HOME   »  チーム豆知識
RSSフィード

 

 

20年前の1998年5月6日は、シカゴ・カブスのケリー・ウッドがアストロズを相手に20奪三振を記録した日です!

 


 

もう20年も経つんですね!! 早いです。

 


 

 

 



この日のケリー・ウッドは9回122球、被安打1、無失点、奪三振20、与四球0。




対戦ログを上げるとこのような感じでした。ビジオ、バグウェルがいる打線を相手に素晴らしいピッチングでした。


 

 

Wednesday, May 6, 1998

Attendance: 15,758
Venue: Wrigley Field
Game Duration: 2:19 

InnPit
(cnt)
BatterPlay Description
Top of the 1st, Astros Batting, Tied 0-0, Cubs' Kerry Wood facing 1-2-3
t15,(2-2)Craig BiggioStrikeout Swinging
t14,(0-2)Derek BellStrikeout Swinging
t15,(2-2)Jeff BagwellStrikeout Looking
    
Top of the 2nd, Astros Batting, Tied 0-0, Cubs' Kerry Wood facing 4-5-6
t24,(1-2)Jack HowellStrikeout Swinging
t24,(1-2)Moises AlouStrikeout Swinging
t22,(1-0)Dave ClarkFlyball: CF
    
Top of the 3rd, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs' Kerry Wood facing 7-8-9
t35,(1-2)Ricky GutierrezSingle to 3B (Ground Ball to Deep SS-3B Hole)
t37,(3-2)Brad AusmusStrikeout Swinging
t31,(0-0)Shane ReynoldsBunt Groundout: 1B-2B/Sacrifice; Gutierrez to 2B
t31,(0-0)Craig BiggioBalk; Gutierrez to 3B
t33,(1-1)Craig BiggioGroundout: SS-1B
    
Top of the 4th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs' Kerry Wood facing 2-3-4
t45,(2-2)Derek BellFlyball: RF (Short RF Line)
t46,(3-2)Jeff BagwellStrikeout Looking
t45,(2-2)Jack HowellStrikeout Looking
    
Top of the 5th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs' Kerry Wood facing 5-6-7
t53,(0-2)Moises AlouStrikeout Looking
t53,(0-2)Dave ClarkStrikeout Looking
t56,(2-2)Ricky GutierrezStrikeout Looking
    
Top of the 6th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs' Kerry Wood facing 8-9-1
t65,(2-2)Brad AusmusGroundout: 2B-1B
t63,(0-2)Shane ReynoldsStrikeout Looking
t64,(1-2)Craig BiggioHit By Pitch
t61,(0-0)Derek BellFoul Popfly: 1B
    
Top of the 7th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs' Kerry Wood facing 3-4-5
t76,(3-2)Jeff BagwellStrikeout Swinging
t76,(3-2)Jack HowellStrikeout Swinging
t74,(1-2)Moises AlouStrikeout Swinging
    
Top of the 8th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs' Kerry Wood facing 6-7-8
t87,(3-2)Dave ClarkStrikeout Swinging
t83,(0-2)Ricky GutierrezStrikeout Swinging
t83,(0-2)Brad AusmusStrikeout Looking
Top of the 9th, Astros Batting, Behind 0-2, Cubs' Kerry Wood facing 9-1-2
t96,(1-2)Bill SpiersStrikeout Swinging
t92,(1-0)Craig BiggioGroundout: SS-1B
t94,(1-2)Derek BellStrikeout Swinging

 

 

 

20個の三振をまとめた動画はこちらです↓。

 

 

 

 

 

アリソン・フーターさんという女性記者が書いているのですが、その日のゲームの活躍の指標を示すゲームスコアというのが各選手につけられるのですが、特に先発投手には顕著にスコアがつきます。



なんとこの日のケリー・ウッドのピッチングはここ100年間で1番のスコアです。




1908年から2018年までの100年間に行われた9イニング・ゲームでのゲームスコア 

 

Results
RkPlayerDateOppHRBBSOGSc
1Kerry Wood1998-05-06HOU10020105
         
2Max Scherzer2015-10-03 (2)NYM00017104
         
3Clayton Kershaw2014-06-18COL00015102
         
4Matt Cain2012-06-13HOU00014101
5Nolan Ryan1991-05-01TOR00216101
6Sandy Koufax1965-09-09CHC00014101
7Nap Rucker1908-09-05 (2)BSN00014101
         
8Gerrit Cole2018-05-04ARI10116100
9Max Scherzer2015-06-14MIL10116100
10Brandon Morrow2010-08-08TBR10217100
Provided by Baseball-Reference.comView Play Index Tool Used
Generated 5/6/2018.


