HOME   »  WBC
RSSフィード

 

こんにちは。

 

 

現地2017年3月23日、ついにWBC2017のチャンプが決まりました。ドジャー・スタジアムに51,565名の観客を集めたプエルトリコ VS アメリカの一戦は緊迫した投手戦からスタート。

 

 

しかし、3回表、アメリカはイアン・キンスラーの2ランHRで先制。

 

 

5回には3番のクリスチャン・イエリッチ、6番アンドリュー・マッカッチェンのシングルで2点を追加。

 

 

7回には苦しんでいた4番のノーラン・アレナドと今大会当たっていた7番のブランドン・クロフォード、さらに8番のジャンカルロ・スタントンにもタイムリーが飛び出し、3点を追加。

 

 

9回にもフィールディング・エラーで1点を追加し、計13安打、8得点。

 

 

投げては先発のマーカス・ストローマンが7回に先頭のエンゼル・パガンに2塁打を打たれるまでなんとノーヒット・ピッチングを披露。

 

 

ツーシームが低めにビシビシ決まり、強力なプエルトリコ打線の武装を解除したようなナイス・ピッチングを見せてくれました。

 

 

その後もサム・ダイソン、パット・ネシェイク、デービッド・ロバートソンとつなぎ、無失点リレー。

 

 

完璧な試合運びの決勝だったように思います。

 

 

 

 (2017年3月23日)

 

 

 MVPはマーカス・ストローマン。決勝の舞台であわやノーヒットノーランかという出来栄えでした。

 

 

4年に1度のお祭りが終わってしまいました。

 

 

もうすぐシーズンも始まります。また今年も野球をたのしめる状況に感謝しつつ、興味深くMLBを見ていきたいと思います。

 

 

 

 

それにしてもツーシームは本当に武器になりますね。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト

 

こんにちは。

 

 

現地2017年3月21日、WBC2017の侍ジャパンの戦いが終焉しました。

 

 

アメリカ相手に2–1。惜しかったです。欲を言えば、LAで2回戦って欲しかったですが、いいゲームを見せてくれました。

 

 

e6スコア

 

 

 

 

 (2017年3月21日)

 

 

 

大会の直前に集合したUSAでしたが、今回は選手のバランスといい、結束力といい過去とは比べ物にならないくらいによかったですね。

 

 

そのUSA相手に一歩も引けを取らなかった侍ジャパンはいいゲームをしてくれました。

 

 

菅野投手がノーラン・アレナドを相手に投げたこの渾身の4シームは度肝を抜いたと思います。

 

 

 

 

 

 

千賀投手もよかったですね。

 

 

 

 

 

そして、打の方では菊池選手が逆方向へのホームランを放ったのもいいシーンでした。

 

 

 


ここまで6連勝。あと一歩でしたが、お疲れ様でしたといいたいですね。

 

 

十分に楽しめました。長い試合時間もまったく気にならなかったです。そういうファンも多かったのではないかと思います。

 

 

次回は筆者もアメリカでファイナル・ラウンドを見ようと思います。

 


 

あと、筆者は牧田投手が本戦のアメリカのマウンドで投げる姿を見たかったですが、今大会も登板機会がなく、残念でした。決勝まで行ける流れなら登板していたかもしれませんね。

 

 

野球はやはり面白いですね。決勝のUSA VS プエルトリコの対戦も楽しみです。

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。このWBCの一番大事なときに仕事が繁忙期というなんともジレンマのある日々を過ごしているHiroteeです。

 

 

さて、現地2017年3月20日、オランダ VSプエルトリコのセミ・ファイナルが行なわれ、皆様ご存じの通り、プエルトリコが延長11回のタイブレーカーでサヨナラ勝ちしました。

 

 

このゲーム、序盤2回は結構荒れた展開でしたが、二番手以降の投手が活躍し、しまった展開となりました。

 

 

オランダの投手陣が弱いと指摘した筆者ですが、ごめんなさいというしかない展開で、リリーフ陣がよく踏ん張りました。

 

 

しかも、ドジャースのクローザー、ケンリー・ジャンセンが合流していたのを見落としていたとはこれは大変失礼しました。

 

 

まだ全てを見切れていないのですが、ヤディアー・モリーナはちょっと次元が違いますね。初回に至ってはモリーナでアウト2つを獲るなどちょっと考えられないプレーの連続でした。

