HOME   »  MLB重要情報
RSSフィード

 

 2018 03 28 ohtani

 

 

 

 

 

 

 

 

http://mlb.mlb.com/news/probable_pitchers/?c_id=mlb&date=2018/04/01

 

 

大谷投手、開幕はマイナーで調整するのではないか?との記事を書かせていただきましたが、これは誤りでした。申し訳ございません。前日の記事に追記しておきました!

 

 

なんとローテーション4番め、現地2018年4月1日のアスレチックス戦で投手としてのメジャー・デビューが決定しました!! 

 

1 ギャレット・リチャーズ 3/29

2 タイラー・スキャッグス  3/30

3 マット・シューメーカー  3/31

4 大谷翔平投手   4/1

5 TBD (To Be Determined=未定)

 

 

アスレチックスの先発はまだ判明しておりませんが、現時点でのベストな結果が出ればいいですね。楽しみです。



 

打者としてのデビューはもう少し早いかもしれません。

 

 

 

 

 


さて、2018年3月27日はスプリング・トレーニング最後のゲームで、ドジャー・スタジアムにおいてドジャースVSエンゼルスのゲームが行なわれたのですが、結果はなんと5回でゲーム終了。

 


 

雨でもなんでもなく、排水のトラブルがあり、水が3塁側ファウルグランドに溢れ出たのがその理由です。



 

感想を聞かれた選手達は、”Nasty!”を連発。「症状などがひどい」という意味ですが、どうやら配管が壊れて下水があふれ出した模様で、どのレベルの汚水かはわかりませんが、ファンも選手もかなり不快だったようです。

 

 

1962年開場のドジャースタジアム。築56年ほどになります。開幕まであと2日! メインとバックアップの排水管があって、どうやらメインの方のパイプにトラブルがあった模様です。ジャイアンツを迎えての地元開催ですが、果たして2日で復旧が間に合うのか?

 

 

設備管理の担当の人は手配やら何やらで大変でしょうね。気の毒です。

 

 


【動画】Recap: LAD 4, LAA 3 - F/5

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

スポンサーサイト

開幕まで1週間を切った現地2018年3月23日は、うまく調整した選手と事故による怪我の両極が出た日でした。

 


まず、完璧な調整をおこなった選手ですが、それはドジャースのクレイトン・カーショウ(Clayton Kershaw)!


 

開幕前最後の登板となったロイヤルズ戦で本番想定の長いイニングである6回2/3を投げ、無失点投球。

 


カーショウは今スプリング・トレーニングで6度先発し、21回1/3を投げ、被安打12、奪三振23、与四球4、そして何よりERAが0.00 ! 完璧です。 



今月19日に30才を迎えたばかりですが、まだまだ勝ち星を積んで行きそうです。現時点でキャリア10年で通算144勝です。すごい!

 


怪我の情報ですが、この日はボールが当たってという怪我が目立ちました。

 


深刻なのが、ジャイアンツのマディソン・バンガーナー(Madison Bumgarner)。

 


同じ日に行われたこれまたロイヤルズ戦に登板。この日、ロイヤルズは2チームに分かれて参戦。ジャイアンツと対戦したのはアルシデス・エスコバーはいたのですが、主力より少し劣るチーム。カーショウが対戦したのはほぼ主力級が揃った方です。

 



3回にウィット・メリフィールドが放った打球が利き手を直撃。打球スピードといい、ちょっと防ぐのが難しそうな当たりでした。バンガーナーはこのまま降板。

 


 

 



左手の中手骨(ちゅうしゅこつ)の骨折が判明しました。

 

 

中手骨とは手の甲を見た時に指から手首にかけての骨(中手骨基部骨折 外部リンク)。5本あるうちの何本目かはちょっとわかりませんでしたが、手の甲に強い打球がヒットしてしまったので、骨折にまで至ったということですね。


 

箇所が箇所だけに当然開幕はアウト。調整も含めれば6−8週かかる見込みです。

 



ローテーションのトップだったバンガーナーに変わって、ジャイアンツはジョニー・クエトを開幕に起用する見込みです。 ジャイアンツ、今オフはしっかりと補強してきただけにエースの1ヶ月の離脱は痛いです。

 

 

さて、イチロー選手も試合を途中退場しました。

 

 

同日、マイナーのゲームで調整を行っていたイチロー選手でしたが、内角攻めのボールが頭を直撃しました。

 

 

 

 

ちなみにピッチャーはブランドン・マンで、2011、12年にベイスターズで投げていた左腕でした。事故なので仕方ないですね。

 

 

イチロー選手は死球後しばらく立たなかったのですが、翌日のカクタスリーグの出場はその日の様子を見て決めるそうです。問題なければいいですが、頭なので慎重に判断してもらいたいですね。

 

 


 

 

(関連リンク)

 【MLB2017開幕】カブス土壇場で追いつく!バンガーナーが2HR!

