HOME   »  レギュラーシーズン
RSSフィード

現地2018年6月19日、変わったシーンがありましたよ。

 

パイレーツの左腕、スティーブン・ブロールト(Steven Brault #43)が、ナショナル・アンセム(国歌斉唱)を披露。

 

これがなかなかの美声でした!

 

ちょっと、腕に描かれているレプティリアン(爬虫類人)的なタトゥーが気にはなってしまうのですが、それを覆すほどの美声です。


 

“for the land of free♪”のところもしっかりと伸ばしております。

 

 

 



もともと仲間うちで歌がうまいと評判になって、この日の大役を仰せつかったようです。実はマイナー時代にもゲーム前のナショナル・アンセムを歌ったことがあるそうです。

 


 

スティーブン・ブロールトは26才になったばかり。2013年のアマチュアドラフト11巡目でオリオールズから指名を受けプロ入り。

 

 

 

2015年2月にLHPトラビス・シュナイダーの交換要因としてパイレーツに移籍。ちなみにトラビス・シュナイダーはこの年の8月にオリオールズをリリースになっていて、翌年、再度パイレーツと契約。現在は、独立リーグでプレー。

 

 

デビューは2016年7月5日のカージナルス戦。2018年はここまで19試合で5勝1敗と好調。スターターとリリーバーの両方をこなしています。


 

ERAは4.38でやや高いですが、ローテーションが足りないときにその穴を埋めてくれるという現場にとってはとてもありがたい投手。

 


結構、キレのいいボールを投げます↓。


 

 


ちなみに、この日パイレーツはブルワーズに2−3で惜敗。ナ・リーグ中地区はブルワーズがカブス、カージナルスを一歩リードという感じです。パイレーツもカージナルスの背中がすぐに見えている状況なので、まだまだわかりません。



 

 

■アストロズは12連勝でストップ

 

 

その他、12連勝中だったアストロズは、バーランダーが登板。7回途中10Kを奪うピッチングでこの日も勝利かと思われましたが、レイズの左腕、ブレイク・スネルが立ちはだかりました!

 


ブレイク・スネルは、アストロズ打線を7回まで3安打、1失点に抑えて9勝目。いいピッチングでした!


 

 



気になるマリナーズですが、先発のマルコ・ゴンザレスが3被弾で2−7で敗戦です。

 


 

 

 

よかったところは、リリーフにニック・ランベロウ1人しか使わなかったこと。 監督はハードな相手との連戦に備え、先発のマルコを引っ張りました。

 

 

マリナーズ、明日以降に切り替えですね。 ブレーブスが本当に強いです。また近々記事にします!

 

 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

スポンサーサイト

現地2018年6月18日、ヤンキースがナショナルズとゲームをやっていて、「マリナーズの日程を確かめたはずのに?? やってしまったか!」と大いに焦ったのですが、雨で流れた連戦のリスケだと気づき、ホッと胸をなでおろした次第です。



自分でヤンキースは連戦で大変という記事も書いておきながら、ころっと忘れてました。


 

このゲームはダブルヘッダーで、Game1は田中投手が先発。

 


1回と2回に計3失点を先制される立ち上がり。相手先発のジオ・ゴンザレスも5回までに3失点を喫し、似たような成績でしたが、中盤にナショナルズが勝ち越し。


 

勝ち越し弾を放ったのが、フアン・ソト!特大の一発です!ハーパーも顔負け!

 


 

 

 

そのままのスコアで終了しました。

 


田中投手は同点に追いついてもらってからの降板でしたので、負けはつかず。やっぱり強運ですね!今季はここまで7勝2敗です。


 

【動画】Recap: WSH 5, NYY 3

 

 

Game2は4−2でヤンキースの勝利。

 

 

【動画】Recap: NYY 4, WSH 2

 

 

なお、アストロズは12連勝してます!強いです!

 

 

 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

いやー、揺れましたな!