 

 

プロファーはいくらなんでも油断しすぎましたね。これ以上攻めるとかわいそうなので。

 

 

それにキャッチングがしびれますね。筆者は古田さんのキャッチングが世界で一番うまいと思っていたのですが、モリーナも同じようなグラブの使い方をします。



いったいこの二人はボール球を何球ストライクコールに変えさせたのでしょうか!!この日のヤディアー・モリーナはワンバウンド以外の低めが漏れ無くストライク・コールになるような状態でした。

 

 

もったいないアウトが多数あったオランダはあと2点はとれていたかもしれません。 

 

 

11回のタイブレーカーも上位打線に回っていればという展開になってしまいましたね。ゲッツーを打ってしまったのもモリーナのうまいリードがあったのでしょう。

 

 

リキャップです。

 

(2017年3月20日)

 

 

プエルトリコは決勝へ進出したのですが、ベテランと若手の融合、結束力、ヤディアー・モリーナ、ハビアー・バイエス、フランシスコ・リンドール、エンゼル・パガン(LFも守りますが)の強力なセンターライン、充実したリリーフ陣と今回のプエルトリコは史上最強かもしれません。

 

 

2017年3月22日はいよいよ侍ジャパンのUSAとの準決勝です。会社を休んで観戦したい!しかし、できない・・・。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

いよいよ現地2017年3月21日(日本時間22日)からWBC2017セミ・ファイナルが始まります。

 

 

まずはオランダVSプエルトリコのカードから。プエルトリコはブルワーズのプロスペクト、ホルヘ・ロペスの先発が発表されていますが、オランダは未発表。

 

 

どうしても勝ちたいセミ・ファイナルですから、ホークスのバンデンハークではないかと思います。

 

 

この対戦は投手力ではプエルトリコの方が上ですから、オランダは厳しい戦いを強いられるのではないかと思います。野手陣は双方ともに素晴らしいだけにオランダ投手陣がいかにゲームを作るかにかかってきそうです。

 

 

侍ジャパンは翌日の現地22日(日本時間23日)から。

 

 

日本時間の2017年3月20日行われたドジャースとのテストマッチは2-3で敗れましたが、8安打を放っていますし、それほど心配していません。

 

 

その日本時間23日に行われるセミ・ファイナルのUSAの先発は、ナショナルズのタナー・ロアークです。

 

 

今季30才を迎える右腕で、2016シーズンに16勝10敗、2.83ERAを上げている投手。ちょっとステップが外側にずれているゆえ、ボールも見やすそうなのですが、それをカバーする重そうな球質があります。

 

 

そして日本が苦手とする横に動くボールを投げる人です。右バッターの2シームは厄介かもしれません。ただ、グランドボール・ピッチャーですから、当たるのは当たります。どう攻略するか見ものです。

 

 

 

 

ロアークよりもやはり、リリーフ陣の方が厄介ではないでしょうか。タイラー・クリッパードもそうですし、バット・ネシェイクなどはソフトボールの投手のような投げ方をしますので、対応が大変です。

 

 

2015 Mar 21

 

 

 

さらに、ジャイアンツのクローザー、マーク・メランコンが登板しそうです。クローザーまで出させないようにしたいですね。

 

 

たぶんガセではないと思いますが、レイズのクリス・アーチャーがファイナル・ラウンドに投げず、所属チームに復帰するようです。ですのでアメリカは決勝にいけばマーカス・ストローマンが先発します。

 

 

ジャパンはなんとか5点以上を取ってもらいたいですね。投手は間違えて一発というのは十分にあることですから、これは仕方ないとして、打撃陣に頑張って欲しいです。

 

 

さて、ジャパンの先発ですが、菅野投手か、千賀投手かというところでしょうか。二人ともテストマッチで投げませんでしたから。菅野投手をもってきそうに思いますね。筆者は千賀投手に投げてもらいたいですが。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

まずは明日のオランダVSプエルトリコ戦に注目したいと思います。シモンズやプロファー、ボガーツは日本でもすっかりお馴染みになりましたから、頑張ってもらいたいです。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

 

これは面白かった!