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

今オフFA市場で注目されていた大物選手の移籍がついに決定した模様です。

 

現地2018年3月20日、レイズからFAのアレックス・コブ(Alex Cobb) はオリオールズと4年契約で合意。総額は5,600万ドルから6,000ドル。

 

こちらの情報はまだ非公式で、フィジカル・チェック待ちですが、ほぼ間違いないでしょう。


 

 


いみじくも、ア・リーグ東地区のチームへの移籍となりました。

 


アレックス・コブは今季30才のシーズンを迎えます。非常にコントロールがよく、カーブのキレがバツグンの投手です。フォアボールは1試合当たり3個以内に抑えるレートを持っています。


 

2006年アマチュア・ドラフト4巡目でレイズから指名を受け、プロ入り。2011年にメジャーデビュー。2012年から3年連続で2桁勝利を上げ、順調なキャリアを積んでいたのですが、2015年にトミージョン手術を受けましたが、翌年の2016年9月に復帰。

 


2017年には29試合、179.1イニングを投げ、12勝10敗、3.66 ERA。2013年と14年のERAがそれぞれ2.76、2.87でしたから、ちょっと落ちましたね。

 


トミージョン手術の影響も感じさせない2017シーズンでしたので、2018シーズンの活躍も期待できます。


 

オリオールズは、2017年11月にウバルド・ヒメネス(Ubaldo Jimenez )との4年契約が終了。ローテが1枚欠けておりました。



もっとも、アンドリュー・キャッシュナー(Andrew Cashner)の補強やクリス・ティルマン(Chris Tillman)との再契約もあったのですが、強力な1枚を補強できたのは事実です。

 


これでローテは、先の2人とともに、ケビン・ゴーズマン(Kevin Gausman)、ディラン・バンディー(Dylan Bundy)、アレックス・コブとなりました。

 


もっとも5人で回すか、4人で回すかは今のところは不明ですが、わかっているのは、マイク・ライト(Mike Wright Jr.)やミゲル・カストロ(Miguel Castro)、ネストール・コルテスJr(Nestor Cortes Jr.)は6人目を争うということです。ひょっとしたら、コブもこの中に入っていて、5人目を争うのかもしれませんが、だとしたら、コブで確定だと思います。

 

 

2017シーズン、最下位だったオリオールズ。マチャドも残りましたし、今季は巻き返したいところですね。

 

 

 

(関連リンク)

 

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2018.02.25
 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

 


 

昨日も開幕前のラインナップに影響するお話を書かせていただきましたが、本日も同様です。

 

 

現地2018年3月19日のカクタス・リーグ、ドジャースVSアスレチックス戦で、ドジャースの主砲、ジャスティン・ターナー( Justin Turner)が左手首に死球を受け、退場。MRIを受けるまでもなく骨折と診断されました。

 

 

死球を受けたのは初回。アスレチックスのケンダール・グレイブマン(Kendall Graveman)の内角のボールが抜けて、ターナーの左手首を直撃。もう悶絶といった状態でした。

 

 

【閲覧注意】すごい音がしています。

 

 

 

 

現地火曜日に再診断を受け、どれくらいの期間サイドラインに下がるかが判明する見込みです。骨がちゃんとひっつかないとフルスイングなど出来ませんから、ちょっと時間がかかるかもしれません。

 

 

昨シーズン、打率.322、HR21本、打点71、OBP.415のターナーが抜けるのは層が厚いドジャースであっても痛いです。

 

 

ドジャースは3Bにローガン・フォーサイスを、2Bにチェイス・アトリーまたはエンリケ・ヘルナンデスを起用して凌ぐ見込みです。また、キャッチャーのオースティン・バーンズは2017シーズン、2B、3Bを守ったことがありますから場合によってはバーンズも含めてこの穴を埋めると思われます。

 


 

攻撃力に関しては今季ドジャースに復帰した元5ツールプレーヤーのマット・ケンプが今スプリング・トレーニングで打率.317を放って奮起しているので、なんとかカバーは出来そうです。


 

 

もっともシーズンに入ってからでないと、実際のバーンズの欠場の大きさはわからないかもしれませんが、とりあえずは穴を埋める選手は十分に控えているといった状況です。

 

 


