HOME   »  レギュラーシーズン
RSSフィード

 

 

 

こんにちは。

 

現地2017年4月26日から始まったナ・リーグの好調チームであるナショナルズとロッキーズの対戦は、ナショナルズの打撃が爆発。一方的な展開になりました。

 

 

ロッキーズがタイラー・チャットウッド、ナショナルズがタナー・ロアークで始まったこのゲームはチャットウッドが中盤まで持ちこたえられませんでした。

 

 

5回を終了した時点で、5-2とナッツがリード。その後、ロッキーズのリリーフ陣も打ち込まれ、終わってみれば11-4でナショナルズの勝利。

 

 

バッター・フレンドリーのクアーズ・フィールドでの開催でしたが、ナショナルズ有利に働きました。

 

 

ナショナルズはトリー・ターナー、ライアン・ジマーマン、ダニエル・マーフィーにHRが出ました。

 

 

 

 

 

 

e6【動画】Recap: WSH 11, COL 4

 

 

ロッキーズ、先発がどこまでゲームを作るか、後ろがいいだけに中盤までをなんとか踏ん張って欲しいですね。

 

 

(関連リンク)


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

2017 04 26 TOR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月25日は珍しいシーンが見られました!

 

 

カージナルスVSブルージェイズのゲームは、カージナルスがマイケル・ワカ、ブルージェイズがマルコ・エストラーダが先発。

 

 

両投手ともに中盤まで投げきり、ゲームは2-2のタイ・スコア。なかなかの好ゲームでした。

 

 

7回に入ってゲームが動き、ブルージェイズが2点を勝ち越すも、その裏、カージナルスがホセ・マルチネスの2ランHRで4-4の同点に。

 

 

ブルージェイズは9回にバティスタのシングルで1点を勝ち越すも、その裏カージナルスがデクスター・ファウラーのシングルで同点に。

 

 

5-5で延長に入ります。

 

 

迎えた11回表、ブルージェイズはそれまで小刻みに4人の投手をリリーフに立たせるごとに代打を送ってきたツケが回ってきます。

 

 

1アウトから打席が回ってきたジェイソン・グリーリに代打を送る野手がいなくなりました。



そこでブルージェイズ・ベンチはなんとエースのマーカス・ストローマンを打席に送ります。

 

 

 これがなんと決勝点に絡んだんですね。

 

 

ご覧ください。

 

 

 

 

 (2017年4月25日)

 

 

マーカス・ストローマンのまさかの2塁打をきっかけに、つづくスティーブ・ピアースの打球をうまく処理したカージナルスSSのアレドミス・ディアスでしたが、まさかの1塁悪送球。

 

 

1Bのホセ・マルチネスが悪いのか、ちょっと微妙なプレーでしたが、 ボールがファウル・グランドに転がる間にマーカス・ストローマンがホームインし、ブルージェイズが6-5と逆転。これが決勝点となりました。

 

 

計算外の出来事でブルージェイズが勝利をゲットしたという流れでした。

 


 

野球は本当にわかりませんね!

 

 

 

e6【動画】Recap: TOR 6, STL 5
 

 

 

 

このゲーム、クリス・コグランのこのようなプレーもありました。

 

 


 

 

 

結構、見どころ満載のゲームでした。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 25 thames

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

この4月にぶっ飛ばしている選手がいますね!

 

 

ミルウォーキー・ブルワーズのエリック・テイムズ( Thames, E)です。現地2017年4月24日のレッズ戦で2HRを放ち、この時点でなんと10HR!

 

 

残り5ゲームありますので、これまでの4月のHRレコードである2006年のアルバート・プホルズ、2007年のアレックス・ロドリゲスの14本に並びそうな勢いです。

 

 

 

 

エリック・テイムズは結構苦労人です。今季は30才。2008年のアマチュア・ドラフトでブルージェイズから7巡目指名を受け、プロ入り。

 

 

デビューはブルージェイズ時代の2011年、24才の時です。

 

 

2011年と12年にそれぞれ95試合、86試合に出場。2年間でホームランは21本だった選手です。

 

 

その後、3Aなどマイナー生活が続き、2013年から3年間、アジアでプレーしました。その3年間の数字がHRが37本、47本、40本、盗塁が11個、40個、13個と際立った活躍を見せました。

 

 

メジャー復帰となったのは昨オフ、ブルワーズがHRキングのクリス・カーターをトレードに出したことで、4番が空いたからでした。

 

