HOME   »  MLB好プレー
RSSフィード
billy_hamilton_Dec_2.jpg 


こんにちは。


前回は2016シーズンの「強肩」について書かせていただきましたが、本日は足の速さについて書かせていただこうと思います。


スタットキャストが選んだ2016シーズンにもっとも足が速かったのは、やはりこの人、シンシナティ・レッズのビリー・ハミルトンBilly Hamilton)でした!


スタットキャストはゲーム中の動きを記録しているので、よーい、どん!でベース・ランニングのスピードを計測している数字が出ているわけではありません。


本当に生(なま)のスピードが出ているところが興味深いところですね。


下のハミルトンの動画をご覧になれば、野球は短い距離をいかに速くトップスピードにまで持っていけるかが重要なのがよくわかります。






ちなみにこれがビリー・ハミルトンのベース・ランニングの数字です。


• Home to first (non-bunt), 3.61 seconds
• Home to second, 7.28 seconds
• Home to third, 10.45 seconds
• First to third, 5.24 seconds
• First to home, 8.23 seconds


ゲーム中の数字だけしか出ていませんので、残念ながらHome to Homeというのがありません。

よく、ベース一周14秒台ですごく速いという言い方をしますが、ビリー・ハミルトンの場合はどれくらいの数字になるのでしょうか?


単純に、Home to third, 10.45 seconds + Home to first (non-bunt), 3.61 seconds で14.06。


実際にHome to Home だと、抜けるかどうかを走りながら見極めている時間があることや、抜けたとわかってから加速するスピード、さらに3BからHomeへのふくらみなど色々な要素があるのでしょうが、一つ言えるのはビリー・ハミルトンは14秒前半なのは間違いないということではないでしょうか?


盗塁の数がここ3年間で、56-57-58と徐々に60に近づいています。来季はこの法則から行けば59ですが、なんとか60を上回って欲しいですね!


来季も楽しみです。



 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 



(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール






スポンサーサイト

2016 12 27 puig

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今日から年の瀬までは今シーズンの動画で振り返りたいと思います。

 

 

本日はスタットキャストが選んだ今シーズンの外野手のベスト遠投をご紹介します。

 

 

スタットキャストが選んだベストはヤシエル・プイーグのこのプレー。その距離、310フィート、94.48メートル。数字的にはメジャーにしてはというものですが、レーザー・ビーム度合いを考えると凄いですね。

 

 

 

 

 

 

本気で遠投だけだと一体どれくらいの距離を投げるんでしょうか!? すごいというより恐ろしささえ感じる肩ですね!

 



ちなみにスタットキャストはアウトにしたプレーのみでランキングをつけています。



 

まだトレードの噂が消えていないプイーグですが、FA市場でプイーグを差し出しても獲りたい!という選手はちょっと見当たらなくなってきましたね。おそらく来季もドジャースかと思います。

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

今日は好プレーの話題を。

 

 

メジャーの魅力の一つとして挙げられるのが内野手の肩の強さとアクロバッティックな動きかと思います。それらが合わさった形の完成形みたいなものがダブルプレーとしてたまに見られます。

 

 

よくアウトにしたな!」というのは結構見ますね。ベアハンドキャッチであったり、トリッキーなグラフトスであったり、背面投げだったり。

 

 

なかなか見られないのが、「どうやって投げたの?」というプレーではないでしょうか?

 

 

そんなシーンが今年のマイナーのゲームで出ました。

 

 

こちらです。

 

 

2016. 07.18 aired

 

 

 

アメージングなダブルプレーを実現したSSはパイレーツ傘下のシングルAショートシーズン(ルーキーリーグの1つ上)のチーム、ウェストバージニア・ブラック・ベアーズに所属するスティーブン・アレマイス(Stephen Alemais ) 。

 

 

当時はブラックベアーズでしたが、2016シーズン終了時は1つ上のランクのシングルAのウェストバージニア・パワーズに昇格。

 

 

21才で、2016アマチュア・ドラフト3巡目でパイレーツから指名を受け、プロ入りした選手です。アメリカ出身、ニューヨーク生まれです。

 