 

Game Score formula (created by Bill James)

Start with 50 points
Add 1 point for each out recorded (or 3 points per inning)
Add 2 points for each inning completed after the fourth
Add 1 additional point for every strikeout
Remove 2 points for each hit allowed
Remove 4 points for each earned run allowed
Remove 2 points for each unearned run allowed
Remove 1 point for each walk allowed

  

 

いかにインパクトのあったゲームかがわかりますね。

 

 

ケリー・ウッドですが、ルーキーイヤーのこの年に13勝6敗でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。しかし、翌年にはトミー・ジョン手術を受けることに。


 

その後、2001年から3年連続で二桁勝利を上げるも、その後は故障に泣かされました。2012年に現役引退。35才でした。

 


 

通算86勝75敗。キャリアを通じて奪三振率は高く、SO9(9回まで投げたとしていくつ三振を取るか)は二桁の10.3。比較対象としてはふさわしくないかもしれませんが、ノーラン・ライアンの9.5を上回る数字(投球回数が違い過ぎますね)。

 

 

 

そのケリー・ウッドが日本時間2018年5月7日のゲームでファースト・ピッチを担当します!


 

 

同じ日、大谷翔平投手はフェリックス・ヘルナンデスと投げあいます。

 

 

両方楽しみです。




 

(関連リンク)

 
 
 
 


【悲報】

新ブログ移項は今週末まで待ってください。申し訳ありません。

読み込みスピードが改善せず。。。試しています。 GWはこれに専念していたにもかかわらず結果を出せず、悔しい限りです。


延期ついでに他のことにも色気が出て余計なことを考えているのですが、ブログの名前は、今のままでもいいか、などとも思っています。ただ単純にキーワードを並べただけの安直なタイトルなので、本当は変えたいんですが。



いずれにせよ、最適で使いやすいものに変更させていただくつもりですので、今しばらくお時間の猶予をお願いいたします。



 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

スポンサーサイト

現地2018年3月24日ですが、大谷投手が紅白戦に登板し、好投したようです。

 


レギュラー・クラスの選手はカクタスリーグに出ていますので、あくまでマイナー相手ですが、5回1/3イニング、85球を投げ、被安打2、失点2、与四球5という内容。



 

数字だけで見るとやはりまだコントロールに苦労しているようですが、「前回よりも格段によくなっている」とマイク・ソーシア監督も見ているとおり、徐々に調子が上がってきたと思います。 

 



開幕までにカクタスリーグのマウンドに上がるかどうかはまだわかりませんが、もう1度登板があるように思います。

 


楽しみですね。

 



また、前日に頭部に死球を受けたイチロー選手は土曜日のゲームには出場しませんでした。特も問題なさそうな感じですから、日曜のゲームには出るのではないかと思います。

 


死球を当てた相手投手にこれからも内角を投げ込むように励ましたりと、気遣いも見せているようです。さすがですね。 

 


 

さて、公式サイトですが、現時点でのローテーションのトップ10のランキングを発表しています。

 


予想通りというか、私は個人的に1位と2位が入れ替わっても!と思いますが、とにかく豪華!