開幕直前のトラブルは指揮官にとってもなかなか大変です。症状が軽ければいいなと思います。

 

 

 

(関連リンク)

 

ポストシーズン » 2017PS | 2017.10.08
 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

2018年3月29日の開幕まであと10日を切りましたが、開幕前にツインズに痛いニュースが。

 

 

現地2018年3月18日、ツインズのSS、ホルへ・ポランコ(Jorge Polanco )が 開幕から80試合の出場停止処分となりました。理由はまたしてもPEDS(Performance Enhacing Drugs)、つまり禁止薬物の使用です。



 

 

 

 

ドミニカ共和国出身、24才のホルへ・ポランコは2017シーズン、133試合に出場。ツインズの正SSとして活躍。打率.256、HR13、RBI 74、盗塁13の成績を残しました。

 


 

シーズン途中に祖父が亡くなったりしたので、そのショックからか夏前に調子を落としましたが、8月以降は残り55ゲームで打率.316、HR10、42RBIを残す活躍ぶり。シーズンの成績の顕著な部分をこの時期に記録したことになります。


 

 

そういった爆発力も含めて大いに期待されていたのですが、残念なニュースとなりました。

 


 

ツインズはもともとエデュアルド・エスコバーという内野手がいて、ポランコとともにSSを守っていたような状況でしたので、今回の穴埋めではエスコバーをメインで使うことになりそうです。エスコバーは超ユーティリティで、昨シーズンはキャッチャーも守ったことがあります!

 


 

 

 

 

 

ツインズとしてはミゲル・サノがスネを手術してまだ復帰途中で、本調子ではないので、本来ならエスコバーを3B、ポランコを2Bという布陣で使いたかったと思いますが、それが出来なくなりました。

 

 

 

厚みを持たせるために、ベテラン内野手のエリック・アイバーを上げる見込みです(すでにカクタス・リーグでは出場済み)。

 

 

 

打線の影響としては、今オフFAでローガン・モリソンを獲得しているので、SPEC的な要素で見れば今のところは大幅な落ち込みはなさそうです。

 

 

 

PEDSの使用ですが、なかなか根が深いです。何がなんでもポジションをキープして大金を掴むんだというハングリー精神がちょっと裏目に出ています。必死さはヒシヒシと伝わってくるのですが、むしろ損をしてしまうリスクを考慮してほしいなとは思います。

 

 

 

日本の一般人並みに背が小さいにもかかわらず、野手NO1かと言われるくらいに活躍している選手もいますが、その選手は人一倍疲労度も激しいはずなのに、この問題は一切出てきません。いい見本もあるのですから、止めてもらいたいですね。

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール


開幕まで2週間を切りました。

 

 

2018シーズンは3月29日の開幕。4月を待たずとはMLBも何か色々と変えてきていますね。

 

 

ファーストピッチも以前はスタンドから軽くトスするだけだったのに、マウンドから投げたりするようになったり、インタビューをグランドで行い、場内に聞こえるようにしたり・・・私の知っているMLB通の方曰く、ちょっとNPBに寄せてきている! 

 

 

開幕が早いのもそう思いますね。

 

 

ところで、いい動画がありました。

 

 

私の好きなジョニー・ベンチが出ているので、余計に気に入っているのですが、なかなか面白いです!

 

 

「29日に開幕だよ!」とアナウンスしています。

 

 

 

 

 

 

オープニング・ピッチャーもどしどし決まってきています。

 

 

Thursday March 29, 2018

 

 
楽しみになってきました!
 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazon タイムセール

 

 

 

 

ついに今オフ最も注目されていた投手の移籍先が決まりましたね!

 

 

カブスからFAのジェイク・エアリエッタ(Jake Arrieta)は 現地2018年3月11日、フィリーズと合意。

 

 

契約内容は3年7,500万ドルで、1年目(2018年)は3,000万ドル、2年目(2019年)は2,500万ドル、3年目(2020年)は2,000万ドルと徐々に低減する数字となっていて、2019シーズン以降にジェイク・エアリエッタ側に契約解除の選択肢があります。

 

 

 

 

 

 

 

数字が低くなると言ってもざっと20億円以上あるのですから問題ないでしょう(^o^)

 

 

ジェイク・エアリエッタは今季32才のシーズンを迎えます。

 

 

圧巻だったのは2015年ですね。33試合に登板し、22勝6敗、ERA1.77、完投4、完封3、イニング数229.0、奪三振236、サイ・ヤング賞受賞。

 

 

2015シーズンのインパクトが強すぎて、それ以前のイメージがあまりないのですが、もともとは2007年のアマチュア・ドラフトでオリオールズから5巡目で指名を受けプロ入り。デビューは2010年6月10日のヤンキース戦。24才の時でした。