 

非常に有望な選手ですね。早目に上がってくるかもしれませんね。

 

 

ダブルプレーのシーンは本当に見ていて飽きないです。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは(^^)

 

 

ダンスビー・スワンソンのメジャー・デビューで来季への楽しみを増やしてくれたブレーブス。

 

 

今季はもう残念ながらナ・リーグ東地区の最下位が濃厚です。しかし、ここにきて4連勝と意地を見せてくれています。

 

 

 

そんなブレーブスが最近の勢いそのままに、奇跡的な勝利をものにしました。

 

 

 

現地2016年9月21日のメッツ戦は9回裏まで進み、4-3でブレーブスがリード。2アウトまでこぎつたものの、ランナーが2人たまり、長打が出ればサヨナラ負けという場面でのことでした。

 

 

 

バッターは一発が怖い、ヨエニス・セスペデス。かなり不利な状況でした。

 

 

そして、セスペデスの当たりは右中間深くに飛んで、それを追いかけるCFのエンダー・インシアーテというところです。

 

 

ご覧ください。

 

 

 

 

 (2016年9月21日)

 

 

シチュエーションが切羽詰まっていただけに、非常に価値のあるプレーでした!

 

 

これでブレーブスは4-3で逃げ切り、5連勝の達成となりました。

 

 

 

シモンズをエンゼルスに放出し、解体状態のブレーブスでしたが、来季に向け、いい勝ち方が続いています。

 

 

ベンチではマット・ケンプの姿も見えましたね。マーケイキスやダーノー、フリーマンもいますから野手はまあまあです。あとは投手ですかね。ローテもブルペンもちょっと弱いですね。

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

メッツが敗れたことで、ワイルドカード争いはメッツ、ジャイアンツ、カージナルスが80勝72敗で並んでおります。

 

 

 

メッツは地区優勝の望みがないだけに、ワイルドカード争いにポストシーズンへの望みをつなげます。 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

※イメージです

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

時間の都合でご紹介できていなかった素晴らしいプレーが2つほどありましたので、ご紹介を。

 

 

メジャーの魅力の一つに内野手の糸を引くような強い送球や、とてもクリエイティブな動きをするというのがありますが、今日はまさにギリギリの中で生まれたプレーをご紹介します。

 

 

まずはアストロズのカルロス・コレアとホセ・アルトゥーべのコンビ・プレーから。

 

 

(2016年8月10日)

 

 

アルトゥーべは結構、ベアハンド(素手)を使いますね。まさにあのタイミングしかなかったというプレーでした。

 

 

 

次はロイヤルズのアルシデス・エスコバーとラウル・モンデシーのコンビです。

 

 

体勢から言ってスムーズな動きではないのですが、これもギリギリのいいプレーです。

 

 

(2016年8月9日)

 

 

 

ラウル・モンデシーは登録名は”ラウル・モンデシー・ジュニア”。そうです。野茂さんのドジャース時代のチームメイトのラウル・モンデシーの息子さんですね。

 

 

 

父は外野手でしたが、息子は内野手。

 

 

お父さんの動画です↓。

 

 

 (1995年4月5日)

 

 

 

息子さんはまだ21才。やがてお父さんのように筋骨隆々になるんでしょうね!楽しみな選手です。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年7月3日のナショナルズのゲームは見どころが満載のゲームで、ナッツ・ファンにとってはたまらないゲームとなりました。

 

 

■ストラスバーグがノーヒット・ピッチング

 

 

まず腰の痛みからDL入りとなり、先発を2度回避したスティーブン・ストラスバーグが復帰。

 

 

7回2アウトまで登板し、被安打0、無失点という素晴らしい内容の投球を披露。四球が4つありましたので、球数が109球と多くなったため、残念ながら最後まで登板できずに、ノーヒッターとはなりませんでしたが、復帰後に即この成績はナッツにとって頼もしいの一言ですね。

 

 

 

■ダニー・エスピノーザが2HRとすごい肩を披露

 

 

この日、投のヒーローがストラスバーグなら、打のヒーロー、いや、ゲーム自体の主役だったのが、SSのダニー・エスピノーザ。

 

8番の打順でしたが、この日のダニー・エスピノーザは5打数4安打、6打点、2HRの活躍でした。左打席の印象の方が強かったのですが、スイッチ・ヒッターのエスピノーザは左右両方でホームランを放ちました。

右打席は足を高く上げて、ライアン・ジマーマンのようなバッティングをします。

 

 

そして、この日すごかったのがこのプレー。どんだけ肩が強いんでしょうか!!