 

 

現地2017年3月18日、準決勝をかけたプールFのアメリカVSドミニカ共和国のゲームがおこなれましたが、シビレましたね。本当に面白い一戦でした。

 

 

アメリカの先発マウンドはロイヤルズの左腕、ダニー・ダフィー

 

 

ダフィーは初回、ドミニカ共和国に2点を奪われます。これが名手のブランドン・クロフォードのエラーが絡んでいた上に2本のタイムリーでの失点ということで、出だしはよくありませんでした。

 

 

そんな中、アメリカが流れを引き寄せた要因は3回にすかさず2点を取り返して同点にしたところではないでしょうか。それに、ダニー・ダフィーもドミニカ共和国を2回以降4回まで、無失点に抑えところがよかったですね。

 

 

さらにアメリカは4回表にジャンカルロ・スタントンの一発も飛び出し、すぐに追加点をとれたところもよかったですね。

 

 

7回にはマニー・マチャドにホームラン性の当たりを打たれましたが、CFのアダム・ジョーンズによる見事なリーピング・キャッチで1点を防ぎました。

 

 

もっとも、その直後にはカノーにソロホームランを打たれて1点は取られたのですが。今日はタイラー・クリッバードが今ひとつでしたね。

 

 

8回にはアンドリュー・マッカッチェンにタイムリー2塁打も飛び出し、2点を追加しました。

 

 

最後はスライダー投手のルーク・グレガーソン(HOU)が締め、ゲームセット。6-3でアメリカが勝ちました。

 

 

(2017年3月18日)

 

 

これで侍ジャパンのセミ・ファイナルでの対戦相手はアメリカということになりました。

 

 

2009年の時もセミ・ファイナルでアメリカと対戦しましたが、今回のUSAは2009年以上に強敵です。

 

 

仕上がりといい、USAホームの観客の声の大きさといい、個人の力といい過去の大会とはひと味もふた味も違います。これは結構な死闘が予想されます。

 

 

なんとか勝って欲しいです。

 

 

その侍ジャパンですが、2017年3月18日、アリゾナでカブスと対戦。こちらは4-6でカブスに敗れました。日本は藤浪投手が先発。4回を被安打4、失点3という内容。その後、増井投手、松井投手、宮西投手、則本投手が登板。

 

 

朗報としては、則本投手が9回の1イニングを三者三振に仕留めたところではないでしょうか。則本投手は2年前の日米野球でもノーヒットノーランを達成しましたが、何かメジャー相手に通用するものがあるようです。

 

 

また菊池選手が初回にジョン・ラッキーからHRを打ったことも朗報ですね。一発があると思わせることも大事です。

 

 

 

 

 

明日はドジャースとの対戦です。

 

 

時差に慣らす必要もあるでしょうから、練習試合ではむしろ負けて修正点が見つかった方がいいかもしれません。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは。

 

 

繁忙期にも関わらず、WBCが気になって仕方ないHiroteeです。ちょうど仕事の時間はプールFのゲームをやっているんですよね。

 

 

侍ジャパンですが、2017年3月15日のイスラエル戦に勝利しましたね!全勝でセミ・ファイナル進出が決まりました!おめでとうございます。

 

 

WBCの期間の観客もよかったですね。投手がボール先行となっていたら、すかさず拍手で声援し、後押しするのが一体感があってなかなかよかったです。

 

 

NPBのレギュラーシーズン中もそのような投手を盛り上げる応援が浸透すればいいなと思ってみておりました。

 

 

さて、現地2017年3月14日からサンディエゴで始まったプールFですが、いきなりの好カードがありましたね。

 

 

ドミニカ共和国VSプエルトリコのゲームです。これが本当にいいゲームでしたね。

 

 

 

 (2017年3月14日)

 

 

この両チームの野手のスターティングですが、まさにオールスターでした。

 

【ドミニカ共和国】

1 DH ジーン・セグラ(SEA)

2 SS マニー・マチャド(BAL)

3 2B ロビンソン・カノー(SEA)

4 LF ホセ・バティスタ(TOR)

5 1B カルロス・サンタナ(CLE)

6 RF ネルソン・クルーズ(SEA)

7 3B エイドリアン・ベルトレ(TEX)

8  CF グレゴリー・ボランコ(PIT)

9 C ウェリントン・カスティーヨ(BAL)

 