 

 

2013年7月トレードで、ペドロ・ストロップとともにカブスへ移籍。スコット・フェルドマンとスティーブ・クレベンジャーが交換要員でした。

 

 

2016シーズンは18勝8敗、ERA 3.10、2017シーズンは14勝10敗、ERAは3.53。

 

 

今回ジェイク・エアリエッタの交渉が長引いたのは、高額年俸とおそらく下降が予想される未来との釣り合いにあったと思います。オーナー陣が二の足を踏んだのもそこしかありません。



フィリーズは直近3年の実績から今年以降3年の未来を信じたということになりますね。どんな数字を抱いて交渉したのかはわかりませんが、ジェイク・エアリエッタを最大限評価した契約ですね。

 

 

あまり注目されていませんが、あれだけインステップして腰とか臀部とかは大丈夫なのか?と疑問に思うこともあります。

 

 

昔、日本ハムに工藤幹夫さんという素晴らしいサイドスロー(より腕はちょい下)の投手がいて、素人が見てもわかるほどのインステップに変えた年(1982年)に20勝を上げました(負けはたったの4敗!)。右打者は相当苦労しておりました。その工藤さんのインステップよりジェイク・エアリエッタの場合はさらに踏み込んでいますから、個人的には心配です。

 

 

※工藤さんの動画は1981年の分しか見当たりませんでした。

 

 

フィリーズは柱となる大きな存在ができました。

 

 

ジェイク・エアリエッタがいなければ、アーロン・ノラ( A. Nola)がフル回転しそうな状況でしたので、ホッとしています。アーロン・ノラは未来のサイ・ヤング賞候補ですから(筆者の希望的見解)。

 

 

一応、今のところはジェイク・エアリエッタ、アーロン・ノラ、ジェラッド・アイコフ(J. Eickhoff)、ビンス・ベラスケス(V. Velasquez)、ニック・ピベッタ(N. Pivetta)で回すと思われます。

 

 

ニック・ピベッタもいいんですよね。

 

 

フィリーズはチーム再建中でもありますので、ジェイク・エアリエッタがいい指南役になるかもしれません。とにかく体がゴリゴリのマッチョで、自分に厳しいトレーニングを課していますから、いいお手本になるのではないかと思います。

 

 

 

(関連リンク)

 

MLB重要情報 » MLB移籍情報 | 2017.01.15
 
 
 
 
 
 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

 

 

注目されていた大物FA投手の移籍先が決まりました。

 

 

カージナルスからFAのランス・リン(Lance Lynn)が現地2018年3月10日、ミネソタ・ツインズと合意に至った模様です。

 


 

 

 

 

 

報道によりますと、契約内容は1年1,200万ドル。※またしてもQA(クオリファイング・オファー =1,700万ドル超)を受けていた方が金額的には上でしたね。

 

 

 

マイク・ムスターカス(KCへ)、カルロス・ゴンザレス(COLへ)、ジョナサン・ルクロイ(OAKへ)とここに来ていいペースで契約が決まってきました。後はジェイク・エアリエッタですね。

 

 

 

ランス・リンですが、この5月で31才となります。もっとも評価されるべきポイントはローテーションを守れるということではないでしょうか。

 

 

 

ここ5シーズン(2016シーズンはケガのため1年サイドラインに。17、15、14、13、12シーズンのこと)で15勝以上3度、30試合先発を4度、200イニング以上を2度達成しています。

 

 

 

ツインズは今オフ、確実に戦力を高めています。

 

 

 

スラッガーのローガン・モリソン、ピッチャーではザック・デューク、マイケル・ピネダ、アニバル・サンチェス、アディソン・リード、そしてクローザー候補のフェルナンド・ロドニー、さらにはジェイク・オドリッジまで獲得。

 

 

 

超のつくスーパースターではありませんが、実績と経験が豊富なプレーヤーを集めたという感じですね。

 

 

 

ツインズはポール・モリター監督も采配がいいですし、若手から今回補強した選手に至るまで層の厚みがグッと増しました。’18シーズンのア・リーグ中地区のタイトルを取りそうな布陣です。

 

 

心配されていたミゲル・サノですが、2015年の女性フォトグラファー
への暴行の問題はなんとか決着がついたようで、さらに11月に行った
左すねの手術も回復し、オープン戦では復帰を果たしています。
 
 
 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

e6Amazon タイムセール

 

まずは移籍の話題です。 

 