 

そこに見事にハマったのがエリック・テイムズだったという訳です。これはスカウト陣の勝利ですね。誰も狙ってはいませんでしたから。

 

 

 

契約は3年で1600万ドル。狙われていなかった割には結構な額の契約ですが、しかし、クラブ側としては他からHRバッターを獲得するよりはよほど安く契約できたと思っているでしょう。

 

 

エリック・テイムズ、4月のHRを何本まで伸ばすのか、楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。



まもなくゴールデン・ウィークですね。今年も仕事の都合でGWにMLB観戦とはいかないのですが、夏にはなんとかしたいです。

 

 

世間ではきな臭い動きがありますが、野球が楽しめる環境が続けばこんな素晴らしいことはないなと思っております。

 

 

考えようによっては毎日が奇跡のようなMLBのレギュラー・シーズンですが、現地2017年4月23日、週の最後のゲームで、ナショナルズとフィリーズとロッキーズとレンジャーズが敵チームをスイープしました。

 

 

4カードもスイープがあるのは珍しいですね。

 

 

まずは、ナショナルズですが、フレーブスとの3連戦の最後の試合、先発はマックス・シャーザー。




右指の疲労骨折も完治し、またビシバシと伸びのあるストレートを投げ込んでいます。なんとMAX97.2mph(156.43km/h)を記録!

 

 

 

 

 

ホームランを2本打たれましたが、このストレートは相当厄介ですね。



メッツ先発はザック・ウィーラーでしたが、ダニエル・マーフィーのグランド・スラムに沈んでしまいました。次はいい結果が出そうな予感のする投球ではありました。

 

 

 

ナショナルズはNL東のライバル、メッツをスイープです。

 

 

e6【動画】Recap: WSH 6, NYM 3

 

 

 

さて、新陳代謝を図ってそろそろ結果が出そうなフィリーズは、ブレーブスを迎えての3連戦でしたが、こちらもスイープしました。

 

 

23日のゲームでは3者連続HRも飛び出し、フィリーズは勢いが出てきました。ブレーブスは6連敗です。

 

 

 e6【動画】Recap: ATL 2, PHI 5

 

 

 

そして、春先好調のロッキーズは今年は投手が活躍。



これはひょっとしたら本物の強さかもしれません。ルーキー左腕のカイル・フリーランドがまたしても好投しました。

 

 

ジャイアンツ打線を7回まで被安打6、無失点に抑える好投。フリーランド、いいですね。

 

 

 

 e6【動画】Recap: SF 0, COL 8

 

 

 

そして、ア・リーグで唯一スイープしたのはレンジャーズ。ロイヤルズとの4連戦を見事に4連勝。2017年4月23日はダルビッシュ投手が先発し、8回を被安打5、失点2、奪三振8に抑える好投を見せてくれました。

 

 

打線では若手の飛ばし屋ジョーイ・ギャロに一発が出て、ダルビッシュ投手を援護。

 

 

レンジャーズ、このシリーズは強かったですね!

 

 

 

 e6【動画】Recap: KC 2, TEX 5

 

 

 

 開幕から1か月になろうとしています。スロースタートな結果となっているチームが多いですが、まだまだどこの地区も少しの連勝で追いつける位置です。


 

 

(関連リンク)

 


  

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月18日、その前日にイチロー選手を暖かく迎えたシアトルで、マーリンズ投手陣が8回1/3までノーヒッターを達成しました。

 

 

先発のチェン投手が7回をノーヒッターで降板、ブラッド・ジーグラーも1回をパーフェクト、最終回に登板したカイル・パラクローが1アウトからハニガンに二塁打を打たれ、惜しくも記録達成とはなりませんでしたが、素晴らしいピッチングでした。

 

 

 

 

この日、イチロー選手は出場機会なし。

 

マーリンズか5番のジャスティン・ボーアのHRなどで5点を奪い、快勝したゲームでした。

 

 

 

e6【動画】Recap: MIA 5, SEA 0

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

開幕前は前評判の高くなかったヤンキースですが、ここにきて、あれよ、あれよと8連勝を達成し、2017年4月17日現在、地区2位。

 

 

首位のオリオールズよりも勝ち星では勝っている(NYY9勝、BAL8勝)のですが、勝率で2位となっている状態で、ほぼ首位のようなものです。

 

 

