HOME   »  ヤンキース
RSSフィード

現地2018年4月28日は結構、前日とは一転、結構ワンサイドになるゲームが多かったですね。


 

エンゼルス vs ヤンキース戦では、田中投手と大谷選手との対決は実現しませんでした。ちょっと残念でしたね。次の火曜日の登板を優先して、前日に傷めた左足首の捻挫(たぶん軽症)の経過を見守ることに。


 

そのエンゼルス vs ヤンキース戦は、エンゼルス先発のギャレット・リチャードが炎上。




1回2/3を被安打5、失点9(自責点5)、与四球3という内容。ハイライト動画を見ると、打たれたボールは見事に甘かったですね。

 



 



エンゼルスは1回、2回で計10失点してしまいました。こうなると、打線も奮起できませんね。

 



一方の田中投手は6回を被安打2、失点1、与四球2、奪三振9、被本塁打1で今季4勝目を上げました。

 

 

 

ヤンキースはこれで8連勝。もうレッドソックスの背中に手がかかりました。

 


【動画】Recap: NYY 11, LAA 1

 


 

■パンダが登板

 


西海岸のライバル対決、ジャイアンツVSドジャース戦は、この日はダブルヘッダー。

 


1試合目、ジャイアンツ先発のストラットンが序盤につかまり、8回を終わり15−6でドジャース・リードという展開に。


 

大量にリードされて、しかもダブルヘッダーの2試合目が控えているということで、9回のジャイアンツのマウンドには野手が登板することに。


 

 

パンダこと、パブロ・サンドバルが登板しました!

 

 

さすがにセンスがバツグンのパブロ・サンドバル。




投げ方もカッコいいですし、ファストボールは88マイルを記録。しかも変化球で空振りをとるシーンも。スタンドのお客さんも大いに盛り上がりました。


 

 

 

 

一瞬、ジョニー・クエトが髪を短くしたのかと思うほど、ピッチャーらしい雰囲気を醸し出していました。

 

 

なお、1試合目は15−6でジャイアンツが勝利。ドジャースのウォーカー・ビューラーが先発での初勝利を上げました! やっぱり、ビューラーはいいですね。

 

 

【動画】Recap: LAD 15, SF 6

 

 

 

 

また、2試合目は今季絶好調のジョニー・クエトが登板。ジャイアンツが8−3で勝利しました。


 

【動画】Recap: SF 8, LAD 3

 

 

 

 

(関連リンク)

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

 

 

 

e6Amazon タイムセール

スポンサーサイト

ちょっと懐かしい人の話題です。

 

かつてヤンキースのクローザーとしてワールドシリーズ制覇に貢献した”グース”ことリッチ・ゴセージ氏が吠えていますwwww。

 

まず、ゴセージ氏ですが、かつてMLBを代表するクローザーでした。オールスター出場9回、セーブタイトルを3回獲得し、野球殿堂入りを果たしています。

 

 

アーム式の完成形ともいうべきダイナミックなフォームから生まれる剛球は非常にかっこよかったです。

 

 

 

 

メジャーでの足跡はこちらに↓詳細を。結構色々な球団を渡り歩きました。実はダイエーにも所属したことがあります。1990年、ゴタゴタの末に日本のマウンドにも上がりました。28試合、2勝3敗8セーブ。ERA4.40。

 

 

