HOME   »  MLBプレーヤー
RSSフィード

MLBネットワークがランク付けするオフシーズン企画、現時点でのポジション別トップ10のランキングでリリーフ・ピッチャー部門が発表されました。

 

 

1. ケンリ−・ジャンセン(Kenley Jansen) LAD

2. アンドリュー・ミラー(Andrew Miller)CLE

3. クレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)BOS

4. チャド・グリーン(Chad Green)NYY

5. アーチー・ブラッドリー(Archie Bradley)ARI

6. ザック・ブリットン(Zach Britton)BAL

7. コーリー・ネーベル(Corey Knebel)MIL 

8. アロルディス・チャップマン(Aroldis Chapman)NYY

9. ブラッド・ハンド(Brad Hand)SDP

10.ライセル・イグレシアス(Raisel Iglesias)CIN

 

 

 

 

 


ケンリ−・ジャンセンは上の動画でボールが動きまくる様子がよくわかります。なんと言っても2年連続ERAが1点台というのがすごいです。2017シーズンに至っては1.32!

 

 

レギューラー・シーズンで無敵すぎて緊迫した登板が少なかったため、ワールドシリーズではちょっとはらはらした場面がありましたが、もうこのランキング通りのピッチャーですね。今季は30才のシーズンを迎えます。通算230セーブ。

 

 

アンドリュー・ミラーが2位に入っています。2016シーズンのポストシーズンではどのチームも打てる気がしなかった左腕ですね。2017レギューラー・シーズンのERAは1.44。大事な場面でのセットアップが任されるので、セーブなどの目立つスタッツは出ませんが、監督にとっては頼もしい存在だと思います。

 

 

キンブレルは言わずもがなですね。2017年は35セーブ。通算291セーブ。腕のケアもしっかりしているんでしょうね。毎年60から70試合に登板しています。2018シーズンは30才。

 

 

チャド・グリーンの剛球はこちら→https://www.mlb.com/video/top-10-rp-right-now-green/c-1874705583?tid=7417714

 

 

アーチー・ブラッドリーは先発にして欲しいのですが、どうやらリリーフの方が適正があるようです。(動画

 

 

筆者が好きなのがザック・ブリットン。いい投げ方をしているなと思います。2016シーズンのERAが0.54(67イニング)という驚異的な数字!しかし、2017シーズンは2.89に(37.1イニング)。今季再び驚異的なピッチングを見せてくれるかですね。(動画

 

 

あとまた個人意見で申し訳ありませんが、もっとも好きな投げ方をしているのがブルワーズのネーベル(実況ではクヌーベルと言ったりします)。本格派で右肩を下げて腕が縦振りというのが元阪急の山口高志さん(古い?)みたいで好きです。2013年アマチュア・ドラフト1巡目(タイガース指名)の投手でメジャー4年を経験しました。2017シーズンは76試合、1勝4敗、39セーブ、ERA1.78。期待したいです。

 

 

 

 

 

 

アロルディス・チャップマンが8位。2017シーズンは22セーブ、ERA3.22とちょっと打たれてしまいましたが、やはりこの人が出てくれば相手チームは脅威です。

 

 

パドレスのブラッド・ハンドが9位に入りました。今季28才のシーズンを迎えます。もともとはマーリンズ入団(2008)でしたが、2015年のオフシーズンにマーリンズがウェーバー公示に出して、パドレスが獲得しました。本当、マーリンズは選手の新陳代謝を図るのが好きですね(=非情過ぎ)。

 

 

パドレスに入った2016年にはなんと82試合に登板(ERA2.92)。2017年も72試合に登板。鉄腕です。パドレスに入って開花したようなところがあります。ちょっと立ち投げに見えるのですが、綺麗なフォームです。(動画

 

 

 

10位にレッズのライセル・イグレスアスがランクイン。「キューバ投げ」と筆者は勝手に言っているのですが、ボールの重みやら腕の遠心力やらを利用してなおかつ腕を切れよくスイングしてくる投げ方です。腕の振りがいいので打者は戸惑うと思います。

 

 

 

  

 

 

 

実績のあるウェイド・デービスがもう一人の記者のランキングでは入っていたり、やはり人の好みの要素もあります。ロッキーズのジェイク・マギーも入れてほしかった。ロイヤルズのケルビン・ヘレーラは2017年に4.25 ERAになってしまいましたので、入っていないようですね。