 

こんな感じです。


 

1位 アストロズ


 

バーランダー➙カイケル➙マッカラーズJR➙ゲリット・コール➙チャーリー・モートン。

 

ゲリット・コールが入ったことで一段と厚みが増しましたね。2017ポストシーズンで大活躍したモートンが5番手ですから、アストロズが1位なのも当然かもしれませんね。

 

 


2位 インディアンス


コーリー・クルーバー➙カルロス・カラスコ➙トレバー・バウアー➙ジョシュ・トムリン➙マイク・クレビンジャー。

 

ダニー・サラザーが開幕に間に合いませんでした。インディアンスのローテが好きなのは単に筆者が右投手好きというだけのことなのですが、、、。しかし、左が一枚もいないですね。

 


 

3位 カブス


ジョン・レスター➙ダルビッシュ投手➙ホセ・キンタナ➙カイル・ヘンドリックス➙タイラー・チャットウッド。

 

カブスもいいメンバーですね。ダルビッシュ投手が入ったのは大きいです。左腕でレスターとキンタナがいるんですから、強いです。

 

 

4位 ナショナルズ


シャーザー➙ストラスバーグ➙ジオ・ゴンザレス➙タナー・ロアーク➙A・J・コール

 

4人ローテならここはかなり最強なローテかもしれません。コールが少し弱いですが、他がしっかりとし過ぎているだけに余計に谷間に見えてしまいますが、いいメンバーですね。このチームはむしろブルペン。

 

 


5位 Dバックス


ザック➙ロビー・レイ➙タイワン・ウォーカー➙パトリック・コービン➙ザック・ゴッドリー。

 

ザック・グレインキの開幕がかなり怪しいので、5位はちょっと高いかなとは思います。ここはタイワン・ウォーカーが成長しましたね。ロビー・レイとパトリック・コービンの左2枚が素晴らしいです。

 

 

6位 レッドソックス


クリス・セール➙デービッド・プライス➙リック・ポーセロ➙ドリュー・ポメランツ➙エデュアルド・ロドリゲス。

 

気がつけば、左腕王国!リック・ポーセロ以外、全員左腕。4番手のポメランツもいいです。5番手のロドリゲスが底上げできれば、もっと楽になるので、頑張ってもらいたいです。

 



7位 ヤンキース


ルイス・セベリーノ➙田中将大投手➙ソニー・グレー➙ジョーダン・モンゴメリー➙C・C・サバシア。

 

開幕はセベリーノになりました。田中投手にとっては少しでも刺激が軽減される方がやりやすいと思いますので、これはこれでよかったのではないかと思います。3番手までは本当にいいですね。

 

 

8位 ドジャース


カーショウ➙アレックス・ウッド➙リッチ・ヒル➙前田健太投手➙リュウ。

 

絶対的エースがいるというのがそもそものドジャースのローテーションの強さ。もっと上のランクでもいいと思います。ドジャースも気がつけば左腕王国。前田投手以外は左腕です。

 

 


9位 メッツ


ジェイコブ・デグロム➙ノア・シンダーガード➙マット・ハービー➙スティーブン・マッツ➙セス・ルーゴ。

 

本当はジェイソン・バルガスがこの中に入ったんですよね。利き手ではない方の腕のトミージョン手術に入りましたので、ローテからは外れてしまいましたが、バルガスがいれば、トップ3に入ってもいメンバーだと思います。ハービーも心をいれかえたようですから、デグロムとシンダーガードがしっかりしているだけにいいローテですね。

 

 

 

 

10位 ブルージェイズ


マーカス・ストローマン➙アーロン・サンチェス➙J・A・ハップ➙マルコ・エストラーダ➙ハメイ・ガルシア。

 

ストローマンが肩の痛みで開幕に間に合いそうもないので、戦力ダウンです。ストローマンがいないとインパクトに欠けますが、メンバーとしては5番手までそつなく結果を出しそうなメンバーだという点はいいローテだなと思います。

 

 


 

 

(関連リンク)

 
 
 
 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

現地2018年3月7日、カクタス・リーグでエンゼルスVSドジャースのゲームが行われ、ドジャースはエースのクレイトン・カーショウが登板!大谷選手と初対戦となりました。

 

 

大谷選手は 7番DHで先発出場。

 


 

対戦は3回裏に回ってきました。この回先頭の大谷選手に対し、カーショウはカウント2−2からアウトコース低めに例のカーブで勝負。

 

 