久々に全細胞が一斉に生きることにフォーカスしたような大きな揺れでした!いかんせん、揺れの時のあの大きな音ことと言ったら!あれでビビるわ。詳細は後述で。

 



バタバタしておりますので、今日は簡略版で失礼します。

 



現地2018年6月17日は父の日。選手はライトブルーのアクセサリーを身に着けプレーしました。



 

 



連日お届けしていたレッドソックスVSマリナーズ戦は、レッドソックスが9−3で勝利。マリナーズはこの4連戦を2勝2敗としました。相手がレッドソックスでしたからこれはこれで御の字のように思います。マリナーズは次がヤンキース戦。ここが前半の勝負ですね。

 

 

 

そのマリナーズのライバル、アストロズですが、ロイヤルズ相手にスイープ。11連勝を果たしました。これでマリナーズとのゲーム差も1.5と開いております。

 

 

 


あと、レイズがヤンキースに3−1で勝利しています。1番を打ったマット・ダフィーの打ち方がいかにも野手!という感じの打ち方で、なかなかかっこいいんですよね。ご覧ください↓。







 

 

 

関西在住の皆様は地震は大丈夫でしたでしょうか?

 

 

 

通勤時に直撃したのでなかなか大変でしたね。私は揺れを我慢するのに足を踏ん張っていたので、腰の筋が変なところにのってしまった感があり、今晩はバンテリンを塗ります。

 

 

 

 

神戸はJR、阪急、阪神ともに動いていなかったので、私同様かなりの方々が早々に通勤を諦めたようでした。自宅近くの主要道路は歩く人でいっぱいで、道路もよく混んでいました。

 

 

 

 

 

 

家具のストッパー、効き目ありました!! 本棚が倒れているかと思ったのですが、まったく無事。

 

 

 

 

 

災害は忘れた頃にやってくるといいますし、関西はまたしても阪神淡路の時のように油断していた感があります。全国的に要警戒かと思いますので、どうか皆様お気をつけて。

 

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

 

連日にわたって記事にしたためているマリナーズVSレッドソックス戦ですが、現地2018年6月16日も好ゲームが展開されましたので、本日も記事にしたためさせていただきます。

 


後日、振り返ったときに、2018年の6月はマリナーズが日程も相手もハードな中、よく戦っていたというのが思い出せればいいなと思っています。


 

TOPにあるTwitterの埋め込みでご推察の通り、この日は投手戦。


 

先発はマリナーズがウェイド・ル・ブラン(Wade LeBlanc #49)、レッドソックスが”帰ってきた”ナックルボーラー、スティーブン・ライト。

 


なぜ帰ってきたかと言えば、スティーブン・ライトは昨年12月に奥さんへのDV疑惑で逮捕され(本人は否定)、今季はじめに15試合の出場停止処分を課されていて、その影響もあり、今季の実戦復帰が遅かったからです。

 


当初はリリーフで復帰。6月に入り、ようやく先発を任せられるようになっています。今季3度めです。


 

双方ともに33才のベテランですが、実績から行くと、スティーブン・ライトに軍配が上がりそうな顔合わせです。

 


彼のナックルは素晴らしいですし、ルブランはローテーションの谷間を埋めるイメージが強く、レッドソックス打線が相手だと打ち込まれるイメージが先行してしまうからです。

 

ところが、そのルブランがナイスピッチングを見せました!


 

 



チェンジアップが冴えていましたね。

 

ルブランはチェンジアップとカットボールが投球の大半です。チェンジアップが78mph−80mph前半、カットボールが85mphほど。ファストボールとして4シームとツーシームがありますが、いずれも80後半で90mphに到達しないスピード。


 

スピードの落差とボールの動きで勝負するタイプですが、レッドソックスの右打者はどうしたんでしょうね?アウトコースの見極めが出来ていなかったように思います。目もいいレッドソックス打線がどうしてそうなったのかは本当に不思議です。

 

 

レッドソックスのスティーブン・ライトも7回を投げきり、被安打5、失点1とナイスゲームメイク。

 

 

唯一の失点は序盤3回にシングルが3本つながり、タイムリーで1点を奪われました。

 

 

マリナーズのルブランは8回2アウトまで登板し、被安打がたったの2、奪三振も9を数えました。素晴らしかったですね。


 

マリナーズはこのあと、アレックス・コロメ➙エドウィン・ディアスとつなぎ、完封リレーです。


 

ディアスを使ってしまいましたが、ルブランの好投のおかげでブルペンをセーブすることができました。連戦にこの好投は大きかったですね。


 

 

 



マリナーズ、レッドソックスとの4連戦をここまで2勝1敗と勝ち越しています。現地日曜日にもう1試合あります。

 



