欲しいですね。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

 

4月に入りました!MLBもすぐに開幕となります。

 

 

今季のMLBでわくわくするほどの楽しみの1つはブレーブスの新本拠地、サントラスト・パークがオープンとなることではないでしょうか。

 

 

現地2017年3月31日、ブレーブスはヤンキースを招いてのエクシビジョン・ゲームを開催し、全貌とまではいきませんが、その姿を公表しました。

 

 

まずはバートロ・コロンによるファースト・ピッチの模様がこちら。

 

 

 

 

 

 

全貌ではないですが、グランドレベルの動画がこちら。

 

 

 

 

 

 

そしてダンスビー・スワンソンが紹介するクラブハウスの動画がこちら。

 

 

 

 

 

 

そしてファンの方が紹介しているスタジアムの外観がよくわかる動画がこちらです。 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 

 

レギュラーシーズンのホーム・オープニング日は現地2017年4月14日です。楽しみですね!

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

MLB開幕まであと1週間を切りました!スプリング・トレーニングも佳境です。

 

 

現地2017年3月29日のカクタス・リーグ、レッズVSインディアンスのゲームで、シンシナティ・レッズの主砲であるアダム・デュバルがスコアボード直撃の特大のHRを放ちました。

 

 


(2017年3月29日)

 

 

 この日4番に入ったアダム・デュバルは2打数2安打1打点。開幕に向け調子を上げてきましたね。

 

 

アダム・デュバルは今季で28才。おそらくシーズンもLFを守ると思われます(1Bもありますが)。昨季は33HRを放った長距離砲です。

 

 

ブランドン・フィリップスがいなくなって、やや寂しくなったレッズですが、1Bジョーイ・ボト、CFのビリー・ハミルトン、SSのザック・コザート、そしてこのアダム・デュバルなど魅力ある選手が多数います。

 

 

レッズが所属するナ・リーグ中地区は非常にレベルが高いです。

 

 

ここ数年カージナルスの王国だったのですが、昨シーズン、カブスがその牙城を崩しました。

 

 

この2強に加え、ピッツバーグ・パイレーツもここ数年力をつけており、その中でレッズとブルワーズはやや寂しい立ち位置ですが、打撃ではそれほど劣る戦力ではありません。



ピッチャーもスコット・フェルドマンをはじめ、アンソニー・デスクラファニー、トニー・シングラーニと一人ひとりをみると結構粒ぞろいです。

 

 

昨シーズン、最下位だった順位をどれくらい挽回できるのか、注目したいと思います。

 

 

レッズは現地4月3日、フィリーズとのホーム・オープナーです。スコット・フェルドマンが開幕投手を務めます。

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは。

 

 

何やらここ数日、MLBのサイトを小さく賑わせているこの話題に関して、なんだろうと思いましたので、ちょっと調べてみました。

 

 

何が起こったかと言うと、セントルイス・カージナルスがヒューストン・アストロズのコンピュータをハッキングし、そのペナルティーとして200万ドルを課せられ、さらにドラフト上位2人の指名権をアストロズにパスするというものです。

 

 

前カージナルスのスカウティング・ダイレクターのクリス・コレア氏がアストロズのデータべースに侵入。チームの重要な情報を不正な手段で得たということで、コレア氏は46ヶ月の禁固刑という厳しい判決を下された模様です。

 

 

そもそも下位組織がメジャー1と言っていいくらいに充実し、常に若手をビッグリーグに供給しているカージナルスがそんなことをしてなんの得があるのか不思議な話しです。

 

 

本当によくわからない話しであります。

 

 

これによって200万ドルも痛手ですが、2巡目(全体順位56位)とコンプ・ラウンドB(全体順位75位)の指名権をアストロズに譲ることの方が痛いと思います。将来に影響を与えそうな権利の剥奪ですからね。

 

 

今の時代、ハッキングの罪は相当重いですから、まったく割の合わない不正です。

 

 

これはコレア氏の単独犯行だと報じられています。おそらくそうであろうと思いますが、なんとかならなかったのかと管理体制が悔やまれますね。コンプライアンス違反であります。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 地元ファンもがっかりでしょうから、シーズンでいいゲームを期待したいですね。