Rich Gossage Standard Pitching
YearAgeTmWLERAGSVSOWHIPAwards
197220CHW714.28362571.450 
197321CHW047.43200331.893 
197422CHW464.13391641.556 
197523CHW981.8462261301.193AS,CYA-6,MVP-17
197624CHW9173.943111351.357AS
197725PIT1191.6272261510.955AS
197826NYY10112.0163271221.087AS,CYA-5,MVP-13
197927NYY532.623618411.149 
198028NYY622.2764331031.121AS,CYA-3,MVP-3
198129NYY320.773220480.771AS,CYA-5,MVP-9
198230NYY452.2356301020.978AS
198331NYY1352.275722901.225 
198432SDP1062.906225841.085AS,CYA-5,MVP-13
198533SDP531.825026521.025AS
198634SDP574.454521631.376 
198735SDP543.124011441.269 
198836CHC444.334613301.489 
198937TOT312.95425301.310 
198937SFG212.68314241.351 
198937NYY103.7711161.186 
—-          
199139TEX423.57441281.215 
199240OAK022.84300261.342 
199341OAK454.53391401.573 
199442SEA304.18361291.246 
22 Y22 Y22 Y1241073.01100231015021.232 
162162162873.016620981.232 
   WLERAGSVSOWHIPAwards
NYYNYYNYY42282.143191515121.079 
CHWCHWCHW29363.80188304191.406 
SDPSDPSDP25202.99197832431.164 
OAKOAKOAK473.78691661.471 
SFGSFGSFG212.68314241.351 
PITPITPIT1191.6272261510.955 
TEXTEXTEX423.57441281.215 
CHCCHCCHC444.334613301.489 
SEASEASEA304.18361291.246 
           
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 2/13/2018.

 

 

そのゴセージ氏ですが、華麗な実績を持っているがゆえに毎年のようにヤンキースのスプリング・トレーニングにコーチとして招聘されていたいたのですが、今年は招待されなかったものだから、ブライアン・キャッシュマンGMをFワード(fu**ing)やAワード(as* ho**)で非難しているというもの。

 


Gossage said. "He'd have been gone when he jumped out of that f---ing airplane.
Do you think he's a good f---ing baseball guy, really? 
He doesn't believe in f---ing coaching."

 

 

要は頑固オヤジがなんで今年は臨時コーチを頼まないんだとゴネているだけです。ガキ大将がそのまま年を取ったという感じの人ですからね。

 

 

ゴセージ氏は66才で、いわゆるold timerと呼ばれる世代。この人のコーチぶりですが、とにかく罵るタイプのコーチング。出来ないことがあれば、辛辣な言葉を浴びせるやり方。

 

 

ちょうど映画ロッキーに出てくるおじいさんのコーチのようなイメージでしょうか(ちょっと違いますかね?あのおじいさんコーチはいい人でしたからね)。とにかく今の選手には合わないんですね。

 

 

これはアメリカでも日本でも同じですね。

 

 

キャッシュマンGMはコメントをしていませんが、おそらくそのようなやり方なので選手がついてきてなかったのではないかと思われます。要は頼みたくなかったwwww。

 

 

ゴセージ氏は周囲をざわつかせることがあります。

 

 

マリアーノ・リベラやアロルディス・チャップマンが1イニング限定で投げていることに対して(イニングまたぎの時もありますよ)、昔は複数イニングを投げていたとか、あるいはオールド・タイマーの世代らしく、ホセ・バティスタのバット投げは許せない(本当はもっと汚い言葉で)とか。

 

 

ゴセージ氏の場合は昔は凄かった=俺はお前らよりすごいというのが見えるタイプのコーチなのではないかと思います。

 

 

こういう頑固オヤジ系のコーチはたいがいは人情味が厚くいい面も多分にあるんですが、ゴセージ氏の場合はそれさえもあまり感じさせないところがすごいですね。

 

※もちろん推測です。いい面も多分にあると思います。でなければ22年も現役でいられなかったでしょう。

 

 

以上、閑話休題のような話題でした。俺様系が抜けない頑固オヤジ健在というニュースでした。

 

 

 

 

(関連リンク)

 

 

MLB★豆知識★ | 2017.12.03

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 

e6Amazonビデオ

 

Everybody digs the long ball. 💪

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 12月 9 7:17午前 PST

 

 

またしても、ヤンキースはやってしまいました。

 

 

オーナーがジーターとなってチームを再構成中のマーリンズからジャンカルロ・スタントンを獲得です。

 