せっかくの連勝でしたが、アストロズが10連勝を果たしているので、ゲーム差は0.5で変わらずです。



 

 




一方のレッドソックスはこの連敗で、ヤンキースとゲーム差1.0がついてしましました。ヤンキースは3連勝中なんですね。

 



現在、レッドソックスが48勝24敗、ヤンキースが46勝20敗で、勝利数はレッドソックスが上回っているものの、勝率の差でヤンキースがトップとなっています。

 

 



マリナーズ、レッドソックスともにGame4は落としたくないですね。

 

 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

現地2018年6月15日から、カージナルスVSカブスの戦いが始まりました。

 

現時点ではブルワーズが首位なのですが、ブルワーズ、カブス、カージナルスの三つ巴の争いは避けられませんので、あえて首位争いとして書かせていただこうと思っています。

 

ただ、せっかくテンションが上がっていた対戦もGame1はワンサイド・ゲームになってしまいました。

 

カージナルスがマイケル・ワカ、カブスがジョン・レスターという見応えのある投合いで始まったこのゲームですが、カブス打線が2巡目にしてマイケル・ワカを捉え、3回には2本のHRで先制。

 

4回にはカージナルス側に守備エラーなどが出てさらに2点を追加。


 

5回表にはHR1本、2塁打2本、シングル1本の長短打が出て、カブス打線がカージナルス投手陣を圧倒。5回を終了して11−1とカブス圧勝の流れが出来てしまいました。


 

 

 

カージナルス打線は6回で降板したジョン・レスターから2本のHRを放つも単発に終わり、その後2番手のアンソニー・バスから2点、ルーク・ファレルから1点を奪うも反撃もここまで。

 

13−5でカブスが初戦をものにしました。

 

結構、あっけない結果に終わってやや残念。Game2は、カージナルスがカルロス・マルチネス(3−3)、カブスがカイル・ヘンドリクス(4−6)が登板です。両投手とも今季は思ったように勝てていませんので、点の取り合いになるかもしれませんね。

 

 

■マリナーズ、大逆転

 

 

今週はマリナーズの記事が続いたのでトップにはもってこなかったのですが、この日の1番の好ゲームがマリナーズVSレッドソックスのGame2でした。

 

 

途中までは、もうレッドソックスの連勝だと思いました。

 

 

マリナーズの先発はここまで今季6勝1敗で、5月8日にはトロント相手にNO-NOも演じている頼りになる左腕ジェームス・パクストンだったにもかかわらず、3回表に、6失点を喫する大炎上を演じ、これで終わったと思いました。

 

 

しかし、野球はホントに何が起こるかわからないですね。もっとも、マリナーズ打線もレッドソックス先発のリック・ポーセロから4得点を奪っていたというのも一つのキモではありました。

 

 

マリナーズはポーセロ降板後に、レッドソックスのリリーフ陣を攻め、8回に大逆転。お客さんも大喜びです。

 

 

ぜひ、リキャップをご覧ください。

 

 

 

 

この逆転劇を生んだのは、やはりマリナーズのリリーフ陣。パクストンが3回1アウトで降板した後、4人でスコアレスの投球。

 

 

特に、3番手のロブ・ウェイレンは4回を被安打1、与四球1、無失点の素晴らしいロングリリーフを見せ、勝利の引き寄せに大きく貢献。

 

 

最後はディアスを出さざるを得ませんでしたが、素晴らしいブルペン陣の活躍でした。

 

 

 

 

この日、アストロズはまたしても勝利。マリナーズ、このままついて行って欲しいですね。

 

 

 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

現地2018年6月14日のゲームもマリナーズにフォーカスさせてください。

 

厳しい相手との連戦に入ったマリナーズ。この日は第一関門のレッドソックスとの対戦で、満を持してフェリックスが登板しました。レッドソックスはデービッド・プライス。

 

両先発ともさすがの投球を披露し、僅差のゲーム展開に。フェリックスもエースらしく、気合が入っていたように思います。

 

 

このゲームで輝きを見せたのは、レッドソックスのザンダー・ボガーツ。

 

 

1−1のタイスコアで迎えた6回表に勝ち越しとなるソロショットを放ち、これが決勝点となりました。守備でも2つの絶妙なダブルプレーを決め、攻守にわたりこの日の勝利に貢献しました。

 

 


フェリックス、デービッド・プライスともに7回まで投げきり、負けられないという意地が出ているようで非常によかったです。


 

プロの試合だと思いました。

 



【動画】Recap: BOS 2, SEA 1

 

 

 

■アストロズ8連勝!