 

 

FAの動向などを探っていたのでしょうね。目の前のゲームに勝ちたいから行った不正ではないと思われます。リーグが違うのでインターリーグでしか対戦しませんので。ちなみにカージナルスVSアストロズの2016シーズンの対戦成績は2勝2敗でした。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。あろうことか、このくそ寒い時期にマンションの給湯器が故障したという踏んだり蹴ったりのHiroteeです。



風呂と暖かい布団で寝ることが人生の感謝の根源だと思う男に訪れた悲劇です。もう直りました。3万円ほど出費したじゃねーか。まあ、それくらいで済んでよかったかもしれません。

 

 

大阪ガスのメンテ会社の人に伺うと、給湯器まるごと交換だと10倍の30万近くになるとのことでした。

 

 

まあ、数年でそうなると思っておいた方がいいようです。



インフラの個人負担は結構かかりますね。まあ、昨夜は風呂なしだったのですが、たまには災害の予行演習だと思って不便を味わっておかなければいけませんね。

 

 

それに当たり前のありがたさを再認識しました。これも何かの厄祓いでしょう。

 

 

さて、現地2017年1月29日のMLBはそう大きなトレードのニュースもなかったので、長年くすぶり続けている話題を1つ。

 

 

インディアンスと言えば、記事冒頭に掲げてある帽子のマーク、これをチーフ・ワフー・ロゴと言います。

 

 

ワフー酋長とも同義です。 そのワフーとはアメリカ先住民の叫び声のことで、先住民そのものを指していると考えてもいいと思います。



このロゴマークへのクレームは先住民を先祖に持つ方々から長年にわたって使用禁止を求められておりました。

 

 

 

赤い肌というのがとりわけ差別的な意味合いを持たせていると主張されています。かたやインディアンス側の主張としては、ネイティブ・アメリカンの人々に気を使いながらも、デザインを少しずつ変えながら、長年愛されてきたこのロゴマークを変更したくはないようです。ファンもそうですからね。実際、馴染んでいます。

 

 

とは言え、ネイティブの方々への配慮もあることから、苦肉の策として数年前から”C”マークのロゴの着用が増えてきました。ボブ・フェラー時代もCでしたが。

 

 

昨年のインディアンスのワールドシリーズ出場時にも激しい抗議があったようです。

 

 

インディアンスもなかなかこの問題から開放されませんね。

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

こんにちは。

 

 

本日は表題のように、ブレーブスの新ホーム、サントラスト・パークの進捗状況です。

 

 

2017シーズンにオープンの予定で、開幕まで100日を切りましたので、かなりすすんでおります。近隣の複合施設も含め、あと一息といった状況です。

 

 

年が明けてすぐの現地2017年1月2日の動画が上がっていましたので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

外野にはハンク・アーロン・テラスなども設けられるようです。

 

 

新しい球場はワクワクさせてくれますね!

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

2017年1月2日のESPNに面白い記事が載っておりました。

 

 

 “There are more Rodríguezes and Gonzálezes than Smiths in MLB

ESPN 

 

 

スミスよりロドリゲスとゴンザレスの方が多くなったMLB」という記事です。こちらは今のMLBがいかにヒスパニック系の選手が席巻しているかという内容。

 

 

それがいい悪いではなく、今の傾向をリポートしたものです。私も興味がありましたので、記事通りに選手の名前を検索してみました。

 

 

Player Searchのページで”Active Players(=現役)”のところに、GonzalezとRodriguezとSmithを入れて出してみました。

 

 

以下は2017年1月3日現在のリストです。

 

 

調べてみますと、Gonzalezが最多の20名、Rodriguezが18名、Smithはと言いますと16名です。

 

 

ゴンザレス姓の選手

1Adrian GonzalezLAD1B
2Alberto GonzalezNYYSS
3Alfredo GonzalezCWSC
4Andy GonzalezCWSSS
5Benji GonzalezMINSS
6Carlos GonzalezCOLRF
7Chi Chi GonzalezTEXP
8Dicky GonzalezTBP
9Edgar GonzalezHOUP
10Edgar GonzalezSD2B
11Enrique GonzalezDETP
12Erik GonzalezCLESS
13Gio GonzalezWSHP
14Marwin GonzalezHOU1B
15Michael GonzalezWSHP
16Miguel GonzalezDETC
17Miguel GonzalezCWSP
18Miguel Alfredo GonzalezPHIP
19Rayan GonzalezCOLP
20Severino GonzalezPHIP