 

複数のソースが報じており、契約も合意の見込みで、あとはフィジカルの結果待ちとのことです。

 

 

ヤンキースからマーリンズへは、元カブスのSSでヤンキースでは2Bを守っていたスターリン・カストロと、2人のプロスペクトが移籍する模様です。

 

 

二人のプロスペクトは右腕のホルヘ・グズマン(Jorge Guzman)と18才のSS、ホセ・デバース。このホセ・デバースは現レッドソックスで、ALDSでも活躍したラファエル・デバースのいとこ。

 

 

マーリンズはいいプロスペクトを獲得しました。

 

 

ヤンキースですが、これでぞっとするようなHR打線が完成。

 

 

2017シーズンの成績で行くと、アーロン・ジャッジ 52本、ゲイリー・サンチェス 33本、ディディ・グレゴリアス 25本、ブレット・ガードナー 21本 などに加え、ジャンカルロ・スタントンの59本がプラスされます。(ちなみにスターリン・カストロは16本でした。)

 

 

RFのポジションはジャッジと重なっていますが、ア・リーグはDHも使えますし、どちらかのコンバートもあるかもしれませんね。

 

 

ジャンカルロ・スタントンは2014年11月にマーリンズと13年、3億4,000万ドル(Baseball Reference参照。当時は3億2,500万ドルという報道でしたが、BRでの金額は左記のような金額でした。)という破格の待遇で契約。

 

 

このうち、2015年の650万ドル、2016年の900万ドル、2017年の1,450万ドルの計3,000万ドルは当然マーリンズが支払い。

 

 

2018年の年俸は2,500万ドルの予定で、それを含めた残額は3億 1,000万ドルをどのような支払うのかはまだ詳細はわかりませんが、マーリンズがこのうち3,000万ドルをサポートする見込みです。

 

 

もともと2020シーズン終了時にオプトアウト(FAになってもいいよというな契約解除)がありましたので、その際にヤンキースに残る際に支払われるかもしれません。

 

 

マーリンズは豪勢な契約にしましたが、違約金を払えば契約解除できるような条項もあるように思います(断定できません。すみません。)もともとは実質2020年までの契約というふうに見てもいいかもしれません。

 (関連記事)

 
 

 

筆者は、 ジャンカルロはレッドソックスに行って欲しかった・・・。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



 

 

@yankees refuse to lose, rally late to tie #ALCS in Game 4.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 17 5:49午後 PDT

 

 

 

現地2017年10月17日に行われたALCS Game4ですが、ヤンキース打線が集中力をみせましたね。

 

 

7回表を終わって、アストロズが4−0とリードしていたにもかかわらず、7回、8回で4点差を逆転しました。

 

 

本当にポストシーズンの戦い方がうまいです。

 

 

アストロズは先発のランス・マッカラーズ・JR(Lance McCullers Jr. #43) が好投しました。期待通りでしたね。6回を被安打2、失点1、奪三振3。



7回に先頭のアーロン・ジャッジに打たれた1発の失点のみです。

 

 

ヤンキース相手なので、欲を言えば、7回のジャッジのHRは避けたかったですね。もっともこれは結果論に過ぎません。マッカラーズJRはナイス・ゲームメイクでした。

 

 

アストロズは抑えのケン・ジャイルズがずっと結果を出してきたのですが、ここにきて崩れるケースが目立ってきました。

 

 

7回、8回のヤンキースの逆転のラリーです。

 

 

アストロズのブルペンは雰囲気に呑まれてしまっているように見えます。

 

 

 

 

 

ヤンキースは先発のソニー・グレイが結果を出しました。5回を投げて、アストロズ打線を2失点に。

 

 

ブルペンはロバートソンとチャド・グリーンが失点し、流れとしてはあまりよくなかったのですが、打線が奮起して最後はチャップマンが抑えたという形になりました。

 