現地2017年4月17日もメジャーデビューしたばかりの若手左腕が好投し、勢いは増すばかりです。

 

 

17日のホワイトソックス戦では、デビュー2戦目のジョーダン・モンゴメリー(Jordan Montgomery #47) が6回まで無失点の好投。

 

 

7回に限界が来て、3ランHRを打たれましたが、序盤に攻撃陣が7点を奪っていたので、まったく問題のない結果でした。モンゴメリーは6回を被安打7、失点3、与四球2でマウンドを降りて、メジャー初勝利。

 

 

モンゴメリーは24才。ドラフト4巡目の投手です。4シーム、2シーム、スライダー、カーブ、チェンジアップと左腕としてはボールの種類は王道。しかも4シームが91から93マイルほどしか出ません。それをカバーするのが、2シームとスライダー、カーブという感じです。

 

 

スピードは出ませんが、198センチの身長も効いていると思います。スピード計測以上の迫力があるのではないでしょうか。

 

 

カーブの曲がりが大きく、これがほぼウィニングショットになっているように思います。

 

 

楽しみな投手ですね。

 

 

(2017年4月17日)

 

 

 

ルーキーまで活躍しはじめたヤンキースはちょっと厄介かもしれません。完全に善循環に入っていますね。

 

 

その土台となっているのが、当たり前のように活躍している元カブスのSSで、現在は2Bのスターリン・カストロ。この日は4番を任されました。

 

 

何かカノーを見るような感じで彼を見てしまいます。

 

 

そして、カージナルスから移籍してきたマット・ホリデーを獲得してよかったですね。打線の軸が出来たと思います。

 

 

また、何よりアロルディス・チャップマンの存在が大きいですね。最終回に絶対的な守護神がいるという安心感は投手陣にも打撃陣にもいい影響を与えていると思います。 

 

 

今けがで退いているディディ・グレゴリウスの代わりにSSを務めるピート・コズマはもとカージナルスのSS。彼がバックアップにいるというのも層の厚さを感じさせます。

 

 

ヤンキースは8連勝の反動があるとは思いますが、 まだしばらく勢いは継続しそうに思います。

 

 

 

e6【動画】Recap: CWS 4, NYY 7
 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

2015年のワールドシリーズ・チャンプであるロイヤルズの話題です。

 

 

現地2017年4月16日、カウフマン・スタジアムで行われたエンゼルス戦で、ロイヤルズ先発のイアン・ケネディーが力投!

 

 

8回を被安打2、無失点、与四球2、奪三振10の素晴らしいピッチングをみせてくれました。本当にいいピッチングでした!!

 

 

 e6 【動画】Kennedy’s strong performance

 

 

イアン・ケネディーは序盤3回をパーフェクト。

 

 

4回に先頭のユネル・エスコバーに四球を与えはしましたが、ベン・リベアをダブル・プレー、マイク・トラウトをライト・フライに打ち取り、この回も無失点で切り抜けます。

 

 

5回には2アウトからC.J. コロンにエンゼルス初安打となる2塁打を打たれたものの、ダニー・エスピノーザを三振に打ち取り、またも無失点。

 

 

6回は打者3人で。7回はプホルズに四球を与えたものの、後続を打ち取ってまだまだ無失点を継続。

 

 

8回はクリフ・ペニントンにこの日エンゼルスの2本めとなるシングルを打たれたものの、この回もしっかりと抑え、無失点。

 

 

8回、111球、無失点という素晴らしい内容でマウンドを降りました。

 

 

エンゼルス先発のタイラー・スキャッグスもよかったです。7回を被安打4、無失点、奪三振9。

 

投手がいいピッチングを見せるとGAMEが締まりますね。

 

GAME前の動画ですが、いいクオリティーなので上げておきます。

 

 

 

両チーム無得点のまま、最終回のロイヤルズの攻撃へとうつったわけですが、ロイヤルズの9回の攻撃はあの強かった2015年を彷彿とさせる、つなぎを見せました。

 

 

ロイヤルズは9回、ヒットと四球でチャンスメイクしたあと、ワイルド・ピッチで3塁に進塁。

 

 

最後はアルシデス・エスコバーが外野の間にポトリと落とす決勝打で1-0としてサヨナラ勝ちしました。

 

 

 

 

 

ロイヤルズは2015年のWSチャンプ後、戦力ダウン。ホズマーやベレス、ムスターカス、エスコバーなどいい選手がたくさん残っている割には打線が弱くなってしまいましたね。2017年4月16日現在、チーム打率は30球団中、29位。とにかく湿っています。