 


前日の記事にも書きましたが、マリナーズに大きくはだかっているのが、アストロズの強さと日程の良さ。

 

 

この日のアストロズはオークランドとの3連戦の最後のゲームで、バーランダーが登板。

 

 

バーランダーは期待どおり、7回を被安打5に抑える好投。



2本のHRを打たれ、3失点を喫しましたが、オークランドの投手陣が序盤から失点続きでややその流れに乗ってお付き合いしてしまったというところかと思います。

 


 

 

 

バーランダーは危なげなく9勝目を上げました。

 

 

【動画】Recap: HOU 7, OAK 3

 

 


アストロズはこれで8連勝。



前日までわずかな勝率の差で首位に立っていたマリナーズですが、アストロズに首位を奪われました。マリナーズはどこまでついていけるか、ここからが踏ん張りどころです。

 

 

アストロズは、次はロイヤルズとの対戦です。

 

 


明日は、ナ・リーグ中地区の首位争い、カージナルスVSカブス@ブッシュスタジアム がありますので、そちらにフォーカスしようかと思っています。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

 

マリナーズがまたしても終盤でゲームを逆転です!本当に僅差のゲームに強いです。

 

 

現地2018年6月13日、マリナーズVSエンゼルスのGame3が行われました。

 

 

ゲーム展開はマリナーズがエンゼルス先発のギャレット・リチャーズと2番手のノエ・ラミレスを攻め、序盤から加点。3回を終わって4−1とリード。

 

 

しかし、マリナーズ先発のマルコ・ゴンザレスも5回を投げ終えた時点で計3失点し、4−3でマリナーズ1点リードで中盤を迎えます。

 

 

マリナーズはここから自慢のブルペンが機能するはずですが、この日は2番手のマイク・モーリンが1失点、3番手のチェイスン・ブラッドフォードが2失点し、終盤に入るまでに逆転されてしまうという展開。7回表を終了して4−6と2点のビハインドを許す展開に。

 

 

ここからが今年のマリナーズの魅力なのですが、7回裏、先頭のディー・ゴードンがシングルで出塁し、ジーン・セグラが2塁打を放ち、まず1点を追撃。これで5-6。

 

 

8回裏にもリオン・ヒーリーに今季13本目のソロHRが飛び出し、6−6の同点に追いつきます! 

 

 

この同点劇の裏には8回を無失点で抑えたロエニス・エリアスの投球が呼び水になったことを記しておきたいと思います。

 

 

ロエニス・エリアスは9回にもマウンドに上がり、無失点に抑え、サヨナラ勝ちのお膳立てをしました。ここでディアスを使わなかったことは大きかったですね。


 

そして、9回裏、2日連続でミッチ・ハニガーがヒーローとなりました!!

 

 

 
 
 
 
 
【動画】Recap: SEA 8, LAA 6
 
 
 
マリナーズは4連勝で首位キープ。しかし、アストロズも7連勝でゲーム差は前日と変わらずです。
 
 
マリナーズの次のシリーズは、BOS→長期ロードのNYY→BOS・・・とかなり厳しい道が続きます。まさに試練の連戦。


一方のアストロズは、14日までOAKと3連戦をこなした後、ロードでKCR3連戦→ホームでTBR3連戦→KCR3連戦→TOR3連戦→ロードでTBR4連戦→TEX2連戦→ホームでCWS3連戦→OAK3連戦でオールスターという日程。BOS、NYYが出てこず、オールスターへという日程。


この違いは何?マリナーズGM、オーナーは怒っていいのではないでしょうか!


この試練を乗り越えてほしいですね!
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazon タイムセール

 

 

現地2018年6月11日からマリナーズVSエンゼルスの3連戦が始まっています。

 

同地区のライバル同士の対戦。

 

Game1は5−3でマリナーズが勝利。12日に行われたGame2は、マリナーズの外野手、ミッチ・ハニガーの一人舞台状態となりました!