 
 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト

 

 

 


ニューヨーク・メッツの右腕、ザック・ウィーラーが調停で190万ドルを勝ち取りました(現地2018年2月8日)。

 

 

メッツが提示していたは150万ドルで約4000万円ほどの開きがあったのですが、見事勝利しました。

 

 

今回は調停での勝利というより、メッツがザック・ウィーラーをしっかりと戦力して見ているところがいいポイントではないかと思っています。

 

 


ザック・ウィーラーはシーズン途中で28才になる右腕。2009年アマチュア・ドラフト1巡目(全体順位6位)でジャイアンツに入団。



その後、カルロス・ベルトランとのトレードでメッツへ移籍。メジャー・デビューは2013年メッツで果たしました。


 

 

 

 

 

長い手足を活かし、右肩をしっかりととめて投げる美しいフォームから非常に伸びのあるボールを投げるのがザック・ウィーラーの特徴です。


 

 

ルーキー・イヤーの2013年に7勝5敗、3.42 ERAの成績を残し、翌年の2014年には32試合、185.1イニングを投げ、11勝11敗、3.54 ERAを記録しました。1年間フルに投げきりました。この年の奪三振数が187個で、SO9(9回を投げたとして見込まれる三振数)が9.1を記録。TOP10には入っていませんが、率としては非常に高い奪三振率です。

 


 

ちなみに2014年のSO9の1位は10.845でドジャースのカーショウでした。10位がイアン・ケネディ(当時SDP)の9.269。新人でこれにならぼうかという数字ですから大したものですね。

 

 

 

しかし2015年3月に右肘の靭帯を損傷し、トミージョン手術へ。2016年8月にマイナーで復帰したのですがこの年はメジャーには上がらず。

 

 

 

2017年は開幕から登板。しかし7月22日に離脱しました。成績は17試合に登板し、3勝7敗、5.21ERA。もともといい投げ方の割にはコントロールがあまりよくありませんでしたから、術後は肘の調子もありましたので、いい数字にはなりませんでした。

 

 

このオフでどれだけ手入れできたか、注目してみたいと思います。

 

 

本調子ならメジャーを代表する投手になるかもしれません。2018年はらしいボールを投げてくれることを期待しています。

 

 
 

(関連リンク)

 

 

 

 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

現地2017年12月28日のMLBはミゲル・サノ(MIN)のプライベートな問題に関する記事が多かったですね。話題のないこのタイミングで出てしまいましたので、余計に目立ってしまいました。(記事)まだ、食い違いもありますし、MLBも調査に入るようですからその結論を待ちたいと思います。

 

 

さて、大きなトレードもなかったので、本日も振り返りにしたいと思います。今日はピッチャーの振り返りです。

 

今季の投手成績はご覧の通り。

 

【勝ち星】

18勝

カルロス・カラスコ(CLE)、クレイトン・カーショウ(LAD)、

コーリー・クルーバー(CLE)、J・ベガス(KCR)

 

【ERA】

2.25 コーリー・クルーバー(CLE)

2.31 クレイトン・カーショウ(LAD)

2.51 マックス・シャーザー(WSH)

2.52 スティーブン・ストラスバーグ(WSH)

 

【セーブ】

47 アレックス・コロメ(TBR)

41 グレッグ・ホランド(COL)、ケンリー・ジャンセン(LAD)

 

【奪三振】

308 クリス・セール(BOS)

268 マックス・シャーザー(WSH)

265 コーリー・クルーバー(CLE))

 

【イニング数】

214.1 クリス・セール (BOS)

211.1 アービン・サンタナ(MIN)

207.7  ジェフ・サマージャ(LAD)

206.0  ジャスティン・バーランダー(DET→HOU)

 

 

コーリー・クルーバーは目立っていますね!あらためてリストに出すとよくわかります。シャーザーも凄かったですね。

 


 

 

 

 

バーランダーが息を吹き返してくれたのもよかったです。

 

筆者が今年一番カッコイイなと思った投手はインディアンスのカルロス・カラスコ。ピッチャーらしい体型からキレのいいボールをガンガン投げていて、見ていて気持ちよかったです。最多勝利をゲットし、実力に結果が伴い始めました。

 

 

 

 

 来季はぜひ20WINを目指して欲しい逸材です。

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

😧

Jacob deGromさん(@jacob.degrom)がシェアした投稿 -2017 10月 2 8:29午後 PDT

 

 

 現地2017年11月13日はAwardの発表がないのと大きな移籍話もなかったので、この日もっともインパクトのあった話題をwww

 

メッツのデグロムが髪を切りました!