【プエルトリコ】

1 LF エンゼル・パガン(SFG)

2 SS フランシスコ・リンドール(CLE)

3 3B カルロス・コレア(HOU)

4 DH カルロス・ベルトラン(HOU)

5 C ヤディアー・モリーナ(STL)

6 2B ハビアー・バイエス(CHC)

7 RF エディー・ロザリオ(MIN)

8 1B T.J.リベラ(NYM)

9 CF レイモンド・フエンテス(ARI)

 

 

ドミニカ共和国は名の通ったベテランが多いのに対し、プエルトリコの方はリンドール、コレア、バイエスという若手の超一流が入っている分、新鮮ですね。

 

 

とにかくツインズのロザリオの送球が本当に凄かったですね。

 

 

 

 

投手ですが、ドミニカ共和国は、カルロス・マルチネス(STL)→ヘクター・ネリス(PHI)、エニー・ロメロ(WSH)→デリン・ベタンセス(NYY)というリレー。

 

 

一方のプエルトリコは、オーランド・ロマン(元ヤクルト、現台湾のラミゴ)→ヘクター・サンチアーゴ(MIN)→ジョー・ヒメネス(DET)→ジョゼフ・コローン(CLE)→エドウィン・ディアス(SEA)。

 

 

筆者は投手力はドミニカ共和国の方が上かと思っていましたが、プエルトリコの方が若手が多いだけに結構楽しみな素材が多いですね。

 

 

実際ここまで負け知らずですし、プエルトリコ、プールFの1位を狙えそうですね。

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2017 03 14 WBC F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

2017年3月12日のオランダ戦といい、2017年3月14日のキューバ戦といい、侍ジャパンはしびれる戦いを見せてくれますね。

 

 

オランダ打線を相手に、表の攻撃でしかもタイブレーカーに勝ったのですから、見ている方としてもあんなしんどい戦いはなかったのですから、多少得点を入れられても落ち着いて見られるという、なんともすごい戦いをしてくれています。

 

 

イスラエル戦よりも2戦目のキューバ戦に勝つことの方が絶対的に優位に立ちますから、とにかく今日のキューバ戦に勝てて本当によかったです。

 

 

侍ジャパンのラッキーボーイ、小林選手のタイムリーの動画です。

 

 

小林選手は2007年、夏の甲子園で佐賀北との決勝を戦った時の広陵高校のキャッチャーです。野村投手の相棒はこんなに男前だったんですね。

 

 

 

  (2017年3月14日)

 

 

さて、2017年3月15日のイスラエル戦に勝ってセミ・ファイナルに進みたいジャパン。ロスの地で暴れて欲しいですね。

 

 

ロスで当たるもう1組のセカンドラウンド(Pool F)の4チームが決まりました。それが上の4カ国です。

 

 

 

 

 

プエルトリコ、アメリカ、ドミニカ共和国、ベネズエラと嘘のような地獄のプールとなってしまいました。

 

 

これは一戦、一戦が見ものです。安定して勝っているプエルトリコ、ドミニカ共和国が強いとは言え、まったく余談を許さない強豪ばかりですね。

 

 

アメリカはジャイアンツのクローザー、マーク・メランコンを招集するとの報道がありました。2017年3月14日の23時39分現在はまだ確定情報ではありませんが、緊急招集は十分に考えられます。

 

 

どうなるでしょうか!? この1週間は楽しみが増えて嬉しい限りです。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

e6Amazon タイムセール 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

こんにちは。日本時間2017年3月12日の侍ジャパンとオランダのゲームはシビレましたね。

 

 

おかげで昨夜は計画していた本を読み込む時間を逃し、テレビの前で約5時間居座ってしまいました。

 

 

日本の投手陣はやっぱりすごいです。出る人みんながあの怖いオランダ打線相手に、真っ直ぐで押しまくったのですからね。いやー、勇気をもらいました。

 

 

それに菊池選手のこのプレーも凄かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

テレビではあのアンドレルトン・シモンズも拍手を送る姿が映っていましたね。

 

 

非常に激しい戦いを制したジャパンはキューバ、イスラエルとの対戦を控えています。 

 

 

さて、マイアミで開かれているプールCでは、現地2017年3月12日、ドミニカ共和国とUSAが二次ラウンド進出を決めました。

 

 

前日にドミニカ共和国に大逆転負けを喫したUSAはこの日はカナダと対戦。気を引き締めたのか、8-0で勝利しました。

 