 

マリナーズ先発はマイク・リーク。勝率もいいだけに、このゲームもナイスなゲームメイクを見せてくれました。6回を被安打4、失点1です。

 

一方のエンゼルス先発のハイメ・バルリア(Jaime Barria #51)は、期待のプロスペクトではありますが、このゲームはなんとか3点位内に抑えたという感じの内容でした。5回までで被安打8はちょっと多いですね。与四球2、被本塁打も2。

 

そのハイメ・バルリアから2本のHRを放ったのが、ミッチ・ハニガー。3番RFで出場。3打数2安打、2本塁打、3打点と活躍。 守備でも好返球がありました。

 

 

 

 

エンゼルスもトラウトが2本のHRを放ち、この日のエンゼルスの全得点を叩き出す活躍を見せたのですが、打線がつながりませんでした。トラウトは守備でも素晴らしいキャッチを披露しています。

 

 

この日はブルペンの差が出たというゲームでした。エンゼルスは先行逃げ切りでないと勝率が上がらないのがちょっとつらいですね。まだ貯金もありますし、3位という好位置につけています。

 

【動画】Recap: SEA 6, LAA 3

 

マリナーズはこの日の勝利でアストロズと勝利数で並び、勝率で首位におります。

 

マリナーズは翌日にもエンゼルスとのGame3がありますが、ここが前半戦の厳しい正念場となっています。

 

なぜなら、現地14日からはレッドソックスをシアトルに迎えての4連戦、19日は東海岸に移動しヤンキースとの3連戦が始まり、さらに東海岸遠征ということで22日からもう一度レッドソックスとのシリーズが控えています(3連戦)!

 

そして休みなしでオリオールズとの4連戦、カンザスシティとの3連戦がつづきます。

 

寄りにも寄って、AL東のトップ2との10試合も組まれているとは・・・。ベンチコーチ達は泣きそうですね。

 

 

■ミギーがシーズン・エンディング

 

 

その他の情報としまして、タイガースのミゲル・カブレラがスイング中に上腕二頭筋腱を傷め、ゲームから退きました。

 

検査の結果、かなりの重症で手術を余儀なくされることに。これにより、ミギーは今季はもう復帰しないことが決定となりました。

 

 

 

 

 

 

35歳のミゲル・カブレラ、この怪我は今後のキャリアに影響を与えそうで、ちょっと心配ですね。

 

 

オールスター11回、シルバースラッガー賞7度、2度のAL MVP受賞(2012、2013)、そして2012年のトリプル・クラウンと数々のアウォードを獲得した右打者は、晩年を迎えようとしています。

 
 
 

ちなみにBatting Averageだけで、2011、2012、2013、2015と4度のタイトルを獲得。RBI(打点)は2010、2012と2度、本塁打も2008、2012と2度タイトルをとっています!

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

 

現地2018年6月11日、カブスがとうとう来ました!

 

ナ・リーグ中地区の首位攻防戦、ブルワーズVSカブスの3連戦が始まり、カブスが粘りの末、初戦をとりました!

 

同地区同士だけに結構組まれているこのカードですが、オールスター前ではこのシリーズが最後の直接対決となり、非常に需要なシリーズです。

 

ブルワーズがジュニオール・ゲラ(Junior Guerra #41)、カブスがホセ・キンタナ(José Quintana #62)で始まったこのゲームは、投手戦となりました。

 

先制したのはブルワーズで、3回裏、捕手のエリック・クラッツにHRが出ます。カブス・バッテリーは無警戒でした。

 

その後、カブスにタイムリーシングル、ブルワーズにソロHRが飛び出し、ブルワーズが2−1とリードして迎えた8回、カブスは終盤でジェイソン・ヘイワードにタイムリーが出て、2−2の同点に追いつきます。

 

この日、2番に入ったジェイソン・ヘイワードは、6打数3安打、3打点と大当たりでした!

 

その後は両チームのブルペンが頑張って延長11回までもつれます。

 

均衡を破ったのは、カブスの主砲、アンソニー・リッゾでした。

 

 

マット・アルバーツから今季11号目となるソロHRを放ち、勝ち越し。カブスはその後も打線がつながり、この回一挙に5得点でゲームを決めました!