 

誰だ?この男前は?と思ったら、メッツのジェイコブ・デグロムでした。

 

結構、普通に男前ですね。髪が長いイメージが定着していたので、真面目な野球兄さんになったという感じですね。

 

 

 

#Repost @mets (@get_repost) ・・・ The ultimate stare down. #deGrom #LGM

Jacob deGromさん(@jacob.degrom)がシェアした投稿 -2017 7月 14 1:09午後 PDT

 

2017シーズンは31試合に登板、201.1イニングをこなし、15勝10敗だったデグロム。勝ち星はキャリアハイとなったものの、今季はチームの不調もあり、ERAは自己ワーストの3.53。ワーストと言っても3点台半ばです。

 

 

4シームのアベレージが95マイル、Maxが100マイル近い数字を出すデグロム。この投手のボールはキレがあってよく伸びますよね。髪も切って、スピードボールにも磨きをかける覚悟のようです。

 

 

またシーズンに入って伸びそうな気もしますが・・・。

 

 

 

 
 

 

(関連リンク)

 

 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

朝から驚きました。

 

 

現地2017年11月7日、ロイ・ハラデーが40才の若さで亡くなりました。

 

 

ハラデーは自身が操縦するICON A5でフロリダからメキシコ湾に発ったあと、クラッシュした模様です。

 

 

空飛ぶスポーツカーとも呼ばれるICON A5。飛行動画を見ると本当に気持ちよさそうです。

【動画】https://www.iconaircraft.com/home



 
 

気候が原因だったのか、機材の不具合か、運転のミスかはわかりませんが、
やはりショックですね。
 
 
ロイ・ハラデーは1977年5月14日、コロラド州デンバー生まれ。
今年でちょうど40才でした。
 
コロラド州の高校を卒業して、1995年にトロント・ブルージェイズから
1巡目指名(全体順位17位)を受け、プロ入り。
 

デビューは1998年9月20日で、21才の時でした。高卒投手としては
メジャー・デビューが相当早いです。
 
ブルージェイズで12年、フィリーズで4年を過ごしました。
 
2003年、26才の時に22勝7敗で1度めのサイヤング賞を受賞。
2010年33才のときに21勝10敗で2度めのサイヤング賞を
受賞しています。オールスターにも8度出場です。
 
 
2013年シーズンで引退しましたが、積み上げた勝ち星は203勝。
負け数はたったの105です。勝率が高いですね。
 
 
2シーム、カットボール、チェンジアップ、カーブ、スプリットを
操りました。飛び抜けてすごい100マイルの投球があるわけではなく、
90マイル半ばに届くかどうかのシンカーが軸に、実にうまくボールを
動かした投手です。
 
 
本当に不思議な投手でした。マダックスと同じくらい、狐につままれた
ような投球スタイルです。
 
 
今ワールドシリーズで活躍したチャーリー・モートンは数年前まで
このハラデーの投球モーションを完全にコピーしていました。
今も面影は十分にありますが、モートンの動きになっています。
 
 
ハラデーはコントロールはよかったですね。ただ、若い頃はかなり
ばらつきがあったようです。腕の出どころを少しさげたことで
シンカーの威力が増し、自在なピッチングができるようになったとも
言われています。若い頃は試行錯誤したんだと思うと、
少し安心しますね。
 
 
男前で、ドクの愛称は、昔のガンマンのドク・ハラデーと
名前(名字)が一緒だったことから。
 

素晴らしい投球をみせてくれてありがとうございました。

 
Rest In Peace(安らかに)。
 

 
 
 

 

 
 







 

(関連リンク)

 

 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Charlie. Freakin. Morton. #EarnHistory

Houston Astrosさん(@astrosbaseball)がシェアした投稿 -2017 11月 1 8:48午後 PDT

 

 

今ポストシーズンでいい活躍をみせたアストロズのチャーリー・モートン(Charlie Morton)。

 

 

実は球速が7マイルもアップしていたことが判明しました!筆者も中継を見ていて驚かされました。モートンってこんなに速かったっけ??と。90マイル前後だった球速がMAX97マイルまで上がっています。