 

ヤンキース、いい雰囲気ですね。

 

 

Game5は、田中投手が登板です。アストロズはダラス・カイケルで流れを止めたいところ。 

 

 

【動画】Recap: NYY 6, HOU 4(9分バージョン)

 

(関連リンク)

 

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

嘘でしょ! と思わずつぶやいた写真。

アーロン・ジャッジ201cm、フランシスコ・リンドール180cm

↓ 

 

 

 

5戦までいくと、インディアンスはよくないな・・・と思っていたのですが、その通りの結果に。

 

 

現地2017年10月11日のALDS Gm5はいいゲームでしたね。しかし、ヤンキースの良さばかりが目立ったゲームでもありました。

 

 

コーリー・クルーバーとCC・サバシアの投げ合いで始まったこのゲーム。

 

 

活躍したのは、ヤンキースのSS、ディディ・グレゴリアス。2打席連続HRでコーリー・クルーバーを揺さぶりました。

 

 

そして後述しますが、しびれたのが、ブレット・ガードナーの最終回の打席。こんなことが出来る選手がいるからヤンキースは強いんですよね!

 

 

さて、ディディ・グレゴリアスですが、この日の活躍は素晴らしかったです。

 

 

第一打席、コーリー・クルーバーの立ち上がり、2アウト後に打席が回ってきたのですが、2ストライクを獲られてからの4シームをフルスイング。これが完璧な当たりのHRとなり、まずはヤンキースが1点を先制。

 

 

ディディ・グレゴリアスは低めをうまく拾いますね。

 

 

昨年までと違い、今季はコーナーへの投げ分けミスが減ったコーリー・クルーバー。



その甲斐あってか、今シーズンは18勝4敗という高い勝率を達成。さらに、ERAも3点台から2.25まで下げました。

 

 

しかし、この日のディディへの投球は失投でしたね。

 

 

ディディ・グレゴリアスは3回の第2打席にも、HR!これは2ランでしたので、さらに効きました。



 

 

 

 

 

さて、地元で決めたいインディアンスは5回に打線がつながります。



1アウト後、シングル4連打で2点を奪い、CC・サバシアをマウンドから引きずり下ろします。この時点でインディアンスが2−3と1点を追う展開。

 

 

 

インディアンスは同点に追いつきたかったのですが、この後にマウンドにあがったデービッド・ロバートソンが好投!



F・リンドールをカットボールで打ち取り、ダブルプレーに。インディアンス、勢いを削がれました。

 

 

 

 

 

 

その後、両チームのリリーフが踏ん張り、ゲームは最終回へ。スコアはヤンキースが3−2で1点リード。

 

 

ミラクルを起こす可能性があるインディアンスが相手なので、ヤンキースは是が非でも追加点を入れたいところでした。

 

 

9回表、ヤンキースはスターリン・カストロとアーロン・ヒックスが連打で出て、チャンスメイク。さらにトッド・フレイジャーが四球を選んで満塁に。

 

 

そこでバッターはブレット・ガードナー。

 

 

何としても追加点を上げるという執念伝わってくる、粘りの打席になりました。

 

 

粘ること12球!カウントも追い込まれて、不利な状況から自分のペースにもっていきました。本当にすごい打席でしたね!


 

 

 

 

 

これでヤンキースは2点を追加。5−2として、流れをつくったまま、裏のインディアンスの攻撃へ。

 

 

最後は、8回から登板のアロルディス・チャップマンが剛球を披露。



インディアンス打線の逆転の芽を摘み取り、5−2でヤンキースが勝利。



ALCSへ駒をすすめることとなりました。

 

 

インディアンス、この日はエンカーナシオンも復活したのですが、ヤンキース投手陣にうまく流れを寸断されたという印象のゲームでした。

 


インディアンス、もうちょっと見たかったんですけどね。残念でした。22連勝もありましたし、来季にまた期待しましょう。



 

【動画】Recap: NYY 5, CLE 2


 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

There will be a Game 5! @Yankees stave off elimination for 2nd straight night to send #ALDS back to Cleveland.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 10月 9 7:57午後 PDT


 

 

正直、ルイス・セベリーノは打たれて、ヤンキースがトレバー・バウアーに抑えられるのではないか?と密かに考えていたのですが、さすが素人の私!結果は真逆に! 