落差が大きいだけに低めに外れたようにも見えますが、ストライク・コールで見逃し三振。カーショウの貫禄勝ちとなりました。

 


 

ウィニングショットまで4球連続でファストボール系が続いていたので、そろそろ抜こうかと投じたカーブでした。

 


 

 

 

 

 

大谷選手、三振を喫したものの、この時期にカーショウの緩急を見られたことはよかったのではないでしょうか。




2打席で退いたのですが、2打席目はカーショウではなく、ブライアン・シュリッターとの対戦。1アウト1・2塁の好機での打席でしたが、ダブルプレーに打ち取られ、この日は2打数0安打に終わりました。

 

 

 

まだまだ色々なボールを体験し、データベースに蓄積している段階だと思うので、心配は無用ですね。次に期待しましょう。そう言っている間に3度めの登板もありそうです。

 

 

 

さて、エンゼルス投手陣ですが、2番手にジム・ジョンソンが登板。1イニングをパーフェクトに抑える好投を見せてくれました。

 

 

 

ジム・ジョンソンは元オリオールズのクローザーで、2012年に51セーブ、2013年に50セーブを記録。かなりすごい数字です!




しかし、その後はこの両年での登板過多が原因で、低迷。これだけの実績を上げながら、複数のクラブを渡り歩く羽目に。

 

 

 

しかし、ブレーブスに移籍した2016年に復活。この年は65試合登板で20セーブを記録、つづく2017年にも61試合、22セーブを記録し、本来の力が戻ってきました。

 

 

 

昨年11月30日にエンゼルスへ移籍。調子もいいのでゲームの後ろの方を任されるのではないかと思います。

  


とにかく体がでかく(198cm)、剛球を投げていた投手なので、復活してくれて嬉しい限りです!
 
 

 

 
 
 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ちょっと懐かしい人の話題です。

 

かつてヤンキースのクローザーとしてワールドシリーズ制覇に貢献した”グース”ことリッチ・ゴセージ氏が吠えていますwwww。

 

まず、ゴセージ氏ですが、かつてMLBを代表するクローザーでした。オールスター出場9回、セーブタイトルを3回獲得し、野球殿堂入りを果たしています。

 

 

アーム式の完成形ともいうべきダイナミックなフォームから生まれる剛球は非常にかっこよかったです。

 

 

 

 

メジャーでの足跡はこちらに↓詳細を。結構色々な球団を渡り歩きました。実はダイエーにも所属したことがあります。1990年、ゴタゴタの末に日本のマウンドにも上がりました。28試合、2勝3敗8セーブ。ERA4.40。

 

 

Rich Gossage Standard Pitching
YearAgeTmWLERAGSVSOWHIPAwards
197220CHW714.28362571.450 
197321CHW047.43200331.893 
197422CHW464.13391641.556 
197523CHW981.8462261301.193AS,CYA-6,MVP-17
197624CHW9173.943111351.357AS
197725PIT1191.6272261510.955AS
197826NYY10112.0163271221.087AS,CYA-5,MVP-13
197927NYY532.623618411.149 
198028NYY622.2764331031.121AS,CYA-3,MVP-3
198129NYY320.773220480.771AS,CYA-5,MVP-9
198230NYY452.2356301020.978AS
198331NYY1352.275722901.225 
198432SDP1062.906225841.085AS,CYA-5,MVP-13
198533SDP531.825026521.025AS
198634SDP574.454521631.376 
198735SDP543.124011441.269 
198836CHC444.334613301.489 
198937TOT312.95425301.310 
198937SFG212.68314241.351 
198937NYY103.7711161.186 
—-          
199139TEX423.57441281.215 
199240OAK022.84300261.342 
199341OAK454.53391401.573 
199442SEA304.18361291.246 
22 Y22 Y22 Y1241073.01100231015021.232 
162162162873.016620981.232 
   WLERAGSVSOWHIPAwards
NYYNYYNYY42282.143191515121.079 
CHWCHWCHW29363.80188304191.406 
SDPSDPSDP25202.99197832431.164 
OAKOAKOAK473.78691661.471 
SFGSFGSFG212.68314241.351 
PITPITPIT1191.6272261510.955 
TEXTEXTEX423.57441281.215 
CHCCHCCHC444.334613301.489 
SEASEASEA304.18361291.246 
           
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 2/13/2018.