 

 

 ロドリゲス姓の選手達

1Alex RodriguezNYYDH
2Eddy RodriguezMINC
3Eduardo RodriguezBOSP
4Fernando RodriguezOAKP
5Francisco RodriguezDETP
6Francisco RodriguezLAAP
7Guilder RodriguezTEXSS
8Guillermo RodriguezBALC
9Henry Alberto RodriguezMIAP
10Henry Alejandro RodriguezCIN2B
11Joely RodriguezPHIP
12Josh RodriguezOAK3B
13Luis Antonio RodriguezSEA2B
14Paco RodriguezATLP
15Sean RodriguezATL1B
16Wandy RodriguezHOUP
17Wilking RodriguezKCP
18Yorman RodriguezCINCF

 

 

 スミス姓の選手達

1Blake SmithCWSP
2Burch SmithTBP
3Caleb SmithCHCP
4Carson SmithBOSP
5Chad SmithLAAP
6Chris SmithTORP
7Chris SmithOAKP
8Greg SmithCOLP
9Jake SmithSDP
10Joe SmithCHCP
11Josh SmithOAKP
12Kevan SmithCWSC
13Mallex SmithATLCF
14Nate SmithLAAP
15Seth SmithSEARF
16Will SmithSFP

 

 

 

そのほかに、ヘルナンデス(Hernández )が15名, カブレラ(Cabrera)が12名, マルチネス(Martínez )が9名、ロペス(López)が8名となっております。

 

 

アメリカ全土にはヒスパニック系の住民が17%いるらしいのですが、MLBではそれをゆうに上回る約30%。

 

 

(関連リンク)

 
 



 

なかなか興味深い話題でしたので取り上げてみました。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは

 

 

まだまだ各チームともに体勢は整っている状態ではありませんが、MLB.comでは早くも2017シーズンの予想というものをやっておりました。

 

 

新年が明けましたから、企画とすればやりたいところですね。解説陣にとっては名前も顔も出ますし、「どうか、その企画はご遠慮願いたい」と思うところでしょう。

 

 

ロン・ダーリンさんとショーン・ケイシーさんによる予想ではこうなっております。

 

 

 

 

 

 

 

動画のサムネイルになっているのでおわかりの通り、バーランダーの名前が上がっていました。

 

 

サイ・ヤング賞は、ア・リーグ担当のショーンさんの予想ではジャスティン・バーランダー、ナ・リーグ担当のロンさんの予想ではクレイトン・カーショウの名前を挙げています。

 

 

バーランダーは2016シーズン、復活を遂げました。変化球多めのモデルに変えたところ、かえってまたスピードも戻りつつあります。かつての100マイル連発こそなくなりましたが、十分にモデルチェンジを果たしたと言えるでしょう。

 

 

カーショウは怪我さえなければ2016シーズンもサイ・ヤング賞を獲ったと思いますが、その辺のコンディショニング次第かと思います。ポストシーズンでも勝ちましたので、また一皮むけたのではないでしょうか。ほぼ無敵になりつつありますね。

 

 

両投手ともカーブがいいです。曲がりが大きく、且つスピードもグンと落ちるという特徴があります。この共通点は割りと重要だと思います。

 

 

確かに左右の違いはあり、右投手の場合はツーシームも絶対条件になりつつありますから、その両方を兼ね備えているバーランダーの名前が上がっておかしくはないですね。

 

 

ワールドシリーズを見ると、アンドリュー・ミラーのように左のサイドスローからのスライダーはメジャーのバッターでもキリキリ舞でしたから、これが今最も打ちにくいスタイルかと思います。

 

 

さて、MVPの予想は、ア・リーグがなんと、オリオールズのマニー・マチャド。ナ・リーグはアンソニー・リッゾでした。

 

 

ショーンさんの見立てではマチャドは2016シーズン、また別のレベルに達したというのが根拠のようです。HRが37本、打点96、二塁打40本ですからね。  

 

 

ロンさんによると、リッゾとブライス・ハーパーは僅差だとのこと。

 

 

ワールドシリーズの顔合わせは、ショーンさんがインディアンスVSナショナルズの顔合わせ、ロンさんはレッドソックスVSカブスと予想しています。

 

 

さて、結果はどうなるのでしょうか!