 

 

 

 

1次ラウンドで3勝0敗のプエルトリコは二次ラウンド進出を決めています。アストロズのカルロス・コレアも活躍しています。

 

 

 

もう1チームですが、メキシコとベネズエラとイタリアが1勝2敗で並んでしまいました。タイブレーカールールにより、失点率が低かったイタリアとベネズエラの1戦が行なわれ、どちらか勝者がサンディエゴ行き(二次ラウンド)です。

 

 

前日リリーフが崩れたアメリカですが、補充の効く今大会のルールを使い、2名の選手を代表入りさせるかもしれません。

 

 

ジャイアンツの新クローザーのマーク・メランコンと同じくジャイアンツのローテであるジェフ・サマージャの二人です。

 

 

二次ラウンドが始まる前に何らかの発表があるかもしれません。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

 

現地2017年3月11日、Pool C ファースト・ラウンド注目のカード、USA VS ドミニカ共和国の対戦がありました。

 

 

劇的な展開で非常に盛り上がりました!

 

まずそれぞれのスターティングですが、USAは以下の通り。クリスチャン・イエリッチが入りました。

 

【USA】

1 2B イアン・キンスラー(DET)

2 CF アダム・ジョーンズ(BAL)

3 LF クリスチャン・イエリッチ(MIA)

4 3B ノーラン・アレナド(COL)

5 1B エリック・ホズマー(KCR)

6 DH ポール・ゴールドシュミッド(ARI)

7 RF ジャンカルロ・スタントン(MIA)

8 C ジョナサン・ルクロイ(TEX)

9 SS ブランドン・クロフォード (SFG)

P マーカス・ストローマン(TOR)

 

 

一方のドミニカ共和国は以下の通り。

 

【DOM】

1 SS ホセ・レイエス(NYM)

2 3B マニー・マチャド(BAL)

3 2B ロビンソン・カノー(SEA)

4 LF ホセ・バティスタ(TOR)

5 1B カルロス・サンタナ(CLE)

6 RF ネルソン・クルーズ(SEA)

7 DH エイドリアン・ベルトレ(TEX)

8 CF スターリング・マルテ(PIT)

9 C ウェリントン・カスティーヨ (BAL)

P エディソン・ボルケス(MIA)

 

 

先発投手も含めて、オールスター戦かと思えるような布陣ですね。

 

 

先に捕まったのは、ドミニカ共和国のエディソン・ボルケスでした。3回にクリスチャン・イエリッチのシングルで2点を先制されます。

 

 

この日のボルケスは今ひとつで4回にもヒット、ワイルドピッチ、四球のあと、ブランドン・クロフォードにシングルを浴びてさらに1点を追加されます。ボルケスはこの回途中で降板。

 

 

USAは6回表にもジャンカルロ・スタントンとブランドン・クロフォードによる2本のタイムリー2塁打で2点を追加。5–0とリードし、かなりの押せ押せで終盤まで持ち込みます。

 

 

アメリカはここまではよかったんですけど、問題は2番手以降ですね。後ろもすごいメンツが出ているのですが。

 

 

ドミニカ共和国の反撃は6回。ストローマンから代わったタナー・ロアーク(WSH)がマニー・マチャドに特大のHRを打たれ1失点、さらに2つの四球とカルロス・サンタナのシングルで2点目を返され、これで5-2と3点差。

 

 

7回裏にもタナー・ロアークから代わった デビッド・ロバートソン(CWS)がタイムリー2塁打を打たれ、1失点。これで5-3で2点差に。ゲームは完全にわからなくなりました。

 

 

問題の8回裏ですが、たぶんリーランド監督が絶大なる信頼を寄せていたと思われるインディアンスのアンドリュー・ミラーが大誤算でした。



ワールドシリーズで大活躍した左腕がまさか、ゲームチェンジャーどころか炎上してしまうなんて・・・という恐ろしい結果に。

 

 

アンドリュー・ミラーはネルソン・クルーズに3ランHRを浴びて逆転、さらにスターリング・マルテにも1発を浴び、この回計4失点。ドミニカ共和国に7-5とひっくり返されてしまいました。

 

 