 

 

そのゴセージ氏ですが、華麗な実績を持っているがゆえに毎年のようにヤンキースのスプリング・トレーニングにコーチとして招聘されていたいたのですが、今年は招待されなかったものだから、ブライアン・キャッシュマンGMをFワード(fu**ing)やAワード(as* ho**)で非難しているというもの。

 


Gossage said. "He'd have been gone when he jumped out of that f---ing airplane.
Do you think he's a good f---ing baseball guy, really? 
He doesn't believe in f---ing coaching."

 

 

要は頑固オヤジがなんで今年は臨時コーチを頼まないんだとゴネているだけです。ガキ大将がそのまま年を取ったという感じの人ですからね。

 

 

ゴセージ氏は66才で、いわゆるold timerと呼ばれる世代。この人のコーチぶりですが、とにかく罵るタイプのコーチング。出来ないことがあれば、辛辣な言葉を浴びせるやり方。

 

 

ちょうど映画ロッキーに出てくるおじいさんのコーチのようなイメージでしょうか(ちょっと違いますかね?あのおじいさんコーチはいい人でしたからね)。とにかく今の選手には合わないんですね。

 

 

これはアメリカでも日本でも同じですね。

 

 

キャッシュマンGMはコメントをしていませんが、おそらくそのようなやり方なので選手がついてきてなかったのではないかと思われます。要は頼みたくなかったwwww。

 

 

ゴセージ氏は周囲をざわつかせることがあります。

 

 

マリアーノ・リベラやアロルディス・チャップマンが1イニング限定で投げていることに対して(イニングまたぎの時もありますよ)、昔は複数イニングを投げていたとか、あるいはオールド・タイマーの世代らしく、ホセ・バティスタのバット投げは許せない(本当はもっと汚い言葉で)とか。

 

 

ゴセージ氏の場合は昔は凄かった=俺はお前らよりすごいというのが見えるタイプのコーチなのではないかと思います。

 

 

こういう頑固オヤジ系のコーチはたいがいは人情味が厚くいい面も多分にあるんですが、ゴセージ氏の場合はそれさえもあまり感じさせないところがすごいですね。

 

※もちろん推測です。いい面も多分にあると思います。でなければ22年も現役でいられなかったでしょう。

 

 

以上、閑話休題のような話題でした。俺様系が抜けない頑固オヤジ健在というニュースでした。

 

 

 

 

(関連リンク)

 

 

MLB★豆知識★ | 2017.12.03

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonビデオ

 

 

現地2018年2月8日は特別に大きなニュースがありませんでした。



しかし、面白い動画がありましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

今季からMLB tonightの解説に前ヤンキース監督のジョー・ジラルディ氏が加わったのですが、強かったブレーブスについて語っています。

 


 

 

 

 

ブレーブスは1991年から2005年にかけて15シーズン中、なんと14シーズンもナ・リーグ東地区のペナントを制しています。




そしてこの間にワールドシリーズに出場すること5度。

 

 

 

ただ意外にもこの間、ワールドシリーズ・チャンプとなったのは1995年のたった1度だけなんですね。もっと勝っているのかと思っていました。特に2002年からは2005年にかけては4年連続で地区シリーズで敗退しています。

 

 


しかし、1991年から1999年まではリーグ・チャンピオンシップ・シリーズまで残るか、ワールドシリーズまで行くかという成績ばかりで、異常な強さでしたね。


 

 

動画は一言でいうと、「まあ強かったね」という思い出話が中心で、周知の事実しか語っていないのですが、たとえば「マダックス、スモルツ、グラビンという後のサイ・ヤング賞投手がローテーションに3人もいたんだから、そりゃ強いよね。途中からはチッパーまで入ってきたんだから当然だよ」という内容。しかし、これはこれで結構盛り上がっています。

 


 

ちなみに1996年からは全盛期のアンドリュー・ジョーンズまでいたんですからね。強いです。


 

 