 

 

 

 

 (2016年7月3日)

 

 

スコアは12−1でナショナルズがレッズを下しました。 

 

 

e6【動画】Recap: CIN 1, WSH 12
 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

  

 こんにちは(^o^)

 

 

2記事続けての好プレーのご紹介です。

 

 

コロラド・ロッキーズと言えば、メジャー通もうなる華麗な内野陣で有名ですね。特に3Bのノーラン・アレナド(N. Arenado)の守備は誰が見ても華麗そのもの。ストロング・アーム(強肩)が特徴的でもありますね。

 

 

アレナドだけではありません。2Bの DJ・ルメイユ(D. LeMahieu)も2014シーズンのゴールデン・グラブ・アワォードを受賞した一人。

 

 

今季ルーキーながらSSを任されているトレバー・ストーリー(T. Story)もいい守備力を誇っています。

 

 

トレバー・ストーリーはデビュー以来4試合連続ホームランを放つなど、そのマッチョな体で遠くに飛ばす技術が注目されがちですが、守備もいいんですよね。現ブルージェイズのSS、トロイ・トゥロウィツキー以来の伝統が引き継がれるんでしょうか?? いいSSです。




現地2016年6月23日のDバックス戦で2つの華麗なプレーがありましたので、ご覧ください。球際に強い、強い!



(2016年6月23日)

 

 

スローイングも含めて、すべてがかっこいいですね。何気に二遊間のゴロの行く末を見守る3Bのノーラン・アレナドの背中も渋く映ってましたね。

 

 

ちなみにトレバー・ストーリーのホームラン数は現地2016年6月24日時点で18本。ナ・リーグ3位です。これはモンスター級ですね!

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年6月20日からナ・リーグ中地区ではカブスVSカージナルスの首位攻防戦が行なわれています。

 

 

首位攻防と言っても数字的にはカブスが圧倒的に優位なのですが、ここに来てカージナルスが自力を見せ始めており、このシリーズで連勝を決めています。

 

 

カージナルスはオールスターまでカブスとの差をどこまで詰められるかにかかっていますね。

 

 

さて、21日のアストロズVSエンゼルス戦で素晴らしいプレーが出ました。エンゼルスの新二遊間である2Bのジョニー・ジアボテラとSSのアンドレルトン・シモンズが”これはカッコ良すぎるだろう”というダブルプレーを完成!周囲を驚かせました。

 

 

ご覧ください。↓

 

 

(2016年6月21日)

 

 

 

ただ、せっかくのいいプレーが後半に出て、エンゼルスのペースかと思われたのですが、9回裏に逆転され、エンゼルスは2-3で星を落としました。

 

 

 

2年前の2014シーズンで98勝を上げ、ア・リーグ西地区を制覇したエンゼルスですが、今シーズンはよくありません。ヒットはそれなりに出ており、打率や安打数はリーグ平均。頼みのマイク・トラウトも打率.301、ホームラン14本とまあまあの成績てす。

 

 

ただ投手陣が踏ん張りきれておらず、失点がリーグワースト4位の306点。ちなみに得点も306点です。これでは順位が伸びませんね。

 

 

エンゼルス、現在はオークランドと最下位を争っている状況で、借金も9ありますが、ここが踏ん張りどころですね。

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

↑こう来たか!2016年のstars & stripes のデザイン




こんにちは(^^)

 

 

現地2016年6月17日のMLBの特筆と言えば、ブルージェイズが4連勝で勝利数ではALイーストのトップに立ったことです。勝利数が1位でも、ドーム球場を本拠地とするチームですから試合消化が早いため、勝率の差で3位に甘んじています。17日現在のトップはオリオールズです。