 

 

楽しみですね。

 

 

もし、筆者にこのような予想の機会を与えられたなら、「わからん」とだけ答えるかもしれません。まだ各チームのGMが構成を考えているところですから。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

2016年11月25日、キューバのフィデル・カストロ元国家元首がお亡くなりました。政治的な思想はここでは扱いませんが、キューバ・ベースボールをここまで押し上げた功績はすごいの一言ですね。

 

 

今の現役のメジャー・リーガーでセンセーショナルな活躍をしているのはキューバ出身の選手が多いですね。

 

 

過去、現在でキューバ人プレーヤーがどれくらい在籍していたのか知りたくなったので、ちょっと調べてみました。2016年11月27日現在のリストでは199人。

 

 

左端の番号は何名かというのを記しているだけです。To のところの赤文字は2016シーズンもメジャーでプレーした選手。現役だけをわかりやすくスポットしたかったのですが、2016シーズンにプレーしたことのある選手が全て入っています。

 

 

まあ、ビッグネームの多いこと。

 

Rk Name Yrs From To Debut
1 Jose Abreu  3 2014 2016 Mar 31, 2014
2 Jose Acosta 3 1920 1922 Jul 28, 1920
3 Merito Acosta 5 1913 1918 Jun 15, 1913
4 Rafael Almeida 3 1911 1913 Jul 4, 1911
5 Luis Aloma 4 1950 1953 Apr 19, 1950
6 Yonder Alonso 7 2010 2016 Sep 1, 2010
7 Dariel Alvarez 2 2015 2016 Aug 28, 2015
8 Ossie Alvarez 2 1958 1959 Apr 19, 1958
9 Rogelio Alvarez 2 1960 1962 Sep 18, 1960
10 Vicente Amor 2 1955 1957 Apr 16, 1955
11 Sandy Amoros 7 1952 1960 Aug 22, 1952
12 Angel Aragon 3 1914 1917 Aug 20, 1914
13 Jack Aragon 1 1941 1941 Aug 13, 1941
14 Jose Arcia 3 1968 1970 Apr 10, 1968
15 Rudy Arias 1 1959 1959 Apr 10, 1959
16 Rene Arocha 4 1993 1997 Apr 9, 1993
17 Rolando Arrojo 5 1998 2002 Apr 1, 1998
18 Erisbel Arruebarrena 1 2014 2014 May 23, 2014
19 Joe Azcue 11 1960 1972 Aug 3, 1960
20 Danys Baez 10 2001 2011 May 13, 2001
21 Ed Bauta 5 1960 1964 Jul 6, 1960
22 Julio Becquer 7 1955 1963 Sep 13, 1955
23 Steve Bellan 3 1871 1873 May 9, 1871
24 Yuniesky Betancourt 9 2005 2013 Jul 28, 2005
25 Francisley Bueno 4 2008 2014 Aug 13, 2008
26 Jack Calvo 2 1913 1920 May 9, 1913
27 Bert Campaneris 19 1964 1983 Jul 23, 1964
28 Frank Campos 3 1951 1953 Sep 11, 1951
29 Barbaro Canizares 1 2009 2009 Jun 11, 2009
30 Jose Canseco 17 1985 2001 Sep 2, 1985
31 Ozzie Canseco 3 1990 1993 Jul 18, 1990
32 Jose Cardenal 18 1963 1980 Apr 14, 1963
33 Leo Cardenas 16 1960 1975 Jul 25, 1960
34 Paul Casanova 10 1965 1974 Sep 18, 1965
35 Alberto Castillo 4 2008 2011 Apr 28, 2008
36 Rusney Castillo 3 2014 2016 Sep 17, 2014
37 Yoenis Cespedes 5 2012 2016 Mar 28, 2012
38 Aroldis Chapman 7 2010 2016 Aug 31, 2010
39 Jorge Comellas 1 1945 1945 Apr 19, 1945
40 Gerardo Concepcion 1 2016 2016 Jun 21, 2016
41 Sandy Consuegra 8 1950 1957 Jun 10, 1950
42 Jose Contreras 11 2003 2013 Mar 31, 2003
43 Mike Cuellar 15 1959 1977 Apr 18, 1959