 

 

ほんとうに驚かされたスピードでしたが、その分岐に挙げられるできごとが、トミー・ジョン手術でした。と言っても2012年の施術なんですが、術前・術後で上記の通り、7マイルほどアップしています。

 

 

筆者としてはヤンキースとのALCS最終戦で見せた5回、被安打2、無失点のピッチングが非常にインパクトがありました。

 

 

チャーリー・モートンのイメージを変えたピッチングだったと思います。ワールドシリーズに至っては安心して見られ、白星を計算に入れるほどの安定感をみせてくれてました。

 

 

ロイ・ハラデーの投球フォームとそっくりなのはよく指摘されるところですね。しかし、かなりオリジナル色が濃くなってきたと思います。そのせいか、2017シーズンの成績もキャリアハイの14勝を上げています。

 

 

  

 

 なかなか大きく羽ばたけなかったチャーリー・モートンですが、来季も活躍に期待したいです。

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

現地2017年9月9日、MLBも残り20日あまりでレギュラー・シーズンは終了です。

 

 

AL東はレッドソックスが完全に波に乗りましたね。シーズン終盤に加速がかかった感じがします。レイズ相手に9−0の完封勝ち。このまま行きそうな気配です。

 

 

AL中ですが、連日記事にさせていただいていたインディアンスがまたしても勝ちました!17連勝です。

 

 

ちょっとこれだけ勝つのは反動が怖いですね。これが最終週くらいなら最高なのですが、反動が出る時期がシーズン終盤になりそうなのとポストシーズンにも食い込みそうなのが気になります。

 

 

とは言え、9月半ばにはアンドリュー・ミラーも戻ってくるので、そこまで落ちないか?などとも考えたりしています。

 

 

さて、西地区首位のアストロズですが、8月は11勝17敗と調子を落としたものの、9月は8日の時点で6勝1敗と復活の兆しが。

 

 

9日のオークランド戦はダブルヘッダーなのですが、初戦を落としました。1−11で敗戦です。

 

 

【動画】Recap: OAK 11, HOU 1(2017年9月9日 1試合目)

 

 

大敗したということは、野手が登坂する機会が出るということですが、この日、ルーキーの二刀流が登板しましたよ!

 

 

J.D.デービス、24才です。2014年アマチュア・ドラフト3巡目でアストロズから指名を受け入団し、8月5日にデビューしたばかりの選手です。

 

 

このJ.D.デービスですが、3Bと投手をやる二刀流。

 

 

ここまで打撃の方は16試合、51打数12安打、打率.235、3HR、6打点と活躍。

 

 

 

そして投手としてのデビューが9日のダブルヘッダー1戦目ということになります。

 

 

9回1アウトから登板し、打者3人に相対しました。被安打1、奪三振2です。奪三振率がいいですね。

 

 

これからの投手としての起用もおそらくリードされてからの登板で、野手メインで出るのではないかと思われますが、ポストシーズンでも登板があるか!?注目です。

 

 

体つきは野手ですね。

 

 

【動画】Davis retires two in outing

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

Come join me in Miami on Monday, while I kick it with @stancebaseball at @shoepalace. #theuncommonthread

Jose Altuveさん(@josealtuve27)がシェアした投稿 -2017 7月 9 7:28午前 PDT



かつて右打者でこれほどまでにヒットを量産した選手がいたでしょうか。



8月下旬にかかろうかというこの時期に.362という打率です。

 

 

アストロズのホセ・アルトゥーベがあのイチロー選手のようなペースでヒットを量産しています。

 

 

現地2017年8月20日現在、


・試合数:120

・打数:473

安打数:171

・打率:.362

・打点:67

・HR:19

・2塁打:35

・3塁打:3

・OBP:.422

・SLG:  .569

・OPS : .990

・盗塁: 29

 

 

もはや4年連続200安打は確実。



残り42試合で1試合1本程度のペースで210安打を上回ります。

 

 

さすがにイチロー選手の2004年に叩き出した1シーズン262安打というお化け数字には及びませんが、それでも右打者でこの数字は驚異ですね。



しかもHRを20本程度打っているところもすごいですね。

 

 

アルトゥーベはどこまで安打数を伸ばすのか、注目です。

 

 

メジャーでもっとも低い部類に入る167センチにも関わらず、怪我にもつよいところがまたすごいですね。


 