ドミニカ共和国は最後の最後にメッツのクローザー、ジェウリス・ファミリアがいるので、彼につなげることを第一に考えればいい訳ですから、中継ぎはメジャーで大きな数字を残していなくても短いイニングを全力でいけばOKということにしているようです。

 

 

USAもどれだけ研究しているかわかりませんが、7回と8回の攻撃がちょっと雑でしたね。流れがドミニカ共和国に完全にシフトしたと思います。

 


 

 (2017年3月11日)

 

 

途中までは完全にUSAの流れだっただけに、USAは勿体なかったですね。

 

 

これでPool Cはドミニカ共和国が2勝、USA、コロンビアが1勝1敗ずつ。カナダが2敗となっています。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。 

 

 

現地2017年3月10日、いよいよ アメリカが入っているPool Cが始まりました。

 

 

ちなみにPool Cにはドミニカ共和国、アメリカ、コロンビア、カナダが入っています。

 

 

9日に行われたドミニカ共和国VSカナダは9-2でドミニカ共和国の勝ち。ホセ・バティスタの豪快な一発が飛び出し、ドミニカ共和国の圧倒的な打線が初戦から爆発しました。

 

 

さて、アメリカの初戦ですが、立ち上がりはコロンビア先発のホセ・キンタナに大苦戦。6回2アウトまで四球1つのノーヒッターという状態でした。

 

 

ホセ・キンタナに対する苦戦はある程度は予想されてはいたものの、ここまでとはという展開だったと思います。

 

 

ちなみにこの日のアメリカのスターティングはこのようなメンバーでした。

 

1 2B イアン・キンスラー(DET)

2 CF アダム・ジョーンズ(BAL)

3 3B ノーラン・アレナド(COL)

4 1B ポール・ゴールドシュミッド(ARI)

5 C バスター・ポージー(SFG)

6 RF ジャンカルロ・スタントン(MIA)

7 DH ダニエル・マーフィー(WSH)

8 LF アンドリュー・マッカッチェン(PIT)

9 SS ブランドン・クロフォード (SFG)

 

 

初ヒットを放ったのはジャイアンツのブランドン・クロフォードです。

 

アメリカの投手陣ですが、この日はこのような投手が登板。

 

先発 クリス・アーチャー (TBR)

2番手 マイケル・ギブンズ(BAL) 2016は8勝2敗。

3番手 ルーク・グレガーソン(HOU) 2016は59試合登板。

4番手 サム・ダイソン(TEX)2016は73試合登板。

5番手 ネイト・ジョーンズ(CWS)2016は71試合登板。

6番手 バット・ネシェイク(PHI)2016は60試合登板。

CL タイラー・クリッパード(NYY)2016は69試合登板。

 

 

コロンビアは5回表に2アウトから3本の二塁打で2点を先制。キンタナがよかっただけにコロンビアは継投が鍵となったのですが、キンタナが降板した6回にアメリカに追いつかれました。

 

 

6回のアメリカはクロフォードの初ヒットの後、キンスラー、アダム・ジョーンズの連打で2点を返し、同点に。これで潮目が変わったと思います。

 

 

コロンビア投手陣も後半、非常に粘り延長まで持ち込んだのですが、延長10回裏、2つの四球で出たランナーをアダム・ジョーンズがシングルで返し、アメリカのサヨナラ勝ちとなりました。

 

 

リキャップです↓。

 

 

 

(2017年3月10日)

 

 

 

現地11日には、ドミニカ共和国VSアメリカという注目の一戦が行われます。楽しみですね。

 

 

メキシコで開かれている Pool Dですが、ベネスエラVSプエルトリコの一戦が行われ、プエルトリコが11-0でベネスエラにコールド勝ちしました。

 

 

ベネスエラはキング・フェリックスこと、マリナーズのフェリックス・ヘルナンデスが登板しましたが2失点で3回途中でマウンドを降りました。リリーフで登板したパドレスのチャシーンも大誤算で5失点と打ち込まれました。

 

 

ここまで各プールのロスターと投手の仕上がり具合を見てみましたが、サムライ・ジャパンの投手陣は相当いいと思います。素人の私の見立てで恐縮ですが、おそらくドミニカ共和国と双璧です。

 

 

各国とも打者は超一流が出ており、打撃力重視の布陣になっているようです。

 

 

サムライ・ジャパンにかなり期待してしまいます。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...