44 Bert Cueto 1 1961 1961 Jun 18, 1961
45 Manuel Cueto 4 1914 1919 Jun 25, 1914
46 Tommy de la Cruz 1 1944 1944 Apr 20, 1944
47 Mike de la Hoz 9 1960 1969 Jul 22, 1960
48 Juan Delis 1 1955 1955 Apr 16, 1955
49 Odrisamer Despaigne 3 2014 2016 Jun 23, 2014
50 Orestes Destrade 4 1987 1994 Sep 11, 1987
51 Aledmys Diaz 1 2016 2016 Apr 5, 2016
52 Juan Diaz 1 2002 2002 Jun 12, 2002
53 Pedro Dibut 2 1924 1925 May 1, 1924
54 Lino Donoso 2 1955 1956 Jun 18, 1955
55 Roenis Elias 3 2014 2016 Apr 3, 2014
56 Yunel Escobar 10 2007 2016 Jun 2, 2007
57 Bobby Estalella 9 1935 1949 Sep 7, 1935
58 Oscar Estrada 1 1929 1929 Apr 21, 1929
59 Chico Fernandez 1 1968 1968 Apr 20, 1968
60 Chico Fernandez 8 1956 1963 Jul 14, 1956
61 Jose Fernandez 4 2013 2016 Apr 7, 2013
62 Osvaldo Fernandez 4 1996 2001 Apr 5, 1996
63 Angel Fleitas 1 1948 1948 Jul 5, 1948
64 Mike Fornieles 12 1952 1963 Sep 2, 1952
65 Tony Fossas 12 1988 1999 May 15, 1988
66 Tito Fuentes 13 1965 1978 Aug 18, 1965
67 Barbaro Garbey 3 1984 1988 Apr 3, 1984
68 Adonis Garcia 2 2015 2016 May 19, 2015
69 Onelki Garcia 1 2013 2013 Sep 11, 2013
70 Ramon Garcia 1 1948 1948 Apr 19, 1948
71 Preston Gomez 1 1944 1944 May 5, 1944
72 Vince Gonzales 1 1955 1955 Apr 13, 1955
73 Eusebio Gonzalez 1 1918 1918 Jul 26, 1918
74 Julio Gonzalez 1 1949 1949 Aug 9, 1949
75 Miguel Gonzalez 1 2014 2014 Sep 3, 2014
76 Mike Gonzalez 17 1912 1932 Sep 28, 1912
77 Orlando Gonzalez 3 1976 1980 Jun 7, 1976
78 Tony Gonzalez 12 1960 1971 Apr 12, 1960
79 Yasmani Grandal 5 2012 2016 Jun 2, 2012
80 Mike Guerra 9 1937 1951 Sep 19, 1937
81 Alex Guerrero 2 2014 2015 Mar 22, 2014
82 Yulieski Gurriel 1 2016 2016 Aug 21, 2016
83 Adeiny Hechavarria 5 2012 2016 Aug 4, 2012
84 Guillermo Heredia 1 2016 2016 Jul 29, 2016
85 Adrian Hernandez 3 2001 2004 Apr 21, 2001
86 Chico Hernandez 2 1942 1943 Apr 16, 1942
87 Evelio Hernandez 2 1956 1957 Sep 12, 1956
88 Jackie Hernandez 9 1965 1973 Sep 14, 1965
89 Livan Hernandez 17 1996 2012 Sep 24, 1996
90 Michel Hernandez 3 2003 2009 Sep 6, 2003
91 Orlando Hernandez 9 1998 2007 Jun 3, 1998
92 Mike Herrera 2 1925 1926 Sep 22, 1925
93 Pancho Herrera 3 1958 1961 Apr 15, 1958
94 Yoslan Herrera 2 2008 2014 Jul 12, 2008
95 Dalier Hinojosa 2 2015 2016 May 3, 2015
96 Jose Iglesias 5 2011 2016 May 8, 2011
97 Raisel Iglesias 2 2015 2016 Apr 12, 2015
98 Hank Izquierdo 1 1967 1967 Aug 9, 1967
99 Hansel Izquierdo 1 2002 2002 Apr 21, 2002