 

 

 

(関連リンク)

 

 

 


  きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。


 

現地2017年5月14日、ヤンキースはデレク・ジーターがつけていた背番号2を永久欠番にする記念のセレモニーを開催しました。

 

 

バーニー・ウィリアムズ、ホルヘ・ポサーダ、アンディー・ペティット、マリアーノ・リベラ、ジョー・トーリ元監督も駆けつけ、非常に豪華な顔ぶれが揃いました。



 

 

 


戦友や家族に囲まれ、そしてファンからも温かい声援をもらったいいセレモニーでしたね。

 

 

ジーターと言えば、筆者は下の動画のサムネにもなっている、例のスーパー・バックアップが忘れられません。

 

 

SSが送球を予期してよくこんなところにいたなと思います。本当に不思議で、魅力的なプレーです。

 

 

 

 

 

 

ジーターの成績は、ご覧の通り。

 

 

Standard Batting
YearAgeGHHRRBISBBAOPSAwards
1995211512070.250.669 
199622157183107814.314.800RoY-1
199723159190107023.291.775MVP-24
199824149203198430.324.864AS,MVP-3
1999251582192410219.349.989AS,MVP-6
200026148201157322.339.896AS,MVP-10
200127150191217427.311.858AS,MVP-10
200228157191187532.297.794AS
200329119156105211.324.844MVP-21
200430154188237823.292.823AS,MVP-13,GG
200531159202197014.309.839MVP-10,GG
200632154214149734.343.900AS,MVP-2,GG,SS
200733156206127315.322.840AS,MVP-11,SS
200834150179116911.300.771AS,SS
200935153212186630.334.871AS,MVP-3,GG,SS
201036157179106718.270.710AS,GG
20113713116266116.297.743AS
20123815921615589.316.791AS,MVP-7,SS
2013391712170.190.542 
20144014514945010.256.617AS
20 Y20 Y274734652601311358.310.817 
162162162204157721.310.817 
  GHHRRBISBBAOPSAwards
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 5/15/2017.

 

 

AWARDをまとめるとこんな感じです。オールスター14回て・・・。やっぱりすごいですね。

 

 

 

 

これでヤンキースは一桁の背番号がなくなりました。これはこれですごいトピックなんですが。

 

 

 

(関連リンク)

 

NYY Retired Numbers

 

                   1 34567

889101516

202332374244

464951 &  2

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。

 

その桁違いのパワーがようやく衆目一致となりつつあるヤンキース期待の長距離砲、アーロン・ジャッジ(Aaron Judge)ですが、現地2017年5月2日のバッティング・プラクティスで、センター後方へ打ち込んだ打球が売店近くにあるモニターを直撃!



漫画のように円形に液晶を破壊しました。

 

 

いったい、どこまで飛ばすんだというすごいパワーです。

 

 

肝心のゲームでも2本のホームランを放っており、現地2017年5月2日現在、12本で両リーグ合わせてトップです。

 

 

 

 

 

その圧倒的な破壊力(ターミネート)から、彼が活躍した日は”Judgement Day” などと呼ばれております。 

 

 

とにかく全てが桁違いですね。身長201cm、体重127kg。あのジャンカルロ・スタントンでさえ198cm、111kgです。

 

 

アーロン・ジャッジは2017年4月26日で25才になったばかり。



2013アマチュア・ドラフト1巡目(全体順位31位)でヤンキースから指名を受け、プロ入り。アストロズがマーク・アッペルを指名した年ですね。全体2位はクリス・ブライアントでした。

 

 

今季はここまで24試合で26三振。1試合に1回は三振をしていることになりますが、昨シーズンが27試合で42個でしたから、かなり進化しています。

 

 

ホームランバッターに三振はつきものですで、アウトは三振でもいいと思います。

 

 

今季はここまで打率が.313、出塁率が.424。長打率以外のこれらの数字をいかに向上させるかが、怖さのカギになるように思います。

 

 

40HR超えはなるのでしょうか!? 楽しみです。

 

 

3日のゲームですが、ヤンキースがブルージェイズを11-5で下しました。

 

 

先発した田中投手は早くも4勝目です。この日はHRを2本打たれましたが、7回途中、91球を投げ、被安打8、失点4でマウンドを降りました。

 

 

e6【動画】Recap: TOR 5, NYY 11
 

(関連リンク)

 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...