 

ブレーブスは前年(2017年)は過渡期ながらもなんとか3位をキープ。今年(2018年)のトップ・プロスペクトランキング100では8人もの選手が名を連ねている未来のチーム。ダンスビー・スワンソンも経験を積んでいます。強くなる前のたくましいゲーム展開が期待できるかもしれません。




ナ・リーグ東地区を盛り上げてくれそうですね。




2019年以降の話ですが、ひょっとしたら大物選手のFA流出が噂されるナッツと立場が入れ替わり、再びナ・リーグ東の王者になるかもしれません。期待したいですね。フィリーズにも頑張って欲しいです。



 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazonビデオ

 

 

 

こんにちは。

 

現地2017年7月17日、ナショナルズのライアン・ジマーマンがフランチャイズ・レコード(チーム記録)となる通算235HRを放ちました!

 

 

これは前身のエクスポス時代の記録も含めたチーム記録で、それまではブラジミール・ゲレロがモントリオール・エクスポス時代に達成した234が最高でした。

 

 

 

 

 

ライアン・ジマーマンは今季.322、19HR(このゲーム前の16日現在)の成績を残し、今季好調です。しかし、先週の月曜以来、ややスランプが続いておりました。

 

 

このHRでまた調子を取り戻して欲しいですね。

 

 

ナッツはこの日もレッズに快勝。スイープしました。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは。

 

MLB開幕まであと1週間を切りました!スプリング・トレーニングも佳境です。

 

 

現地2017年3月29日のカクタス・リーグ、レッズVSインディアンスのゲームで、シンシナティ・レッズの主砲であるアダム・デュバルがスコアボード直撃の特大のHRを放ちました。

 

 


(2017年3月29日)

 

 

 この日4番に入ったアダム・デュバルは2打数2安打1打点。開幕に向け調子を上げてきましたね。

 

 

アダム・デュバルは今季で28才。おそらくシーズンもLFを守ると思われます(1Bもありますが)。昨季は33HRを放った長距離砲です。

 

 

ブランドン・フィリップスがいなくなって、やや寂しくなったレッズですが、1Bジョーイ・ボト、CFのビリー・ハミルトン、SSのザック・コザート、そしてこのアダム・デュバルなど魅力ある選手が多数います。

 

 

レッズが所属するナ・リーグ中地区は非常にレベルが高いです。

 

 

ここ数年カージナルスの王国だったのですが、昨シーズン、カブスがその牙城を崩しました。

 

 

この2強に加え、ピッツバーグ・パイレーツもここ数年力をつけており、その中でレッズとブルワーズはやや寂しい立ち位置ですが、打撃ではそれほど劣る戦力ではありません。



ピッチャーもスコット・フェルドマンをはじめ、アンソニー・デスクラファニー、トニー・シングラーニと一人ひとりをみると結構粒ぞろいです。

 

 

昨シーズン、最下位だった順位をどれくらい挽回できるのか、注目したいと思います。

 

 

レッズは現地4月3日、フィリーズとのホーム・オープナーです。スコット・フェルドマンが開幕投手を務めます。

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 


 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは。

 

 

何やらここ数日、MLBのサイトを小さく賑わせているこの話題に関して、なんだろうと思いましたので、ちょっと調べてみました。

 

 

何が起こったかと言うと、セントルイス・カージナルスがヒューストン・アストロズのコンピュータをハッキングし、そのペナルティーとして200万ドルを課せられ、さらにドラフト上位2人の指名権をアストロズにパスするというものです。

 

 

前カージナルスのスカウティング・ダイレクターのクリス・コレア氏がアストロズのデータべースに侵入。チームの重要な情報を不正な手段で得たということで、コレア氏は46ヶ月の禁固刑という厳しい判決を下された模様です。

 

 

そもそも下位組織がメジャー1と言っていいくらいに充実し、常に若手をビッグリーグに供給しているカージナルスがそんなことをしてなんの得があるのか不思議な話しです。

 

 

本当によくわからない話しであります。

 

 