100 George Lauzerique 4 1967 1970 Sep 17, 1967
101 Raudel Lazo 1 2015 2015 Sep 5, 2015
102 Izzy Leon 1 1945 1945 Jun 21, 1945
103 Marcelino Lopez 8 1963 1972 Apr 14, 1963
104 Ramon Lopez 1 1966 1966 Aug 21, 1966
105 Dolf Luque 20 1914 1935 May 20, 1914
106 Hector Maestri 2 1960 1961 Sep 24, 1960
107 Connie Marrero 5 1950 1954 Apr 21, 1950
108 Eli Marrero 10 1997 2006 Sep 3, 1997
109 Armando Marsans 8 1911 1918 Jul 4, 1911
110 Leonys Martin 6 2011 2016 Sep 2, 2011
111 Hector Martinez 2 1962 1963 Sep 30, 1962
112 Jose Martinez 2 1969 1970 Apr 12, 1969
113 Marty Martinez 7 1962 1972 May 2, 1962
114 Rogelio Martinez 1 1950 1950 Jul 13, 1950
115 Tony Martinez 4 1963 1966 Apr 9, 1963
116 Yunesky Maya 3 2010 2013 Sep 7, 2010
117 Orlando McFarlane 5 1962 1968 Apr 23, 1962
118 Roman Mejias 9 1955 1964 Apr 13, 1955
119 Minnie Mendoza 1 1970 1970 Apr 9, 1970
120 Tony Menendez 3 1992 1994 Jun 22, 1992
121 Minnie Minoso 17 1949 1980 Apr 19, 1949
122 Ariel Miranda 1 2016 2016 Jul 3, 2016
123 Juan Miranda 4 2008 2011 Sep 18, 2008
124 Willy Miranda 9 1951 1959 May 6, 1951
125 Yoan Moncada 1 2016 2016 Sep 2, 2016
126 Aurelio Monteagudo 7 1963 1973 Sep 1, 1963
127 Rene Monteagudo 4 1938 1945 Sep 6, 1938
128 Manny Montejo 1 1961 1961 Jul 25, 1961
129 Kendrys Morales 10 2006 2016 May 23, 2006
130 Danny Morejon 1 1958 1958 Jul 11, 1958
131 Julio Moreno 4 1950 1953 Sep 8, 1950
132 Cholly Naranjo 1 1956 1956 Jul 8, 1956
133 Adrian Nieto 1 2014 2014 Apr 2, 2014
134 Ray Noble 3 1951 1953 Apr 18, 1951
135 Vladimir Nunez 9 1998 2009 Sep 11, 1998
136 Tony Oliva 15 1962 1976 Sep 9, 1962
137 Hector Olivera 2 2015 2016 Sep 1, 2015
138 Tony Ordenana 1 1943 1943 Oct 3, 1943
139 Rey Ordonez 9 1996 2004 Apr 1, 1996
140 Eddie Oropesa 4 2001 2004 Apr 2, 2001
141 Bill Ortega 1 2001 2001 Sep 7, 2001
142 Baby Ortiz 1 1944 1944 Sep 23, 1944
143 Roberto Ortiz 6 1941 1950 Sep 6, 1941
144 Reggie Otero 1 1945 1945 Sep 2, 1945
145 Rafael Palmeiro 20 1986 2005 Sep 8, 1986
146 Emilio Palmero 5 1915 1928 Sep 21, 1915
147 Camilo Pascual 18 1954 1971 Apr 15, 1954
148 Carlos Pascual 1 1950 1950 Sep 24, 1950
149 Carlos Paula 3 1954 1956 Sep 6, 1954
150 Chick Pedroes 1 1902 1902 Aug 21, 1902
151 Brayan Pena 12 2005 2016 May 23, 2005
152 Orlando Pena 14 1958 1975 Aug 24, 1958
153 Tony Perez HOF 23 1964 1986 Jul 26, 1964
154 Leo Posada 3 1960 1962 Sep 21, 1960