 

 

さて、インディアンスの台頭でなかなかおもしろい展開となっているALセントラルですが、タイガースも頑張っています。16日のゲームでRFを守っていたJD・マルチネスがフェンスにぶつかって左肘を骨折したというチームにとっても痛いアクシデントが響いてきそうですが、パーランダーのモデルチェンジも進んでいるようですし、タイガース、ひょっとしたら”ある”かもしれないですね。

 

 

そのタイガースの守備のキーマンはSSのホセ・イグレシアスですが、現地2016年6月15日のゲームで面白いプレーを見せてくれました。

 

 

ご覧ください↓。

 

 

(2016年6月15日)

 

 

 

ホセ・イグレシアスの守備の凄さはもう定評がありますが、この人はスローイング系の動きがとてもかっこいいんですよね。今回はグラブでのフリップでしたが、短い距離を早いタイミングで投げるのが上手ですね。

 

 

もっとも、ホセ・イグレシアスのプレーもさることながら、2Bのイアン・キンスラーも凄いんですけどね。このコンビ、本当に驚くことをやってくれます。

 

 

 

タイガースは17日を終えて、34勝33敗で貯金が1。首位インディアンス、2位ロイヤルズとの差もごくわずかです。今年のタイガースは派手さはありませんが、非常にしぷといですね。

 

 

オールスターまで、まずはくっついて行って欲しいですね。

 

 

(関連リンク)



 ↓音量はご注意を。音楽が流れます

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2016年5月7日のMLB関連のサイトのヘッドラインは、メッツのバートロ・コロンのキャリア初HRの話題で賑わっておりました(e6動画)。

 

 

コロンは契約ではシルバー・スラッガー賞を受賞すれば、5万ドルのボーナスが出ますからね^_^

 

 

さて、ここで取り上げたいのは、ジャイアンツVSロッキーズの、ジャイアンツ2B、ジョー・パニックの好プレーです。

 

 

このプレーですが、1-1のタイ・スコアで進んでいたゲームが延長13回までもつれた状況で生まれたプレーでした。1塁ランナーをフォース・アウトにしたのですが、このランナーを生かすことは勝ち越しのチャンスをロッキーズに与える状況だったということで、本当にギリギリの状況の中で、ジョー・パニックがベスト・エフォートを尽くしていたことがよく見てとれます。

 

 

こちらです↓。

 

 

 (2016年5月7日)


 

タイミングはセーフかと思いましたね。しかし、別角度から見ると、わずかにクロフォードのキャッチの方が速かったという判定です。


 

ナ・リーグ西は現在、星の潰し合いとなっています。

 

 

ジャイアンツ、ドジャース、ロッキーズの三つ巴の争いなのですが、いずれも勝率5割近辺をうろちょろしています。Dバックスとパドレスも借金があるとは言え、まだまだ挽回可能な負け数で、非常に混沌としています。(今現在、ナ・リーグではブレーブスが、ついでにア・リーグではツインズが単独で負けを背負っている状況です。ブレーブスは7勝22敗、ツインズは8勝22敗。)

 

 

さて、ジャイアンツVSロッキーズですが、ただいま4連戦中です。初戦はマット・ケインが崩れてジャイアンツが7-17で大敗。2戦目はバンガーナーが先発し、6-4で勝利しました。

 

 

この日は第3戦だったのですが、両チーム譲らずといったいいゲームを見せてくれました。上の動画のジョー・パニックの好プレーが出た裏の攻撃で、ジャイアンツがマット・ダッフィーの2塁打でサヨナラ勝ち。パニックの好プレーはサヨナラを呼び込んだと言っても過言ではありません。

 

 

ジャイアンツは押されっばなしだったのですが、先発のジョニー・クエトをはじめとした守備力で勝ちをものにしました。いい勝ち方をしましたので、ジャイアンツこれからぺース・アップするかもしれません。

 

 

 

(2016年5月7日)

 


 

(関連リンク)

 


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!





▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

お得な海外旅行
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし



【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)



【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育


【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』


「NLP」聞いたことあるよと侮る無かれ。素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...