 


 

現地2017年10月9日のALDS Gm4は、ヤンキースが2回にトレバー・バウアーを攻略。HRではなく、ダブル→シングル→ダブルという長短打で4点を奪い、流れを作りました。

 

 

ヤンキースはほんとうに試合巧者ですね。

 

 

ヤンキースはバウアーのウィニング・ショット、ナックルカーブを狙っていました。完全に張っていましたね。

 


やることが憎いです。

 

 

3回を終了して5−0でヤンキースがリードしていたのですが、インディアンスも反撃。4回にはカルロス・サンタナの2ランHRで2−5に。

 

 

インディアンスはさらに、5回にロベルト・ぺレスのHRで3−5に。

 


 

しかし、ヤンキースもさすがです。その後はゲイリー・サンチェスのHRなどで2点を追加。7−3とリードを広げ、インディアンスを下した。




ALDSのこのカードはいよいよクリーブランドへ移動しての最終戦に。


 

 

Game5は、現地2017年10月12日、コーリー・クルーバーとCC・サバシアの先発です。

 



 

 

 

(関連リンク)

 
 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

Classic New York media.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 9月 28 1:28午後 PDT

 

 


2017レギュラーシーズンも残り3試合となりました。


 

まだ優勝の決まっていないア・リーグ東地区はかなりの高い確率でレッドソックスが有利です。



下手をすれば今日にでも?と思って仕事をしていたのですが、帰宅してみると、レッドソックスはアストロズに2−12で大敗。

 

 

これはまさかヤンキースが!と思ってヤンキースのスコアを見ると、レイズに6−9で敗戦。

 

 

両チーム仲良く負けるという、レッドソックスにとっては非常にツキがある状況です。

 

 

現地2017年9月29日現在、レッドソックスが92勝67敗、ヤンキースが89勝70敗。両チームとも残り3試合。

 

 

もし仮にレッドソックスが3連敗、ヤンキースが3連勝となると、勝率で並びます。

 

 

そうなると地区優勝をかけた1ゲーム・マッチアップ(タイブレーカー)が開催されます。



どちらがホームになるかというとシーズン中の直接対決の成績に依ります。



この場合、ヤンキースが11勝8敗で上回っているので、ヤンキース・ホームでの開催となります。

 

 

もしもこれが実現すると、かなりアツいゲームになりそうですね!残り3試合、レッドソックスはアストロズ、ヤンキースはブルージェイズとの対戦です。

 

 

何かヤンキースに奇跡を起こしそうな余地が・・・。どうなるでしょうか!!

 

 

ちなみにタイブレーカーの可能性はナ・リーグのワイルドカード2枠目にもあります。

 

 

ロッキーズが86勝73敗、ブルワーズが84勝75敗。ここは本当にわからないです。ブルワーズもひょっとしたらあり得るかもしれません。

 

 

もしタイブレーカーとなった場合、直接対決の成績でロッキーズホームとなります。

 

 

最後まで目が離せません!

 

(関連リンク)

 

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

 

現地2017年9月24日、もうレギュラーシーズンの最終週にかかろうとしているMLBですが、大きな変化がありました。

 

 

まずは、ダイヤモンドバックス!

 

 

あの強いドジャースを追い込みまくったダイヤモンドバックスのワイルドカード出場が決定しました!しかもホームでの開催です。よかったですね!