155 Ariel Prieto 6 1995 2001 Jul 2, 1995
156 Yasiel Puig 4 2013 2016 Jun 3, 2013
157 Alexei Ramirez 9 2008 2016 Mar 31, 2008
158 Bobby Ramos 6 1978 1984 Sep 26, 1978
159 Pedro Ramos 15 1955 1970 Apr 11, 1955
160 Nap Reyes 4 1943 1950 May 19, 1943
161 Armando Roche 1 1945 1945 May 10, 1945
162 Eddy Rodriguez 1 2012 2012 Aug 2, 2012
163 Freddy Rodriguez 2 1958 1959 Apr 18, 1958
164 Hector Rodriguez 1 1952 1952 Apr 15, 1952
165 Jose Rodriguez 3 1916 1918 Oct 5, 1916
166 Cookie Rojas 16 1962 1977 Apr 10, 1962
167 Minnie Rojas 3 1966 1968 May 30, 1966
168 Chico Ruiz 8 1964 1971 Apr 13, 1964
169 Alex Sanchez 5 2001 2005 Jun 15, 2001
170 Israel Sanchez 2 1988 1990 Jul 7, 1988
171 Raul Sanchez 3 1952 1960 Apr 17, 1952
172 Amauri Sanit 1 2011 2011 May 12, 2011
173 Nelson Santovenia 7 1987 1993 Sep 16, 1987
174 Diego Segui 15 1962 1977 Apr 12, 1962
175 Alay Soler 1 2006 2006 May 24, 2006
176 Jorge Soler 3 2014 2016 Aug 27, 2014
177 Luis Suarez 1 1944 1944 May 28, 1944
178 Leo Sutherland 2 1980 1981 Aug 11, 1980
179 Jose Tartabull 9 1962 1970 Apr 10, 1962
180 Tony Taylor 19 1958 1976 Apr 15, 1958
181 Michael Tejera 5 1999 2005 Sep 8, 1999
182 Luis Tiant 19 1964 1982 Jul 19, 1964
183 Jorge Toca 3 1999 2001 Sep 12, 1999
184 Yasmany Tomas 2 2015 2016 Apr 15, 2015
185 Gil Torres 4 1940 1946 Apr 25, 1940
186 Ricardo Torres 3 1920 1922 May 18, 1920
187 Oscar Tuero 3 1918 1920 May 30, 1918
188 Sandy Ullrich 2 1944 1945 May 3, 1944
189 Henry Urrutia 2 2013 2015 Jul 20, 2013
190 Raul Valdes 5 2010 2014 Apr 11, 2010
191 Rene Valdes 1 1957 1957 Apr 21, 1957
192 Roy Valdes 1 1944 1944 May 3, 1944
193 Sandy Valdespino 7 1965 1971 Apr 12, 1965
194 Jose Valdivielso 5 1955 1961 Jun 21, 1955
195 Zoilo Versalles 12 1959 1971 Aug 1, 1959
196 Dayan Viciedo 5 2010 2014 Jun 20, 2010
197 Adrian Zabala 2 1945 1949 Aug 11, 1945
198 Oscar Zamora 4 1974 1978 Jun 18, 1974
199 Jose Zardon 1 1945 1945 Apr 18, 1945
Totals 1037 1871 2016
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 11/27/2016.

 


ただリストを出しただけです。すみません。

本当にいい選手が多いですよね。



キューバのプレーヤーは体の強さやセンスの良さもさることながら、日本人プレーヤーのように試合慣れしていて、野球をよく知っている人が多いのがまた特徴ですね。



とくにキューバ国内リーグを経験した人ほどその傾向が強いです。


 

ちなみにWBCは出身国でも、現在国籍のある国でも出場できますから、仮に現役の中でWBCに出ることを表明する選手がいれば、同じ組の日本には脅威以外の何ものでもないですね。



オバマ政権の最後に、キューバとの国交回復が成し遂げられつつありましたが、2017年1月に就任するトランプ次期大統領が就任したらどうなるんでしょうか?ここも目が離せませんね。



 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...