 

 

オープニング・ウィークにつまづいたのも当然ですね。

 

 

しかし、2週目に入り、エンジンがかかってきたようです。ここにきて4連勝でエンゼルスをスイープ。勝率を5割に乗せました。

 

 

ロイヤルズ、いい勝ち方をしているので、首位タイガースに食らいついていけそうです。

 

 

 

e6【動画】Recap: LAA 0, KC 1
 

 

(関連リンク)

 


 

【その他】

 

マリナーズからDバックスへ移ったタイワン・ウォーカーがドジャース戦に登板。5回を被安打4、失点1という内容に。今季2勝目を上げています。

 

 マリナーズから出ていく選手は結構活躍しますね。

 

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月15日はジャッキー・ロビンソン・デーです。

 

 

1947年4月15日、ジャッキー・ロビンソンがエベッツフィールドで行われた開幕戦に出場したことを記念して定められた重要な日。

 

 

70年が経ちます。(WIKI

 

 

この日はジャッキー・ロビンソンに敬意を表して、全ての選手がジャッキー・ロビンソンの背番号であった42を背負ってプレーします。

 

 

(2017年4月15日)

 

 

さて、この日はどのスタジアムも拮抗したScoreが多く、非常に締まった内容のゲームばかりでした。

 

 

中でも圧巻だったのがレッドソックスのクリス・セール。

 

 

レイズとの対戦だったのですが、7回、111球を投げ、被安打3、失点1、与四球3、そして奪三振が12!

 

 

デーゲームで暖かったせいか、ファストボールが走ってましたね!



最速は初回にピーター・ボージャスをライトフライに仕留めたボールで、97.3 mph(156.59km/h)を記録しました。

 

 

クロス・ファイアーでこのスピードを出されたら打てませんね。

 

 

レッドソックスは2回にミッチ・モアランドが移籍後初のHRを放ち、1点を先制。

 

 

3回にはエバン・ロンゴリアにシングルが出てレイズに同点にされましたが、7回裏にサンディ・レオンが満塁で勝ち越しの内野ゴロを放ち、レッドソックスがこのまま2-1で勝利しました。

 

 

クリス・セールは前回登板が4月10日。今年は(というか昨シーズンもそうでしたが)中4日ペースで行くようですね。

 

 

6回を投げてマウンドを降りる先発が多い中、クリス・セールは7回、8回という深いイニングまで投げることが多く、今年は110球を目安でマウンドを降りています。

 

 

本当にタフガイです。あの細い体のどこにこんなスタミナがあるのでしょうか。




筋肉だらけなんでしょうね。



過去の蓄積も含めて、どうやったらこの酷使で肩や肘を壊さないのか、聞いてみたいところです。

 

 


 

(2017年4月15日)

 

 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月13日、マーリンズパークで行われたマーリンズVSメッツ戦は大変なゲームとなりました。(Score

 

 

 

マーリンズ先発がチェン投手、メッツ先発がロバート・グセルマン(Robert Gsellman #65) で始まったこのゲームは序盤から打ち合いに。

 

 

2017 04 14 MIA

 

 

 

 

 


 

↑ご覧のようなスコアになりました。

 

 

マーリンズは初回、マーセル・オズーナのグランドスラムで4点を先制。しかし、2回表、メッツはトラビス・ダーノーの3塁打とカーティス・グランダーソンのシングルで4点を奪い、同点に。

 

 

メッツは3回表、ヨエニス・セスペデスのこの日1本目のホームランとウィルマー・フローレスのホームランで6-4と勝ち越し。



さらに5回表にはセスペデスのこの日2本目のホームランで追加点。7-5とします。

 

 

 

 

 

これでメッツのペースかと思いきや、マーリンズは5回裏に犠牲フライと2本のタイムリー長短打で4点を奪い、8-7と逆転します。

 

 

ゲームは落ちつきかけたのですが、8回表、メッツはマイケル・コンフォートのタイムリー2塁打で再び8-8の同点に。 

 

 

そろそろ勝負がつくかと思いましたが、ここで両チームのリリーフ陣が奮起。

 

 

9回表裏から延長15回表裏までの7イニングで0行進が続き、ゲームは膠着状態に。

 

 

延長16回表、メッツはトラビス・ダーノーが値千金のホームランを放ち、これが決勝点に。

 

 

延長16回、5時間38分のゲームに終止符が打たれました。長かったですね。両チーム併せて29安打です。

 

 

マーリンズに至っては金曜のゲームで先発予定だったアダム・コンリーを投入せざるを得ないほどの耐久戦となりました。

 

 

両チームともにお疲れ様でした。

 

 

e6【動画】Recap NYM 9, MIA 8 - F/16

 

(関連リンク)

 


 

 

■ダルビッシュ投手が今季初勝利


この日の特筆としては、ダルビッシュ投手が素晴らしい投球を披露。今季初勝利をかざりました。ボールが走ってましたね!