これによって200万ドルも痛手ですが、2巡目(全体順位56位)とコンプ・ラウンドB(全体順位75位)の指名権をアストロズに譲ることの方が痛いと思います。将来に影響を与えそうな権利の剥奪ですからね。

 

 

今の時代、ハッキングの罪は相当重いですから、まったく割の合わない不正です。

 

 

これはコレア氏の単独犯行だと報じられています。おそらくそうであろうと思いますが、なんとかならなかったのかと管理体制が悔やまれますね。コンプライアンス違反であります。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 地元ファンもがっかりでしょうから、シーズンでいいゲームを期待したいですね。

 

 

FAの動向などを探っていたのでしょうね。目の前のゲームに勝ちたいから行った不正ではないと思われます。リーグが違うのでインターリーグでしか対戦しませんので。ちなみにカージナルスVSアストロズの2016シーズンの対戦成績は2勝2敗でした。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

いよいよスプリング・トレーニングのゲームが始まりましたが、カージナルスがここに来て体制が整ったと見たのか、将来を見据えた選手の囲い込みです。

 

 

現地2016年3月2日、コルテン・ウォンと5年総額2,550万ドルに加えて6年めのオプションも加え、契約延長に合意しました。

 

 

 

 (2016年3月2日)

 

 

コルテン・ウォンは2016シーズン終了後に調停となるステータスで、2019年にはFAの資格を得ることになっていました。5年めの2019年終了時にもう1年を加えることでカージナルスは先回りしてウォンを30才まで囲い込みたい目論見です。

 

 

内野手として一番いい時期にカージナルスでプレーするように囲い込みました。上手ですね!カージナルスは。

 

 

コルテン・ウォンはメジャー4年めになる25才。2011年アマチュアドラフト1巡目で指名し、カージナルス入り。育成のうまいカージナルスは2013年と14年でウォンを育成し、2015年に開花させました。

 

 

2015シーズンは150試合に出場し、146安打、打率.262、ホームラン11本、打点61、特点71。

 


コロコロしていますが、守備は軽やか。



 

 

(2015年8月1日)

 

 

 

もうカージナルスの不動の2Bとして君臨してます。今年のカージナルスのリードオフをまかされる模様です。

 

 

ヤディアー・モリーナ次第のところがあるカージナルスですが、ウォンには守備・攻撃ともにチームの牽引を求められそうですね。

 

 

(関連リンク)


 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

2016 02 20 zack

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑マジェスティックはパンツもリニューアルか

 

 

こんにちは(^^)

 

 

Dバックは現地2016年2月18日からバッテリーのトレーニングが始まりましたが、開始2日目の19日、今季からDバックスに入ったザック・グレインキとシェルビー・ミラーの注目の2人がブルペンに入りました。

 

 

 

 

 

 (2015年2月19日)

 

 

 ザックはこんなに左腕を高く上げましたっけ?? まだ調整初日なので、体の開きをチェックするために行ったことかもしれません。少し様子を見たいところです。

 

 

シェルビー・ミラーは体重移動するための左お尻の使い方が絶妙ですね。わかりやすいです。筆者の知る限り、左お尻をうまく使って体重移動しているのは、メッツのマット・ハービーとパイレーツのゲリット・コールですかね。正面から見てもよくわかります。

 

 

今季、32才になるザックですが、年齢・経験・体力ともにピークと言えるでしょう。通算142勝93敗のザックは2015シーズン19勝3敗を上げ、サイ・ヤング賞の得票では2位を獲得。今季、Dバックスで20勝をあげるのでしょうか??

 

 

 

 

 

 

一方のシェルビー・ミラーは今季26才。2015シーズンはブレーブスに在籍し、チーム事情もあり、6勝17敗と大きく負け越してしまいましたが、3年連続で年間30試合登板はスターターにとって皆勤賞と言えるでしょう。

 

 

 

2015シーズンは79勝83敗とア・リーグ西地区3位だったDバックス。ドジャースとジャイアンツという強いライバルに対してどういう戦い方をみせるか、注目ですね。監督は前年に引き続き、内野手出身の51才、チップ・ヘール(Chip Hale)です。

 

 

 

(関連リンク)


 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...