 

 

Dバックスはこの日の勝利で90勝目。ワイルドカードでの出場ですが、中地区首位カブスの87勝を現時点で上回っています。

 

 

地区2位のチームが他地区の優勝を上回ってしまうことはたまにありますね。とにかく、ポストシーズンが決まってよかったですね!

 

 

 

 

 

そして同じく、プレーオフ出場が決定したのはヤンキース。レッドソックスとかなり激しい首位争いを演じましたが、最終コーナーで2位に甘んじそうです。

 

 

ヤンキースはワイルドカード・ホーム開催になります。アーロン・ジャッジが2本のHRを放ち、48本としました。あと1本でルーキーレコードに並ぶようです。桁違いのパワーですね!

 

 

 
 
 
そして、カブスですが、ブルワーズとの直接対決4連戦の最終日、
ホセ・キンタナが見事なピッチングを披露。


マジックを2に減らしています!
 
 
 
【動画】Recap: CHC 5, MIL 0(Game4)
 
 


■アンドレルトン・シモンズの漫画のようなプレー

 

ポストシーズンにどこが出場するか!ということに興味がつきないですが、エンゼルスのアンドレルトン・シモンズがしびれるプレーをみせてくれました。

 


これは、もうほとんど漫画の世界です。ダイヤのエースでも出てこないくらいのすごいプレー。

 


しかし、こんないいプレーなのに、MLB.comの動画コーナーでは埋め込みじゃないんです!



これは本当に残念!

 
 
よくご覧ください! 
2アウトランナー1塁、ランナーはホセ・アルトゥーベ。


バッターはカルロス・コレア。ちなみにまだ初回です。


先制点を奪うか、凌ぐかの状況で出た、シモンズにしか出来ないプレー。
 
 
【貴重動画】Simmons' deke leads to rundown
 

 

走塁のうまいアルトゥーベを仕留めるとはさすがのシモンズですね。


 

 

見どころいっぱいな2017年9月24日のMLBでした。

 

 

 

(関連リンク)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

Benches clear, punches thrown in Yankees-Tigers game with Miguel Cabrera and Austin Romine at the center of it.

MLB ⚾さん(@mlb)がシェアした投稿 -2017 8月 24 1:36午後 PDT

 

 

仲間への義理堅さの証明ということでしょうか。


 

現地2017年8月24日、デトロイトで行われたタイガースVSヤンキース戦で今季もっとも荒れた乱闘が繰り広げられました。

 

 

 

 

きっかけは上の動画にありますように、5回表のマイケル・フルマーのゲイリー・サンチェスへの死球。

 

 

伏線と言えるかどうかわかりませんが、ゲイリー・サンチェスは前日のゲームで5打数2安打、1HRと活躍しましたから厳しい攻めになったのだと思います。

 

 

フルマーのこの死球は完全に抜けたボールで故意ではないはずです。それにしても球速が出ていた分、痛そうな死球でした。

 

 

ゲイリー・サンチェスはさすがです。相当怒っているように見えましたが、ヤンキースは教育が効いているのか、なんとか1塁まで事を荒立てずにたちましたね。

 

 

そして、問題の6回裏、2アウトからミゲル・カブレラの打席。ヤンキースのピッチャーは今トレードデッドラインでホワイトソックスから移籍してきたトミー・ケインリー(Tommy Kahnle)。

 

 

トミー・ケインリーはメジャーのしきたり通りと言っていいかどうか、4シームを危ないところに投じました。

 

 

背中を通る投球で当ててはいないのですが、これを故意にやられるとメジャーのバッターは非常に怒ります。

 

 

故意なのは間違いないので、ミギーも怒りましたが、その前にアンパイアーが報復投球でケインリーを退場処分にします。

 

 

この処分に怒ったジョー・ジラルディ監督が激しく抗議。当ててないだろということだと思いますが、抗議が激しすぎて退場処分に。

 

 