 

 

 e6【動画】Darvish's scoreless outing

 

 

レンジャーズもこの勝利で乗っていければいいですね。 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 04 12 LAATEX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年4月9日の日曜日のマリナーズ戦で9回に6点差を跳ね返して勝利したエンゼルスですが、1日空けて11日からはレンジャーズとの3連戦です。


 

同地区との対戦が続きます。

 

 

実はこの日もエンゼルスは劇的な勝利を納めました。上のScoreを見ていただいておわかりのように、9回に3点を奪ってタイにし、延長10回にサヨナラ勝ちしています。

 

 

エンゼルス、2試合連続でいい勝ち方をしています。

 

 

このゲームは中盤までは完全にレンジャーズペース。

 

 

レンジャーズの先発は実績のあるコール・ハメルズ。ハメルズは7回を投げ、被安打4、失点1の内容。7回に先頭のジェフリー・マルテにHRを打たれたのみで、終盤までナイス・ゲームメイクでした。

 

 

エンゼルスの先発は左腕のタイラー・スキャッグス。初回にマイク・ナポリにタイムリーを打たれて1失点、さらに3回にはエルビス・アンドラスにソロHR、ジョナサン・ルクロイに3ランHRをそれぞれ打たれ、計5失点でマウンドを降りました。

 

 

エンゼルスは8回にトラウトとキャメロン・メイビンの2本のダブルで1点を返し、2-5として最終回に望みをつなげました。

 

 

そして3点を追う9回裏、先頭のダニー・エスピノーザがまずは反撃ののろしとなるソロHRで3-5に。

 

 

ベン・リベアが三振で1アウトとなったあと、ユネル・エスコバーが望みをつなぐ2塁打を放ち、チャンスメイク。

 

 

つづくコール・カルフーンはセンターフライに倒れ、2アウトに。

 

 

ところが打順のめぐりがよく、つづくバッターはマイク・トラウト。トラウトはダイソンの得意球であるツーシームをたたき2ベースヒット。これでユネル・エスコバーが還り4–5の1点差に。

 

 

さらにアルベルト・プホルズがシングルを放ち、2塁からトラウトが還ってついに5-5の同点に追いつきました。これはちょっと神がかった得点の仕方ですね。

 

 

9回は結局タイに持ち込んだままとなりましたが、つづく延長10回には四球とヒットでランナー1、3塁としたあと、カルロス・ペレスが1塁線に絶妙なスクイズを決め、3塁ランナーが生還。エンゼルスが6-5でレンジャーズを下しました。

 

 

 

 

 

このゲームも負け試合に近かったのですが、9回に追いついた攻撃陣も素晴らしかったですが、なんと言っても6回からマウンドに上がったバド・ノリス(Bud Norris #20)が3イニングをヒット1本だけに抑えたのが大きかったと思います。

 

 

これで流れがエンゼルスに大きく傾きました。

 

 

 守りは大事ですね。

 

 

ちなみに10回表、エンゼルスはHRで勝ち越されてしまう・・・というシーンがあったのですが、マイク・トラウトがまたしてもHRを強奪。



この人がHRをキャッチしたのはキャリア何個目なんでしょうか。本当にいいプレーを見せてくれますね。

 

 

 

 

 

 

 

e6【動画】Recap: TEX 5, LAA 6 - F/10

 

 

■マーリンズ・パークに可愛い珍客


現地2017年4月11日はちょっと和やかな話題も。マーリンズ・パークに猫が侵入しました。

 

ご覧ください。

 

じっとしていたタイミングがあったのですが、まさかホームラン・スカルプチャーに逃げ込むとは。「それ動くから、危ないから降りてきなさい」と思わず言ってしまいたくなるような。

 

まだ子猫ですね。無事保護されたことを祈ります。

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...