先日、ナッツが狙うかも?と書かせていただいたジョナサン・ルクロイ(Jonathan Lucroy)ですが、アスレチックスへの移籍が決まりました。1年契約です。

 

 

 



まだ31才のジョナサン・ルクロイですが、アスレチックスではどうやらブルース・マクスウェル(Bruce Maxwell)のバックアップに回る見込みです。もったいないですね。

 


それだけアスレチックスはマクスウェルを高くかっているということですね。マクスウェルは体型といい、荒々しさといい、プリンス・フィルダーを彷彿とさせる風貌からリトル・プリンスと呼ばれています。

 


https://www.mlb.com/video/maxwell-receives-ovation/c-1850509083?tid=6479266

 

 

 

大谷投手はBゲーム(練習試合)でメキシカンリーグのチームと対戦。



エンゼルスは4回までの投球を予定していましたが、結果は3回、64球、初回のホームランを含めた被安打6、失点6という内容に終わりました。

 

 

 

BゲームゆえにMLB.com内にVTRはありません。ゲーム展開がわからないVTRですが、投球の様子だけならこちらを。

https://youtu.be/lwLPqHCWxTg

 



現地マスコミは2刀流に疑問を呈し始めているようですが、ここは一喜一憂せずに静かに応援したいと思います。まずは本来の調子を取り戻すのが先決ですから。大丈夫でしょう。

 


 

そして調整が順調なのがアストロズのジャスティン・バーランダー。現地2018年3月9日のカージナルス戦に先発。

 

 


5回を被安打2、HRの1失点のみに抑えました。奪三振はなんと8! もう開幕を迎えても良さそうなコンディションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 

MLB★豆知識★ | 2018.03.05
 
 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazon タイムセール

現地2018年3月8日は移籍市場に動きがありました。

 

 

注目されていた2人の大物の移籍先が決まりました。

 

 

まずはロイヤルズからFAのマイク・ムスターカス(Mike Moustakas)。2007年アマチュア・ドラフト1巡めで入団して以来ロイヤルズ1筋で、今回のFAでさすがに動くと思われていたのですが、結局、ロイヤルズに再加入となりました。

 

 

 

 

 

 

 

2017シーズン、38HRを放った左の大砲で、85打点、打率.272でバランスのいい打撃をするバッターですので、ロイヤルズにすれば残る形となって一安心ですね。1年650万ドル、ボーナスで最高227万ドルとなります。2年めはmutual(ミューチュアル=双方)で選手側・球団側双方の合意に基づき延長されます。

 

 

 

2017年12月に出されたクオリファイング・オファーが1,740万ドルでしたから、このまま受けていれば・・・とも考えたくなりますが、ムスターカスの成績なら高く売れると思うでしょうね。今年のFA市場はなかなか厳しいです。

 

 


3Bは25才のチェスラー・カスバート(Cheslor Cuthbert )が見込まれていましたが、ムスターカスに決まりました!ロイヤルズ、今季の布陣をみるとやはり投手が弱いので、打ちまくるしかありません!

 

 

 

さて、ロッキーズからFAとなり、動向が注目されていたカーゴことカルロス・ゴンザレス(Carlos Gonzalez)も残留という形になりました。まだオフィシャルではないものの、決まりと見ていいと思います。1年契約のようです。

 

 

 

オールスター3度、ゴールドグラブ賞3度、シルバースラッガー賞2度受賞の非常に優秀な外野手のカルロス・ゴンザレスも動くと見られていたのですが、意外にも飛びつかれるようなオファーはなかったようです。

 

 

 

2017年の年俸が2,000万ドルの高額だったことが災いしたかもしれません。あとはコロラド割と言いますか、クアーズ・フィールドが高地ゆえボールが飛びますので、その辺の事情も考慮して実際の実績より少し割り引いた数字で考慮されたかもわかりません。

 

 

 

今季32才になるカルロス・ゴンザレスは2015年に40HR、2010年には.336の打率を誇った好打者ですが、やや下降気味なところがあります。前年は.262、14HR、57RBIにとどまりました。

 

 

 

実はロッキーズは外野が固まっています。カーゴ抜きで、LFがイアン・デズモンド、CFがチャーリー・ブロックモン、RFがジェラルド・バーラの布陣をひけます。前年はRFがメインだったカーゴ、一応外野はすべて守れますが、今季はなかなか厳しい立場になりそうな感じです。

 

 

 

しかし、ロッキーズ全体で見れば、カーゴの存在というのはやはり大きいと思います。また輝いて欲しいです!

 

 

 

 
 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
スポンサードリンク.
スポンサードリンク
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...