 

 

【動画】Recap: CHC 7, MIL 2 - F/11

 

 

これで勝利数ではブルワーズが上回っているのですが、勝率の差でカブスが首位に立ちました。

 

首位に立ったと言っても、2連勝、2連敗などの組み合わせで3位のカージナルスとも一気に首位が入れ替わる可能性がある状況で、まだまだ安心できません。

 

カブス、この3連戦の後は、カージナルスとのゲームが控えていますから、連勝して貯金を増やしたいところですね。

 

なお、カブスの5番手にアンソニー・バス(Anthony Bass #45)が登板。パドレス時代に期待されていた右腕は複数の球団を経て、2016年に日本ハムに入団。リーグ優勝と日本一に貢献しました。

 

NPBではもう打者が厄介に感じるくらいに球威のあるボールを投げ込んでいましたが、MLBではやや球威が不足していたんですね。2017年はレンジャーズとトリプルAで登板。

 

今季も最初はトリプルAで投げていましたが、つい最近上がってきました。そして、延長とは言え、ゲームを締めくくる結果を出し、よかったなと思った次第です。

 

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

 

 

6月も半ばに入り、オールスターも見えてきました。早いですね!各チームともに”VOTE ~”と自チームの選手への投票を呼びかけております。

 

 

オールスター選出には実績が何よりですね。

 

 

現地2018年6月10日(日)、ア・リーグの投手ランキングで勝利数、ERA、WHIPでトップを争っているインディアンスのコーリー・クルーバーがタイガース戦に先発。

 

AL ピッチング・スタッツ

(現地2018年6月10日終了時点)

 

【WIN】

1 コーリー・クルーバー (CLE) 10-2

2    ルイス・セベリーノ (NYY) 9-2

 

【ERA】

1  ジャスティン・バーランダー(HOU) 1.45

2 コーリー・クルーバー(CLE)1.99

 

【WHIP】

1  ジャスティン・バーランダー(HOU) 0.76

 

2 コーリー・クルーバー(CLE)0.83

 

【SO】

1 ゲリット・コール(HOU)124

2 クリス・セール(BOS)120

7 コーリー・クルーバー(CLE)103

 

 

コーリ・クルーバーはこの日も安定した投球を披露。8回を被安打5、失点2、奪三振8、四球0という内容。

 

 

 

 

チームも9−2でタイガースを下し、コーリー・クルーバーは今季ア・リーグで10勝到達一番乗りを果たしています!

 

 

コーリー・クルーバーと言えば、右に左にグイグイと曲がる変化球がトレードマークと言えますが、今季はとりわけ、コントロールが圧巻です。マダックス並みの数字を出しています。

 

 

今季のゲームログ↓を見ていただければおわかりの通り、このゲームを含めた直近6試合に四球(BB= Base on Balls)はありません!!

 

 

 

前回出した四球が5月8日のブルワーズ戦で、しかも、その日も1個出したきりです。実に1ヶ月以上にわたり、四球がないという信じられない数字を出しています。

 

 

※デッドボール(HBP)は5月19日に1つあります。

 

 

コーリー・クルーバー ピッチング・ログ
2018年6月10日まで
RkDate OppDecIPBBHBP
1Mar 29@SEAL(0-1)8.010
2Apr 4@LAA 7.020
3Apr 9 DETW(1-1)8.010
4Apr 17@MINW(2-1)6.220
5Apr 22@BALW(3-1)7.000
6Apr 27 SEAW(4-1)8.230
May OppDecIPBBHBP
7May 2 TEXW(5-1)7.000
8May 8@MILL(5-2)6.010
9May 13 KCRW(6-2)7.000
10May 19@HOUW(7-2)7.001
11May 25 HOU 6.100
12May 30 CHWW(8-2)6.000
Jun OppDecIPBBHBP
13Jun 5 MILW(9-2)7.000
14Jun 10@DetW(10-2)8.000
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 6/11/2018.  14行目は筆者が手打ちしています。

 

 

もっとも、点を取られていないわけではありません。失点もありますし、被本塁打もあります。敗戦投手になったこともあります。



しかし、四球だけが極端に少ないのです。

 

 

スライダー、チェンジアップ、シンカーという複数のボールに自信をもっているがゆえに、ゾーンで勝負できているということではないかと思います。

 

 

変化球が曲がらなかった場合、一発長打を喰らうこともありますが、それでもゾーンでどんどん勝負にいける強みはさすがだと思います。2014年、2017年に続き、3度めのサイヤング賞もあるかもしれません!

 


 

今季のALサイヤング賞争いは面白そうですね。

 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...