ヤンキースのピッチャーはアロルディス・チャップマンに交代となり、マウンドに向かおうかというところで、ミゲル・カブレラとオースティン・ロマインが口論となったようで、これがエキサイトし過ぎてパンチの応酬に。

 

 

これでベンチがクリアーになったという次第です。

 

 

ミギーとロマインも退場処分に。ミギーには代打が、ロマインの代わりにゲイリー・サンチェスがキャッチャーに入りました。

 

 

しかし、これで終わりませんでした。

 

 

7回裏、タイガースの攻撃で、先頭のジェームス・マッキャンがヤンキースのリリーフ、デリン・ベタンセスから頭部に死球をもらいました。

 

 

これでベタンセスは危険球で退場。ヤンキースはベンチコーチのロブ・トンプソンも退場となります。

 

 

ピッチャーはデービッド・ロバートソンに代わったのですが、代わりばなで2球投げた後にジョン・ヒックスに死球を出しています。これは準備不足ということで大目に見られたようです。

 

 

8回表、タイガースのマウンドはアレックス・ウィルソン。1アウト後、トッド・フレイジャーの初球に死球。これが報復とみなされ、ウィルソンは退場処分に。

 

さらにその処分に抗議したタイガースのブラッド・オースムス監督も退場に。

 

 

なんとも荒れたゲームとなりました。

 

 

 

 

 

ゲームの方は終盤にタイガースがHRなどで勝ち越し、勝利しました。

 

 

特にジャスティン・アップトンがアーロン・ヒックスのHR性の当たりをリーピング・キャッチするシーンは素晴らしいですので、そこは一見の価値ありです!

 

 

【動画】Recap:DET 10, NYY 6
 

 

(関連リンク)

 

  

 


  きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

 

こんにちは。


 

現地2017年6月10日の土曜日のゲームの記事です。

 

 

ヤンキースが好調ですね。この日はオリオールズ相手に18安打、16得点の猛攻。



オリオールズは先発のクリス・ティルマンが大誤算でした。2回持たず、被安打7、9失点の内容。これではさすがの強力打線も出鼻をくじかれてスイングが鈍くなってしまいますね。

 

 


そのヤンキースですが、3番RFに入っているアーロン・ジャッジがまたまたすごい当たりのHRを打ちました。


 

 

 

 


今回はexit velocity(打ち出し速度といいましょうか、打った瞬間の打球の速さです)が121.3mph。キロに直すと、195.21kmhです。

 

 

現場で見るとどれだけ速かったのでしょうね!かなり衝撃的な打球だったと思います。速すぎてラインドラインブがかかって距離は大きく伸びませんでしたが、それでもスタンドまで持っていくのがまたすごいです。

 

 

ヤンキースはこれが初回の攻撃です。ティルマンはこの打球に衝撃を受けたのでしょうか!というくらいに崩れました。

 

 

ヤンキースはこの日計5本のHRで圧勝しています。

 

 

カージナルスをFAとなったマット・ホリデーが4番に定着して、若手がのびのびやっていますね。

 

 

先発のルイス・セベリノは7回を投げて被安打2、失点1、奪三振8の快投。投手力の面でも若手が力をつけてきています。

 

 

ヤンキースは確かにFAで他球団の中心選手が加入しますが、若手が育ってきているという事実も見逃せないですね。



若手は今をおいて上で活躍するチャンスがなくなりますから必死です。このチームが固まってしまうとまたしても新陳代謝が悪くなり、出番がなくなりますから。

 


 

e6【動画】Recap: NYY 16, BAL 3

 

(関連リンク)


 

■カブスがロッキーズに3連敗


さて、今ひとつ調子が出ないカブスはこの日もロッキーズに敗れました。これでついに借金生活に突入です。4戦目、どうなるのでしょうか!?


 

ここは踏ん張ってほしいですね。

 

 

【動画】Recap: COL 9, CHC 1

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee-1969

Author:Hirotee-1969

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

月別アーカイブ
輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...